プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

これがマイナー作品?メジャー級のクオリティを誇る幻の英ロック作品集

英国ロックの森の奥の奥の方へ。

自主制作された作品やマイナーなレーベルからひっそりとリリースされた作品。そんな作品たちの中にもメジャー・クオリティな作品がゴロゴロ眠っているのが我らが英国ロックの深い森。

VertigoやHarvestの人気作を聴き終えた後には、ドワーフでも出てきそうな森の奥の奥の方へと進んでみてはいかが?

DARK

試聴 Click!

マイナーながらディープな英ロック・ファンから高い人気を誇るグループ。風格すら漂う72年の唯一作より。絶妙な『間』が生み出すタメの効いた芳醇な演奏、フツフツと盛り上がる荘厳な展開。メジャーになれなかったのが不思議なほどの完成度!

GRANNIE

試聴 Click!

71年作。原盤は数枚しか確認されていないと言われる超激レア盤。英国らしい憂いに富んだヴォーカルとメロディ、フルートやオルガンが陰影を描くこれぞブリティッシュ!なアンサンブル。VertigoやNeonの作品と比べても色褪せない名作。

HATE

試聴 Click!

英国のグループなのに、米国でしかリリースされなかった不運な一枚。ずばり70年代のUKプログレで最も過小評価されている一枚!ブルージー&メロウなギターと憂いあるオルガンによる演奏、そしてソウルフルなヴォーカル!芳醇なブリティッシュ・ロックの逸品。

BECKETT

試聴 Click!

ロジャー・チャップマン率いるバンド、ファミリーが設立したレーベルRAFTより74年にリリースされた唯一作。ピーター・ハミルとデヴィッド・ボウイが好きなら、このヴォーカルは気にいるでしょう。内省的でメランコリックで、なおかつ荘厳でハードで。これぞ英ロック。

TUCKY BUZZARD

試聴 Click!

THE ENDから発展し、FUZZY DUCKへと繋がる英国出身ハード・ロック・グループ。1st、2ndの後、スペインのみでリリースされたという激レア72年作。ジャケからして雰囲気抜群ですが、音もスケール大きいです。R&Bを出発点にオルガン・ハードへと終着したバンドの魅力がつまった名作。

DEAR MR.TIME

試聴 Click!

原盤は激レアで高値で取引されている70年唯一作。優美なアコギやピアノを基本にメロトロンや管弦楽器が絡む、英国的な叙情と起伏に富んだアンサンブル。しっとりと歌い上げるヴォーカルと優美なメロディ。英ロックファン垂涎の逸品。

JULIAN JAY SAVARIN

試聴 Click!

71年作より。淡くメロウなオルガン、ハードなファズ・オルガン、幻想的なメロトロン、ハード・エッジなギターによるサウンドは、ドラマティックかつ壮大!もしVertigoからリリースされていれば、かなりの名作として評価されていたでしょう。名作。

CIRKUS

試聴 Click!

73年作。自主制作とは思えない驚愕のクオリティーを誇る名盤であり、英ロック然とした湿り気と気品に満ち溢れたハード・クラシカル・ロック。流れるように美しいメロディと溢れ出るメロトロン。ドラマティックなストリングス。メジャー・クオリティです。

SINDELFINGEN

試聴 Click!

73年に自主制作された作品。オリジナルは99枚しかプレスされていない激レア盤。クラシックやジャズのエッセンスを巧みに取り込んだ緻密でテクニカルなサウンドは、ジェントル・ジャイアントやジェスロ・タルを彷彿とさせますね☆

AUDIENCE

試聴 Click!

69年にポリドールよりリリースされながら、発売直後に回収されレア盤となったデビュー作。魅力は、ピーター・ガブリエルやピーター・ハミルと並ぶ名ヴォーカルと言えるHowardの力強い歌唱、そして、英国ならではの牧歌性との対比。その個性派サウンドは、例えるなら、ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーターやジェスロ・タルをキンクスのレイ・デイヴィスがプロデュースした感じ!?

POLIPHONY

試聴 Click!

英国はバーミンガム出身のジャズ・ロック・グループ。73年に自主制作された唯一作。洗練されているとは言えないものの、R&Bタッチの洒落たタッチと英国的な叙情性に富んだアンサンブルは愛すべき魅力いっぱい。トントン・マクートやランニング・マンやサムライあたりのファンは、「おおっ」となることでしょう。

COMPLEX

試聴 Click!

プライヴェート・プレスで71年にリリースされた激レア盤。ブリティッシュならではの陰影とともにポップで親しみやすいメロディー、クラシカルで気品たっぷりのオルガン・ワーク。初期キャラヴァンやゾンビーズが好きならたまらない好盤。

COLLUSION

試聴 Click!

ロンドン東部に位置するダグナム出身のグループ、71年の唯一作で、原盤は極小数枚がプレスされたのみの激レア盤。ジェファーソン・エアプレイン × イエス ÷ 英国田園風景って感じの英国マイナープログレ快作!

