プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ジェスロ・タルのベストソングTOP10

海外サイトULTIMATE CLASSIC ROCKにて、ジェスロ・タルのベストソングTOP10が公開されているのでシェアいたしましょう。

10位からどうぞ!


10. A SONG fOF JEFFREY [THIS WAS(1968)]

試聴 Click!

9. LIFE’S A LONG SONG [LIFE’S A LONG SONG(EP)(1971)]

試聴 Click!

8. SWEET DREAM [SWEET DREAM(SINGLE)(1969)]

試聴 Click!

7. CROSS-EYED MARY [AQUALUNG(1971)]

試聴 Click!

6. LIVING IN THE PAST [LIVING IN THE PAST(1969)]

試聴 Click!

5. A NEW DAY YESTERDAY [STAND UP(1969)]

試聴 Click!

4. SONGS FROM THE WOOD [SONGS FROM THE WOOD(1977)]

試聴 Click!

3. LOCOMOTIVE BREATH [AQUALUNG(1971)]

試聴 Click!

2. THICK AS A BRICK SIDE1 [THICK AS A BRICK(1971)]

試聴 Click!

1. AQUALUNG [AQUALUNG(1971)]

試聴 Click!

TOP3には、やはり『アクアラング』と『ジェラルド~』の名盤2枚からのナンバーが来ましたね。
それにしてもジェラルド以降の作品からの曲が一つもランクインしていないのは、ある意味意外です。

タルと言えば『アクアラング』と『ジェラルド』!というのは、海外も変わらないようですね。


元記事はコチラ
http://ultimateclassicrock.com/jethro-tull-songs/

JETHRO TULLの在庫

  • JETHRO TULL / LIVING WITH THE PAST(CD)

    ライヴ音源集、全21曲

  • JETHRO TULL / LIVING WITH THE PAST(DVD)

    ライヴ映像集、21トラック収録

  • JETHRO TULL / A NEW DAY YESTERDAY 25TH ANNIVERSARY COLLECTION

    03年編集、デビュー25周年DVD

  • JETHRO TULL / CHRISTMAS ALBUM

    03年作のクリスマス・アルバム

  • JETHRO TULL / LIVE AT MONTREUX 2003(CD)

    03年ライヴ

  • JETHRO TULL / RING OUT SOLSTICE BELLS

    04年クリスマス記念シングル

  • JETHRO TULL / AQUALUNG LIVE

    名作「AQUALUNG」を全曲演奏した05年スタジオ・ライヴ作

  • JETHRO TULL / JACK IN THE GREEN: LIVE IN GERMANY RECORDED BETWEEN 1970-1993

    70-93年のドイツ公演映像集

  • JETHRO TULL / STRING QUARTETS

    弦楽四重奏との共演で過去ナンバーを演奏した17年作

  • JETHRO TULL / LIVE IN SWEDEN 69

    69年ライヴ

  • JETHRO TULL / THIS WAS

    記念すべき68年デビュー作!

  • JETHRO TULL / STAND UP

    イアン・アンダーソンが全権を握った1969年発表の第2作

    中心メンバーだったミック・エイブラハムズ(g)が脱退し、代わりにマーティン・バレが加入。本作よりイアン・アンダーソンが全権を掌握することになった1969年発表の第2作。全英チャート1位、メロディ・メイカー紙の人気投票2位を獲得する躍進を見せた。ヒット曲「ブーレ」収録。

  • JETHRO TULL / BENEFIT

    プログレッシヴな作風が現れた70年作

    新たにキーボーディストとして旧友ジョン・エヴァンが参加。サウンドに厚みが加わり、クラシカルな要素も導入されたことで、その後のプログレッシヴ・グループとしての方向性を決定づけたエポックメイキング的な1970年発表の3作目。全英チャートでトップ3入りを果たしただけでなく、全米でも11位を記録するヒットとなった。

  • JETHRO TULL / AQUALUNG

    次作「ジェラルドの汚れなき世界」とともにバンドの代表作として名高い71年作4th

    68年に「日曜日の印象」でデビュー、イギリスのプログレッシブ・ロックシーンを代表するバンドであり、デビュー当初から独自のポジションを築き異彩を放っていたグループ。首謀者Ian AndersonのフルートはCAMELのそれとは全く方向性の違うエネルギッシュなものであり、バンドの代名詞となっています。本作は彼らの代表作と名高い71年作。Jeffrey Hammond、John Evanが新加入した本作は、ハード・ロックのドライブ感とアコースティックなトラッド・フォークの質感を混在させた名盤であり、その対比はアルバムを通してロックのダイナミズムとコントラストとなって現れます。コンセプト性を感じるトータル感も素晴らしい傑作。

  • JETHRO TULL / LIVING IN THE PAST(20tracks)

    72年発表の編集盤、全20曲

    1972年に2枚組として発表された本作は、初期代表曲はもちろんオリジナル・アルバム未収録のシングル7曲やEPとして発売された5曲、未発表曲3曲にカーネギー・ホールでのライヴを収めた究極のコンピレーション盤としてファンの間でも人気の作品。

