プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

サックスをフィーチャーしたプログレ名作選!

メロトロン、シンセ、ヴァイオリンなどとともに、プログレを特徴づける楽器の一つがサックス。 時にロマンティックにメロディを歌い上げ、時にギターにも負けない熱量とフリーキーさで疾走する、奏者の個性がダイレクトに音へと反映される、生楽器ならではの繊細かつ幅広い表現が可能な楽器と言えますよね。 ジャズ・ロック作品にはほぼ必ず登場するサックスですが、今回は非ジャズ・ロックなプログレ作品を中心にサックスをフィーチャーした名作たちをご紹介してまいりましょう♪

KING CRIMSON / IN THE COURT OF CRIMSON KING(1969)

試聴 Click!

もちろんプログレッシヴ・ロックの幕開けを告げたこの作品を出さないわけにはきませんね。イアン・マクドナルドのヴァイオレンスなうねりを伴ったプレイは、それまでのロックの概念を打ち崩すのに十分すぎるインパクトを放っています。現代の感覚で聴いても戦慄せずにはおれないこの重厚感とスピード感たるや!

VDGG / H TO HE WHO AM THE ONLY ONE(1970)

試聴 Click!

ご存知、英国が生んだ孤高の暗黒プログレ・バンド、70年作より。デヴィッド・ジャクソンのサックスが大幅にフィーチャーされたナンバーをどうぞ。時にフロントマン、ピーター・ハミルの存在感みなぎるヴォーカルすら押しのけてフリーキーにほとばしるサックスのカッコよさと言ったらありませんね!

GNIDROLOG / LADY LAKE(1972)

試聴 Click!

双子のゴールドリング兄弟が率いる、演奏の強度とユニークさにかけてはVDGGにも引けをとらないプログレ・バンドがGNIDROLOG。狂騒感たっぷりに疾走するサックスが痛快ですね〜。00年に再結成作をリリースしたものの、これだけの個性派、是非全盛期にさらなる名作を残して欲しかったものです。

RICHARD WRIGHT / WET DREAM(1978)

試聴 Click!

フロイド直系のメランコリーにオルガンやシンセが淡い色彩を加える情緒豊かな名ソロ作。とは言えフロイドほどのある意味でのドギツさはなく一貫してソフトでメロウな語り口が実にこの方らしいところ。メル・コリンズのドラマティックなサックスが、透明感のあるサウンドに映えますね〜。

MAXOPHONE / MAXOPHONE(1973)

試聴 Click!

サックスはじめ様々な管弦楽器をふんだんに盛り込んだ芳醇なシンフォニック・ロックを聴かせてくれるイタリアの名バンドをピックアップ!サックスは渋めのジャジーなプレイで弾むような躍動感と優美さに満ちたサウンドに見事なアクセントを加えます。

CERVELLO / MELOS(1973)

試聴 Click!

オザンナ『パレポリ』も捨て難いですが、サックスのインパクトではやはりコチラでしょうか。電気処理を施してギターとともに狂乱へと突入していくサックスのこの凶暴さこそヘヴィシンフォの醍醐味と言えるでしょう!妖しく囁きかけるようなフルートも聴きどころです。

CARPE DIEM / EN REGARDANT PASSER LE TEMPS(1975)

試聴 Click!

まるでクリムゾンとフロイドを足してフランスらしい耽美さで包み込んだような、不穏さとエレガンスが渦巻くシンフォニック・ロックを展開。サックスはひたすら滑らかな音色で舞うようなプレイを聴かせます。これがクリムゾンやVDGGのようなヘヴィな音だとこの美しさは出ないんでしょうね。張り詰めた美意識がひしひしと感じられる名作です。

SOLUTION / DIVERGENCY(1977)

試聴 Click!

フォーカスともつながりの深いオランダのプログレ・グループ、72年作より。フォーカスの大曲「IRRUPTION」でも採用された叙情溢れるメロディを、サックスが渋く歌い上げるこのナンバーをどうぞ。

ALQUIN / MOUNTAIN QUEEN(1973)

試聴 Click!

