プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

HOSTSONATEN、FINISTERRE、LA MASCHERA DI CERAなど、天才Fabio Zuffanti関連作特集!

こんにちは、芹沢聡一郎です。

2014年4月に、バンコとともに来日することが決定しているHOSTSONATENとLA MASCHERA DI CERA。

2つのバンドを率いるFabio Zuffantiは、90年代以降のイタリアン・ロック・シーンを牽引する天才と言っていいでしょう。

90年代はじめにFINISTERREでデビューしてから、00年代はじめには、ムゼオやイル・バレットなど70年代ヘヴィ・シンフォへのオマージュをコンセプトにしたLA MASCHERA DI CERAを結成、同時にソロ・プロジェクトとしてHOSTSONATENとしても活動しながら続々と作品をリリースしています。しかも、「すべて」と言っていいほど、往年のプログレの遺伝子とともにモダンで緻密なサウンド・プロダクションが光る名作揃い。近年では、プロデュース業にも精力的で、これもまたヴィンテージな名作ぞろい。いや〜、この人の才能と尽きることのないアイデアには驚きです。

90年代イタリアン・ロックをこれから聴きすすめてみよう、という方は、まずはFabio Zuffanti関連の作品をオススメいたします。

P.F.M.やBANCOをはじめて聴いた時のあの感動や戦慄をもう一度!

新鋭に宿る70年代プログレの精神をじっくりとご堪能ください。

Fubio Zuffantiの公式サイト
http://www.zuffantiprojects.com/

HOSTSONATEN 春

試聴 Click!

90年代伊ロックを代表するミュージシャンがFabio Zuffanti。彼が組んだグループHOSTSONATENの『四季』シリーズをご紹介。まずは「春」編から。繊細に紡がれるアコギ、たおやかなフルート、そしてヴィバルディを彷彿とさせるヴァイオリン。絶品。

HOSTSONATEN 夏

試聴 Click!

『四季』シリーズの「夏」編。夜明けのように幻想的なイントロ、地平線が目に浮かぶようなパーカッション、そしてドラムを合図に、ギターがリリカルに疾走する。そして、メロトロン、フルートが重なる。Fabio Zuffantiならではの映像喚起的なサウンドは絶品。

HOSTSONATEN 秋

試聴 Click!

『四季』シリーズの「秋」編。しっとりと艶やかなアコギ、流麗なピアノやヴァイオリン、CAMELに匹敵する映像喚起的でリリカルなエレキ・ギター。Fabio Zuffantiのアーティスティックな感性が宿る美しすぎる楽曲。

HOSTSONATEN 冬

試聴 Click!

『四季』シリーズの「冬」編。スティーヴ・ハケットを彷彿とさせる繊細でリリカルなギター、伸びやかで透明感のあるシンセ、メロトロン、ピアノによるメランコリックな幻想美。70年代プログレと西洋音楽との豊かな出会い。70年代伊ロックのDNAを受け継ぐ名曲。

HOSTSONATEN 2016年作

試聴 Click!

『コンチェルト・グロッソ』とフェローナとソローナ』がまるで融合したよう・・・。これぞイタリアでしか生まれ得ない、壮麗かつ荘厳なクラシカル・プログレ傑作。90年代以降のイタリアン・ロック・シーンを牽引するFabio Zuffantiによるソロ・プロジェクト、2016年作のコンセプト・アルバム。

FABIO ZUFFANTI

試聴 Click!

FINISTERRE、LA MASCHERA DI CERA、HOSTSONATENを率いて次々にプログレ傑作を生み出した90年代以降を代表する奇才ファビオ・ズッファンティが2014年、活動20周年の集大成としてリリースしたモダン・プログレ大傑作ソロ!

LA MASCHERA DI CERA

試聴 Click!

Fabio ZuffantiがFINISTERREの活動中止の後、ムゼオ・ローゼンバッハやイル・バレット・ディ・ブロンゾなど70年代のグループに敬意を払い、そのサウンドを再現することをコンセプトに結成したグループ。力強くも精緻なアンサンブル、「静」と「動」を鮮やかに配置したダイナミックな構成、胸を締め付けるリリシズムなど、どこを切り取っても70年代伊プログレの精神が溢れる傑作!

