プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ロック潮流図鑑 【1966年】 – ブルース・ロック、サイケデリック・ロックの誕生、アルバム時代の到来!

若者たちが感性を解き放ち、既成の社会や考え方に対するカウンターカルチャーが形成される中、ブルースやサイケデリックを飲み込みながら表現を拡大させていった「ロック」。

もはやアーティストの表現はシングル盤だけには収まらず、アルバムとしてトータルに表現する時代が到来した1966年を特集!

ロック史に残る名盤

BEATLES

試聴 Click!

「キャッチーなメロディ」、「新しい音楽を創造しようとする才気」という2つの点において、間違いなく最高傑作。ジョンもポールもジョージも冴え渡っていて、バンドとしてのエネルギーは本作が最高ではないでしょうか。それにしても、全部名曲と言っていいほどに楽曲が凄い。レッドゾーン振り切りっぱなしの超弩級な名作!

ROLLING STONES

試聴 Click!

全曲、ミック・ジャガーとキース・リチャーズのコンビによる楽曲で、2人のメロディ・メイカーとしての才が冴え渡る名曲ぞろい!そして、そこにシタールやダルシマーを操り音楽的な深みを加えるブライアン・ジョーンズのセンス。ストーンズ版『ラバー・ソウル』『リヴォルヴァー』と言える傑作!

BEACH BOYS

試聴 Click!

ビートルズ『ラバー・ソウル』に対抗し、天才ブライアン・ウィルソンがスタジオにこもり作り上げたアメリカン・ポップス永遠の傑作。複雑なコード進行、音楽理論に乗っ取らない楽器のフレーズ、にもかかわらず、難解さのかけらもなく、子供の鼻歌のような無垢さに溢れたエバーグリーンなサウンド。まさに奇跡の一枚。

BOB DYLAN

試聴 Click!

前作と並び、米フォーク・ロックの傑作であり、アメリカン・ロックのみならずロック史上に残る金字塔。ナッシュビルの名うてのスタジオ・ミュージシャンがサポートした豊かなアンサンブルも見事。「Sooner Or Later」「I Want You」「Stuck Inside Of a Mobile」と続く3曲の畳みかけは、米フォーク・ロックの最高到達点!?

FRANK ZAPPA

試聴 Click!

こ、これが1966年作!? ロックンロールやドゥーワップからクラシックやジャズや現代音楽までをも飲み込み、アヴァンギャルドでいてなおかつマジカルなポップとして聴かせてしまう・・・恐るべしザッパ率いる変態音楽集団マザーズ!

JOHN MAYALL & THE BLUESBREAKERS

試聴 Click!

ロンドンのR&Bシーンの立役者、ジョン・メイオール率いるグループ。ポップ志向の「For Your Love」に嫌気がさしてヤードバーズを脱退したクラプトンが加入し、エッジが増して一気に英ブルース・ロック・シーンの幕を開けた傑作。若きクラプトンの鋭角なギターが炸裂!

SMALL FACES

試聴 Click!

米国がヒッピーなら、英国はモッズさ!スタイリッシュなファッションに身を包み、享楽的にロンドンを闊歩したロンドンの若者たち。そんなモッズ世代のヒーロー、スモール・フェイセスによるR&Bフレイヴァー溢れる名曲!

KINKS

試聴 Click!

フォーク・ロック〜サイケの時代に入り、レイ・デイヴィスのメロディ・メイカー/詩人としての才が覚醒。暖かくもシニカルな視点で「英国の市井」を描く歌詞と哀愁溢れるメロディー。ここに大英帝国フォーク・ロックが完成!

YARDBIRDS

試聴 Click!

クラプトンが脱退し、代わりにジェフ・ベックが加入。初期のR&Bをベースにしつつも、時代の空気を吸ったポップかつエキセントリックなサウンドが特徴で、キレのあるフレーズで躍動するジェフ・ベックのギターはさすがの存在感!

BUTTERFIELD BLUES BAND

試聴 Click!

英国のジョン・メイオールに対する米国のR&B兄貴といえるポール・バターフィールド率いるブルース・ロックの名グループ。クラプトンをも驚愕させた天才マイク・ブルームフィールドのギターは相変わらずのさえで、ブルージーなフレーズから時代の空気を吸ったラーガな長尺ソロも縦横無尽。

BLUES PROJECT

試聴 Click!

この後、米ロックを牽引するアル・クーパー率いるグループで、ずばりストーンズに対する米東海岸からの回答。ブルースをベースに、フォーク、ジャズ、サイケのエッセンスを加えたサウンドは、隅々から野心がみなぎっており、エネルギーが溢れんばかり。

S&G

試聴 Click!

1stアルバム収録の弾き語りの楽曲に着目したプロデューサーが、ボブ・ディランの名曲「ライク・ア・ローリング・ストーン」のバックを担当したミュージシャンをそのまま起用し、当の2人に知らせぬままフォーク・ロックなアレンジを施しシングル・カット。65年末にリリースされ、66年に大ヒットとなった名曲。


ロック潮流図鑑【1963年】 - ロック・ムーヴメントの幕開け!

【関連記事】

ロック潮流図鑑【1963年】 – ロック・ムーヴメントの幕開け!

ビートルズ、ボブ・ディラン、ビーチ・ボーイズが次々とデビュー。イギリスはリヴァプール、ロンドン。アメリカは、東海岸のニューヨーク、西海岸のロサンゼルス、そして南部はメンフィス。英米同時発火的にロック・ムーヴメントの幕が上がった1963年を特集!


ロック潮流図鑑 【1964年】 - ブリティッシュ・インヴェイジョン!

【関連記事】

ロック潮流図鑑 【1964年】 – ブリティッシュ・インヴェイジョン!

「ブリティッシュ・インヴェイジョン」の波が米国のティーンを直撃し、いよいよ「ロック」がメインスリームとなった1964年を特集!


ロック潮流図鑑 【1965年】 - ロック・ビッグバンいよいよ爆発!

【関連記事】

ロック潮流図鑑 【1965年】 – ロック・ビッグバンいよいよ爆発!

フォーク・ロック、ブルース・ロックにモッズ、フォーク/トラッドとロックが進化、多様化し、いよいよロック・ビッグバンが爆発!世界を若者のエネルギーで包み込んだ1965年を特集!


ロック潮流図鑑 【1967年】 - サマー・オブ・ラブの時代

【関連記事】

ロック潮流図鑑 【1967年】 – サマー・オブ・ラブの時代

ロック潮流図鑑 【1967年】 – サマー・オブ・ラブの時代


ロック潮流図鑑 【1968年】 - ルーツ・ミュージックへの回帰とハード化

【関連記事】

ロック潮流図鑑 【1968年】 – ルーツ・ミュージックへの回帰とハード化

ロック潮流図鑑 【1968年】 – ルーツ・ミュージックへの回帰とハード化

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • BOB DYLAN / BLONDE ON BLONDE

    ロック史上初の2枚組アルバムとしても知られる66年作、フォーク・ロックを象徴する名作!

    初期ディランの傑作であり、米フォーク・ロックの傑作であり、アメリカン・ロックの金字塔。ナッシュビルの名うてのスタジオ・ミュージシャンがサポートした豊かなアンサンブルも見事。

  • YARDBIRDS / ROGER THE ENGINEER

    66年作、ジェフ・ベック在籍時の最高傑作!

    ジェフ・ベック時代の66年にリリースされた最高傑作との呼び声高い作品。

66年の名作CD在庫

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

None Found

中古CD買取案内

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。

人気記事ランキング

* RSS FEED