プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

MAXOPHONE (ITALIAN LYRICS VERSION)

MAXOPHONE

AMS138CD(AMS

発売当時、イタリア語版と英語版がリリースされましたが、本CDはイタリア語ヴァージョンです。紙ジャケット仕様。

評価:47 3件のレビュー

イタリアン・ロックの大きな魅力が、バロック音楽の遺伝子を継ぐ構築美と叙情美。そんなイタリアン・ロックの金字塔として君臨し続けるのがこの作品ですね。格調高さの中に息づく芳醇なポップセンスにも唸らされます。

イタリアン・シンフォニック・ロックの金字塔的名作、75年リリース

単発ながらイタリアン・シンフォニック・プログレッシブ・ロックの頂点に君臨する名盤を生み出したグループによる75年作。非常にポピュラリティーに富んだ名作であり、バンド・アンサンブルに加えてヴァイオリン、チェロ、サックス、フルートといった管弦セクションを充実させ、ロックのダイナミズムとクラシカルな彩り、そしてアコースティックな音像が醸し出すイタリア叙情と言う点で、まさしくイタリアン・プログレッシブ・ロックの最高峰に位置する作品です。同郷PREMIATA FORNERIA MARCONIや、やはり単発ながら叙情的な名盤を作り上げたLOCANDA DELLE FATEの牧歌性にも共通する質感を有しており、また、メロディアスなボーカルはイタリアン・カンタトゥーレとしても絶品です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

LOCANDA DELLE FATE / FORSE LE LUCCIOLE NON SI AMANO PIU の商品詳細へ

LOCANDA DELLE FATE/FORSE LE LUCCIOLE NON SI AMANO PIU

イタリアン・シンフォニック・ロックの頂点に君臨する名盤中の名盤、77年作

3390円(+税)

CERVELLO / MELOS の商品詳細へ

CERVELLO/MELOS

イタリアン・プログレッシヴ・ロックを代表すると言っても過言ではない一枚、妖艶さと退廃感が同居する傑作ヘヴィ・シンフォ

1990円(+税)

IL BALLETTO DI BRONZO / YS の商品詳細へ

IL BALLETTO DI BRONZO/YS

アーティスティックかつ緊張感みなぎる72年作2nd、伊へヴィ・シンフォ屈指の名盤!

890円(+税)

LATTE E MIELE / PAPILLON の商品詳細へ

LATTE E MIELE/PAPILLON

初めてローマ法王の御前で演奏したロック・バンドと言われる、イタリアはジェノヴァ出身のキーボード・プログレ・バンド、73年作2nd

1190円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

イタリアン・クラシカル・ロック

まとめて試聴する

サックスをフィーチャーしたプログレ名作選!

まとめて試聴する

  • KING CRIMSON 『IN THE COURT OF THE CRIMSON KING』

    69年発表、ロックシーンの流れを変えた歴史的デビュー作!

  • VAN DER GRAAF GENERATOR 『H TO HE WHO AM THE ONLY ONE』

    70年作、ロバート・フリップがゲスト参加、VDGGならではの暗澹たるエネルギーが渦を巻く3rdアルバム

  • GNIDROLOG 『LADY LAKE』

    72年作2nd、VDGGに通じるダークかつドラマティックな英プログレ名盤

  • RICHARD WRIGHT 『WET DREAM』

    言わずと知れたピンク・フロイドのキーボード奏者、78年のソロデビュー作、フロイドの美しく叙情的な側面のみを抽出したような珠玉の名品

  • CERVELLO 『MELOS』

    イタリアン・プログレッシヴ・ロックを代表すると言っても過言ではない一枚、妖艶さと退廃感が同居する傑作ヘヴィ・シンフォ

  • CARPE DIEM 『EN REGARDANT PASSER LE TEMPS』

    75年発表、緊張感と幻想性が見事に調和したフレンチ・プログレの名作!

  • SOLUTION 『DIVERGENCE』

    オランダのジャズ・ロック・グループ72年2nd、叙情味あふれる名盤!

  • CIRCUS 『MOVIN ON』

    スイス出身、圧倒的なテクニックでスリリングに突き進むテンションの高いプログレ、名作!77年リリース

  • ITOIZ 『EZEKIEL』

    バスク地方出身の好グループ、シンフォニック・ロックの大傑作「ITOIZ」に続いてリリースされた80年2ndアルバム、異国情緒豊かなジャズ・ロックの名品

  • HAIKARA 『HAIKARA』

    72年作、フィンランド・プログレの黎明期にリリースされた名作、クリムゾンを想わせる凶暴性を持つ一枚!