LA MASCHERA DI CERA

試聴 Click!

なんと、あのLE ORMEの72年の名作『FELONA E SORONA』の続編として制作されたコンセプト作!めくるめく「静」と「動」の圧倒的な対比。往年のあらゆるイタリアン・ロックのDNAを受け継ぎ、現代的なヴィヴィッドな音像で練り上げた、隙のない傑作!

FINISTERRE

試聴 Click!

「静謐なドラマティック」とでも言えるような洗練されたクラシカルな叙情美にはFabio Zuffantiの高いセンスが溢れています。プロデュースはPFMのドラマーのフランツ・ディ・チョチョ!

UNREAL CITY

試聴 Click!

数多くのプロジェクトを率いるイタリアの奇才FABIO ZUFFANTIプロデュース!彼のバンドFINISTERREを受け継ぐモダニズムと古き良きバロックな格調を合わせ待った傑作です!

OXHUITZA

試聴 Click!

FABBIO ZUFANTIプロデュースによる新鋭バンド。往年の伊ヘヴィー・プログレを受け継いだ重厚なヴィンテージ・アンサンブルが圧巻です。FABBIOのバンドLA MASCHERAと比較しても何ら遜色のない脅威の完成度!

SCHERANI

試聴 Click!

HOSTSONATENのキーボード奏者による12年のソロ作。 クラシカルにして繊細、見事な表現力を持つピアノと鮮烈に響き渡るヴァイオリンの研ぎ澄まされた音色があまりに美しい、冒頭のシンフォニック・ロックナンバーですでに悶絶必至・・・。

IL PARADISO DEGLI ORCHI

試聴 Click!

Fabio Zuffantiプロデュースによる2016年作2nd。オルタナばりのヘヴィネスとヴィンテージなリリシズムとの融合。新たな感覚に溢れたサウンドは、リリースの2016年の時点にいてずばりイタリアン・ロック最前線。

Facebookコメント

在庫一覧

  • FABIO ZUFFANTI / LA QUARTA VITTIMA

    FINISTERRE〜LA MASCHERA DI CERA〜HOSTSONATENを率いる90年代以降イタリアン・プログレを代表する奇才による、活動20年の集大成と言えるモダン・プログレ大傑作

    FINISTERRE〜LA MASCHERA DI CERA〜HOSTSONATENの中心人物として続々と傑作をリリースし続ける90年代イタリアン・ロック・シーンを代表する奇才による2014年作ソロ。ドイツの児童文学作家ミヒャエル・エンデの『鏡のなかの鏡-迷宮-』をモチーフにしたコンセプト作。今までのソロ作はバンドの音とは趣の違う音響系のサウンドが特徴でしたが、本作は、活動20周年として今までの数々のプログレ・バンドでの歩みの総括と位置づけて制作されたようで、FINISTERREなど自身のバンドのメンバーをはじめ、彼がプロデュースしたUNREAL CITYや注目の伊新鋭バンドIL TEMPIO DELLE CLESSIDREのメンバーなどを起用し、スケールの大きなバンド・サウンドを聴かせています。オープニングから、力強くタイトなドラムを土台にベースが地を這い、ギターとハモンドが狂おしくうねるヘヴィ・シンフォが炸裂!むせびなくフルートや荘厳なメロトロンもフィーチャーして70sプログレへの溢れる憧憬に胸が熱くなります。そんな圧倒的な音圧で迫るヘヴィネスとともに中世の教会が目に浮かぶような神秘性も併せ持つ荘厳なナンバーの魅力はもちろん、スペーシーにたなびくキーボード、ジャジーで流麗なベース、天から一音一音降ってくるような静謐なピアノが織り成すメランコリックなバラードもまた絶品。それにしても、音の数々が艶やかに躍動し、光や色を持ち、聴き手の脳内で様々な映像となって結んでいくサウンドはただただ圧巻の一言。奇才ファビオ・ズッファンティの20年の集大成といえるモダン・プログレの大傑作です。