  • JETHRO TULL / THICK AS A BRICK

    72年発表、44分の大曲一曲のみが収録された前代未聞の内容ながら、見事バンド初の全米1位に輝いた傑作コンセプト・アルバム

    68年に「日曜日の印象」でデビュー、イギリスのプログレッシブ・ロックシーンを代表するバンドであり、デビュー当初から独自のポジションを築き異彩を放っていたグループ。首謀者Ian AndersonのフルートはCAMELのそれとは全く方向性の違うエネルギッシュなものであり、バンドの代名詞となっています。本作は彼らの代表作と名高い72年作。8歳の天才詩人「ジェラルド」の社会風刺詩を用いてバンドが曲を作り上げたという架空のコンセプトのもと、ジャケットアートまでコンセプチュアルに作られ、大曲1曲のみで構成されたトータル・アルバムの傑作です。全米1位に輝き、世界的な成功を収めたブリティッシュ・ロック史に残る名盤。クリムゾンのリミックスなどで知られるポーキュパイン・ツリーのスティーヴ・ウィルソンによるリミックス。

  • JETHRO TULL / A PASSION PLAY

    前作「ジェラルド」に続き全米1位を獲得した73年作6th

  • JETHRO TULL / WARCHILD

    1年間のライヴ活動停止後に発表された74年7th。音楽と演劇の融合を試みた当時のジェスロ・タルの音楽的方向性が集約された作品。

    英国のプログレッシヴ・ロック・バンド、ジェスロ・タルによる74年作7th。当初は前作『パッション・プレイ』の内容をテーマにした映画のサウンドトラックとなる予定でしたが、映画の計画が頓挫したため単品のアルバムとしてリリースされました。コンセプチュアルな大曲志向の前作や前々作『ジェラルドの汚れなき世界』と違ってコンパクトな小曲で構成されているものの、流石乗りに乗っていた時期の作品だけあって1曲1曲のレベルの高さはかなりのもの。パワフルな唾吐きから滑らかで愛らしいトーンまで披露するイアン・アンダーソンの表情豊かなフルート、マーティン・バレの気持ち良く歪んだハード・ロッキンなギター、ジョン・エヴァンのアグレッシヴなピアノやオルガンにシンセ。それぞれが伸び伸びと絡み合い、さらにそこへおなじみのアレンジャー、デヴィッド・パーマーの華美なオーケストラ・アレンジもたっぷりと織り交ぜつつ、どの曲も親しみやすく溌剌としたメロディでキャッチーに聴かせる手腕は見事の一言。クラシカルなピアノが勢いよく躍動する表題曲「War Child」、ギターとフルートのスリリングなリフが格好いい「SeaLion」、トラッド色の強いアコーディオンをフィーチャーした「Skating Away on the Thin Ice〜」などなど、彼らを代表する名曲が揃い踏みです。大曲を収録したコンセプト作と比べるとあまり注目されませんが、彼らのエネルギッシュなアンサンブルと脂の乗ったアレンジを堪能するにはうってつけの名作と言えるでしょう。

  • JETHRO TULL / MINSTREL IN THE GALLERY

    前作「WAR CHILD」と共に隠れた名作と言える75年作

    68年に「日曜日の印象」でデビュー、イギリスのプログレッシブ・ロックシーンを代表するバンドであり、デビュー当初から独自のポジションを築き異彩を放っていたグループ。首謀者Ian AndersonのフルートはCAMELのそれとは全く方向性の違うエネルギッシュなものであり、バンドの代名詞となっています。本75年作は、今まで以上にアコースティイクでトラッディーな雰囲気が押し出された作風となっており、当時のメンバー間の確執を感じさせるような内政的な雰囲気が楽曲に現れています。しかし相変わらず圧倒的な完成度を示しており、彼ららしい名曲が多く収録された名盤です。

  • JETHRO TULL / TOO OLD TO ROCK ‘N’ ROLL: TOO YOUNG TO DIE !

    DAVID PALMER、MADDY PRIORらが参加した76年作、邦題『ロックンロールにゃ老だけど死ぬにはチョイと若すぎる』

  • JETHRO TULL / SONGS FROM THE WOOD

    77年作

    77年作、中期を代表する傑作。アルバム冒頭のタイトル曲は、トラッドを基調としながらも、ロック的なダイナミズムと、転調や変拍子を多用したプログレッシヴな構成が見事な名曲。

  • JETHRO TULL / HEAVY HORSES

    ダリル・ウェイがゲスト参加、隠れた名作として愛される78年作

    78年作の12枚目。前作での英国フォーク/トラッド路線の延長線上にあるサウンド。前作に引けを取らない佳曲揃いの名作。ダリル・ウェイが2曲でゲスト参加。

    • TOCP67186

      廃盤、紙ジャケット仕様、03年デジタル・リマスター、ボーナス・トラック2曲、定価2600

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

    • TOCP67186

      廃盤、紙ジャケット仕様、03年デジタル・リマスター、ボーナス・トラック2曲、定価2600

      盤質:傷あり

      状態:

