プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

イタリアン・ロック特集

【第三章】地域色豊かなイタリアン・ロック

太陽が輝く情熱と喧噪の都市ナポリが産んだ熱きグループ達

愛と情熱の都「ナポリ」は、イタリア南部カンパニア州の州都であり、古代ギリシア人による植民都市の建設から、約2600年の歴史を誇る華の都です。「ナポリを見て死ね」という決まり文句にあるように、一度訪れるなら、その街の興奮と感情的な営みが、旅人の胸をつかんで離さない、魔性の都…。有史以来、様々な外的勢力によって翻弄されつづけた歴史を持つナポリの人々は、「人生はデザートのように甘く素晴らしもの」と言った達観にも似た開き直りの上に、時に悲しく時に愉しく、逞しい音楽の数々を生んできました。

ローマ・カトリック教徒としての信仰心や迷い、ラテン人としてパトス(苦悩をも包含した感情の発露)溢れる感性が生んだ、ナポリ独特の音楽…。その特異な音楽的資質の上に、全世界に波及した1960年代のサイケデリック・ムーヴメントが出会った時、世界のどこを見回しても見出すことの出来ない、オリジナリティ溢れる、「ナポリ・ロック」が誕生する事となりました。

ここでは、ナポリ・ロック・バンドの最重要バンド、OSANNAを中心軸に、その派生バンドや関連バンド、CITTA FRONTALE、UNO、NOVAやCERVELLOと言ったナポリ出身グループの動向を追う事で、日々が祝祭、生と死のメリーゴーラウンドに乗った、絶望と希望の狭間で鳴らされる「ナポリ・ミュージック」の本質的な秘密に光を当てて行きたいと思います。

【ナポリ出身グループ】太陽が輝く情熱と喧噪の都市ナポリが産んだ熱きグループ達

OSANNA 1st

試聴 Click!

ナポリの代表格。1stより。胸をかきむしるメロディ。つっかかり気味のドラム、フリーキーなサックス、祝祭的なコーラスが聴き手の感情をさらにあおり、そしてラストの叫びへとなだれ込む。この表現の激しい振幅こそナポリ。

OSANNA 2nd

試聴 Click!

名作『パレポリ』より。ナポリの熱気と喧噪がつまった荒れ狂う名曲。呪術的なイントロから祝祭ムードへと高揚。メロトロンがぶちまかれ、サックス、ギター、フルートが狂ったように爆発!

CITTA FRONTALE

試聴 Click!

むせ返るようなヘヴィなオザンナに比べ、地中海色豊かな、たおやかで明るいサウンドが特徴。しかしそこは元オザンナ。ジャジーでシャープな変拍子パートのキレはさすが。

UNO

試聴 Click!

元オザンナのサックス奏者、ギターの2人により結成。英国録音ですが、ナポリ特有のむせかえるような熱気は変わらず。荒れ狂うサックスはオザンナそのもの!

NOVA

試聴 Click!

シャープでスリリングなジャズ・ロックですが、「洗練」はなく、聴き手を飲み込むように熱く畳みかけるサウンドは、さすがナポリ生まれのオザンナ一派。

CERVELLO

試聴 Click!

オザンナのSAX奏者ダニーロの弟コッラード(ギター)率いるグループ。イタリアン・バロックから綿々と受け継がれる『静』と『動』の対比。イタリアらしい『美』のメロディ、そしてサックスとギターがフリーキーに畳みかける『暴』のパートの鮮やかな対比。

海洋国家として繁栄した都市ジェノヴァが産んだ詩情豊かなグループ達

イタリア有数の主要都市であるジェノヴァは、イタリア半島西の付け根に位置し、古くは海洋都市国家として繁栄。地中海貿易を通して、経済的、文化的豊かさをも背景に、鮮やかな音楽を育んできた音楽都市でありました。

20世紀後半、60年代の音楽シーンにおいては、ジェノヴァを主な活動の拠点としながら、シャンソン歌手の如く社会や市民生活の問題を作品の中で取り上げた、カンタウトーレの第一人者、FABRIZIO DE ANDREを始めとして、カンタウトーレ、カンタウトリーチェ達の新しいムーヴメントが生まれます。それらのアーティスト達は「ジェノヴァ派」と呼ばれ、それまでのイタリア歌謡の主流であったカンツォーネの甘美な作風から離れ、現在に至る詩情溢れるイタリアの歌心に新しい血を注いでいきました。そうした「歌」の街、ジェノヴァで育ったロック・バンドの作品群からは、プログレッシヴな楽曲の中に一際印象を残す、「歌心」溢れる一面を垣間見ることができます。

【ジェノヴァ出身グループ】海洋国家として繁栄した都市ジェノヴァが産んだ詩情豊かなグループ達

NEW TROLLS

試聴 Click!