こちらもオランダのグループ。ギター&オルガンを中心にマハヴィシュヌにも匹敵しそうなエネルギーを放つ演奏が圧巻ですが、ブラス・ロック風にアンサンブルを盛りたてるサックス他ホーン・セクションの見事な仕事も特筆ですね。

CIRCUS / MOVIN ON(1977)

試聴 Click!

長年ユーロロックの名盤として語り継がれてきたスイスのプログレ・グループによる77年作2nd。ジャケットからはファンタジックなシンフォ作品をイメージしますが、中身はクリムゾンばりの強度とヘヴィネスでスリリングに突っ走るテクニカル・プログレ。フルートを含め異様なまでのテンションを感じさせる演奏ですが、サックスは比較的クールに抑えたプレイを聴かせています。フリオ・キリコばりの超絶ドラミングも聴きもの!

ITOIZ / EZEKIEL(1980)

試聴 Click!

スペインの秘境バスクを代表する名バンド、ヴァイオリン、サックスを導入し洗練されたサウンドを聴かせるようになった80年の名作。ジャジーに舞うサックスも耳に心地よい躍動感たっぷりに弾むアンサンブルと、どこか切なげでナイーヴなバスク語ヴォーカルの組み合わせが、異国情緒を含んだ不思議なセンチメントを醸し出しています。

HAIKARA / HAIKARA(1972)

試聴 Click!

ムーミンの住む国フィンランドにこんな凶暴なバンドが居たとは・・・。クリムゾン『アイランド』ばりの静寂から、サックスやファズ・ギターが炸裂する『宮殿』ばりの混沌へと雪崩れ込む展開が強烈!ジャケのエグさもムーミン的世界観とは対局に位置する代物!

GUNS & BUTTER / GUNS & BUTTER(1975)

試聴 Click!

ユダヤ人メンバーが居るボストンのグループなんですが、とにかくブラス・ロックもかくやという疾走しまくるホーンがもう強烈過ぎ!エネルギッシュに舞うヴァイオリンもプログレファンのハートをわし掴みにします。こ、こんな凄いバンド72年のアメリカにいたなんて!

ARCO IRIS / SUDAMERICA(1972)

試聴 Click!

南米アルゼンチンより、同国を代表するプログレ・グループARCO IRISの72年のコンセプト作をセレクト。南米らしいセンシティヴな叙情を持つサウンドを、哀愁に満ちたサックスのプレイがさらにドラマティックに盛り立てていくアンサンブルが素晴らしいですよね。サイケがかったどぎついギターとの間にいい対比を生んでいます。

AUDIENCE

試聴 Click!

ピーター・ハミルがキンクスに入ったような、そんなバカな!と言えるようなゴッタ煮英国ロックの名バンドによるカリスマからの71年作3rd。プロデュースはGus Dudgeonで、印象的なジャケットはヒプノシス。サックスやフルートがブイブイ鳴り響くけどブラス・ロックなわけでもなく、ひねりの効いた「アート・ロック」なサウンドが印象的。

Facebookコメント

在庫一覧

  • ARCO IRIS / SUDAMERICA

    アルゼンチン、72年作、むせび泣くサックスが印象的なコンセプト作

    70年作が南米プログレの名盤として知られるアルゼンチンのグループ、72年作。2枚組、約100分にわたって繰り広げられるコンセプト作。叙情的にむせび泣くサックスをアコギとピアノが繊細に支えるドラマティックなオープニング・ナンバーから必殺。バタバタと性急に畳み掛けるロック・パート、アコギ爪弾きとたおやかに舞うフルートが郷愁を誘うフォルクローレ・パート、もうどこをとってもアルゼンチンらしい詩情が溢れ出てくる演奏が絶品です。センシティヴかつメランコリックな陰影を滲ませるヴォーカルも、これぞ南米!というところ。後半ではサイケデリックなギターがフィーチャーされ、70年作を思い出させるサイケ・ポップな音楽性が前面に出てくるのもポイントです。哀愁に満ちた南米叙情と持ち前のサイケ感覚が絶妙にブレンドされた名品!

