カケハシ・レコード

はじめまして、カケレコへようこそ! ログイン

TARANTULA 1

TARANTULA

評価:42件のレビュー

在庫なし

気になるリストに追加いただければ、入荷の際、お知らせメールが届きます。

WH90378(WALHALLA) 【06年発売CD】

デジタル・リマスター。

2520円 (税込2772円)

売り切れ

気になるリストに追加

カケレコ・レビュー

スパニッシュ・シンフォの傑作、77年デビュー作

キーボーディストVICENTE GUILLOTを中心とするグループ。77年作の1stアルバム。VICENTEが奏でるメロトロン、ストリング・シンセサイザーを中心とする壮大なシンフォニック・ロック作品。静と動のコントラストを生かしたダイナミックな構成、リリシズム溢れるメロディー・ライン、美しいメロディーを感動的に歌い上げるヴォーカルなど、聴き手の心を一瞬で捉える力強さに溢れたサウンド。スパニッシュ・シンフォを代表する傑作。

他のお客様の同時購入CD

YouTube動画

レビューの投稿

他のファンのために、あなたもCDのレビューを書きませんか?
他のユーザーの投票(拍手)の数が多いレビュアーは、ベストレビュアーとしてページに掲載されます。

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録

ログイン

レビュー一覧

評価:4「まるで音の宝石箱や〜!」 贅を尽くしたカラフル・シンフォ(14 拍手)

レビュアー:kobakunさん レビューをすべて見る

1曲目からテンション高いです。スパニッシュな香りがする、いかにもシンフォなイントロ。イタリアのカンタトゥーレを思わせる抒情的な歌い出し。これだけでも十分ですが、真骨頂はその直後のオペラティックな歌唱と泣きのメロディー。お〜、これは「トゥーランドット」か「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」か。

この後ももったいないと思うぐらい、やたらと展開し、どこかのグルメリポーターではありませんが、まるで「音の宝石箱」です。とにかくアイデアにあふれていたのでしょう。何度聴いても当分は飽きないこと請け合いです。途中、サービス精神の行き過ぎで、ロックンロール調まで飛び出すのはご愛敬ですが・・・。

スパニッシュ・シンフォは、NuとかBloqueとか、ハードロック調が強すぎてやや苦手でしたが、このバンドはそうした部分はあるものの、基本にクラシカルな雰囲気があるので気に入りました。メロトロンやストリングス、シンセ、ピアノなどをふんだんに使い音がカラフルな所もいいです。

それにしても1曲目の歌メロの素晴らしいこと。毎日聴いて一緒に唄ってますが、惜しむらくは6分の曲中たった2小節しかないこと。もっと繰り返せばいいのに。まあ、それだけ贅沢だってことですが。次作もかなりいいとのことなので、カケハシさん、何とか仕入れお願いします。

ナイスレビューですね!

評価:4スパニッシュシンフォニック名盤(9 拍手)

レビュアー:0321PROGさん レビューをすべて見る

77年1st

ヴァレンシアのシンフォニックバンドのデビュー作。

広がりのあるストリングスを初めとした各種キーボードの音色が
特徴的な名バンドですね。
リズム隊については極めてハードロック的であり、ギターは
ハードロックの形をとりつつスパニッシュな熱いソロも取ります。
そしてスペイン語ボーカルはオペラティックな歌い方でとても
個性的ですが、これがスペインの熱い叙情に良くハマっています。

スパニッシュ入門の1枚として、カナリオスと共にオススメ。

ナイスレビューですね!

関連カテゴリ