プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

マイナー英国ハードの荘厳な世界

八重樫治がナビゲートする、題して「ロック鍋は出汁が命」。

ふっふん...鍋は出汁が命だからね。僕の鍋には、なんといってもマイナー・ブリティッシュ・ハードが欠かせないんだよね。

リフのキレ、オルガンの荘厳、ピアノのグルーヴ、ヴォーカルのスモーキーな香り。良い出汁でてる〜。

ほーら、何度食べてもムフムフしちゃうロック鍋が完成したよ。みんな残さず食べてね...ふっふん!

STRIDER

試聴 Click!

1stのこのオープニング曲、良いよねぇ。僕の自慢のベスト・テープに入れて、みんなに配ったんだけど、びっくりなほど好評だったよ...。ま、いつものことだけどね...ふっふん!とにかく腰抜かさないでよ!

STRIDER

試聴 Click!

ふっふん...STRIDERは2ndも良いんだよね。ハード・ロックはやっぱりキレだよ、キレ。そんで、ハイ・トーンのヴォーカルね。それで荘厳だったら、言うことないね。まさに、この作品がそれだよ...ふっふん!

HORSE

試聴 Click!

霧の向こうから聴こえてくるような陰鬱でメロディアスなイントロからたまらんね...ふっふん!この奥ゆかしいドラマティックさこそ英ハードだよ...ふっふん!スナックで一杯やりながら、これ聴きたいね。そんなとこない?

ORANG-UTAN

試聴 Click!

2本のギターがからんだイントロのリフがカッコ良いよね。ハリのあるギターのトーン、たまらないなぁ。後半、フッとタメたあとに「スリー、フォー」ってたぶんドラムが叫んで、そこから一体となって畳みかけるところなんか、グッときちゃうよね...ふっふん!

TEAR GAS

試聴 Click!

ザル・クレミンソンだよな、やっぱり。このギタリストは良いよ...リフもリードも良い。タメの効いたヘヴィなプレイもスリリングに切れ込むプレイも良い。いぶし銀だよ、いぶし銀...ふっふん!

ROOM

試聴 Click!

DERAMレーベルのレア盤だね。さっすが、DERAM、お金持ってるよね。オーケストラも入ってさ、もう荘厳でドラマティック!そんで、Jane Kevern姉さんの迫力のヴォーカルだろ。凄いね。これ流すと鍋がすぐ煮えちゃうんだよね...ふっふん!

ROUGH DIAMOND

試聴 Click!

僕にとっては、スーパー・バンドなんだよね。元ユーライア・ヒープのデヴィッド・バイロン(Vo)でしょ、そんでなんてったって元コロシアム〜ハンブル・パイのいぶし銀ギタリストのデイヴ・クレムソン!さすがにいい出汁でてるね...ふっふん!

HARD STUFF

試聴 Click!

HRと言えばトリオ。トリオと言えば、このバンドを忘れちゃいかんぜよ...ふっふん!元アトミック・ルースターのジョン・カン(G/Vo)とポール・ハモンド(ds)、元クォーターマスのジョン・ガスタフスン(b/vo)。トリオならではのキレ。最高だね!

HUSTLER

試聴 Click!

ソウルフルなヴォーカルが良いねぇ。ギターもキレあるし、ストリングスのドラマティックさもグッときちゃう。後半の盛り上がりがまたね。締めのうどんを食べながら、チビチビ日本酒飲んで、これ聴いて。一生ロックと一緒だよ...ふっふん!

HACKENSACK

試聴 Click!

このスネア一発でキマリだね。リズム隊最高。「イェイ」一声で全部持ってっちゃうヴォーカルも良い。このVoは、サムソンでも活躍するんだよね。空気読まずに弾きまくっちゃうギターも最高だね。フリーに並んじゃってるよ...ふっふん!

INCREDIBLE HOG

試聴 Click!

このジャケのセンスはひどいよね。でもね、音は良いんだよ。ブリティッシュならではの引きずるような重さとトリオならではのキレ味がさ、たまらないよね。まぁ、とにかくこのオープニング・ナンバーを聴いてみてよ...ふっふん!

DUFFY

試聴 Click!

ちょっと煮え切らない感じのヴォーカルが僕の鍋と一緒で旨味いっぱいなんだよね。バッキバキに歪んだワウ・ギターもブルージーでコクがあって良いね。こういうアメリカとブリティッシュの合わせ出汁ってたまらない味だよね...ふっふん!

TRAPEZE

試聴 Click!

この熱いハイ・トーン・ヴォーカル、最高だよね!それもそうだよね・・・ディープ・パープルで活躍するあのグレン・ヒューズなんだからね...フッフン!トリオらしい「間」を活かしたキレのある演奏も良いよね〜...フッフン!

ELIAS HULK

試聴 Click!