  • AUDIENCE / HOUSE ON THE HILL

    ピーター・ハミルにも比肩する名ヴォーカルHoward Werth率いる英ロックの曲者グループ、ヒプノシスのジャケのイメージにぴったりの淡く緊張感ただようブリティッシュ・ロックを聴かせる71年作3rd

    あのジム・モリソン亡き後にドアーズに誘われたというヴォーカル&ギターのHoward Werthと後にSAMMYやSTACKRIDGEでも活躍する管楽器奏者Keith Gemmellを中心にロンドンで結成され、69年にデビューしたグループ。71年にカリスマからリリースされた3rdで、プロデュースはGus Dudgeon、印象的なジャケットはヒプノシス。オープニングから鬼気迫ってます。アコギのバッキングを軸にしつつもフォーク・ロックではなく、サックスやフルートがブイブイ鳴り響くけどブラス・ロックなわけでもなく、ファズ・ベースがうねりをあげるけどハード・ロックなわけでもなく、ジャケのイメージにぴったりの英国的な淡さと一歩引いた視点で料理するようなセンスが光る、ひねりの効いた「アート・ロック」なサウンドが印象的です。バンドが一体となって畳み掛けるパートでは、レーベルメイトのヴァンダー・グラーフ・ジェネレーターも彷彿させるほどにソリッドでテンションいっぱい。ピーター・ハミルとロバート・プラントがあわさったような存在感あるヴォーカルも出色です。これぞ英国ならでは、と言えるロック・ミュージック名品。

  • CARPE DIEM / EN REGARDANT PASSER LE TEMPS

    75年発表、緊張感と幻想性が見事に調和したフレンチ・プログレの名作!

    ANGEのマネージャーが設立したCryptoレーベルよりデビューし、フランスらしい耽美な幻想色を持ち、緊張感を持たせながら浮世離れしたファンタジックなサウンドを作り出したグループの75年デビュー作。各種浮遊感のあるエフェクトを駆使しながら独特のサイケデリックな質感を漂わせ、シンフォニックな味わいを感じさせるジャズ・ロックアンサンブルを聴かせます。KING CRIMSONを髣髴とさせるダークな変拍子なども登場し肉感的に迫るような局面もありますが、KING CRIMSONのようにハードに聴こえさせないのは前に押し出されたサックス、フルートの流れるような幻想色。冷たい狂気を内包させた名盤と言えるでしょう。

  • CERVELLO / MELOS

    イタリアン・プログレッシヴ・ロックを代表すると言っても過言ではない一枚、妖艶さと退廃感が同居する傑作ヘヴィ・シンフォ

    OSANNAのDanilo Rusiciの弟であり、OSANNA、NOVAにも参加することとなるCorrado Rusticiを中心に結成されたイタリアのプログレッシブ・ロックバンドの73年唯一作。その内容はほの暗い叙情とOSANNAに通じる邪悪な呪術的雰囲気を有したアーティスティックなプログレッシブ・ロックであり、メロトロンやフルートなどが演出する憂いを帯びた神秘的なサウンドと、対照的にラウドなリズム・セクションの上でへヴィーなギターとサックスが盛り上げるへヴィー・プログレッシブなサウンド、そして混声合唱を導入したイタリア然とした荘厳なサウンドまで、触れ幅に恵まれた名盤となっています。

  • CIRCUS / MOVIN ON

    スイス出身、圧倒的なテクニックでスリリングに突き進むテンションの高いプログレ、名作!77年リリース

    スイスを代表するプログレ・グループ。77年作の2nd。フリオ・キリコばりのスリリングなドラム、クリムゾンを想わせるサックス&フルートを中心に絶えず畳み掛けるスリリングな展開は、これぞプログレ。リリカルなパートも交えた緩急の構成も見事。アナログのB面すべてを使った大曲「Movin' On」は彼らの魅力がすべて詰まった名曲。必聴盤。

