カケハシ・レコード

はじめまして、カケレコへようこそ! ログイン

PAUL KENT

PAUL KENT

評価:41件のレビュー

在庫あり : 土曜・日曜は発送休み。翌営業日発送いたします。

BIGPINK387(BIG PINK) 【71年発売CD】

紙ジャケット仕様。

カケレコ・レビュー

憂いと翳りに満ちた英SSW、71年作2nd、Tony Reeves(GREENSLADE)/Andy Roberts(PLAINSONG)/Tim Renwick(QUIVER)ら参加

英国のSSW。P.C.KENT名義での69年デビュー作『UPSTAIRS COMING DOWN』に続く71年作2ndで、サンディ・ロバートソン率いるセプテンバー・プロダクションにより制作され、B&Cレーベルからリリースされた作品。憂いと翳りにつつまれた美しい歌声、ザ・バンドなど米ルーツへの憧憬を英国らしい艶やかな叙情性で包み込んだ芳醇なメロディ、淡い色合いの湿り気を含んだフォーキー・ロックなアンサンブル。オープニングから英国臭プンプンのスワンピー&叙情性たっぷりのナンバーが感動的。牧歌的でポップなフォーキー・ポップな2曲目は和みの佳曲だし、幻想的なアコギ爪弾きで幕を開けるアシッド臭あるフォークの3曲目も雰囲気たっぷりだし、これはジャケットから感じる期待通りのサウンドです。アル・スチュワート、キース・クリスマス、アンディ・ロバーツ&イアン・マシューズあたりのファンは必聴の名作。紙ジャケット仕様。

他のお客様の同時購入CD

YouTube動画

レビューの投稿

他のファンのために、あなたもCDのレビューを書きませんか?
他のユーザーの投票(拍手)の数が多いレビュアーは、ベストレビュアーとしてページに掲載されます。

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録

ログイン

レビュー一覧

評価:4期待してましたが(1 拍手)

レビュアー:nedさん レビューをすべて見る

70年代。当時から評価が高かったアルバムでしたが、僕はイマイチ。自分が過度な期待していたのもあります。アーニーグレアムやニックドレイク級のアルバムではないにせよ。聴きこんでいけば中々いいので。星4つということで。

ナイスレビューですね!

関連カテゴリ