      帯有

      若干タバコ臭あり、その他は状態良好です

  • JETHRO TULL / JETHRO TULL LIVE BURSTING OUT

    78年リリースのライヴ・アルバム、全18曲

  • JETHRO TULL / NOTHING IS EASY: LIVE AT THE ISLE OF WIGHT 1970

    70年ワイト島ミュージック・フェスティヴァル最終日。初期ジェスロ・タルの白熱のパフォーマンスを収録

    1970年8月30日、60万人を集めたロック史上最大のワイト島ミュージック・フェスティヴァル最終日。すでに主催者と観客との間ではトラブルが表面化し、険悪な雰囲気の中、ジェスロ・タルのサウンドチェックが行われた。当時の様子や、デビュー時を振り返るイアン・アンダーソンのインタビューとともに、エネルギッシュな初期ジェスロ・タルのパフォーマンスを収録したドキュメンタリー作品。ワイト島のステージから「日曜日の印象」「マイ・ゴッド」「ダーマ・フォー・ワン」「ナッシング・イズ・イージー」をコンプリート収録するほか、サウンドチェック時の「ブーレ」、ローリング・ストーンズの「ロックン・ロール・サーカス」から、ギターにトニー・アイオミをフィーチャーした「ソング・フォー・ジェフリー」のパフォーマンスを収録。

  • JETHRO TULL / STORMWATCH

    イアン・アンダーソン船長が幻の北海油田を探しにいくというストーリーを通じて石油政策や環境問題に切り込んだ79年作

  • JETHRO TULL / BROADSWORD AND THE BEAST

    通算14作目となる82年作

    キーボードのピーター=ジョン・ヴェテッセ、ドラマーのジェリー・コンウェイが加わり、新たなメンバーで発表された通算14作目。82年作。彼ら本来の魅力であるフォーク/トラッド路線と前作「A」からのモダーン・ポップ路線が見事に融合した作品。プロデュースは元ヤードバーズのポール・サミュエル=スミスが担当した。

  • JETHRO TULL / M.U.- BEST OF

    84年編集ベスト

  • JETHRO TULL / CREST OF A KNAVE

    グラミー賞を受賞した87年作

    前作から3年のインターバルを経て発表された本作は、米グラミー賞のハード・ロック/ヘヴィ・メタル部門において、栄えある第1回大賞に選ばれるなど、結成20周年を迎えた彼らへの根強い人気を証明したアルバム。シーンに歩調を合わせつつも、70年代を彷彿とさせるアグレッシヴな展開と熟練の技が光る堂々の作品。87年作。

    • TOCP67682

      廃盤、紙ジャケット仕様、05年デジタル・リマスター、ボーナス・トラック1曲、定価2600

      盤質:傷あり

      状態:

      帯有

      若干タバコ臭あり、その他は状態良好です

  • JETHRO TULL / 20 YEARS OF JETHRO TULL

    結成20周年を記念した88年編集盤、全21曲

  • JETHRO TULL / ROCK ISLAND

    89年作

  • JETHRO TULL / ROCKS ON THE ROAD

    91年のシングル、3曲収録

  • JETHRO TULL / A LITTLE LIGHT MUSIC

    92年発表、アコースティック・ライヴ作

  • JETHRO TULL / NIGHTCAP

    93年編集、73年録音の未発表アルバムのほか未発表音源を収録、全31曲

  • JETHRO TULL / IN CONCERT

    正規ライヴ盤、91年10月8日、ハマースミス・オデオンでのライヴ

  • JETHRO TULL / ROOTS TO BRANCHES

    95年作

  • JETHRO TULL / A+SLIPSTREAM

    エディ・ジョブソンが加入、ポップな作風の80年作+「A」リリース後のツアー映像&プロモ映像を収録

    • TOCP67288

      CD+DVDの2枚組、紙ジャケット付仕様、2004年デジタル・リマスター、DVDはNTSC方式、リージョンフリー、定価4200

      盤質:無傷/小傷

      状態:並

      帯有

      タバコ臭あり、その他は状態良好です

  • JETHRO TULL / LIVING IN THE PAST (19TRACKS)

    72年発表の編集盤、全19曲

  • JETHRO TULL / WIND IT UP IN HAMPTON 1972 & 1973

    ヴァージニア州NORFOLK SCOPEでの72年4月と73年5月のライヴを収録

    ヴァージニア州NORFOLK SCOPEでの72年4月と73年5月のライヴを収録。「Thick As A Brick」「Pasion Play」のパフォーマンスも収録。全5曲77分。

「JETHRO TULLの在庫」をもっと見る

ブリティッシュ・プログレの在庫

「ブリティッシュ・プログレの在庫」をもっと見る

哀愁のブリティッシュ・ロックの在庫

「哀愁のブリティッシュ・ロックの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。