プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

ジェネシスのDNAを受け継ぐイタリア新鋭プログレ特集!

MOONGARDEN

試聴 Click!

ジェネシスの陰影ある幻想性を受け継いだグループ。95年作2ndより。メロトロンも使用した重厚かつファンタスティックなキーボード群、伸びやかで歌心に溢れた泣きのギターが素晴らしい。

FINISTERRE

試聴 Click!

ジェネシスの大きな特徴と言えばハケットのギター。ハケットゆずりのリリカルなギターが堪能できるのが、FINISTERREの1st。90年代以降伊プログレを代表するミュージシャンFabio Zuffaniがキャリアをスタートさせた名グループ。

SUBMARINE SILENCE

試聴 Click!

MOONGARDENのKey奏者&ギタリストによる別プロジェクト、02年作より。トニー・バンクス譲りのファンタスティックなキーボード&メロトロンがたまりませんね。GENESISとCAMELを混ぜ合わせたような叙情派シンフォ!

DORACOR

試聴 Click!

キーボード奏者Corrado Sardellaによるプロジェクト、05年作。アルバムのどの部分、どのフレーズを切り取っても溢れ出る「泣き」のリリシズム。ジェネシスの遺伝子を受け継いだ伊キーボード・シンフォ名作。

WATCH

試聴 Click!

初期ジェネシスに眩惑されたイタリアのグループ、2010年作より。サウンドがクリアになりグッと洗練されました。オリジナリティがどうのではなく、ジェネシスの発掘音源だと思って、おもいっきり楽しみましょう☆

YLECLIPSE

試聴 Click!

98年にカリアリで結成されたグループ。2012年作5th。ハケット調の気品高いギターワークからトニー・バンクス直系のファンタスティックなシンセまで、もうこれでもかとGENESIS愛に満ち満ちた名品です。

MANGALA VALLIS

試聴 Click!

02年にデビューした伊シンフォの実力派バンド、2012年作3rd。初〜中期GENESISを受け継ぐ英国的な気品高いアンサンブルが見事な逸品。

MONTEFELTRO

試聴 Click!

GENESISやP.F.M.やLE ORMEに影響を受けたメンバーによる結成されたグループ。92年作。ハケットゆずりのリリカルなギターとともに、LOCANDA DELLE FARTEに通じる透明感溢れるシャープなアンサンブルが絶品です。90年代叙情派イタリアン・ロックの名作。

PHAEDRA

試聴 Click!

スティーヴ・ハケットゆずりの繊細なタッチのリリカルなギター、鼻にちょっぴりかかったハート・ウォームさとフィル・コリンズばりの劇的なエモーションが魅力のヴォーカル。伊新鋭による、『月影の騎士』の音世界を受け継ぐ逸品!

Facebookコメント

在庫一覧

  • DORACOR / EVANESCENZE

    キーボード奏者Corrado Sardella率いるイタリアン・シンフォ・グループ、05年作、叙情に溢れるシンフォニック・ロックの逸品

    ギタリスト、ヴォーカリストを迎え、ソロ・プロジェクトからバンドとなって録音された05年作。きらびやかな音色のファンタスティックなキーボードを中心に、硬質なギター・リフやスリリングなリード・ギターがダイナミズムを注入する、スケールの大きなシンフォニック・ロック。力強くエモーショナルなヴォーカリストが歌い上げるメロディもたいへん叙情的で胸を打ちます。ヴォーカル・メロディに被さるギター・ソロも「泣き」に溢れていて印象的。アルバムのどの部分、どのフレーズを切り取ってもリリシズムが溢れ出る、「歌」好きにはたまらない逸品。

  • FINISTERRE / FINISTERRE

    90年代イタリアを代表するグループによる95年1st、スリリングなシンフォニック・ロック名盤!

    HOSTSONATENなどで活躍する90年代以降のイタリアン・プログレを代表するコンポーザーのFabio Zuffantiを中心に、93年にジェノアで結成されたバンド。95年の1stアルバム。クラシカルなキメでアグレッシッヴに畳みかけたと思ったら、フルートが美しく舞う格調高いパートへと移り変わり、次の瞬間には一転して複雑な変拍子でアヴァンギャルドに疾走。GENESISの叙情性とKING CRIMSONの破壊的感性が同居したようなテンション溢れるシンフォニック・ロック。全体的にくすんだ音質で、70年代プログレへの憧憬が感じられます。

  • MONTEFELTRO / IL TEMPO DI FAR LA FANTASIA

    92年リリース、詩情溢れるイタリアン・シンフォニック・ロックの逸品、最高に気持ちの良いサウンドです!

