プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

キース・クロス&ピーター・ダントンの双頭バンド、T.2メンバーのアザーワークス特集!



スタッフ佐藤です。
つい先日リリースされた『T.2/イットル・オール・ワーク・イン・ブームランド』の3CDエディション。

これまで独立してリリースされていた周辺音源のほとんどが収録され、実質的にバンドのコンプリート音源集と言える内容となっています。

今回は、そんなT2およびその周辺をディープに探求していきたいと思います!

メンバーの過去グループやT2後のグループの作品をピックアップしてまいりましょう☆

それでは、起点となるこの大名盤でスタート!

T.2/イットル・オール・ワーク・イン・ブームランド(幻想楽園)

ブルースをルーツに持ついぶし銀ギタリスト、キース・クロスのスケールの大きくもスリリングなギタープレイ、ピーター・ダントンによるフリオ・キリコすら想起させる鬼気迫るドラミング、そしてメロトロンやオーケストラによる英国的叙情美。

1970年作品ならではの英国然とした佇まいに痺れるプログレ/ハード・ロック名作!

試聴 Click!

おそらくT2メンバーの中で最もキャリア豊富なドラマー、ピーター・ダントン関連からまいりましょう♪

NEON PEARL/1967 RECORDINGS

Peter Duntonが在籍、ドイツを拠点に活動した英サイケ・グループの長らく未発表だった67年音源。

メランコリックで少しダークなサイケデリック・サウンドが独特で、引きずるようなリズム、どこか虚ろなヴォーカル、叙情的な旋律を奏でるオルガン、暗いリフを刻むギターらによるアンサンブルが、宵闇のように幻想的に広がります。

ドイツでの活動というのを反映した音楽性だったのかもしれませんね。

試聴 Click!

PLEASE/CIRCUS DAYS

こちらはDuntonがNEON PEARL解散後に結成したグループの音源集。

哀愁漂うオルガンとジェントルなヴォーカルが物悲しくもリリシズムいっぱいの旋律を綴る、『これぞ英国叙情』と言うべきサウンドが絶え間なく溢れてきて堪りません。

T2の唯一作収録「Morning」の原型となったデモ曲にも注目!

試聴 Click!

FLIES/COMPLETE COLLECTION 1965-68

そのPLEASE解散後、Peter Duntonが一時加入していたのがこのFLIES。

パーカッション、管楽器、オルガンなどが鳴り響くカラフルなサイケ・ポップですが、ポップとはいえ軽さのない骨太なアンサンブルにアンダーグラウンド臭が漂います。

試聴 Click!

そんなDuntonが在籍経験を持つ中でもっとも著名なバンドと言ったらTHE GUNでしょう。ジョン・アンダーソンも在籍したGUNファミリーはこちらのジュークボックスでまとめましたので、合わせてチェックしてみてください~。

そして、いよいよT2メンバーが出揃うのがこのバンド。ベーシストのみの参加ながらこの唯一作は内容も素晴らしいのでオススメです☆

BULLDOG BREED/MADE IN ENGLAND

Peter Dunton、Keith Cross、Bernard JinksらT2結成メンバーが一堂に会したバンドで、本作はベースのJinksが参加する唯一作。

後にASGEARDで活躍するRob Harrisonによるサイケの熱量とハード・ロックのキレ味を合わせ持つギターが見事で、Crossにも迫る才覚を発揮しています。

Jinkのグルーヴィなベース&元GUNのLouis Farrellによるソリッドなドラミングも大変カッコ良し!

プリティ・シングス『S.F.ソロウ』あたりが好きなら是非に!

試聴 Click!

T2の唯一作は冒頭で取り上げましたが、2nd用に収録していた音源もまた有名ですよね。今回リリースの3枚組にも入っている音源集の単独リリースがこちら。

T2/T2

早すぎたヘヴィ・プログレの傑作を残した英国の名グループ。

重量感と切れ味鋭さを併せ持つキース・クロスのギターが相変わらず素晴らしい、必聴2nd用音源!

試聴 Click!

