プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

SAGAN OM DEN IRLANDSKA ALGEN and SAGAN OM RINGEN

ISILDURS BANE

SUCD00392(SVENSKA UNIKUM

2in1CD。

評価:40 1件のレビュー

まるでキャメルやジェネシスのファンタスティックな部分だけを抽出したみたいな溢れんばかりのリリシズム。スウェーデンが誇る名作シンフォで、ムーン・サファリにもきっと大きな影響を与えてるでしょう。

スウェーデンを代表するシンフォニック・ロック・グループ、84年作と88年作を収録

ジェネシスやイエスやジェントル・ジャイアントなど英国プログレのファンだったメンバーにより76年に結成されたスウェーデンのグループ。84年のデビュー作と、デビュー前に制作してカセット販売し完売していた初期音源を元にリメイクした88年作3rdとをカップリングした2in1CD。幻想的に広がるキーボード、流麗なタッチのメロディアスなギター、優しい音色のリリカルなフルート。どちらの作品もジェネシスやキャメルなど英プログレのエッセンスとJ・R・R・トールキンの『指輪物語』などから影響を受けたコンセプトとがブレンドしたファンタスティックなサウンドが印象的です。北欧らしい透明感いっぱいのリリシズムが溢れるサウンドは、まるでキャメルやジェネシスのファンタスティックな要素のみを抽出したようです。アルバムのどこを切り取っても零れ落ちる美しいメロディ。本当に素晴らしい出来映え。傑作です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

ASIA MINOR / BETWEEN FLESH AND DIVINE の商品詳細へ

ASIA MINOR/BETWEEN FLESH AND DIVINE

トルコ系フランス人のメンバーが結成したシンフォ・グループ、CAMELを想わせるファンタジックかつメランコリックなフレンチ・シンフォの名作、80年作

2190円(+税)

ASIA MINOR / CROSSING THE LINE の商品詳細へ

ASIA MINOR/CROSSING THE LINE

トルコ系フランス人のメンバー達が結成したグループ、神秘的な美しさと粛々としたメランコリー、フレンチ・シンフォを代表する名作

2190円(+税)

ISILDURS BANE / CHEVAL: VOLONTE DE ROCHER の商品詳細へ

ISILDURS BANE/CHEVAL: VOLONTE DE ROCHER

スウェーデン、管弦楽器が彩るイマジネーション溢れるシンフォニック・ロック、89年作

2190円(+税)

MOONGARDEN / BRAINSTORM OF EMPTYNESS の商品詳細へ

MOONGARDEN/BRAINSTORM OF EMPTYNESS

95年作、ジェネシスを受け継ぐ90sイタリアン・シンフォの名作!

2190円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

北欧ファンタスティック・プログレ。透明感と幻想性に包まれた柔らかく優美な作品たち。

まとめて試聴する

  • KAIPA 『KAIPA』

    ロイネ・ストルト在籍、北欧を代表するシンフォ・グループ、北欧ならではの澄みわたるシンフォニック・サウンドが素晴らしい75年1st

  • KAIPA 『INGET NYTT UNDER SOLEN』

    ROINE STOLT在籍、北欧を代表するシンフォ・グループ、76年作

  • MOON SAFARI 『LOVER'S END』

    これでもかと叙情性溢れるファンタスティックな北欧シンフォ、名作の1st&2ndに次ぐ、大傑作3rd!

  • BROTHER APE 『FORCE MAJEURE』

    スウェーデン新鋭13年作6th、ポスト・ロック的先鋭さを持つリズムと透明感いっぱいの北欧シンフォサウンドを組み合わせた傑作!

  • LIFE 『LIFE』

    北欧らしい透明感あるファンタスティックさと英ハード直系のメランコリーとが同居した北欧屈指のプログレ名作、71年作

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 まさにCamel系の美しさ(8 拍手)

0321PROGさん レビューをすべて見る

84年1st / 88年2nd (2in1)

作品ごとに音楽性をどんどん変えていく、まさに孤高のバンド。
一番素直に耳を傾けることが出来るのは間違いなく1st、2ndの最初期。
ひたすらメロディアスなギター、リリカル且つ冷ややかな北欧の空気を
感じられるフルートの音色。
シンフォニックプログレのお手本のような作品です。

3rd、4thではフュージョンサウンドへ移行し、その後はシリアス路線、
シンフォニック、チェンバーなど幅広く音楽性を変えていく中で、一番
聴きやすい作品だと思います。



ナイスレビューですね!