プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

英米混成グループが残した名作を探求!

スタッフ佐藤です。

今日は「英米混成グループ」の作品をピックアップ。

国境を越えたスーパー・グループから隠れた好グループまで、幅広く取り上げてまいりましょう♪

まずは、直近にリイシューされたこの人気タイトルをご紹介!

LAZY RACER/LAZY RACER

英米から3人づつ計6人のグループってまるでフォリナーみたいですが、サウンドの方はフリートウッド・マック『噂』が好きな方に直撃しそうな米憧憬と英国的気品がいい塩梅なポップ・ロック。

名手ティム・レンウィックも良いギター弾いてます♪

試聴 Click!

それじゃあ話題に上ったところでこのグループにもご登場願いましょ~。

フォリナー/栄光の旅立ち

先日惜しくもこの世を去った元クリムゾンのIan McDonald、IFのドラマーDennis Elliott、そしてカケレコでも人気のバンドBLACK SHEEPで歌っていたLou Grammらが集結した英米混成バンドの代名詞!

どことな~くクリムゾン1stの香りが漂う気がしないでもないこの曲の重厚なドラマティックさは必聴!

試聴 Click!

ハード・ロック史上で有名なグループならこちらかな?

WEST BRUCE & LAING/WHY DONTCHA

元クリームの天才ベーシストのジャック・ブルース、米ハード・ロックの雄マウンテンのレスリー・ウェスト&コーキー・レイングによるスーパー・トリオ。

リリース時は高く評価されなかったようですが、これはツェッペリンとタメを張れる重量級ハードの名作ですよ!

試聴 Click!

DETECTIVE/LIVE FROM THE ATLANTIC STUDIOS

元YESのTony Kayeとカリスマ性みなぎるヴォーカリストMichael De Barresを擁しジミー・ペイジによって送り出された英米混成ハード・ロック・バンド!

Barres自身が「俺たちのベスト・アルバム」と表現する、78年に収録したプロモ用ライブ音源!

試聴 Click!

EIRE APPARENT/SUNRISE

ジミヘンがプロデュースで、あのアーニー・グレアムがヴォーカル!?

しかもロバート・ワイアットとノエル・レディングがゲスト参加ってこりゃマジカル!

試聴 Click!

KGB/KGB

クラプトンを驚愕させたホワイト・ブルース最高のギタリストと言えばMike Bloomfieldですよね。

彼が中心となって70年代中期に結成したスーパー・グループがこちら。メンバーにはFAMILY~BLIND FAITHのベースRich Grech、CACTUS~BB&AのCarmine Appice、後にAORシーンで活躍するヴォーカリストRay Kennedyらが名を連ねます。

このアルバム、きっと『スローハンド』に与えた影響も小さくないはず!

試聴 Click!

FREE CREEK/MUSIC FROM FREE CREEK

物凄い豪華メンバー参加のスーパーセッション作!エリック・クラプトンにジェフ・ベックにトッド・ラングレンにキース・エマーソンにドクター・ジョンにリンダ・ロンシュタットに…まだまだ居て書ききれぬ!

試聴 Click!

いかがだったでしょうか。こちらの記事もあわせてどうぞ!


知られざるスーパーグループ特集!

【関連記事】

知られざるスーパーグループ特集!

ロックの歴史に埋もれてしまった「知られざるスーパーグループ」たちをピックアップ!


「アメリカのイギリス」!? 英バンド影響下の気品と陰影を帯びた米ロック/プログレ作品を探求!

【関連記事】

「アメリカのイギリス」!? 英バンド影響下の気品と陰影を帯びた米ロック/プログレ作品を探求!

英国的な気品や陰影を感じさせる米ロック/プログレを探索してまいります☆

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • KGB / KGB

    マイク・ブルームフィールドやカーマイン・アピスらによるスーパーグループ、76年作!