    イタリアのグループ、92年作。爽やかなトーンの中にヴィンテージな温かみが溢れたキーボードが美しくそして夢見心地に柔らかく広がる。そこにSteve Hackettからの影響が感じられる繊細なタッチのギターがリリカルなメロディを奏でる。そして、LOCANDA DELLE FARTEあたりを彷彿とさせる手数が多くシャープかつ歌心に溢れたリズム隊が引き締める。クラシックの確かな素養をベースに、コテコテにはならず、どこまでもクールにそしてファンタスティックに音を紡いでいます。ずっと浸っていたいと思わせる最高に気持ちの良いサウンド!CAMEL、GENESIS、LOCANDA DELLE FARTEが好みであれば気に入るでしょう。良いグループです。

  • MOONGARDEN / BRAINSTORM OF EMPTYNESS

    95年作、ジェネシスを受け継ぐ90sイタリアン・シンフォの名作!

    イタリアのグループ、95年作2nd。GENESISタイプのシンフォニック・ロックですが、これが実に素晴らしい出来映え。メロトロンも使用した重厚かつファンタスティックなキーボード群、伸びやかで歌心に溢れた泣きのギター、シアトリカルなヴォーカル、叙情性溢れるメロディ。格調高く静謐なパートからドラマティックに畳みかけるハードなパートまで、終始テンションを高く保ったアンサンブルは圧倒的な完成度。70年代の遺産に敬意を払いつつ、90年代ロック的なダイナミズムも加えたサウンドは、スケール感抜群です。名作。

  • PHAEDRA / BEYOND THE STORM

    シンフォ・ファンから傑作と評価される2010年デビュー作『PTAH』で知られるイタリア新鋭グループ、90年代の音源をアップデートした2013年作

    93年から活動を続け、満を持して2010年に『PTAH』でデビューしたイタリアン・ロック新鋭グループ。彼らが97年から98年に録音していた音源を元にベース&ドラムなどを差し替えるなど新装して2013年オフィシャル・リリース。スティーヴ・ハケットゆずりの繊細なタッチのリリカルなエレキ・ギター、鼻にちっぴりかかったハート・ウォームさとフィル・コリンズばりの劇的なエモーションが魅力の歌声、英語で歌われる幻想的なメロディが印象的。10分を越える曲を2曲収録しており、ジェネシスばりに静謐かつドラマティックに盛り上がっていく構築美も聴き所。『月影の騎士』の音世界を受け継ぐ逸品。ジェネシスのファンは一聴是非。

  • SUBMARINE SILENCE / SUBMARINE SILENCE

    イタリア、MOONGARDENからの派生バンド、トニー・バンクス譲りのキーボード&メロトロンをフィーチャーしたシンフォニック・ロック、02年作

    MOONGARDENのKey奏者&ギタリストによる別プロジェクト。02年作。トニー・バンクス譲りのファンタスティックなキーボード&メロトロン、70年代的な暖かみある音色とメロディアスなフレーズが絶妙なギター。ロック的ダイナミズムはあまりなく、全編通して、穏やかで広がりのあるメロディアスなサウンドが印象的。GENESISとCAMELの叙情性を混ぜ合わせたような、どこを切っても美メロが溢れ出る好作品。全曲インストです。

  • WATCH / PLANET EARTH ?

    初期ジェネシスに眩惑されたイタリアのグループ、2010年作、圧倒的な幻想性、おすすめ!

    初期ジェネシスに眩惑されたイタリアのグループ、2010年作。ハモンドやメロトロンのよる幻想性、丁寧に音を紡ぐギターによる繊細さとリリシズム、ガブリエルを彷彿とさせるヴォーカルによる演劇性。そして、キメのパートでの、ドラマティックなカタルシス。メロディ・ラインの素晴らしさも特筆もので、アルバムのどこを切っても優美なメロディがとめどなく溢れます。数多いジェネシス・フォロワーの中でもトップ・クラスのグループ。ここまで初期ジェネシスのソングライティングの妙と幻想性を受け継いだグループはいないでしょう。GENESISファンは必聴

  • YLECLIPSE / SONGS FROM THE CRACKLING ATANOR

    GENESISタイプの伊シンフォの代表格、ひたすらファンタスティックなアンサンブルが素晴らしい12年作!

    GENESISタイプの伊シンフォの代表格バンドによる12年作5thアルバム。冒頭から、2本のクラシック・ギターがスティーヴ・ハケット直系の気品に満ちたアンサンブルを繊細かつ優雅に奏で、フルートやファンタジックなシンセが折り重なりながらジャケットのイメージ通りの世界を描いていきます。GENESISの73年作『月影の騎士』を受け継いだ完璧なオープニング。リリカルかつ繊細さが光るエレキ・ギターとダイナミックなリズム隊が入ると、現代プログレらしい鮮やかなダイナミズムも聴かせ、「静」と「動」を巧みに行き交いながらドラマティックに駆け抜けます。特筆はキーボードで、多彩な音色で楽曲をカラフルに彩るシンセ、叙情的なピアノ、幽玄に広がるメロトロンなど、トニー・バンクスを継承する変幻自在のサウンドが印象的。英詞ながら、力強くエモーショナルなヴォーカルなど、イタリアならではの劇的なドラマティックさも聴き所です。GENESIS的叙情シンフォにイタリアならではの高いドラマ性が加わった傑作!

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!