カケハシ・レコード

はじめまして、カケレコへようこそ! ログイン

ラヴ・ユー・ライヴ

ローリング・ストーンズ

評価:51件のレビュー

在庫あり : 13時までのご注文は当日発送

SRCS6210/11 【92年発売CD】

2枚組、定価2913+税。

490円 (税込539円)

帯【無】 解説【有】

盤質: | 無傷〜傷少なめ | 傷あり | 傷多め

状態: | 良好 | | 不良 |

【査定担当者からのメモ】
ケース不良、帯無、盤に研磨跡あり、カビあり、ケースに経年あり

カートに追加

カケレコ・レビュー

75-77年の北米/欧州ツアーを収めた、ロック史に残るライヴ・アルバム、77年リリース

他のお客様の同時購入CD

レビューの投稿

他のファンのために、あなたもCDのレビューを書きませんか?
他のユーザーの投票(拍手)の数が多いレビュアーは、ベストレビュアーとしてページに掲載されます。

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録

ログイン

レビュー一覧

評価:5感激!偉大なるライブ(2 拍手)

レビュアー:たすけさん レビューをすべて見る

というのが、日本盤タイトルです。「ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト」からこのライブ盤までどれほど待たされたか…。オルタモントの悲劇と映画「ギミー・シェルター」によって、ストーンズにとってライブは鬼門になりました。ライブと言えば三題噺でそればかり聞かされました。武道館に不倫相手と観に行くようなものではなく、禍々しく忌み嫌われたものだったんすよ。わかっているんすか…。

わが国でストーンズが一般的になったのは、「悲しみのアンジー」からであると言ってしまいます。「レット・イット・ブリード」も「エグザイル」も「スティッキー・フィンガーズ」も大したインパクトにはなりませんでした。なぜか。いまだわが国でロックが一般的でなかったからです。英語の歌聴いているんだ…すごい、などと言われました。そこを洋楽ブームみたいなものがあり、「アンジー」がその時受けていた、という経緯です。

このライブ、キーズ・リチャーズのギターを聴くためのものです。ミック・ジャガーなんて何歌っているのかわかりませんし、ミック・テイラーもビリー・プレストンもなんでこんなに音圧低いんだろうというミックスです。ワイルドさが売り、という録音です。評判を上げたのが、「リトル・レッド・ルースター」をやっている旧3面で、ここだけブルーズ一点張り。会場も小さいです。ストーンズのライブ盤史上でもっとも出来がいいんですが、これをわかるまでには少し修業が必要です。わたしはここばかり聴いています。

ナイスレビューですね!

関連カテゴリ