なんと残酷なジャケ…。ブリティッシュ・アンダーグランド・ハードの名グループ、70年唯一作。Ginger Bakerを彷彿とさせるキレのある重戦車ドラム、引きずるようにヘヴィかつ鋭角にスリリングなファズ・ギター、アグレッシヴなシャウトが◎!

Facebookコメント

在庫一覧

  • DUFFY / JUST IN CASE YOU'RE INTERESTED...

    哀愁溢れるブリティッシュ・ロックの好グループ、72年作の1st、HUMBLE PIEのファンなら間違いなし!

    ブリティッシュ・ロック・ロック・グループ、72年作の1st。エッジの立ったアグレッシヴなギター・リフにハードなハモンドが絡みつくソリッドなハード・ロック、叙情的なアコースティック・ギターとふくよかなメロディが素晴らしいバラードともに奥行きのあるサウンドはかなりの完成度。エモーショナルなシャウトから包み込むようにソフトな歌い回しまで表情豊かなヴォーカルは特筆もの。英国叙情とアメリカン・ロックの広がりと芳醇さとが結びついたコシのあるサウンドは、HUMBLE PIEを彷彿とさせます。味のある好グループです。

  • HACKENSACK / UP THE HARD WAY

    74年作、ブルージーなブリティッシュ・ハード

    74年にリリースされた彼等のデビュー作で、ブルースからの影響が強く感じられるブリティッシュ・ハード・ロック。Ray Smithのツボを押さえたギター・ワークと巨漢ヴォーカリストNicky Mooreの貫禄すら感じられるソウルフルなヴォーカルは必聴。1曲目がとにかくカッコ良くて、冒頭のハイハット一発で悶絶。タメとキレ味抜群のリズム隊はかなり良い感じ。「イェイ」の一声で全部持っていく存在感抜群のヴォーカル、空気読まずに弾きまくるギターも最高。フリーに比肩するアンサンブルで聴き手を飲み込む好グループです。

  • HARD STUFF / BOLEX DEMENTIA

    元アトミック・ルースターと元クオーターマスのメンバーによって結成されたバンド、英国ハード・ロックの名作、73年作

    元アトミック・ルースターのジョン・カン(G、Vo)、ポール・ハモンド(ds)、元クォーターマスのジョン・ガスタフスン(b、vo)という屈強トリオが73年にリリースした2nd。カンによるアグレッシヴなリフを主体にバンド全体が一体となったサウンドが文句無しに格好良い。ブルージーなハード・ロック・ナンバーから疾走感いっぱいのアグレッシヴなナンバーまで、どの曲もテンション高く、息つく暇も与えない英国ハード・ロックの名作。

  • HORSE / HORSE

    70年作、ごりごりと押しまくるギターリフが痛快な、ブリティッシュ・ハードの名作!

    70年にRCAからリリースされた唯一の作品。ごりごりと押しまくるギターリフに引きづられ、ベース、ドラムが汗飛び散らせながらたたみかける展開に「きたきたきたー」と拳を握り締め、直球リフ後の「決め」のパートの格好良さに思わずガッツポーズ。リズムチェンジや泣きのリードなどでのタメが非常に巧みで、スピーディーなパートが一層引き立ちます。感情表現豊かな野太いヴォーカルにも惚れずにはいられません。ハードロック好きは必聴!

  • HUSTLER / HIGH STREET

    ハード&メロウで時にドラマティックなサウンドにグッときっぱなしな英ハードの逸品!74年作1st

    ソウルフルなシャウト・ヴォーカルとタイト&スピーディーなアンサンブルによる英ハード・ロック・グループ。74年作の1st。ライナーには、FREEを土台にDEEP PURPLEのエッセンス、と書いてありますが、確かにその通り!絞り出すような太いシャウト・ヴォーカルは存在感抜群で、ブルージー&メロウなハード・ロックを基本に、ツイン・リードやオルガンによるドラマティックなキメのパートを加えるアンサンブルはかなりカッコ良いです!一転して、HUMBLE PIEあたりに通ずるアーシーな雰囲気もあったり、叙情的なストリングスが入ってきたり、この時期のブリティッシュ・ロックの魅力を詰め込んだような味わい溢れるサウンドにグッときっぱなし。ベルボトムが最高に似合う男達による男臭い哀愁や叙情が滲み出た逸品。

  • INCREDIBLE HOG / VOLUME 1

    ブリティッシュ・ハード・ロック・トリオ、73年唯一作

    ブリティッシュ・ハード・ロック・トリオ、73年作の唯一作。キレのあるリフと図太いリズムによるハード・ドライヴィングなサウンドが特徴で、アコースティック・ギターの艶やかな響きも印象的。張りのあるシャウト、バラードでの優しく包み込むような歌声ともに魅力的なヴォーカルもグッド!エッジの効いたブリティッシュ・ハード・ファンは必聴です!