クラシックからハード・ロックまで、ダイナミックなサウンドが特徴のグループですが、根底には、ジェノバならではの詩的な歌心が流れています。ダイナミックな曲の間に挟まれる小曲の美しさが特筆もので、この曲もそんな愛すべき佳曲。

LATTE E MIELE

試聴 Click!

EL&Pスタイルのキーボード・ロックとバロック音楽が出会ったような名作『パピヨン』より。ダイナミックな曲の間を華麗に彩るこの曲のような美しい小曲の中に、イタリアの魅力がつまっている気がします。これぞジェノヴァの詩的な歌力。

DELIRIUM

試聴 Click!

後にカンタウトーレとして活躍するIvano Fossati率いるグループ。71年の名作1stより。アコギのバッキングとリリカルなピアノによる胸に切々と響くアンサンブル、そしてストリングスが入り、歌が入ると詩情が一気に放たれます。

ALPHATAURUS

試聴 Click!

71年の1stより。ハードなアンサンブルが基本ですが、「緩」「急」鮮やかで、クラシカルの拡張高さ、詩情溢れる歌心を持ったパートがハードなパートと絶妙なコントラストを描きます。

GARYBALDI

試聴 Click!

イタリアのジミ・ヘンと異名を取るギタリスト、Bambi Fossati率いるグループ。ファズ・ギターをフィーチャーしたサイケデリックなサウンドが特徴ですが、やはりジェノバの詩情が散りばめられています。切々としたメロディと美しいハーモニーが出色。

NUOVA IDEA

試聴 Click!

後に新生NEW TROLLSへも参加するメンバー在籍のグループ。71年作の1stより。全体的にはサイケデリックでハードなプログレですが、包み込むようにセンチメンタルなメロディを持った楽曲が魅力的で、イタリアらしい歌心が胸を打ちます。

【第四章】イタリアン・ロック・ジュークボックス 〜 シーンを彩る名グループたち

伊ヘヴィ・シンフォ

イタリアン・ヘヴィ・シンフォの特徴は、イギリスのそれと比べると、若干その印象を異としています。イギリスの『ヘヴィ』が、エレクトリック・ギターの歪み、バンド・サウンドの音圧や音量、そして表現の混沌さをその特徴としているのに対し、イタリアの『ヘヴィ』は、楽曲表現の荘厳さ、核となる表現そのものの強度、そしてそれらを展開するダイナミズムを特徴としています。そのベクトルを思い返してみると、やはりそこには、かつてのクラシック先進国としてのプライドが見え隠れしているかのようです。

IL BALLETTO DI BRONZO

試聴 Click!

伊ヘヴィ・シンフォの大傑作『YS』より。圧倒的なエネルギーで牙をむく「急」のパートとメロトロン溢れる「緩」のパートとの落差。とにかくその差が半端ではなく、常に直滑降で展開。生きた心地がしないダイナミズムこそ伊ヘヴィ・シンフォ。

MUSEO ROSENBACH

試聴 Click!

73年唯一作より。イタリアのヘヴィネス=ギターの歪みや音量ではなく、表現の先鋭さ、だとすると、本作こそ伊ロック史上最もヘヴィな一枚。EL&Pにも負けない荒技と伊バロックから続くダイナミックな対比とが融合したサウンドの強度は唯一無比。

SEMIRAMIS

試聴 Click!

73年唯一作より。イタリアらしい爪弾かれるアコギと狂暴なパートとが描く強烈な「光」と「影」。圧倒的なエネルギーを放つギター・リフと煽るようなドラムを中心にどこまでも強度を高めていくアンサンブルこそイタリア的ヘヴィネス。

伊ジャズ・ロック

アメリカでは、MILES DAVIESやRETURN TO FOEVER、英国においては、SOFT MACHINEやNUCLEUSと、ジャズ・ロックと言えばまず英米のバンド群が想起されるかもしれません。しかし、イタリアのジャズ・ロックだって負けてはいません!世界的な流行を見せたRETURN TO FOEVERに代表するフュージョン感覚や、SOFT MACHINEに匹敵するサックスやエレピが、イタリア人特有の構築美と地中海的なしなやかさを両立させながら、時にアグレッシヴに、時に静逸に緩急鋭く展開して行きます。

イタリアン・ジャズ・ロック

ARTI E MESTIERI

試聴 Click!