T2/1971-72

こちらも今回の3枚組に収録されている音源。

ギタリストのKeith Crossが脱退したのち、メンバーを変えながら活動を続け、トリオ編成となった71年~72年に録音された未発表音源をまとめた編集盤がこちらです。

ゴリゴリと無骨で重いベース、手数多く爆走するドラムによる重量感いっぱいのリズム隊、ヘヴィなフレーズの向こうから淡い叙情が立ち上るギターとスモーキーなヴォーカル。

アグレッシヴだった69年作に比べ、英国らしいくぐもったヘヴィネスが堪能できる聴きごたえ抜群の音源集!

試聴 Click!

一方、T2を脱退したKeith Crossは…?

KEITH CROSS & PETER ROSS/BORED CIVILIANS

T2脱退後のKeith Crossは、HOOKFOOTで活動したSSWのPeter Rossとデュオを組みます。

T2のハードさとは打って変わって、全編が格調高くも気怠げな英国叙情に満たされた極上フォーク・ロック。

1曲目で聴ける、美旋律が幾重にも折り重なるリリカルでファンタジックなギターソロは思わず息をのむ素晴らしさ!

試聴 Click!

~おまけ~

ASGARD/IN THE REALM OF ASGARD

BULLDOG BREEDのところで登場したギタリストRob Harrisonが後に参加したASGARDもおまけピックアップ!

彼のタメのきいたメロウなギターも素晴らしいですが、一番の特徴と言えるのが言い知れぬ悲哀を帯びたヴァイオリンのプレイでしょう。

霧の向こうから聴こえてくるような儚さを感じさせるサウンドが、これぞブリティッシュ~~。

試聴 Click!


いずれもハイクオリティな作品だけに、聴けば聴くほど興味深いT2周辺。
今後もあらたな発掘音源が出てきてくれると嬉しいですね!

よろしければこちらの記事もどうぞ!


ヘヴィ・メタルの礎を築いた英米レジェンド名盤セレクション!

【関連記事】

ヘヴィ・メタルの礎を築いた英米レジェンド名盤セレクション!

ヘヴィ・メタルの源流とも云われるサー・ロード・バルチモアのリイシューを記念して、メタルの礎を築いた名盤をピックアップ!


メロトロン炸裂するハード・ロック&サイケ・ハード名作をセレクト!

【関連記事】

メロトロン炸裂するハード・ロック&サイケ・ハード名作をセレクト!

メロトロンが好き、ハード・ロックやサイケも好き・・・そんな方々におすすめの「メロトロン入りハード・ロック」をセレクト!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • T2 / IT’LL ALL WORK OUT IN BOOMLAND

    70年発表、元BULLDOG BREEDのKeith Cross(g)と元GUNのPeter Dunton(ds)を中心とするブルージーかつヘヴィな英プログレッシヴ・ロック、文句なしの大名盤!

    AARDVARKなどと同じDERAMレーベルよりリリースされた、元GUNのPeter Duntonを中心に結成されたブリティッシュ・へヴィー・ロックグループの70年作。その内容はギタリストKeith Crossのパワフルなプレイを中心に、サイケデリックな質感を残したサウンドとブルース・ロックに根ざした渋みを持ったバンド・アンサンブルで聴かせる作風ですが、一方でピアノやメロトロンなどのキーボードやブラス・セクションなどが登用され英国然としたクラシカル・ロック・アンサンブルを提示するなど、シンフォニックな旨みも持ち合わせており、叙情を堪能できる作品です。

    • MAR213464/6MARQUEE

      直輸入盤(帯・解説付仕様)、3枚組、disc2にアルバム用に制作された70年録音の未発表作品7曲、disc3に71-72年の音源9曲を収録、Disc1はオリジナル・マスターからの21年デジタル・リマスター、定価4800+税