Facebookコメント

在庫一覧

  • AUDIENCE / AUDIENCE

    ピーター・ハミルにも比肩する名ヴォーカルHoward Werth率いる英ロックの曲者グループ、69年のデビュー作

    あのジム・モリソン亡き後にドアーズに誘われたというヴォーカル&ギターのHoward Werthと後にSAMMYやSTACKRIDGEでも活躍する管楽器奏者Keith Gemmellを中心にロンドンで結成され、70年代はじめには、ジェネシスとヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーターとともにカリスマ・レーベルを支えた名グループ。カリスマと契約する前の69年にポリドールよりリリースされながら、発売直後に回収されレア盤となったデビュー作。マイナーながら、ピーター・ガブリエルやピーター・ハミルと並ぶ名ヴォーカルと言えるHowardの力強い歌唱、60年代末のロンドンでのアンダーグラウンド・シーンの熱気を真空パックしたようなサックスのエネルギッシュなむせび。屈折感と牧歌性に入り混じった英国臭プンプンのアンサンブルが魅力的です。ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーターやジェスロ・タルをキンクスのレイ・デイヴィスがプロデュースしたような、なんとも一筋縄ではいかない好グループ。既に個性が確立された名デビュー作です。

  • BECKETT / BECKETT

    荘厳でドラマティックなブリティッシュ・プログレの名作、74年作

    ロジャー・チャップマン率いるバンド、ファミリーが設立したレーベルRAFTより74年年にリリースされた唯一作。声を張った力強い歌声、David Bowieを想わせるセンシティヴな歌声ともに魅力的な存在感あるヴォーカル。内省的でメランコリックなメロディ。バンドによるコシのあるハード・ロック・アンサンブルと、全編にフィーチャーされた艶のあるストリングス・アレンジとが見事にかみ合った、荘厳でドラマティックなサウンドが印象的。英国叙情が堪能できるブリティッシュ・プログレの名作。プロデュースは、ロジャー・チャップマン!

  • CIRKUS / ONE

    73年リリース、メロトロンや弦楽器が彩る極上英シンフォ、メロディセンス抜群!

    イギリスのプログレッシブ・ロックグループによる自主制作の73年作。自主制作盤とは思えない驚愕のクオリティーを誇る名盤であり、ブリティッシュ・ロック然とした湿り気と気品に満ち溢れたハード・クラシカル・ロックとなっています。バンドのロック然としたスタイルにマイルドな質感とスケール感を加味するストリングス・セクションを導入しクラシカル・ロックを放ち、メロトロンの洪水で英国然とした哀愁を感じさせるなどシンフォニックなアプローチが印象に残りますが、それ以上に、適度に甘みを持ちながらもブリティッシュ・ロック然とした深みのあるアンサンブルに寄り添うメロディーの秀逸さが素晴らしく、よく耳に馴染みます。トップ・バンドに引けを取らない名作です。

  • COMPLEX / THE WAY WE FEEL

    71年リリースの2nd、ブリティッシュならではの陰影のあるメロディーとクラシカルかつポップなオルガン・ワークが素晴らしい愛すべき逸品!

    ブリティッシュならではの陰影のあるメロディーとクラシカルなオルガン・ワークが素晴らしい、コンプレックスの71年発表の名作2nd。マイナー調のメロディーが印象的な1曲目「Every Time I Hear That Song」からアクセル全開。美しいメロディーとユニゾンでからみあうオルガンがドラマティックで、次から次へと流麗なメロディーでたたみかけます。切々と歌い上げるヴォーカルが素晴らしい「Am I」もまた名曲。6曲目「Moving Moor」は、一転して重厚かつ荘厳なオルガンが教会音楽を思わせるクラシカルなインスト。彼らの高い音楽的素養が感じられます。アルバム最後を飾る9曲目「If You Are My Love」は、ヘヴィーなギターとブルージーなオルガンによる重たいイントロから、テクニカルでスピード感溢れるパートへと一気に加速する展開が見事。

    • WHCD009WOODEN HILL

      ボーナス・トラック2曲

      レーベル管理上、ジャケット等の品質がかなり良くありません(ツメ跡、ホチキス錆、カビ汚れなど)。これまで長い期間に何度か入荷していますが、すべて同じ状況のため、ご了承ください。

  • DARK / ROUND THE EDGES

    風格すら漂う英アンダーグラウンド・シーン屈指の好グループ、72年作、ブリティッシュ・ロックの名作

    英アンダーグランド・シーンを代表するグループ、72年の唯一作。タメの効いたタイトなリズム隊、ブルースが根っこにあるメロウなギター、英国的叙情性に溢れたメロディ、若干線が細いものの丁寧に歌い上げるヴォーカル。「間」が心地良い絶妙なグルーヴ感は、FREEを彷彿とさせます。1曲目で聴かせる巧みなリズム・チェンジと、リズム・チェンジに合わせて歪んだギターが切れ込むドラマティックな展開など、アレンジも見事。黙々と演奏する絵が浮かんでくるような、職人気質のストイックな雰囲気が印象的。メジャーになれなかったのが不思議なくらいの完成度。2枚、3枚と発表していけば必ずや歴史的名盤を作ったであろうと想わせる風格漂う名盤かなりグッときました。おすすめです。