74年の1stより。イタリアを代表するグループであり、伊ジャズ・ロック屈指の傑作。フリオ・キリコの超絶ドラムをはじめ、すべてのパートがテクニック抜群。さらに、イタリアらしい叙情美やたおやかさもあり、緩急自在の構成も見事。イタリアならではの魅力に溢れた名曲。

PERIGEO

試聴 Click!

イタリアを代表するジャズ・ロック・グループ。73年の代表作2ndより。イタリア人ならではのセンチメンタルなリリシズムと、SOFT MACHINEやNUCLEUSなどカンタベリー・ミュージックとの出会い。

DEDALUS

試聴 Click!

伊ジャズ・ロックの名グループ。73年作の1stより。イタリアらしくシャープに細かく刻まれるリズムの上を、SOFT MACHINEを彷彿とさせるサックスとエレピが理知的にフレーズを組み立てる。チェロが入ってくると、一挙に不穏に混沌に。イタリアならではの小宇宙を描く。

伊アヴァン・ロック

イタリアン・ロックを語る上で、そのカリスマ的な存在感を呈した二大レーベルが、こちらにご紹介するバンド達が在籍した、CRAMPS(クランプス)レーベルとL’ORCHESTRA(ロルケストラ)レーベルです。

CRAMPSは、フランケンシュタインの忌まわしい姿を借用した印象的なロゴ・マークで、偶発性の音楽を標榜した現代音楽家のJOHN CAGEの作品をリリースしたりと、独自の審美観に裏打ちされたレーベルでした。このレーベルは、グラフィック・デザイナー、アート・ディレクター、プロデューサーのGIANNI SASSIが、AREAの『ARBEIT MACHT FREI』リリースに伴って発足したものです。

L’ORCHESTRAは、アヴァンギャルド集団『RIO(ロック・イン・オポジション)』参加のSTORMY SIXを擁していた繋がりで、HENRY COW等のレコメン系アーティストをイタリアに紹介する役割を果たし、そのレーベルの音楽性は、ロック、ジャズ、民族音楽、現代音楽、フォーク、カンタウトーレ、演劇音楽と幅広くアヴァンギャルドな音楽性を志向し、イタリアン・ロック・シーンをより先鋭的で刺激のある方向性へと導きました。

イタリアン・アヴァン・ロック

AREA

試聴 Click!

伊アヴァン・ロックと言えばアレア!75年の名作3rd『CRAC !』より。ハイ・テンションの変拍子、エキゾチックにウネリを上げるギター、アラビアンな旋律、民族音楽のごとく喉を振るわすデメトリオの超絶ヴォーカル。アヴァンギャルドかつ痛快!

STORMY SIX

試聴 Click!

初期は、政治色の強いビート・グループでしたが、自主レーベル「ロルケストラ」の設立、R.I.O.への参加など、実験色を増し、クラシック、ジャズ、地中海音楽などが一体となった豊かな音楽を確立。代表作の一つ77年作「L’apprendista」より。

PICCHIO DAL POZZO

試聴 Click!

イタリアのハットフィールドと異名を取るグループ。76年作1stより。カンタベリー・ミュージックからの影響が土台ですが、クラシックの格調高さやしなやかさを織り込んだサウンドは、西洋音楽の伝統が息づいています。一聴するとアヴァンギャルドでも、聴き手に寄り添う包容力があります。

カンタウトーレ meets イタリアン・ロック・グループ

イタリアと言ったらカンタウトーレと答える人もいるほどに、オペラ、カンツォーネに続き、「歌の国」イタリアの新しい歌唱表現として、60年代という激動の時代を駆け抜けた歌い手達…。世界的なブリティッシュ・インベンション〜サイケデリア・ムーヴメント〜プログレッシヴ・ロックというロック界の流れと合わさり、よりダイナミックで切ない、独自の表現へとたどり着いたプログレッシヴなカンタウトーレ達をこちらにご紹介。

カンタウトーレ meets イタリアン・ロック・グループ

LUCIO BATTISTI

試聴 Click!

P.F.M.の前身QUELLI、後にFORMULA 3を結成するアルベルト・ラディウスなどが参加した71年作3rd。この後、NUMERO UNOレーベルを設立。P.F.M.やFORMULA 3の活躍を後押しする。この作品から栄光のイタリアン・ロックがスタートした!