    名ギタリストMike Bloomfield、FAMILY〜BLIND FAITHのベースRich Grech、CACTUS〜BB&AのCarmine Appice、後にAORシーンで活躍するヴォーカルRay Kennedyなどによるスーパー・グループ。76年作。Mike Bloomfieldのエモーショナルなギターが冴え渡るブルージーな楽曲、Ray Kennedyのソウルフルな歌声が光るバラード、熟練の旨みが凝縮されたレイドバックした楽曲など、さすがの芳醇なアンサンブルが素晴らしい佳曲ぞろい。名作です。

  • FREE CREEK / MUSIC FROM FREE CREEK

    英米超豪華メンバー参加の68年録音スーパー・セッション盤、クラプトン、ジェフ・ベック、キース・エマーソン、ドクター・ジョン、ハービー・マンデルなど豪華ミュージシャンが参加

    69年に録音され、73年に2枚組でリリースされたスーパー・セッション・アルバム。何と言っても参加メンバーがびっくりするほど豪華!エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、トッド・ラングレン、キース・エマーソン、ドクター・ジョン、ミッチ・ミッチェル、ハーヴェイ・マンデル、リンダ・ロンシュタット、バーニー・レドン、デラニー・ブラムレットなどなど、英米超豪華メンバーの揃い踏み。演奏もさすがの切れ味。ロック・ファンは文句無しに楽しめる好企画盤です。

  • EIRE APPARENT / SUNRISE

    JIMI HENDRIXプロデュース!ERNIE GRAHAM在籍、ROBERT WYATT、NOEL REDDINGもゲスト参加!ミラクルな英米サイケ68年作!

    JIMI HENDRIXがプロデュースを手掛け、自身もリード・ギターで参加したサイケデリック・ビート・ポップ・サイケな問題作!?あのERNIE GRAHAMがヴォーカリストとして在籍、ROBERT WYATT、NOEL REDDINGもゲストで参加!と英米サイケ・ロック人脈が妙な顔ぶれで集まってしまった68年作!ERNIE GRAHAMのいなたい英スワンプ作品をビート・バンド化させてサイケデリックなコーラス&サウンド・プロダクションを施したかのような、一枚で何度でも美味しい英米ブルース・サイケ/ビートのミラクルな玉手箱!これは絶対に外しませんよっ!」

  • LAZY RACER / LAZY RACER

    Tim Renwick(g)、Henry Spinetti(dr)、Dave Markee(b)ら名セッションマンと米ミュージシャンが結成した英米混成ポップ・ロック・グループ、79年1st

    Tim Renwick(g)、Henry Spinetti(dr)、Dave Markee(b)ら英国ロック屈指のセッションマン達が、Tim Gorman(key)、Bill Lamb(g&vo)、Kelly Harland(org&vo)ら米国のミュージシャンと結成した英米混成グループによる79年1st。男女ヴォーカルを据え、フォーク/カントリー・タッチやウエストコースト・テイストを取り入つつ英国的な気品も感じさせるポップ・ロックは、『Rumours』前後のFLEETWOOD MACを思わせます。Tim Renwickの柔らかな哀愁を帯びた絶品ギター、タイトに刻む職人肌なリズム・セクションと英国の腕利き達によるアンサンブルもさすがですが、Tim Gormanの流麗なピアノやKelly Harlandの味わいあるオルガンも出色で、6人が一体となってまとまりある演奏を聴かせているのが素晴らしい。70年代中期以降のFLEETWOOD MACファンならきっと気に入ると思います。

  • DETECTIVE / LIVE FROM THE ATLANTIC STUDIOS

    ジミー・ペイジに見いだされた英米混成ハード・ロック・バンド、78年に収録した幻のプロモ用ライブ音源

    「俺たちがスタジオでギグしたとき、だれもそれがレコーディングされるなんて言わなかったよ。ましてライヴ・アルバムになるなんてさ。でも結局これが俺たちのベスト・アルバムだ」Michael Des Barres – Vocal。レッド・ツェッぺリンのスワン・ソング・レーベルから2枚のアルバムを出して消滅したハード・ロック・バンドの78年作、ラジオ局へのプロモーション用だったため極めて入手困難であったスタジオ・ライヴ盤。ZEP色が濃いサウンドですが、それよりもサポート・アクトを務めたこともあるKISSのようなロックンロール色・エンターテインメント色が強く感じられます。プリティ・シングス、バッド・カンパニーに続くバンドとしてプッシュされたものの、やがてパンク、ニュー・ウェイヴの時代が到来。やはり正統派ハード・ロック・バンドが成功するには難しい時期だったのでしょう。ZEPファン、ハード・ロック・ファンはこの機会に是非!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。