プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カケレコスタッフの日々是ロック:7/26 映画「地獄の黙示録」をテーマにした伊シンフォ新鋭RANESTRANEの22年作から出発、「映画」にまつわるプログレ作品を探求♪

こんにちは。

この「日々是ロック」コーナーは、直近で入荷した注目のタイトルや売れ筋の人気タイトルの新品CDをメインに、日替わりでスタッフがおすすめの作品をピックアップしてまいります。

今回も、新入荷したばかりの注目作品を取り上げましょう。
イタリアの新鋭RANESTRANEによる22年作『APOCALYPSE NOW』です!

13年の「イタリアン・ロック・フェス」ではIL ROVESCIO DELLA MEDAGLIAのバックバンドとして来日、17年にはMARILLION来日公演のサポート・アクトも務めたイタリアのグループ。

デビューから一貫して名作映画を音像化した作品をリリースしてきた彼らが、あの「地獄の黙示録」をテーマに制作したのが本作となります。

今回は、この『APOCALYPSE NOW』からスタートして、映画にまつわるテーマを持った作品を巡ってまいりましょう!

RANESTRANE/APOCALYPSE NOW

数々の名作映画の音像化に挑んできた伊シンフォ・グループ、今回の題材は「地獄の黙示録」!

映画の世界観とリンクする重厚さや緊張感はありつつも、伊ロック本来の叙情性とドラマティックさを全面に出した、全イタリアン・ロック・ファンにオススメできる素晴らしい内容となっています。

P.F.MやMARILLIONのファンならきっと気に入ると思いますよ♪

試聴 Click!


マリリオン来日公演1日目@クラブチッタ川崎 ライヴレポート

【関連記事】

マリリオン来日公演1日目@クラブチッタ川崎 ライヴレポート

10月20日にクラブチッタ川崎でおこなわれた、マリリオンの来日公演1日目にいってまいりました!


夏に聴きたいプログレ大集合!

【関連記事】

夏に聴きたいプログレ大集合!

Twitterフォロワーの皆さまご協力のもと、夏に聴きたいプログレアルバムをピックアップいたしました!

最近の映画に関連したプログレ作品と言えば、こちらがありました!

サムライ・オブ・プログ/スパゲッティ・エピック 4

人気の多国籍シンフォ・グループが、「西部劇映画」をテーマにアルバムを作ったって!?

ロシアのLITTLE TRAGEDIESやハンガリーのSOLARISを想起させる格調高く熱量高く畳みかけるシンフォ・サウンドと、ウェスタン映画の場面を想起させるSEが絶妙にマッチした楽しい一枚です!

試聴 Click!


【タイトル追加】要注目の多国籍シンフォ・プロジェクト、SAMURAI OF PROG特集!

【関連記事】

【タイトル追加】要注目の多国籍シンフォ・プロジェクト、SAMURAI OF PROG特集!

注目の多国籍プロジェクト、SAMURAI OF PROGの魅力に迫ります!

我らが日本からはこの作品をご紹介♪

トリオ深海ノ窓/目ヲ閉ジテ 見ル映画

巨匠ジョン・ゾーンに学んだ女性サックス奏者が率いるアヴァン・ジャズ・ユニット!

タイトル通り映像を喚起させる表情に富んだ演奏が次々と切り替わっていくのが印象的で、目を閉じて思い思いの映像を思い浮かべながら堪能したい逸品です。


COLUMN THE REFLECTION 第38回 すごい世界を発見 !! 北の大地から現在形として発信された驚きのジャズ・ロックの世界 Nonoyaレーベル 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第38回 すごい世界を発見 !! 北の大地から現在形として発信された驚きのジャズ・ロックの世界 Nonoyaレーベル 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回は少し趣向を変えて、北海道発のジャズ/アヴァン・ロック系レーベル、nonoyaレコーズの作品に注目してまいります!

ラストは、英国が誇るギター・マイスターが残した「映画」に関連したアルバムをご紹介いたしましょう。

ALLAN HOLDSWORTH/FLAT TIRE: MUSIC FOR A NON-EXISTENT MOVIE

一部のベース演奏を除く、ギター、シンタックス、ドラム・プログラミングの全パートを自身で手掛けた「ほぼ自作自演」の02年作。

「存在しない映画の為の音楽」というサブタイトル通り、頭に映像が浮かび上がるようなイマジネーションを刺激する音作りを聴かせる異色作!

試聴 Click!


英国が誇るギター求道者アラン・ホールズワース特集!

【関連記事】

英国が誇るギター求道者アラン・ホールズワース特集!

関連タイトルの紙ジャケ再発を記念して、アラン・ホールズワース参加のリイシュー作品&70年代の主要な参加作品を見ていきたいと思います!

いかがでしたか?
気になる作品が見つかれば幸いです!


聴かなくなったプログレ&オールド・ロックのCDがございましたら、カケレコを是非ご検討ください。
1枚1枚、専任スタッフが丁寧に査定させていただきます。

「カケレコのとことん査定」、詳しくはこちら。

買取詳細ページへ"

関連カテゴリー

日々是ロック

  • SAMURAI OF PROG / SPAGHETTI EPIC 4

    人気の多国籍シンフォ・グループによる22年作、西部劇を題材にした『SPAGHETTI EPIC』シリーズの第4弾!

