プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

スパニッシュ・ジャズ・ロックの一大拠点、EDIGSAレーベル!

COMPANYIA ELECTRICA DHARMA

試聴 Click!

最高傑作とも評される78年4thより。一時期のSTORMY SIX、SAMLAなどにも通じる、テクニカルながらもコミカルな味わいを持つジャズ・ロックを展開。全体に情熱的かつ祝祭的なムードを感じさせるのがいかにもスペインらしいところ。

ESQUEIXADA SNIFF

試聴 Click!

デビュー作の79年ライヴ盤より。繊細な表現力に長けたギターを中心とした軽やかなジャズ・ロック。スペインの美しい情景が眼前に広がるようなメロウなアンサンブルが魅力的です。

FELIU I JOAN ALBERT

試聴 Click!

77年作より。クラシカルな気品を持つピアノとフルート、躍動的なスパニッシュ・ギターらが織り成す、アーティスティックなプログレ作品。各楽器とも猛烈なテクニックの持ち主で、超絶ユニゾンを余裕で決めていく場面などは実に痛快!

JARKA

試聴 Click!

71年1stより。毛羽立ったギターによく歌うベース、叙情味溢れるピアノによる洗練されたジャズ・ロック・アンサンブルを展開。この演奏における豊かな陰影は、ブリティッシュ・ジャズ・ロックに通じるものが強く感じられます。

SECTA SONICA

試聴 Click!

76年の1stより。このデビュー作では、いかにもスペインと言うべきラテン・フレイヴァー溢れるリズミカルなジャズ・ロックを展開。アグレッシヴに攻めるドラムスにエッジの効いたギターワーク、歌心のあるベースが躍動する情熱的なアンサンブルがカッコいい一枚。

MUSICA URBANA

試聴 Click!

スペイン屈指の実力派ジャズ・ロック・バンドによる76年デビュー作。BRAND Xにラテン風味を加えたようなテクニカル・アンサンブルが素晴らしく、静と動をダイナミックに描き出す高い表現力に圧倒される名作です。

BARCELONA TRANCTION

試聴 Click!

75年作より。切れ味鋭い技巧派リズム・セクションにカンタベリー・タッチのカラフルなキーボード・サウンドをたっぷりとフィーチャーした迫力満点のジャズ・ロック。鮮やかな転調を繰り返す演奏もカンタベリー・ロックに通じるものを感じます。

ORQUESTRA MIRASOL

試聴 Click!

南米のサルサ音楽を取り入れた、個性派ジャズ・ロックを展開する74年デビュー作。ラテン・パーカッションによる躍動感いっぱいのリズムの上を流麗なエレピとよく動くベースが舞い踊るように奏でられる、高密度のジャズ・ロック・アンサンブルが気持ちいい傑作!

Facebookコメント

在庫一覧

  • BARCELONA TRACTION / BARCELONA TRACTION

    バルセロナ出身、エレピが優美なメロディを奏でるジャズ・ロック/クロスオーバーの逸品

    スペインはバルセロナ出身のジャズ・ロック・トリオ、75年の唯一作。バンドのリーダーは、Key奏者のLucky Guriで、バルセロナ・ジャズ・ロック・シーンの名手達が集まったビートルズのカヴァー作品(傑作!)に参加したり、後には地中海ジャズ・ロックの名バンドMUSICA URBANAに参加するなど、バルセロナ・シーンを代表するKey奏者。シャープに引き締まったドラム、流麗に動くメロディアスかつグルーヴィーなベースによる安定感抜群のリズム隊を土台に、エレピが地中海の青空へと吸い込まれていくようなリリカルにたゆたうメロディを奏でます。色彩感豊かなパーカッションやホイッスルなどによる味付けも地中海フレイヴァーたっぷり。バンドは、スペインはカタルーニャ地方のウッドストック・フェスと言える75年に行われた伝説の「Festival Canet Rock」に参加し、高い評価を得ます。その後は解散してしまい、残念ながら唯一作となってしまいましたが、バルセロナ産ジャズ・ロック「MUSICA LAIETANA」シーンを代表する一枚として名高い傑作です。

  • COMPANYIA ELECTRICA DHARMA / L'ANGEL DE LA DANSA

    スペインはバルセロナの名グループ、78年作、ジャズ/フュージョンと地中海民族音楽フレイヴァーとがブレンドしたサウンドは北欧サムラにも比肩する完成度!

