カケハシ・レコード

はじめまして、カケレコへようこそ! ログイン

CHUTE LIBRE

CHUTE LIBRE

評価:51件のレビュー

在庫あり : 13時までのご注文は当日発送

FGBG5012(MUSEA) 【19年発売CD】

19年初CD化。

カケレコ・レビュー

ゴングやマイルスのバンドで活躍したドラマー率いるフレンチ・ジャズ・ロック・バンド、77年作1st

ゴングのメンバーとして『Gazeuse!』に参加、その後マイルス・デイヴィス・グループの一員として82年作『We Want Miles』でパーカッションを叩いた名手Mino Cinelu在籍のフランスのジャズ・ロック・グループ、77年デビュー作。フルートとサックス2本の管楽器隊を擁する7人編成。Mino Cineluによるノリの良さと緻密さがバランスした心地よいドラミングがリズムを敷き詰め、その上でエレピ主体のエレガントなキーボードと軽やかなフルートが舞い踊るように奏でられます。ジャジーなバッキングに徹しているかと思うと、叙情的なソロで本領を発揮するギターもいいし、ブラス・ロック風の華やかなプレイで彩る2本のサックスも見事。テクニカルでタイトにまとまった演奏ですが緊張感はさほどではなく、南国を思わせる色彩感のあるアンサンブルが絶品です。アンサンブルの「心地よさ」という点ではユーロ・ジャズ・ロック屈指と言いたい逸品!

他のお客様の同時購入CD

YouTube動画

レビューの投稿

他のファンのために、あなたもCDのレビューを書きませんか?
他のユーザーの投票(拍手)の数が多いレビュアーは、ベストレビュアーとしてページに掲載されます。

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録

ログイン

レビュー一覧

評価:5管入りお祭り騒ぎフレンチジャズロック(4 拍手)

レビュアー:らじおすたーの喜劇さん レビューをすべて見る

メンバーの2人が北部のブローニュとサン=クルー出身。ドーバー海峡やベルギーにも近い、といった地域だろうか。いや、なんで出身地が気になったかというと、フランス・ジャズロックの代名詞的なジャズ系のバンド、例えばMAGMAやZAOとは随分と異質な感じがしたからで。どっちかというとウェザーリポートやピエール・モエラン主導のGONGとか。とにかく「聴きやすくてクールなくせに熱い」のだ。熱さは地中海ジャズロックにも近い気がする。

「ブローニュ」の語源がイタリアのボローニャ同様の派生、というこじつけがほのかに芳香する地中海ロックに結び付いた!と勝手に納得しました。

ナイスレビューですね!

関連カテゴリ