      【購入特典:カケレコオリジナル小冊子をプレゼント!】

    • ECLEC32753ESOTERIC

      デジパック仕様、3枚組、disc2にアルバム用に制作された70年録音の未発表作品7曲、disc3に71-72年の音源9曲を収録!21年デジタル・リマスター

      レーベル管理上、デジパック若干圧痕がある場合がございます。予めご了承ください。

    • UICY94684

      廃盤希少、紙ジャケット仕様、SHM-CD、定価2667+税

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

  • BULLDOG BREED / MADE IN ENGLAND

    元GUNのメンバーやこの後T2で活躍するメンバーが在籍したサイケ・ハード・バンド、70年唯一作

    後にT2を結成するメンバー、Keith Cross、Peter Dunton、Bernard Jinksが在籍していたバンド。彼らのうちベースのJinksのみが参加している70年唯一作。この後ASGAERDで活動するRob Harrisonによるサイケの熱量とハード・ロック的切れ味を併せ持ったギター・ワークが大変素晴らしく、Keith Crossにも匹敵する才覚を炸裂させていて最大の聴き所。その縦横無尽なギターを支える、Jinksのグルーヴィなベース&元GUNのLouis Farrellによるソリッドなドラミングも、もちろん存在感抜群でカッコいいです。サイケからハード・ロックへと以降するいかにも60年代後半〜70年代前半のサウンドの聴かせる好盤!

  • NEON PEARL / 1967 RECORDINGS

    ドイツへ渡り活動した英国出身のサイケ・グループ、PLEASEの前身グループによる暗欝メロウ・サイケ

    英国出身、ドイツを拠点として活動していたサイケポップ・グループの未発表音源集。PLEASEの前身として知られるグループで、解散後リーダーのPETER DUNTONはPLEASE、GUN、T2と英国の重要グループを渡り歩くことになります。PLEASEと同傾向のアンダーグラウンド感満載のサイケデリック・サウンドながら、ドイツでの活動ということもあり、幻想的な雰囲気と共にどんよりとした暗欝さが全編で漂っているのが特徴。シリアスで憂いを含んだヴォーカル、引きずるようなリズム隊、叙情的な旋律を奏でるオルガン、暗いリフを刻むギターによるアンサンブルが、聴き手をトワイライトゾーンへと誘います。PLEASEへと引き継がれる哀愁のメロディも全編で楽しめます。GUN周辺アイテムとして重要な一枚、おすすめです。

  • T2 / T2

    ギタリストのキース・クロス率いる英ハード/プログレ名グループ、2nd用音源の編集盤

    キース・クロス、元ガンのドラマー、ピーター・ダントンを中心に結成されたグループ。2ndアルバム用に録音されながら、解散によりお蔵入りとなった音源を集めた編集盤。1stが気に入った方は必聴

  • PLEASE / CIRCUS DAYS

    後にBULLDOG BREEDやT2で活動するPeter Duntonを中心とする英サイケ・グループ、67〜69年の未発表音源を収録した19年編集盤!

    前身NEON PEARLを経て後にBULLDOG BREED〜T2に移行、ドラマー兼ソングライターのPeter Duntonを中心とする英サイケ・グループ。当時アルバムを残さず解散し、90年代になって2枚の発掘音源集がリリースされた彼らですが、本作はそのどちらにも未収録の新規発掘スタジオ音源やデモを集めた19年編集盤!哀愁漂うオルガンとジェントルなヴォーカルが物悲しくもリリシズムいっぱいの旋律を綴る「One More Chance」を筆頭に、『これぞ英国叙情』と言うべきサウンドが次々と溢れてきて堪りません。後にT2の『IT’LL ALL WORK OUT IN BOOMLAND』に収録される「Morning」の原型となったデモも収録。哀愁のブリティッシュ・ロック・ファンは見逃せない一枚!

  • ASGARD / IN THE REALM OF ASGARD

    72年唯一作、ヴァイオリンの格調高い響きが印象的な、英国叙情溢れる好盤

    ムーディー・ブルースが設立したスレッショルド・レーベルより72年にリリースされた唯一のアルバム。男性ヴォーカリストが3人在籍しており(内1人はギター兼)、いかにも英国的な美しいメロディーをドラマティックに聴かせる分厚いコーラス・ワークが聴き所。ヴァイオリン奏者も正式メンバーとしてクレジット。テクニックはそれほどでもありませんが、的確な演奏で美しいメロディーに彩りを添えています。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。