プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

TEAR GAS

TEAR GAS

SECONDHARVEST425(SECOND HARVEST

デジパック仕様。

評価:50 2件のレビュー

その名は、Zal Cleminson。マイナーなギタリストですが、ソリッドなリフ、鋭角に切れこむリードともセンス抜群なんです。彼のギターが冴え渡る英ハードの名作がこちら!

いぶし銀の名ギタリストZal Cleminsonのプレイが冴え渡る、英ハード・ロック屈指の名作!71年発表

英国はグラスゴー出身。後にアレックス・ハーヴェイと出会い、センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンドへと発展するグループ。71年作の2nd。デビュー作は、前半はアコースティカルに、後半はツェッペリンを意識したハードなサウンドを聴かせていましたが、この2ndは、そのハードな部分を推し進めたソリッドかつ鋭角なナンバーで占められています。ドラムにEdward Ted McKennaが加入。ベースのChris Glenとともに、鉄壁のリズム隊を構成(2人とも後にMSGで活躍)。ツェッペリンにも比肩するような重量級リズムを轟かせています。そして、何と言っても、ギターのZal Cleminson!コシのある豊かな歪むのトーンはこれぞブリティッシュでカッコ良すぎるし、タメの効いたリフ、前のめりのアグレッシヴなソロともに、本当にキレまくっています。クリームばりのブルース・ハードからツェッペリンの「コミュニケーション・ブレイクダン」を彷彿させるアグレッシヴなナンバーまで、圧倒的な音量とスピード感で畳みかける逸品。英国臭をぷんぷん振りまくスモーキーなヴォーカルと憂いあるメロディも特筆です。英ハード屈指の名作!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

TEAR GAS / PIGGY GO GETTER の商品詳細へ

TEAR GAS/PIGGY GO GETTER

いぶし銀の名ギタリストZal Cleminsonのギターが冴え渡る、牧歌的かつエッジの効いた英ハード・ロック名作、70年リリース1st

2290円(+税)

HORSE / HORSE の商品詳細へ

HORSE/HORSE

70年作、ごりごりと押しまくるギターリフが痛快な、ブリティッシュ・ハードの名作!

2290円(+税)

STRIDER / MISUNDERSTOOD の商品詳細へ

STRIDER/MISUNDERSTOOD

長らくCD化が待たれた74年作2nd、英ハード・ロック屈指の名作

2290円(+税)

STRIDER / EXPOSED の商品詳細へ

STRIDER/EXPOSED

腰が抜けるほどに格好良すぎる英ハードの名作!

2290円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

マイナー英国ハードの荘厳な世界

まとめて試聴する

レココレ特集『ブリティッシュ・ハード・ロックの誕生』連動【ビート系】

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

  • TEAR GAS『PIGGY GO GETTER』 - 「MEET THE SONGS」

    TEAR GAS『PIGGY GO GETTER』 - 「MEET THE SONGS」

    英国はグラスゴー出身で、後にアレックス・ハーヴェイと出会い、センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンドへと発展するグループ。なんといっても、ザル・クレミンソンのいぶし銀ギターが特筆もの!

  • 英いぶし銀バックバンド特集〜BRINSLEY SCHWARZやMIGHTY BABYなど

    英いぶし銀バックバンド特集〜BRINSLEY SCHWARZやMIGHTY BABYなど

    数多くの英SSWの名作を支えた、目立たないながらも愛すべき「いぶし銀バック・バンド」達にスポットを当てます。ちょっと渋いセレクションですが、この周辺に英ロックならではの旨味がたくさんつまっているんですよね。

このアーティストのその他タイトルのCD

  • PIGGY GO GETTER

    TEAR GAS

    SECONDHARVEST426(SECOND HARVEST

    評価:50 1件のレビュー

    デジパック仕様

    いぶし銀の名ギタリストZal Cleminsonのギターが冴え渡る、牧歌的かつエッジの効いた英ハード・ロック名作、70年リリース1st

    その名は、ザル・クレミンソン。マイナーながら、パトゥのオリー・ハルソールやニュークリアスのクリス・スペディングに通じる、いぶし銀のギター名手。支えるリズム隊も強力でこの70年作、ずばり英ハード名作。

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 危険なスコティッシュ・ハード(8 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンド(SAHB)の前身として知られるグラスゴーのバンドです。セカンド・アルバムにしてハードロック史に残る傑作とわたしは思っています。弱点ははっきりしていて、ボーカルの力量です。セカンド・ギターとボーカルを担当するデイヴィッド・バチェラーは、後年SAHBやナザレスのプロデューサーになるので、そちらが本分だったのかもしれません。しかし、バンドの音たるやブリティッシュ(スコティッシュ)ロックのユーザーが忘れることのできない迫力なのです。

リード・ギターのザル・クレミンスンは、硬質で、きな臭いリフを叩きつけてきます。時々ウェットなアルペジオを交えながらガシガシと攻められるようで、ギター好きユーザーは泣きたいような笑いたいような陶然とした気持ちになります。ザルは道化師の扮装をし続けたことでも有名なギタリスト。ベースにはクリス・グレン。ドラムズはテッド・マッケンナ。さらにキーボードでヒュー・マッケンナが参加していてオルガンもピアノも的確そのもの。けしてギターを邪魔しないいぶし銀の演奏です。

2 Love Story は7分もの演奏で、ブラック・サバスとバッジーがダブルで襲ってくるような重さを感じます。 4.Woman For Saleは、英国ハード・ファンが「これだ」と拳を握るような出だしです。強烈なリフで攻撃され続けて、体の揺れを抑えることができません。5. Im Glad の中間部もすさまじいです。ギター、ベースが誰にも遠慮せず暴れまくる様子はディープ・パープル全盛期を思い出します。7.Jailhouse Rock / All Shook Upはライブ録音です。 9.The Temptation Of St. Anthony は、SAHBのファーストで演奏されたハード曲で、アレックス・ハーヴェイが歌うライブです。グレン、マッケンナ、クレミンスンはこの当時最も危険な英国トリオだったのではないでしょうか。

ナイスレビューですね!

評価:5 このヘヴィなGr.のカッコよさはハンパじゃない!(5 拍手)

らざふぉーど博士さん レビューをすべて見る

真夏の暑さに私同様ぐったりしてるリスナーさん、必聴!
傑作です。1stはアコ感覚満載の英国曇天ロックで、コレはコレでかなり気に入っております。ついでに2ndもいってみよ〜と思ってオーダーしました。
今回は「英国ロックの深い森」の平野和祥さんのお言葉を拝借いたします。『ヘヴィでソリッドで、泣きに入ったときの迫力には鬼気迫るものあり。豪快なエレクトリック感覚の力押しは英国勢の中でも群を抜く』。私は知らなかったんですが、Gr.のクレミンスンって凄いんですね〜(Alexの時のもこんなだったか?)。それと前作とはDr.が代わっていて、Gr.、Bs.といっしょにALEX HARVEYでも活躍するEddie McKennaが参加。Key.はスペシャル・サンクス扱いですから、こんなことも怒涛のヘヴィ・ロックへの進化につながったんでしょうか。
6曲目、8曲目といった英国叙情てんこ盛りの佳曲にもグッときてしまいます。ヘヴィですが重金属じゃない、徹底した岩石!。気合い入れにお奨めします。

*ラストのライヴ曲はボー・トラでしょうか...?

ナイスレビューですね!