プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「ハロウィンな雰囲気のアルバム」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

10月のイベントといえばハロウィンですね。ハロウィンといえばお化け。お化けと言えばホラー映画。そしてホラー映画と言えば…おや?なんと今週末はGOBLINが来日!?

という事で今週は「ハロウィンな雰囲気のアルバム」というテーマで、Facebookにて特集をしてまいりました!

どうぞご覧ください。

Facebook

10月21日(月):GOBLIN/ZOMBI

まず最初はGOBLINの『ゾンビ』をピックアップいたしましょう。

ジョージ・A・ロメロ監督の78年公開映画『ゾンビ』のサウンドトラックである本作。
一昨年亡くなってしまいましたが、ロメロ監督と言えば世界に名高いゾンビ映画の第一人者。
しかしこの作品当時はまだ無名で、GOBLINとは切っても切れない関係にあるイタリア人監督ダリオ・アルジェントが手助けしこの作品をヨーロッパで公開したことで、一躍その名が有名になったんですよね。

GOBLINは今回の来日で披露するという『サスペリア』も素晴らしいのですが、こちらの『ゾンビ』の方がちょっぴりドタバタ感があってハロウィンらしい感じ。

一貫しておどろおどろしいのではなく、嘘のように明るくコミカルなナンバーもあったりするところが、単なるホラーではなく社会風刺もたっぷり込められた本作の映画内容に合っているなあと思います。(増田)

試聴 Click!

10月23日(水):DEVIL DOLL/DIES IRAE

今日はDEVIL DOLLのアルバム『Dies Irae』をピックアップ。

DEVIL DOLLは、中央ヨーロッパに位置するスロヴェニア出身のゴシック・シンフォ・グループで、本作は彼らの最終作にあたる96年リリース作品です。

荘厳なヴァイオリンが演出する中世ヨーロッパ調のゴシックなサウンドをメインに、ダークで狂気みなぎる孤高の音世界を築き上げていきます。

まるで薄暗い森の奥にそびえる古びた洋館が見えてきそうなサウンドは、思わず背筋がゾクゾクしてくるほどにオカルティック。ジャケに写る中心メンバーMr. Doctorの風貌も相まって、イメージとしてはドラキュラを感じます。

やがてヒステリックなオペラ調のフィメール・ヴォーカルや黒魔術の儀式なんかも想起させる怪しいコーラスも入ってきて、一気にダイナミックな広がりを見せるサウンドはなかなかに鳥肌モノ。

ハロウィンな雰囲気というにはいささかマジすぎる気もしますが、ホラープログレの極北と言っていいこの世界観は一聴の価値ありですよ♪(佐藤)

試聴 Click!

10月24日(木):PULSAR/HALLOWEEN

今日ピックアップするのは、フレンチ・プログレッシブ・ロックの代表的グループ、ピュルサーの『ハロウィーン』。

ピュルサーは仏リヨンにて74年に結成されたグループで、ピンク・フロイドやキング・クリムゾンからの影響を独自に消化した繊細で静謐感漂う音世界を聴かせてくれます。

今作は「ダニー・ボーイ」 として知られるアイルランド民謡のアカペラから始まります。

メロトロンが静かに沸き起こり、アコースティック・ギターのアルペジオが広がる幻想的なオープニングです。

繊細なサウンドにうっとりしていると、やがて不穏な響きのシンセサイザーが重なり、ドラムが打ち鳴らされギターが宙を舞う緊迫感あるアンサンブルへ…非常にスリリングで、手に汗を握ってしまいます。

フランスというお国柄なのか、メロトロンなど鍵盤の音を中心に独特の浮遊感が全体を覆っており、その幻想美に満たされたサウンドにどっぷりと浸ることができます。(みなと)

試聴 Click!