  • DEAR MR.TIME / GRANDFATHER

    70年作、英国的な叙情性と起伏に富んだプログレッシヴなアンサンブルが素晴らしい名作

    イギリスのプログレ・グループ、70年の唯一作。1人の男性の人生をテーマにしたコンセプト・アルバムで、優美なアコギやピアノを基本にメロトロンや管弦楽器が絡むこれぞブリティッシュ・ロックな楽曲、フルートやサックスをフィーチャーしたプログレッシヴな楽曲、フォーク・タッチのリリカルな楽曲、VERTIGOのバンドを彷彿とさせるヘヴィ&ジャジーな楽曲などを織り交ぜた起伏に富んだ一枚。MOODY BLUESやFAIRFIELD PARLOURあたりに通ずる英国らしい叙情性溢れるメロディも聴き所。これは素晴らしいアルバムです。70年代ブリティッシュ・ロック・ファンならマスト・アイテム。

  • GRANNIE / GRANNIE

    叙情的なフルートが印象的な哀愁溢れるブリティッシュ・ロック

    71年作。原盤は数枚しか確認されていないと言われる超激レア盤。いかにも70年代初期の魅力に溢れたけだるい雰囲気のギターを中心に、英国的な叙情性に溢れたフルートが絡むサウンドは、今まで埋もれていたのが信じられないほどの完成度!哀愁のメロディーと、それを時にハードに時にエモーショナルに歌い上げるヴォーカルもたいへん魅力的。Vertigo、Neonの名盤群と比べても全く色褪せません!英国ロック・ファン必聴です。

  • JULIAN JAY SAVARIN / WAITERS ON THE DANCE

    JULIAN''S TREATMENTとしての活動で知られるドミニカ共和国出身のキーボード奏者、71年作、元CATAPILLAの女性Vo参加

    Chris Harwoodの71年作やKevin Lambの73年作などもリリースしたマイナーレーベルBIRTHより71年にリリースされた唯一作。元CATAPILLAの女性Voが参加。淡くメロウなオルガン、ハードなファズ・オルガン、幻想的なメロトロン、ハード・エッジなギターによるドラマティックかつ壮大なサウンドが聴き所。もしVertigoレーベルからリリースされていれば、かなりの名作として評価されていたであろう完成度。名作。

  • POLIPHONY / POLIPHONY

    トントン・マクートやランニング・マンに通ずる73年の自主制作盤、フルートやエレピがたゆたう英国叙情に溢れたジャズ・ロック秘宝

    英国はバーミンガム出身のジャズ・ロック・グループ。73年に自主制作された唯一作。ギター、ベース、ドラム、ピアノ兼フルートの4人組で、全曲インストゥルメンタル。ちょっとバタバタとしていて英国的な哀愁に満ちたドラムとよく動くベースによるリズム隊を土台に、ファズを効かせたギターがたゆたうようにメロディアスなギターを奏で、そこに流麗なエレピや陰影に富んだフルートがからみます。洗練されているとは言えないものの、R&Bタッチの洒落たタッチと英国的な叙情性に富んだアンサンブルは愛すべき魅力いっぱい。トントン・マクートやランニング・マンやサムライあたりのファンは、「おおっ」となることでしょう。ちゃんとしたプロデューサーのもとしっかりと録音され、ネオンあたりからリリースされていれば、きっと人気作となっていたはずです。オススメの一枚。

  • SINDELFINGEN / ODGIPIG

    自主制作とは思えない驚異の完成度、英プログレの逸品、73年作

    73年に自主制作された作品。オリジナルは99枚しかプレスされていない激レア盤。クラシックやジャズのエッセンスを巧みに取り込んだ端正でスリリングなサウンドが持ち味。高速変拍子で畳みかけるテンション溢れるパート、クラシカルなタッチのアコギが光る格調高いパート、英国的な叙情性溢れるメロディとリリカルなフルートが幻想的な絵を描くパートなど、緩急自在にめくるめく展開するアンサンブルは自主制作とは思えない完成度。サウンド・プロダクションも思いのほか素晴らしく、メジャー級の逸品と言えます。GENTLE GIANTのファンは特に気に入るでしょう。

  • TUCKY BUZZARD / COMING ON AGAIN

    英国出身72作、オーケストラも導入したスケールの大きなオルガン・ハード・ロック

    THE ENDから発展し、FUZZY DUCKへと繋がる英国出身ハード・ロック・グループ。1st、2ndの後、スペインのみでリリースされた72年作。6部構成14分に及ぶ組曲が聴き所。ハードなギター・リフと歪んだオルガンをバックに、絞り出すようなシャウト・ヴォーカルが炸裂するイントロから熱気ムンムン。エコーに包まれたコーラスとプリミティヴなパーカッションによる幻想的なパート、クラシック・ギターが爪弾く端正なパートを挟み、オーケストラがフィーチャーされ雄大なクライマックス・パートへと登りつめていく構成は見事。終始タイトに引き締ったリズム隊もポイントです。ダークな英オルガン・ロックを土台に、牧歌性や幻想性など英国ロックの魅力もあって、聴き応え充分。スケールの大きな快作!

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!