    スペインはバルセロナ出身、ギター、サックス、ドラムのFortuny3兄弟を中心とするグループで、70年代半ばにバルセロナのライヴハウスZELESTEを中心に起こったジャズ/アヴァン・ロック・ムーヴメントの代表格。最高傑作とされる78年作の4th。初期のフュージョン色はいよいよ薄まり、サムラもびっくりな民族舞踏的&チンドン屋的ロックをエネルギッシュに展開。細かいリズムで切り返しまくるリズム隊、ツンツンと尖ったトーンでシャープに畳みかけるギター、そしてスペインの民族木管楽器テノーラによる素っ頓狂なチャルメラ風フレーズ。手工芸品のように温かな北欧のサムラとは違って、地中海の陽光溢れる快活さが溢れていてとにかく痛快。さすがにデビュー時にはマイルス・バンドもびっくりなジャズ/フュージョン・ロックをこなしていただけあって、演奏のキレ味は抜群。それにしても、アカデミックさと大道芸的ノリを併せ持つサウンドは唯一無比。もっともっと評価されるべきユーロ屈指のグループ。これは素晴らしいですよ〜。

  • ESQUEIXADA SNIFF / EN CONCERT and OCELLS

    表面はラテン色でオシャレだけど、演奏はテクニカルで硬質!センス抜群のスパニッシュ・カフェ・テクニカル・ラテン・ジャズ・ロック!?

    スペインのブラス・ロック・グループMAQUINAのギタリストを中心とするグループ。78年作の2作品をカップリングした2枚組。表面的にはラテン色のあるオシャレなサウンドですが、演奏の引き締まり方が半端ではありません。ラテン・フレイヴァーの柔らかな上ものの下で、ビシバシとシャープにキメるドラム、繊細かつ尖ったタッチのギターが硬質なアンサンブルを繰り広げています。カフェ・テクニカル・ラテン・ジャズ・ロック!?の名作!

  • MUSICA URBANA / MUSICA URBANA

    現代のスペインを代表する音楽家Joan Albert Amargosが結成したチェンバー・ロック・グループ、76年の名作1st

    スペインはバルセロナ出身、チェンバー/ジャズ・ロックの名グループ。76年にZELESTEレーベルよりリリースされた1st。後にクラシックから映画/演劇音楽でも名を残し現代スペインを代表する音楽家となるJoan Albert Amargosを中心に、60年代末から活躍するブラス・ロック・バンドMAQUINA!のメンバー、BARCELONA TRACTIONのKey奏者により結成。英米ロックから解放されたスパニッシュ・ロックの確立を目指していたようで、地中海音楽やアンダルシア音楽をはじめ、スペインのオペラであるサルスエラ(Zarzuela)も取り込んだチェンバー・ロックが特徴です。緻密かつ地中海の香り漂う芳醇なサウンドは、HATFIELD & THE NORTHのファンをはじめ、イスラエルのSHESHETやイタリアのAREAやPICCHIO DAL POZZOのファンにはたまらないはず。若きJoan Albert Amargosの才気ほとばしるイマジネーション豊かな名品です。

  • ORQUESTRA MIRASOL / SALSA CATALANA

    エレクトリック・マイルスや初期リターン・トゥ・フォーエヴァーに対するスペインからの回答!

    74年にバルセロナで結成されたジャズ/フュージョン・ロック・グループ、74年のデビュー作。主なメンバーは、OMやJordi Sabatesのソロに参加したマンドリン/ベース奏者のXavier Batllesと、後にBLAY TRITONOに参加するKey奏者のVictor Ammann。OM〜Jordi Sabates〜BLAY TRITONOの流れにあるジャズ・ロック〜アヴァンギャルドを軸に、初期リターン・トゥ・フォーエヴァーのフュージョン、そしてサルサを取り入れた意欲的なサウンドが持ち味。Key奏者はアヴァン色の強いBLAY TRITONOに参加するだけあり、チック・コリアと比べてトーン、フレーズともに暗く重いのが特徴で、マンドリンや管楽器にもチェンバー・ロック的な張りつめた空気感があり、パーカーションやホイッスルなどサルサのエッセンスをブレンドしていますが、全体的には爽やかさはなく緊張感があります。静謐なタッチのピアノ、よく動くベースは、ベルギーのCOSあたりに通じる雰囲気もあって印象的。名作ぞろいのバルセロナ産ジャズ・ロックの中でも屈指と言える一枚。ずばり地中海ジャズ・ロックの傑作です!

  • SECTA SONICA / FRED PEDRALBES

    スペイン産ジャズ・ロック/クロスオーヴァー・グループ76年作、3本のギターがヌケの良いサウンドで爽快に突き抜ける快作

    スペインのジャズ・ロック/クロスオーヴァー・グループ。76年作1st。トリプル・ギター編成で、ピシャリとシャープなドラムを土台に、たおやかなギター・アルペジオと流麗かつテクニカルなギター・ソロが、時に優美に、時にアグレッシヴに交差する、というスタイル。すべての楽器のトーンが突き抜けており、ヌケの良いサウンドがとにかく気持ち良い!スパニッシュ・ジャズ・ロックの逸品。