FAUSTO LEALI

試聴 Click!

60年代前半から活躍する名カンタウトーレ。IL VOLOが全面参加した75年の名作より。しわがれた哀愁のヴォーカル、そしてラディウスのセンチメンタルなギター。イタリアらしい詩情がこれでもかと放たれる名曲。

FABRIZIO DE ANDRE

試聴 Click!

名カンタウトーレ、ファブリツィオ・デ・アンドレとP.F.M.の豊かな出会い。P.F.M.はさすがのアンサンブルで、プログレッシヴな派手さこそないものの、ファブリツィオの歌を活かしながら、地中海色のフィドルなどをフィーチャーし、しなやかに鮮やかに楽曲を彩っています。

ビート・グループ出身イタリアン・ロック・グループ

60年代後半、イタリアの地でもブリティッシュ・インベンションが吹き荒れます。LE ORME、I GIGANTI、I DIK DIK、EQUIPE 84など、後にプログレッシヴ・シーンで活躍するバンドたちも、そのデビュー当時は、英米のビート・チューンのカヴァー曲を中心にヒットを連発するビート・グループ達でした。60年代後半〜70年代はじめにかけて、KING CRIMSON、JETHRO TULLなどがヨーロッパでヒットを飛ばし、イタリアでもライヴを行います。プログレッシヴ・ロックの興隆と共に、彼らの表現もまた、多層的で奥行きのある世界を目指していく事となります。

ビート・グループ出身イタリアン・ロック・グループ

EQUIPE 84

試聴 Click!

60年代前半に結成されたイタリア最初期のグループ。初期はビート・グループとして英米カヴァーを中心にヒットを連発。70年作の本作4th『ID』より、時代の流れとともにプログレ色を増します。ゾンビーズ『オデッセイ&オラクル』にも通ずるマジカルなポップ・ソング。

I GIGANTI

試聴 Click!

71年作の『TERRA IN 〜』は、60年代のビート時代に活躍したグループが70年代のプログレの時代にリリースした作品の中で、最高峰と言える傑作。詩情豊かな歌心、メロトロンはじめ格調高くも美しいキーボード群、大作を一気に聴かせる構成美。素晴らしい。

LE ORME

試聴 Click!

70年代以降のプログレッシヴな作品で有名なグループですが、初期のサイケデリック・ポップな作品も完成度高く人気。カラフルなジャケットの通り、エコーに包まれたコーラスやハープシコード、メロウなファズ・ギターが渦巻く、極上サイケ・ポップ。

ルイス・エンリケ・バカロフとイタリアン・ロック・グループとの出会い

ルイス・エンリケ・バカロフとイタリアン・ロック・グループとの出会い

NEW TROLLS

試聴 Click!

イタリアのみならず、ユーロ・ロック屈指の傑作が『コンチェルト・グロッソ』。バンドの熱い演奏とバカロフのクラシックなアレンジとが融合した奇跡的な一枚。前半の美しすぎる「歌」と後半のフルートとギターが畳みかける演奏とのコントラストは圧巻。

OSANNA

試聴 Click!

名作2nd『MILANO CALIBRO 9』より。ナポリの熱気と喧噪を音で表現し聴き手を飲み込むオザンナとバカロフとの奇跡の出会い。混沌としたヘヴィネスから突如噴出するバロックの艶やかで美しい旋律。エネルギーが2乗となって迫る!

IL ROVESCIO DELLA MEDAGLIA

試聴 Click!

ヘヴィ・ロック・グループとバカロフとの出会いが産んだ、イタリアン・ロック史上に残る壮大なクラシカル・ロック作。豪華絢爛な宮廷が目に浮かぶストリングスとヘヴィなギターとの完璧な融合。西洋音楽のDNAを持つイタリア人でしか到達できない世界。

イタリアン・プログレの在庫

不思議音楽館 / 不思議音楽館 ORANGE POWER VOL.1 & 2 の商品詳細へ

不思議音楽館/不思議音楽館 ORANGE POWER VOL.1 & 2

ORANGEPOWER1/2(

1200円 (税込1320円)

売り切れ

「イタリアン・プログレの在庫」をもっと見る

イタリアン・ロックの新鋭たちの在庫

「イタリアン・ロックの新鋭たちの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。

人気記事ランキング

* RSS FEED