カケハシ・レコード

はじめまして、カケレコへようこそ! ログイン

灰の中の閃光

ヴォイチェク・チュライ

評価:51件のレビュー

在庫あり : 13時までのご注文は当日発送

KRC9018(KAKEHASHI RECORDS

【カケレコ国内盤(直輸入盤帯・解説付仕様)】デジパック仕様、定価2990+税。

カケレコ・レビュー

[カケレコ国内盤リリース中] ポーランド、WALFADの中心メンバーとしても活躍するギタリスト/ヴォーカリスト、「シレジア蜂起」三部作の第1弾となる19年2ndソロ、SBBのJozef Skrzek参加!

ポーランドの新鋭プログレ・バンドWALFADの中心メンバーとしても活躍中のギタリスト/ヴォーカリストによる19年2ndソロで、第一次大戦後に彼の出身地シレジア地方で起きた「シレジア蜂起」を題材にしたコンセプト・アルバム。これは傑作!ギターとムーグシンセがエモーショナルに絡み、ヴァイオリンやピアノが格調高く彩る、優雅でドラマチックなメロディアス・シンフォニック・ロックを聴かせてくれます。このムーグのプレイ、どこかで聴いたことがあると思ったら、なんとSBBのJozef Skrzek!SBBでも聴かせた太くスペイシーなトーンでスリリングに疾走するシンセプレイを数曲で披露します。ギルモア調の泣きはそのままに倍の音数にしたようなテクニカルで表現力の高いギターも、シンセに負けじと躍動。弦楽も伴ってドラマチックに高まるサウンドに感動が込み上げます。またしっとり落ち着いたピアノを基調にしたヴォーカル・パートも実に味わい深く、切なさも帯びつつ朗々と歌い上げるポーランド語ヴォーカルが素晴らしいです。ポーランド・プログレらしい静謐で陰影ある音使いを織り交ぜつつ、メロディアスで開放感あるサウンドに仕上げた名品。ズバリおすすめ!
2019年10月14日「ProgTokyo 2019」に出演した彼へのインタビュー記事はこちら

他のお客様の同時購入CD

YouTube動画

レビューの投稿

他のファンのために、あなたもCDのレビューを書きませんか?
他のユーザーの投票(拍手)の数が多いレビュアーは、ベストレビュアーとしてページに掲載されます。

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録

ログイン

レビュー一覧

評価:5現代プログレの傑作(5 拍手)

レビュアー:purebluesさん レビューをすべて見る

ポーランドのプログレ・バンドWALFADの中心人物による2ndソロ。2019作。
まあ、そんなデータはみなさんご存知と思うのだが、これは現代プログレの傑作です。哀愁漂うコンセプトと泣きのギターワーク、ドラマティックな曲展開。ラストの盛り上がりがもう少し大仰でもよいと思うが、十分名盤の風格があります。憂いを帯びた決してうまくない歌声も実にいい。
こちらのカケレコ日本盤は解説も充実しており、特に本作のようなコンセプトアルバムの場合、曲背景を理解する上で非常に助かります。
値段相当の価値がありますよ!

ナイスレビューですね!

関連カテゴリ