10月25日(金):STEELEYE SPAN / BELOW THE SALT

こんにちは。今週は、週末のゴブリン来日&ハロウィン間近ということで、「ハロウィンな雰囲気のアルバム」というテーマで投稿しております。

今日は英国フォーク・ロックの名バンド、スティーライ・スパンの72年作『BELOW THE SALT』です。

ジャケットが、ハロウィンの賑やかな晩餐みたいだな、と思いピックアップしてみました。

少し行儀悪そうに食べているところが何ともいいですよね。

ハロウィンとは、もともとは古代ケルト人の収穫を祝い悪霊を追い出すお祭りであったそうです。

ケルトの人たちもきっと、沢山採れた作物を様々に料理して、楽しく食べたことでしょう。

さて、スティーライ・スパンはフェアポート・コンヴェンションを脱退したアシュリー・ハッチングスが、よりトラッドを追及するために結成したバンドです。

今作はハッチングスが抜けてしまった(!)あとの作品で、これまでの作品よりも、トラッドを伸びやかに、親しみやすく演奏しています。

聴いていると、こちらもジャケットの賑やかな食事のなかに紛れ込んだようなウキウキとした気分になります。(みなと)

試聴 Click!

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram


「オカルティックなロック・アルバム」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

【関連記事】

「オカルティックなロック・アルバム」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

ハロウィンにちなんで、オカルトなアルバムを特集いたしました!


秋におすすめ!ロック探求特集

【関連記事】

秋におすすめ!ロック探求特集

秋に関するロック探求記事をまとめました。

GOBLINの在庫

  • GOBLIN / FOUR OF A KIND

    イタリアン・ホラー名画のサントラ演奏で世界的に知られる伊プログレ・グループ、15年作

  • GOBLIN / IL FANTASTICO VIAGGIO DEL BAGAROZZO MARK

    D.アルジェント作品のサントラ演奏で世界的に知られるイタリアン・ロック・グループ、78年4th

    イタリアン・シンフォニック・ロックの代表格バンドの78年4th。それまでインスト路線を貫いてきたわけですが、本作では初めてボーカルナンバーも配置され、およそGoblinのイメージとは遠い、とてもファンタジックなコンセプトアルバムとなっています。「Goblin=サスペリア」、「Goblin=サントラ」というのはもはや常識なわけですが、数は少ないながらサントラではない、いわゆる「オリジナルアルバム」も残しており、その貴重な1枚が本作と言うわけです。ビシバシにキメるリズム隊、そして、恐怖ではなく優美なファンタジーを描かせても超一流の表現が出来てしまう、引き出しが多すぎるClaudio Simonettiのキーボードがやはり圧巻。ボーカルを取り入れたことに対する賛否両論は、それだけバンドとしてのまとまりに隙が無いことの、なによりの証です。テクニカルさを駆使したシンフォニックロックとして最高の出来であり、Goblinの新たな一面を垣間見ることの出来る名盤。

「GOBLINの在庫」をもっと見る

PULSARの在庫

  • PULSAR / STRANDS OF THE FUTURE

    フレンチ・シンフォを代表するグループ、75年作2nd

  • PULSAR / HALLOWEEN

    フロイド、クリムゾンからの影響を取り込んだ、アーティスティックなフレンチ・プログレの傑作、77年作

    メロトロンなどの積極的な利用で、フレンチ・プログレッシブ・ロックの名盤を作り上げた代表的グループの77年3rd。彼らの最高傑作といわれる本作は2部構成から成る大曲のみで構成された作品であり、非常に映像的なドラマチックさを持った傑作となっています。メロトロンの幻想はKING CRIMSONの静的な部分を想起させ、ロングトーンで静かに広がるキーボードや流れるような無理の無い展開はPINK FLOYDのような麻薬的魅力を放ちます。全編にフレンチ・ロックの冷ややかな質感と芸術性が表われており、夢想の中に落ちていくような傑作です。

「PULSARの在庫」をもっと見る

STEELEYE SPANの在庫

「STEELEYE SPANの在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事