  • HOSTSONATEN / WINTERTHROUGH

    次々とイメージが溢れ出る、ダイナミックなシンフォニック・ロックの名作

    FINISTERREやLA MASCHERA DI CERAの中心人物Fabio Zuffantiによるプロジェクト・グループ。08年作。「四季」を表現したコンセプト・アルバムで、メロトロンやキーボードをフィーチャーした壮大なシンフォニック・ロックに仕上がっています。ファンタスティックなパート、静謐なパート、ダークで荒涼としたパートなど、イメージ喚起力のある雄弁なアンサンブルが次々と溢れてきます。アコースティックな「静」とヘヴィな「動」との対比も鮮やか。70年代イタリアン・プログレ直系のサウンド・プロダクションもたいへん素晴らしい。オール・インスト。シンフォニック・ロックの名作。

  • HOSTSONATEN / AUTUMNSYMPHONY

    90年代以降屈指のミュージシャンとなった奇才Fabio Zuffantiによるプロジェクト、09年の傑作

    FINISTERREやLA MASCHERA DI CERAの中心人物Fabio Zuffantiによるプロジェクト・グループ。「SPRINGSONG」「WINTERTHROUGH」に続き、四季をテーマにした作品の「秋」編。09年作。格調高さのなかにも温かみを感じさせるピアノやキーボード、郷愁を感じるリリカルなヴァイオリンやフルート、憂いを帯びたメロディアスなギターなど、秋の風情を感じさせる叙情に溢れたアンサンブルが印象的。ファンタスティックなアンサンブルの中に、ジャズのアコースティックなテイストが効いています。ここぞの場面で流れるメロトロンも相変わらず印象的。文句なしの名作。

  • HOSTSONATEN / SPRINGSONG(2009)

    01年作の09年リメイク盤、タイトル通りの春の陽光が目に浮かぶ叙情派シンフォの逸品

    FINISTERREやLA MASCHERA DI CERAの中心人物Fabio Zuffantiによるプロジェクト・グループ。特筆すべきは、ニューレコーディングで、生のメロトロン、ムーグ、ベースが全編に加えられ、オリジナルのファンタスティックなサウンドが一層魅力的に響いています。丁寧に紡がれるアコギ・アルペジオをバックに、フルートやヴァイオリンがうららかに舞い、キーボードが柔らかくファンタスティックに広がる。そして、分厚く鳴らされるメロトロン!プログレ/シンフォ・ファンなら号泣もののサウンドがここにあります。文句なしの名作。

    • AMS153CDAMS

      紙ジャケット仕様、02年の名作「SPRINGSONG」の、リマスター、ニューミックス、ニューレコーディングが施された09年リメイク盤、ボーナス・トラック1曲

  • HOSTSONATEN / SUMMEREVE

    90年代以降のイタリアン・シンフォを語る上で最も重要なグループ、四季をテーマにしたコンセプト作の完結編となる『夏』編

    FINISTERREやLA MASCHERA DI CERAの中心人物Fabio Zuffantiによるプロジェクト・グループ。90年代以降のイタリアン・シンフォを語る上で最も重要なグループ。春『SPRINGSONG』、冬『WINTERTHROUGH』、秋『AUTUMNSYMPHONY』に続き、四季をテーマにした作品の『夏』編。2011年作。キーボードがまるで幻想的な夜明けの風景のように広がり、パーカッションが躍動し、煌びやかなキーボードが朝露のようにこぼれ落ちる。そんな映像喚起的なイントロから期待度120%!太陽光が広がるようにドラムがスパっと入り、風のようなSEとともに、ギターが疾走を始める。メロトロンが溢れ出すのを合図にクールな音像へと場面が切り替わり、フルートがリリカルなメロディを奏で、アコギのアルペジオが入り、グッとファンタスティックなアンサンブルへ。柔和なトーンのムーグがしなやかにメロディを奏で、フルートが入って会話するように折り重なる。混声合唱のサンプリングとともに、フツフツとエネルギーを増加。フィナーレでは、スティーヴ・ハケットが乗り移ったかのようなギターが優美なメロディを奏でる。完璧なオープニング曲。2曲目は、一転して格調高いピアノではじまり、艶やかな弦楽器が重なり・・・。文句なしに素晴らしいサウンド!HOSTOSONATENの作品にやはりハズレなし。ファンタスティックなシンフォニック・ロックのファンは必聴の名作です。