  • GUNS & BUTTER 『GUNS & BUTTER』

    ユダヤ人メンバーがいるボストン出身のプログレ・グループ、72年作、無国籍プログレの逸品、傑作です!

  • ARCO IRIS 『SUDAMERICA』

    アルゼンチン、72年作、むせび泣くサックスが印象的なコンセプト作

  • AUDIENCE 『HOUSE ON THE HILL』

    ピーター・ハミルにも比肩する名ヴォーカルHoward Werth率いる英ロックの曲者グループ、ヒプノシスのジャケのイメージにぴったりの淡く緊張感ただようブリティッシュ・ロックを聴かせる71年作3rd

レココレ特集『70年代プログレッシヴ・ロックの叙情性』連動【イタリア編】

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • OFFICIAL BOOTLEG LIMITED EDITION: LIVE RECORDED AT CLUB CITTA' ON APR.26.2013

    マクソフォーネ

    VSPR4108

    紙ジャケット仕様、帯・解説元から無し、定価3300

    帯【-】 解説【-】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並 | 不良 |

    紙ジャケに若干圧痕あり

    13年4月のクラブ・チッタ公演を収録

    1890円

    1512円
    (税込1633円)

    408円お得!

    CD詳細ページへ

  • LA FABBRICA DELLE NUVOLE

    MAXOPHONE

    AMS278CD(AMS

    75年の名盤で知られるイタリアン・ロック・グループ、実に42年ぶりとなった17年復活作2nd!

    イタリアン・ロックの金字塔と言える75年作で知られる彼らが42年ぶりとなる2ndをリリース!モダンに洗練されてはいますが、グッとくる芳醇なメロディと流麗なインストゥルメンタルは健在で、これは全イタリアン・ロック・ファン必聴の出来栄え!

  • LA FABBRICA DELLE NUVOLE

    MAXOPHONE

    AMS128LP(AMS

    180g重量盤アナログLP

    75年の名盤で知られるイタリアン・ロック・グループ、実に42年ぶりとなった17年復活作2nd!

    イタリアン・ロックの金字塔と言える75年作で知られる彼らが42年ぶりとなる2ndをリリース!モダンに洗練されてはいますが、グッとくる芳醇なメロディと流麗なインストゥルメンタルは健在で、これは全イタリアン・ロック・ファン必聴の出来栄え!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 鋭敏な音が魅力(3 拍手)

akagiさん レビューをすべて見る

まず、ジャケットの美しさに見惚れてしまう。

音の印象は、他のイタリアものに比べると硬さを感じる。
鋭敏な音で勝負している。
ボーナスの2曲にも大拍手。

ナイスレビューですね!

評価:5 管弦楽が加わった強烈な個性(2 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

70年代のイタリアのロック選をやるとPFMやバンコを押しのけて必ず上位に入ってきます。デビューが他のグループに比べて遅く、イタリアのアート・ロックのブームが退潮期にあったため一枚きりでキャリアを終えました。しかし、音楽性は先行するバンドの良い点ばかりを集めた印象で、さらに管弦楽が加わった強烈な個性をもっています。2005年には、このアルバムのアウトテイクを集めたCDと当時のライブを収録したDVDのパッケージが出て、ファンを泣かせました。

ゲスト・プレーヤーの参加があるものの、主として演奏するメンバーが6人。フレンチ・ホルン、トランペット担当のマウリチオ・ビアンキーニと、クラリネット、フルート、サックス担当のレオナルド・キアヴォーネがとてもいい仕事をしています。たたみかけるアンサンブルが一転してコーラス・ハーモニーになったり、ほのぼのとしたブラスのファンファーレが一転してジャズ調のインタープレイになったりします。メンバーの素養は主としてジャズにあるようです。

現在でもHPが開設されています。年老いたメンバーが未だにライブもこなしているようですが、スタジオ演奏家として食いつないでいるのでしょうか。でも思うのは、こうした高性能な作品の存在があって、フラワー・キングズやドリーム・シアターの隆盛につながっているのだろう、ということ。イタリアの片隅でマニア向けにアピールしていた作品…では全然ありません。

ナイスレビューですね!

評価:5 この一枚を聴かずしてイタリアン・ロックを語るなかれ(2 拍手)

west12さん レビューをすべて見る

お仕着せがましいレヴューを書くつもりは無い。
当時の一流イタリアンミュージシャンが総結集して作られた渾身の一枚であるとだけ記しておく。

未聴で心配な方は、動画検索されたし。

ナイスレビューですね!