  • GNIDROLOG / LADY LAKE

    72年作2nd、VDGGに通じるダークかつドラマティックな英プログレ名盤

    Colin GoldringとStewart Goldringの兄弟によって結成され、フルートやサックスを取り入れたジャズ・ロックを基本にKING CRIMSON、VAN DER GRAAF GENERATORのような音楽性を放つイギリスのプログレッシブ・ロックグループの72年2nd。基本的な方向性は前作からの流れを汲んでおり、サックスやフルートが鳴り響くへヴィー・ロック的な作風ですが、より洗練されたアンサンブルと、カオティックな中にドラマ性と一筋のロマンティシュズムを感じることが出来る名盤となっており、やはり繊細な質感とダイナミックなサウンドのコントラストが映える作品と言えるでしょう。

  • GUNS & BUTTER / GUNS & BUTTER

    ユダヤ人メンバーがいるボストン出身のプログレ・グループ、72年作、無国籍プログレの逸品、傑作です!

    ボストン出身のプログレ・グループ、72年作。主要メンバーにユダヤ人が居て、ユダヤの伝統音楽のエッセンスを感じさせるのと、ヴァイオリン奏者、サックス&フルート奏者が居るのが特徴。音を聴いてびっくり。これは素晴らしいです。ジャズの素養を感じさせるシャープ&タイトなリズム隊が変拍子を自在に操りスピーディーにめくるめく展開。ヴァイオリン、サックス、フルートがフィーチャーされていて、時にユニゾン、時にそれぞれがリードを取り、ダイナミックかつしなやかなサウンドを繰り広げます。ちょっとクリス・スペディングを彷彿とさせるような音数少ないながらセンス抜群のギター、どこかジェスロ・タルのイアン・アンダーソンを彷彿とさせるヴォーカルも印象的。ユダヤの伝統音楽のエッセンスといっても土臭さや聴きづらさはなく、もの悲しく艶やかなトーンが全体を覆っています。アメリカ的な単純明快さはなし。無国籍プログレの傑作。素晴らしい!

  • HAIKARA / HAIKARA

    72年作、フィンランド・プログレの黎明期にリリースされた名作、クリムゾンを想わせる凶暴性を持つ一枚!

    フィンランド出身、72年作の1st。クリムゾンやフロイドからの影響が感じられるブリティッシュナイズされたサウンドが印象的。聴き所は最終曲で、クリムゾンの「ISLAND」を想わせる静謐なパートから始まり、突如、サックスとファズ・ギターが暴れまわる初期クリムゾン的なアグレッシヴなパートへとなだれ込む展開が見事な名曲。

  • ITOIZ / EZEKIEL

    バスク地方出身の好グループ、シンフォニック・ロックの大傑作「ITOIZ」に続いてリリースされた80年2ndアルバム、異国情緒豊かなジャズ・ロックの名品

    バスク地方出身の好グループ。シンフォニック・ロックの大傑作「ITOIZ」に続いてリリースされた2ndアルバム。80年作。ジャケットのイメージ通りのノスタルジックな雰囲気はそのままに、サックス、ヴァイオリン、シンセサイザーの導入により前作以上にバラエティに富んだプログレッシヴなサウンドが印象的。女性ヴォーカルITZIARが一曲ゲスト参加。1stと並ぶスペイン・シンフォニック・ロックの傑作。

  • KING CRIMSON / IN THE COURT OF THE CRIMSON KING

    69年発表、ロックシーンの流れを変えた歴史的デビュー作!

    奇才Robert Frippを中心に結成され常に先鋭的なサウンドを作り出し、デビュー以来プログレッシブ・ロックの頂点に君臨し続けるイギリスのグループの69年デビューアルバム。プログレッシブ・ロックのスタートラインとなった記念碑的作品であり、「21世紀の精神異常者」のヘヴィーなサウンドで幕を開け「クリムゾン・キングの宮殿」の荘厳なメロトロンで終幕するまで、全く非の打ち所の無いフレーズとインプロヴィゼーションの応酬が乱れ飛びます。BEATLESの「Abbey Road」を蹴落とし全英トップにのし上がった本作は、プログレッシブ・ロック時代の幕開けを象徴する1枚として語り継がれています。

