カケハシ・レコード

はじめまして、カケレコへようこそ! ログイン

BEING

WIGWAM

評価:41件のレビュー

在庫あり : 土曜・日曜は発送休み。翌営業日発送いたします。

LRCD92(LOVE) 【01年発売CD】

990円 (税込1089円)

盤質: | 無傷〜傷少なめ | 傷あり | 傷多め

状態: | 良好 | 並 | 不良 |

カートに追加

カケレコ・レビュー

フィンランドのみならず北欧シーンを代表する名グループ、73年4th、前作に勝るとも劣らない傑作!

フィンランドのグループ、73年作4th。オルガン、シンセ、ピアノを中心とした叙情性溢れるアンサンブルとビートルズ的とも言えるポップなメロディーが印象的。ただ、歌心だけでなく、アレンジ、演奏もこのバンドの聴き所。ハットフィールドの1stを想わすような淡いジャズ・ロック、クラシック・ロック、テンション溢れるハード・ロックなどを巧みに織り交ぜた起伏に富んだ構成が秀逸。本作は各曲が切れ目無く続くトータル・アルバムになっており、アレンジの素晴らしさが際立っています。名作。

他のお客様の同時購入CD

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

YouTube動画

レビューの投稿

他のファンのために、あなたもCDのレビューを書きませんか?
他のユーザーの投票(拍手)の数が多いレビュアーは、ベストレビュアーとしてページに掲載されます。

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録

ログイン

レビュー一覧

評価:4管楽器の使い方がとてもおしゃれ(2 拍手)

レビュアー:たすけさん レビューをすべて見る

一聴してジャズとバロックとロックンロールが融合した、洗練された音です。ロングプレイ通してテーマがつながっているようで、曲が切れ目なく続いていく様子は、ハットフィールドに似ています。…が、彼らが参考にしたのはソフト・マシーンではないのかと思います。管楽器の使い方からそう感じました。ウィグワムは69年結成のフィンランド古参のバンドです。最初期はビート・ポップから出発しています。メンバーは英国人ひとりに、フィンランド人3人の構成です。主に鍵盤のユッカ・グスタフスンが曲を書いています。テーマの内容を明らかにしたかったのですが、半分はフィンランド語であることと、歌詞がたくさんあることからあきらめました。ただ、カバーアートになっている人類は女性で、母です。

これが、とても脳に優しい音楽で癒されるのですよ。刺激的なフレーズはあまり出てこず、デイブ・ステュアート氏に似たオルガン、テクニカルなペッカ氏のベースがスリルを感じさせます。彼らが知的集団であることは明らか。でもリスナーを啓蒙してやろうとか野心はありません。肩肘はらず聴ける柔らかさが良いです。2024.06.06

ナイスレビューですね!

関連カテゴリ