プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

BECKETT

BECKETT

SECONDHARVEST430(SECOND HARVEST

デジパック仕様。

評価:40 1件のレビュー

ピーター・ハミルとデヴィッド・ボウイが好きなら、このドがつくマイナーなグループを試聴是非!内省的でメランコリックで、なおかつ荘厳でハードで。良いですよ〜。

荘厳でドラマティックなブリティッシュ・プログレの名作、74年作

ロジャー・チャップマン率いるバンド、ファミリーが設立したレーベルRAFTより74年年にリリースされた唯一作。声を張った力強い歌声、David Bowieを想わせるセンシティヴな歌声ともに魅力的な存在感あるヴォーカル。内省的でメランコリックなメロディ。バンドによるコシのあるハード・ロック・アンサンブルと、全編にフィーチャーされた艶のあるストリングス・アレンジとが見事にかみ合った、荘厳でドラマティックなサウンドが印象的。英国叙情が堪能できるブリティッシュ・プログレの名作。プロデュースは、ロジャー・チャップマン!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

CAPABILITY BROWN / VOICE の商品詳細へ

CAPABILITY BROWN/VOICE

英ロック/プログレ/ポップの魅力がギュウギュウに詰まった美味しすぎる名作!ヒプノシスによるアートワークも印象的な73年作2nd

2290円(+税)

STRIDER / MISUNDERSTOOD の商品詳細へ

STRIDER/MISUNDERSTOOD

長らくCD化が待たれた74年作2nd、英ハード・ロック屈指の名作

2290円(+税)

TEAR GAS / TEAR GAS の商品詳細へ

TEAR GAS/TEAR GAS

いぶし銀の名ギタリストZal Cleminsonのプレイが冴え渡る、英ハード・ロック屈指の名作!71年発表

2290円(+税)

STRIDER / EXPOSED の商品詳細へ

STRIDER/EXPOSED

腰が抜けるほどに格好良すぎる英ハードの名作!

2290円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

これがマイナー作品?メジャー級のクオリティを誇る幻の英ロック作品集

まとめて試聴する

  • DARK 『ROUND THE EDGES』

    風格すら漂う英アンダーグラウンド・シーン屈指の好グループ、72年作、ブリティッシュ・ロックの名作

  • GRANNIE 『GRANNIE』

    叙情的なフルートが印象的な哀愁溢れるブリティッシュ・ロック

  • DEAR MR.TIME 『GRANDFATHER』

    70年作、英国的な叙情性と起伏に富んだプログレッシヴなアンサンブルが素晴らしい名作

  • JULIAN JAY SAVARIN 『WAITERS ON THE DANCE』

    JULIAN''S TREATMENTとしての活動で知られるドミニカ共和国出身のキーボード奏者、71年作、元CATAPILLAの女性Vo参加

  • CIRKUS 『ONE』

    73年リリース、メロトロンや弦楽器が彩る極上英シンフォ、メロディセンス抜群!

  • SINDELFINGEN 『ODGIPIG』

    自主制作とは思えない驚異の完成度、英プログレの逸品、73年作

  • TUCKY BUZZARD 『COMING ON AGAIN』

    英国出身72作、オーケストラも導入したスケールの大きなオルガン・ハード・ロック

  • AUDIENCE 『AUDIENCE』

    ピーター・ハミルにも比肩する名ヴォーカルHoward Werth率いる英ロックの曲者グループ、69年のデビュー作

  • POLIPHONY 『POLIPHONY』

    トントン・マクートやランニング・マンに通ずる73年の自主制作盤、フルートやエレピがたゆたう英国叙情に溢れたジャズ・ロック秘宝

  • COMPLEX 『THE WAY WE FEEL』

    71年リリースの2nd、ブリティッシュならではの陰影のあるメロディーとクラシカルかつポップなオルガン・ワークが素晴らしい愛すべき逸品!

  • COLLUSION 『COLLUSION』

    原盤は激レア!プログレ・ハードのダイナミズムとフォーキーな牧歌性が同居した英国マイナー・プログレ、71年唯一作

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 ドラマティックにも色々あります(1 拍手)

イニュ円導さん レビューをすべて見る

私はクイーンファンだから「ドラマティック」という言葉に弱い。カケレコさんのコピーの「荘厳でドラマティック」という言葉に惹かれて、ホントそれだけで注文した。(その後、テキストにしているブリティッシュロック本にこのタイトルが載ってるのを見つけ得した気分になった。どうでもいいコトだけど)
聴いてみると成る程書かれていた、ストリングス.バイオリンの導入、使い方が大きな個性だな--と思った。それ故ドラマティックなスケール感がある。 でもクイーンみたいに大仰かつポピュラーな音でもなく、想像してた程ハードロック色も強くなかった。 結構ミディアムテンポの曲が多く全体的にしっとりしたカンジを受ける。言ってみたら独特の「哀愁感」「情緒的」というところか。(なんとなく、いい頃のストリング.ドリブン.シングを想起したのは私だけ?)
これは、荘厳なドラマティックさを感じさせながらもアルバムそのものは,より「聴き込んで」味の出るタイプだと言えるのではないだろうか? ロック偏差値の高い、通好みのブリティッシュプログレロックファンのサウンドでもあるな--最終的には「スケールの大きいいぶし銀」という印象を受けて一聴を終えた。
プロデュースがファミリーのR.チャップマンというのも成る程うなずけた作品だった。

ナイスレビューですね!