    • IECP50001

      デジタル・リマスター、定価1980

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      帯有

    • PCCY00661

      ロバート・フリップによる89年リマスター、定価2243

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      帯有

      帯にケースツメ跡・スレあり、解説に若干の黄ばみあり

  • MAXOPHONE / MAXOPHONE (ITALIAN LYRICS VERSION)

    イタリアン・シンフォニック・ロックの金字塔的名作、75年リリース

    単発ながらイタリアン・シンフォニック・プログレッシブ・ロックの頂点に君臨する名盤を生み出したグループによる75年作。非常にポピュラリティーに富んだ名作であり、バンド・アンサンブルに加えてヴァイオリン、チェロ、サックス、フルートといった管弦セクションを充実させ、ロックのダイナミズムとクラシカルな彩り、そしてアコースティックな音像が醸し出すイタリア叙情と言う点で、まさしくイタリアン・プログレッシブ・ロックの最高峰に位置する作品です。同郷PREMIATA FORNERIA MARCONIや、やはり単発ながら叙情的な名盤を作り上げたLOCANDA DELLE FATEの牧歌性にも共通する質感を有しており、また、メロディアスなボーカルはイタリアン・カンタトゥーレとしても絶品です。

  • RICHARD WRIGHT / WET DREAM

    言わずと知れたピンク・フロイドのキーボード奏者、78年のソロデビュー作、フロイドの美しく叙情的な側面のみを抽出したような珠玉の名品

    言わずと知れたPINK FLOYDのキーボード奏者。78年のソロ・デビュー作。『狂気』収録の「虚空のスキャット」での静謐でリリカルで格調高いピアノ、『原子心母』収録の「Summer 68」でのゆったりとたうたうようなヴォーカルとメロディ。PINK FLOYDのそれらの楽曲や、彼の作るメロディやヴォーカルが好きな方は間違いなく気に入るサウンドがここにあります。サックス&フルートのMel Collins、ギターのSnowy Whiteなどバックの演奏も絶品。フロイドの作品のような強靱さや存在感こそありませんが、柔らかな叙情美に包まれた心地良い名作。

  • SOLUTION / DIVERGENCE

    オランダのジャズ・ロック・グループ72年2nd、叙情味あふれる名盤!

    同郷FOCUSとも親交を持つオランダのグループによる72年作2nd。叙情溢れるピアノに導かれて始まる繊細で美しい演奏からして名曲であることがひしひしと伝わってくる導入部。徐々にピアノが熱いフレーズを聴かせるようになると、こちらもまた熱気みなぎるサックスが登場。フルートもエレガントにメロディをなぞります。最終的にはスピーディーなサックスがリードしての抜群にカッコいいジャズ・ロック・アンサンブルへと発展。これは一曲目から問答無用のプログレッシヴ名曲。作品全体を見ても、前作での混沌としたマイナープログレ感はなくなり、堂に入ったジャジーなアンサンブルが見事に存在感を示しています。アンサンブルにほんのりと香るカンタベリー風味もまたたまりません。サックスが同郷の名バンドFOCUSでお馴染みのフレーズをメロディアスに歌い上げる場面も、プログレ・ファンなら思わずニヤリでしょう。演奏面/アレンジ面に前作からの確実な進化が感じられる名作です。

  • VAN DER GRAAF GENERATOR / H TO HE WHO AM THE ONLY ONE

    70年作、ロバート・フリップがゲスト参加、VDGGならではの暗澹たるエネルギーが渦を巻く3rdアルバム

    非凡なる才能を持ったボーカリストPeter Hammillを擁し、難解な哲学詩と前衛的なアプローチ、初期のKING CRIMSONに負けず劣らずのへヴィネスと神秘性を兼ね備えたイギリスのプログレッシブ・ロックバンドの70年3rd。KING CRIMSONからRobert Frippがゲスト参加した本作は、次作以降飛躍していく彼らの勢いを感じさせる重要作であり、ロックのダイナミズムとアヴァンギャルド性が同居した傑作となっています。Peter Hammillの描く世界観も非常に内省的なものやダークな色合いを放っており、彼らの個性が一気に花開いた個性的な1枚です。