  • HOSTSONATEN / SYMPHONY N.1: CUPID & PSYCHE

    Fabio Zuffanti率いる90年代以降屈指といえるプロジェクト・グループ、管弦楽器が躍動するクラシカル&シンフォニック・プログレの傑作

    FINISTERREやLA MASCHERA DI CERAを率いて90年代以降のイタリアン・ロック・シーンを牽引したFabio Zuffantiによるソロ・プロジェクトであり、00年以降屈指といえるグループ。帝政ローマ時代の小説家アプレイウスの代表作『変容』の一遍「キューピッドとプシュケ」を主題とした2016年作のコンセプト・アルバム。何より印象的なのが管弦楽器で、クラシカル&シンフォニックなサウンドに心躍ります。ヴァイオリンやチェロをはじめ、木管楽器、金管楽器が左右チャンネルを駆け巡り、メロトロンをはじめとするヴィンテージなキーボードが鳴り響くサウンドは、ただ一言「壮麗」。ここぞではハモンド・オルガンやエレキ・ギターが重厚に鳴り、レ・オルメ『フェローナとソローナ』あたりを彷彿させる荘厳な音世界を描きます。これぞイタリアでしか生まれ得ない、壮麗かつ荘厳なクラシカル・プログレ。傑作です。

  • IL PARADISO DEGLI ORCHI / IL CORPONAUTA

    イタリアの新鋭プログレ・バンド、あのFabio Zuffantiがプロデュースした2016年作2nd、イタリアン・ロック最前線と言える傑作

    イタリア北部でミラノとベネチアの中間に位置するブレシア出身の新鋭プログレ・バンド、2016年作の2nd。プロデュースはHOSTSONATENでお馴染みのFabio Zuffanti!プログレというよりオルタナティヴ・ロックやヘヴィ・ロックに近いザラついた歪みのギターが生むモダンなヘヴィネス、それを包み込み「プログレ」を成立させるヴィンテージなトーンのキーボードによる荘厳さ(メロトロン風サウンドもたっぷり)、さらに、パーカッションによるエスニックさ、フルートによるミスティックさなども加わり、「さすがFabio Zuffantiが目をつけただけはある」と唸る、スケールの大きなモダン・イタリアン・ロックを聞かせます。イタリアらしいエモーショナルで伸びやかなヴォーカルも魅力的。新たな感覚に溢れた、イタリアン・ロック最前線と言える傑作です。

  • LA MASCHERA DI CERA / LA MASCHERA DI CERA

    元FINISTERREのFabio Zuffantiによるグループ、BANCOやMUSEOなど往年の作品を彷彿とさせる名作1st、02年リリース

    FINISTERREを率いた奇才Fabio Zuffantiを中心に、ムゼオ・ローゼンバッハやイル・バレット・ディ・ブロンゾなど70年代のグループに敬意を払い、そのサウンドを再現することをコンセプトに結成したグループ。02年の1st。メロトロン、ピアノ、フルートをフィーチャーし、BANCOやMUSEOなど70年代の往年のプログレ然としたサウンドが印象的。さすが元FINISTERREで、センス、テクニックともに抜群。力強くも精緻なアンサンブル、「静」と「動」を鮮やかに配置したダイナミックな構成、胸を締め付けるリリシズムなど、イタリアン・シンフォ好きにはたまらない作品に仕上がっています。名作。

  • LA MASCHERA DI CERA / LE PORTE DEL DOMANI

    充実の00年代伊プログレシーンを牽引する奇才Fabio Zuffanti率いるヴィンテージ・プログレ・バンド12年作、LE ORMEの名作『FELONA E SORONA』の続編として作られたコンセプト作!