  • ORANG-UTAN / ORANG-UTAN

    2本のギターがブルージー&アグレッシヴなフレーズをぶつけあうハード&ソリッドな英米混成ハード・ロック・バンド、71年唯一作

    JASON CRESTを母体にアメリカで結成された英米混声ハード・グループ。71年の唯一作。ツイン・リード・ギター体制でブルージー&スリリングなギターが左右チャンネルを暴れ回り、ヴォーカルが絞り出すようにシャウトを炸裂!引きずるようなヘヴィなリズムも文句なしの格好良さ。ZEPPELIN級のハード&ソリッドなサウンドが圧巻の名作。

  • ROUGH DIAMOND / ROUGH DIAMOND

    デヴィッド・バイロン(vo)、クレム・クレムソン(g)らによるキャッチーでスピード感溢れる英ハード・ロック、77年唯一作

    元URIAH HEEPのヴォーカリストDavid Byronを中心に、COLOSSEUMやHUMBLE PIEで活躍したギタリストDave Clem Clempson、元WINGSのドラマーGeoff Brittonなどにより結成されたグループ。77年リリースの唯一作。アグレッシヴなギター・リフをフィーチャーした、キャッチーでスピード感溢れるハード・ロック。

  • STRIDER / EXPOSED

    腰が抜けるほどに格好良すぎる英ハードの名作!

    英ハード・ロック・グループ、73年作の1st。エッジの立ったキレ味抜群のギター、リズミックで叙情性溢れるピアノ、力強いシャウト・ヴォーカル、コシのあるリズム。これは文句なしに格好良いです。ピアノが美しく響く引きの部分から、左チャンネルにギターがテンション溢れるフレーズで切れ込んでくるのを合図に全パートが一体となって畳みかけ、シャウト・ヴォーカルが仁王立つ。鳥肌ものの格好良さ。圧倒的な存在感です。ハード・ロック・ファン必聴の名作。

  • STRIDER / MISUNDERSTOOD

    長らくCD化が待たれた74年作2nd、英ハード・ロック屈指の名作

    英ハード・ロックの名グループ、74年作2nd。英ハード・ロックの名作1stに続き、こちら2ndもずばり名作!元SECOND HANDのRob Elliott(Vo)、英ロック界の名ドラマーTony Brockが新加入。ヌケの良いハイトーンヴォイスとズシリと重いリズム隊により、サウンドはさらにエッジと厚みを増しています。スリリングかつ粘りのあるギター、英国らしい叙情性溢れるピアノ&キーボードは1stから変わらず魅力的。ハード・ロック・ファン必聴!名作です!

  • TEAR GAS / TEAR GAS

    いぶし銀の名ギタリストZal Cleminsonのプレイが冴え渡る、英ハード・ロック屈指の名作!71年発表

    英国はグラスゴー出身。後にアレックス・ハーヴェイと出会い、センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンドへと発展するグループ。71年作の2nd。デビュー作は、前半はアコースティカルに、後半はツェッペリンを意識したハードなサウンドを聴かせていましたが、この2ndは、そのハードな部分を推し進めたソリッドかつ鋭角なナンバーで占められています。ドラムにEdward Ted McKennaが加入。ベースのChris Glenとともに、鉄壁のリズム隊を構成(2人とも後にMSGで活躍)。ツェッペリンにも比肩するような重量級リズムを轟かせています。そして、何と言っても、ギターのZal Cleminson!コシのある豊かな歪むのトーンはこれぞブリティッシュでカッコ良すぎるし、タメの効いたリフ、前のめりのアグレッシヴなソロともに、本当にキレまくっています。クリームばりのブルース・ハードからツェッペリンの「コミュニケーション・ブレイクダン」を彷彿させるアグレッシヴなナンバーまで、圧倒的な音量とスピード感で畳みかける逸品。英国臭をぷんぷん振りまくスモーキーなヴォーカルと憂いあるメロディも特筆です。英ハード屈指の名作!

  • TRAPEZE / YOU ARE THE MUSIC...WE'RE JUST THE BAND

    グレン・ヒューズ在籍グループ、トリオらしいスピード感と切れ味+トリオとは思えない音圧と強靭なグルーヴ=最強!72年作!

    後にDEEP PURPLEで活躍するGlenn Hughesの在籍で知られるハード・ロック・トリオ。72年作の3rd。このトリオのグルーヴと音圧はちょっと他では味わえません。タイト&グルーヴィーな強靭なリズム隊、後にWHITESNAKEでも活躍するMel Galleyの切れ味鋭く図太いギター、そして圧巻はGlenn Hughesのソウルフルなシャウト・ヴォーカル。特筆すべきはトリオとしてのまとまりで、雪崩のようにソリッドに襲いかかる部分と、ピタッと止まる「間」の部分との緩急が激しく、レッド・ゾーンと無音との間を猛烈な勢いで行き交います。圧倒的なダイナミズム。脳天を音がブチ破るような快感。ストレート&ソリッドなハード・ロックのファンは必聴の名作!

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!