プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

ニック・ドレイクから出発する深遠なる英国SSW探求ナビ

ニック・ドレイクの1stから出発し、英ルーツであるトラッドに根ざした透徹さとイギリスらしいメランコリーとが深遠な音世界を描くSSWを探求してまいりましょう。

NICK DRAKE

試聴 Click!

沈鬱さとリリシズムとが同居したメロディとヴォーカル。絶妙にサポートする、リチャード・トンプソン、ダニー・トンプソンのバッキングと、ロバート・カービーの荘厳なストリングス。リリース時に正当に評価されていればなぁ・・・。

VAN MORRISON

試聴 Click!

アイリッシュの荒涼とした風景が目に浮かぶ繊細さと黒人のソウルとが結びついた力強くも透き通ったヴォーカル・・・録音当時20代前半とは到底思えない深み。「アイリッシュ・ソウル」と言われるサウンドを確立した傑作。

KEITH CHRISTMAS

試聴 Click!

このオープニング・ナンバー。ニック・ドレイクとヴァン・モリスンとクリムゾンが一緒になったような超絶的な名曲ではないか・・・。

NIGEL MAZLYN JONES

試聴 Click!

トラッドに根ざした透徹さ、ニック・ドレイクにも通じる優雅さ、陰鬱なるアシッド風味が一体となったサウンドは、ただただ深遠・・・。モノクロのジャケの通りにどこまでも引きずりこまれる英SSW逸品。

PAUL KORDA

試聴 Click!

ちょっとアシッド臭のあるハイ・トーンとソウルフルな歌唱がたまらないなぁ。クリス・スペディングやアンディ・ロバーツたち腕利きのサポートもさすがにいぶし銀の光を放ってるし。英SSW逸品ですね。

ALAN JAMES EASTWOOD

試聴 Click!

「ド」がつくマイナーな英SSW作ですが、なにこの素晴らしさ!英国らしいジェントルな叙情美、ルーツ・フレイヴァー、アシッド臭のバランスが絶妙じゃない!

PISCES(Richard Digance)

試聴 Click!

後にソロ・シンガーとして活躍するRichard Digance率いるグループによる71年唯一作。9曲中の7曲をRichard Diganceが作曲していますが、気品に満ちつつも牧歌的な温かみがある英国らしく楽曲は英フォーク/SSWのファンはたまらないでしょう。

NIC JONES

試聴 Click!

82年の不慮の事故によって、その素晴らしいミュージシャン活動に楔を打ち込んでしまった、不世出の英フォーク・シンガー。英国において、『FOLK ALBUM OF THE YEAR』をも獲得した名作。

STEVE ATKINSON

試聴 Click!

いかにもブリティッシュと言える気品に満ちたヴォーカル、叙情に溢れたメロディ、凛と紡がれるアコギ爪弾き、流れるようなチェロやリコーダーなど管弦楽器の調べ、幻想的なフィメール・ヴォーカルのコーラス。マイナーな81年作ですが、絶品と言える名品。

Facebookコメント

在庫一覧

  • ALAN JAMES EASTWOOD / SEEDS

    ジェントルな叙情美、ルーツ色、アシッド臭のバランスが絶妙な崇高な英SSW逸品、71年作1st

    イギリスのSSW、71年作の恐らく1stアルバム。ポンポンと素朴に奏でられるアコギ、たゆたうようにジェントルな歌声に和んでいると、瑞々しく艶やかなストリングスが入ってきて「おおっ」。流麗なメロディも絶品で、クリフォード・T・ワードあたりに通じる美しさと気品。オープニングの1、2曲目ですっかりヤられました。その後もほの暗い幻想美に包まれたちょっぴりアシッド/サイケ・フレイヴァーな曲あり、ハープも入ってブルージーな弾き語りあり、女性コーラスがアーシー&スワンピーな曲もあり、英国らしいジェントルな叙情美、ルーツ・フレイヴァー、アシッド臭が絶妙にバランスした崇高なサウンドがこれでもかと続きます。「ド」がつくマイナーっぷりですが、これは素晴らしい作品。名作ですよ〜。

  • KEITH CHRISTMAS / FABLE OF THE WINGS

    70年作、英フォーク・ロック傑作、とにかくオープニング・ナンバーが悶絶もの超名曲!

    エスペラント『死の舞踏』にヴォーカルで参加したことでプログレ・ファンにも知られるSSW。サンディ・ロバートソンのプロデュースで録音され、70年にB&Cレーベルからリリースされた2nd。マイティ・ベイビーのメンバーに加え、キース・ティペット、シェラ・マクドナルドが参加。とにかく冒頭の2曲が必殺。1曲目は、キース・ティペットのピアノが全編にフィーチャーされていて、ふくよかでタイトなリズム隊を土台に(かなりカッコ良い!)、アコギがかき鳴らされ、ハイ・トーンのちょっとアシッド臭のあるヴォーカルが浮遊感のあるメロディを歌い上げる。そして、そのバックで、格調高く流麗な旋律を奏で続けるキース・ティペットのピアノ。特に後半のフリーキーに乱れ飛びながらも整合感のあるピアノは悶絶必至です。圧倒的な緊張感とリリシズムと英国的な陰影。ニック・ドレイクとヴァン・モリスンとクリムゾンが一緒になったような超絶的な名曲です。2曲目は一転して静謐なフォーク。シェラ・マクドナルドが参加し、2人のデュエットは天上の美しさ。キースの幻想的なハイ・トーンは、これぞ英国フォークの深い森の空気に満ちあふれています。3曲目以降も佳曲ぞろい。英フォーク・ファンもプログレ・ファンも必聴と言える傑作です!

  • NICK DRAKE / FIVE LEAVES LEFT

    流麗なメロディと華やかなアレンジが素晴らしいリリシズム溢れる名作、早逝の英SSWによる69年デビュー作

    69年作の1stアルバム。リチャード・トンプソン、ダニー・トンプソンが参加した緊張感溢れる「TIME HAS TOLD ME」をはじめ、繊細に爪弾かれるアコースティック・ギターと今にも崩れ落ちそうなヴォーカルが唯一無比の存在感を放つ名曲揃い。ロバート・カービーによる荘厳なストリングス・アレンジも絶品。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!