    FINISTERE〜LA MASCHERA DI CERA〜HOSTSONATENで00年代伊プログレシーンを牽引する奇才Fabio Zuffantiが70年イタリアン・ロックへのオマージュをコンセプトに結成したプログレ・バンド、2012年作6th。LE ORMEの72年の名作『FELONA E SORONA』の続編として制作されたコンセプト作。ゲストとしてDELIRIUMのフルート奏者Martin Griceが参加。オープニングから、前のめりな焦燥感で手数多く畳みかけるドラムとアグレッシヴに吹かれるフルートと荘厳なコラールがこれぞイタリアン・ロックと言える先鋭的なドラマティックさで聴き手を飲み込むと、ヴィンテージなトーンの荘厳なキーボード、リリカルなタッチの格調高いピアノ、伸びやかなトーンのメロディアスなギターがこれでもかとドラマティックにメロディを浴びせます。『FELONA E SORONA』の印象的なテーマも巧みに挿入され、ヴィンテージ・プログレ・ファンはただただ興奮と涙するしかありません。イタリアらしい力強くエモーショナルに歌い上げるヴォーカルが胸を打つ叙情的なパートも素晴らしく、バックではメロトロンが荘厳に鳴らされ、フルートがもの悲しくメロディをサポートします。めくるめく「静」と「動」の圧倒的な対比。往年のあらゆるイタリアン・ロックのDNAを受け継ぎ、現代的なヴィヴィッドな音像で練り上げた、隙のない一枚に仕上がっています。これは素晴らしすぎる傑作です!

  • OXHUITZA / OXHUITZA

    Fabio Zuffantiプロデュースによる伊新鋭ヴィンテージ・プログレ、往年の伊ヘヴィー・シンフォからの影響と現代的な躍動感に興奮する13年デビュー作にして傑作!

    FINISTERE〜LA MASCHERA DI CERA〜HOSTSONATENでお馴染みのイタリアの奇才Fabio Zuffantiがプロデュースしたイタリアの新鋭ヴィンテージ・プログレ・バンド、2013年デビュー作。ヴィンテージな重いトーンでキレとテンションみなぎる変拍子リフで聴き手に襲いかかるギター、沈み込むようにダークで荘厳なキーボード、タイト&アグレッシヴなリズムでアンサンブルのギアを一段あげるリズム隊。往年の伊ヘヴィ・シンフォのDNAを継いだサウンドに心躍ります。Fabio Zuffantiプロデュースということで、ヘヴィ一辺倒に終わることはなく、賛美歌のようにキーボードが重厚に鳴り響く中をギターがハイ・ポジションでさえずるようにリリカルなフレーズを紡いだり、北欧のレコメン系に通ずるような鋭角かつユーモラスな変拍子パートを挟み込んだり、透明感ある格調高いピアノがハッとするように割り込んできたり、豊かなアレンジにはプログレのワクワク感がつまっています。2000年代の好調な伊プログレシーンのエネルギーがつまったヘヴィネスと躍動感とリリシズムに溢れた傑作。これはオススメです。

  • SCHERANI / EVERYBODY'S WAITING

    イタリア、HOSTSONATENのキーボード奏者、12年ソロ作

    HOSTSONATENのキーボード奏者による12年のソロ作。 クラシカルにして繊細、見事な表現力を持つピアノと鮮烈に響き渡るヴァイオリンの研ぎ澄まされた音色があまりに美しい、冒頭のシンフォニック・ロックナンバーですでに悶絶必至。ファンタジックな色合いを与えるメロディアスなシンセ、女声ヴォーカルのおおらかに包み込むような歌唱、どこか物悲しく響くフルートなどに彩られた、クラシカルな美感とシンフォニックな高揚が渾然一体となって聴き手を感動の渦へ誘い込みます。 これは間違いなくHOSTSONATENにも匹敵するほどの傑作です。

  • UNREAL CITY / LA CRUDELTA DI APRILE

    奇才FABIO ZUFFANTIプロデュースによる新鋭シンフォ・バンド13年デビュー作、FINISTERREを彷彿させるモダンなサウンドを聴かせる傑作シンフォ!

    LA MASCHERA DI CERA、HOSTSONATENなどで活躍するイタリアの奇才FABIO ZUFFANTIプロデュースによる新鋭シンフォ・バンド、13年デビュー作。タイトで疾走感のあるリズム隊、すっきりとした抜けの良いギター、情感豊かで気品高いピアノ、野太く艶のあるシンセによるクリアでモダンな音像のアンサンブル。FABIOのバンドFINISTERREに通じる音楽性が特徴です。そこに典雅なチェンバロやパイプ・オルガン、情熱的に切れ込むヴァイオリンなど、哀愁と格調高さに満ちたバロック・アンサンブルがなだれ込んでくる展開は興奮必至の素晴らしさ!満を持して湧き出してくるメロトロンも見事です。FINISTERREを受け継ぐモダニズムと古き良きバロックな格調を合わせ待った傑作!

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!