    フィンランド/イタリア/アメリカ出身のミュージシャン3人を中心に結成された多国籍シンフォ・グループの2022年作。本作は、リーダーであるMarco Bernardが編集担当を務めていたフィンランドのプログレ・ファンジン「COLOSSUS」と、仏MUSEAレコードの共同企画としてリリースされていた『THE SPAGHETTI EPIC』シリーズの第4弾。前3作は複数アーティストが参加したオムニバス作品でしたが、今回はSOP単独での作品となります。タイトルやジャケットからも分かるようにウェスタン映画を題材にしたコンセプト作で、従来のSOPらしいファンタスティックさと荘厳さが入り混じるスケール大きなシンフォを聴かせつつも、口笛/風/銃声/酒場での様子などを表現するSE、掛け声、荒野を馬で駆けるような勇ましいリズム隊のプレイ等が挿入された演出も楽しい一枚となっています。近作と同じくロシアのLITTLE TRAGEDIESやハンガリーのSOLARISを想起させる、アグレッシヴにうねるシンセを主役にヴァイオリンやフルートも躍動するシンフォ・サウンドをメインに格調高く熱量高く畳みかけていくサウンドはいつもながら圧巻。そんな圧倒的スケールにシンフォと西部劇テイストというミスマッチなはずの要素がちゃんと共存しているのが特筆。普段のSOP通りであるはずの泣きのギターが醸し出す哀愁やピアノの流麗なタッチが、西部劇的世界観にマッチして聴こえてくるのがとても面白いです。異色のテーマを扱った作品ですが、これまでのSOPを気に入っているなら本作も絶対楽しめます!

  • RANESTRANE / APOCALYPSE NOW

    数々の名作映画の音像化に挑んできたイタリアの新鋭シンフォ・グループ、「地獄の黙示録」をテーマにした22年作!

    13年の「イタリアン・ロック・フェス」ではIL ROVESCIO DELLA MEDAGLIAのバックバンドとして来日、17年にはMARILLION来日公演のサポート・アクトも務めたイタリアのシンフォニック・ロック・グループ、22年作。「シャイニング」「2001年宇宙の旅」など名作映画の音像化に挑んできた彼らが今回題材にしたのが、フランシス・フォード・コッポラ監督作品「地獄の黙示録(Apocalypse Now)」。20分にわたる「Napalm」や「Saigon」なんていうナンバーもあったりと全編通して重厚なサウンドが予想されますが、実際はP.F.Mにも通じるイタリアン・ロック本来の叙情性とドラマティックさを全面に出した、すべてのイタリアン・ロック・ファンにオススメできる素晴らしい内容となっています。Steve Rothelyを受け継ぐ泣きもたっぷり入ったメロディアス過ぎるギター、高らかに響くシンセ、クリアで気品高いピアノらがスケール大きく織り上げるサウンドは、親交の深いMARILLIONからの影響とイタリアらしい情熱を融合させたかのようです。そんなアンサンブルの要を担うのがリーダーであるDaniele Pomoの見事なドラミング。往年のフィル・コリンズのように凝ったリズムパターンやフィルインをタイトに繰り出すクリエイティヴなドラミングは一聴の価値ありです。彼のヴォーカルも特筆で、朗々とした中に哀愁を漂わせたイタリア語ヴォーカルには、伊ロック・ファンならグッと来っぱなしになってしまうこと必至。映画の激しいシーンを描写するようなパートでは、ヘヴィなギターを主役にハード・ロック魂をむき出しにした強靭な演奏で突き進んでいて、緩急自在に物語を表現する手腕はもはやさすがの一言です。P.F.Mをはじめとするイタリアン・ロックのファンはもちろん、MARILLIONファンにも聴いて欲しいかなりの力作!

  • トリオ深海ノ窓 / 目ヲ閉ジテ 見ル映画

    ジョン・ゾーンに学んだ女性サックス奏者が率いる日本のアヴァン・ジャズ・トリオ、17年作

    巨匠ジョン・ゾーンにも学んだ女性サックス奏者で、鬼才ドラマー吉田達也との活動でも知られる、吉田野乃子を中心とするサックス/ピアノ/フレットレス・ベースのトリオ、17年作。流麗なタッチで舞うピアノとフレットレス特有の滑らかさと丸みある温かなトーンのべースが創り上げる凛とした音空間に、ノイジーなサックスがなだれ込んでくるこのスタイルはなかなか凄い。サックスは叙情的な旋律にもただならぬ緊張感を帯びるプレイがきわめて個性的で、ジョン・ゾーン的であると同時に、プログレ・ファンにとってはVDGGのデヴィッド・ジャクソンも思い出させる演奏を披露します。タイトルにある通り、映像を喚起させるような表情に富んだ演奏が次々と切り替わっていくのが印象的で、目を閉じて思い思いの映像を思い浮かべながら堪能したい素晴らしい一枚となっています。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。