プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

7月の新リリース!MARQUEE/ベル・アンティーク タイトルのご案内☆

7月のMARQUEE ベル・アンティーク国内盤より、カケレコ取り扱い作品をご紹介!

以下の国内盤には、カケレコオリジナル特典ペーパーが付属します。

今月の探求のテーマは…こちら!

■ジェイド・ウォリアー『ジェイド・ウォリアー』『リリースト』『ラスト・オータムズ・ドリーム』

「東洋的神秘性が匂い立つ、各国オリエンタル・プログレ選!」

ぜひさらなる音楽探求をお楽しみください♪


7月25日入荷!~ベル・アンティーク 紙ジャケット・シリーズ~ 新譜紹介

ジェイド・ウォリアー/ジェイド・ウォリアー

元Julyのトニー・デューイグとジョン・フィールドによって結成されたジェイド・ウォリアーの1971年のデビュー・アルバム。最初期の彼等はサイケデリックの影響を受け、後のIslandレーベル時代の作風よりもヘヴィで混沌とした印象。フルートやアコースティック・ギターにディストーションの掛かったエレキ・ギター、彼等の視点から見た日本風味を加味して、独特の世界を演出している。紙ジャケット、SHM-CD、オリジナル・マスターからの最新リマスター、ボーナス・トラック2曲収録の決定版!(レーベルインフォより)

ジェイド・ウォリアー/リリースト

元Julyのトニー・デューイグとジョン・フィールドによって結成されたジェイド・ウォリアーの1971年のセカンド・アルバム。前作と同年のリリースだが、ドラムにアラン・プライスを加え4人編成に。前作の作風を継承しつつもより洗練された作風で、後のIsland時代のサウンドにも通じる透明感のあるインストゥルメンタル風味も感じる曲もある。過度期でありながら、この時代でしか味わえない香り漂う一枚。紙ジャケット(6面ポスター・ジャケを再現)、SHM-CD、オリジナル・マスターからの最新リマスター、ボーナス・トラック1曲収録の決定版!(レーベルインフォより)

ジェイド・ウォリアー/ラスト・オータムズ・ドリーム

元Julyのトニー・デューイグとジョン・フィールドによって結成されたジェイド・ウォリアーの1972年のサード・アルバムにてVertigo時代の最終作。セカンドと同じ4人編成で録音。ヴォーカル曲にはゴードン・ハスケル在籍時のキング・クリムゾンのフレイヴァーも感じることが出来、各曲の洗練度は更に増していて、アイディアをふんだんに注入した、英国ロック黎明期の、過ぎ去りしの芳香漂う名盤となっている。紙ジャケット、SHM-CD、オリジナル・マスターからの最新リマスターの決定版!(レーベルインフォより)

カルティヴェイター/幼年期の方針:2CDイクスパンディド・エディション

スウェーデンのチェンバー・ロック・バンド、カルティヴェイターが1981年にリリースした唯一作。マイナー・レーベルからのリリースだった為に知名度こそ低いが、その内容は完成度が高く、チェンバー系アルバムの歴史的名盤といえる。カンタベリー系サウンドに北欧的なトラッドやユーモアのセンスを加味した作風は唯一無比。ディスク1には1981年のアルバム曲。ディスク2には92年、06年のそれぞれの再編時の録音と、79年、80年のライヴ音源に加え、今回は初出のライヴ音源を新たに加えた決定版。紙ジャケット、SHM-CD(ディスク1のみ)、最新リマスター!(レーベルインフォより)

~ベル・アンティーク帯・解説付き国内盤リリース~

ジ・アリストクラッツ/アリストクラッツ・ウィズ・プリマス室内管弦楽団

超絶ギタリスト、ガスリー・ゴーヴァンを中心とした不動の編成で、現在最高のテクニカル・トリオとしての名声を確固たるものとしたジ・アリストクラッツの最新作は、過去の楽曲を生の室内管弦楽団と共演した作品!過去作9曲を選び、元音源のインプロヴィゼイションを多用したテクニカルな演奏パートに緻密なアレンジにてオーケストラ・パートを挿入し、見事に一体化!彼等の作品歴の中でも、最もプログレッシヴ・ロック的な完成度を高めた驚異的作品!(レーベルインフォより)

ザ・サムライ・オヴ・プログ/ザ・スパゲッティ・エピック 4

黄金期70年代のシンフォニック・ロックの継承と再興を図るフィンランドのサムライ・オヴ・プログの最新作は、マカロニ・ウェスタン映画をテーマに、その音楽にインスパイアされたプログレッシヴ・バンド曲集。巨匠エンニオ・モリコーネを始め、その後のイタリアン・ロックにも影響を与えた分野だけに、壮大かつ哀愁のメロディにて、全盛期のイタリアン・シンフォの名作群にも匹敵する素晴らしい作品に!(レーベルインフォより)

グレッグ・レイク&ジェフ・ダウンズ/ライド・ザ・タイガー

あの伝説的来日公演“エイジア・イン・エイジア”で共演を果たしていたクレッグ・レイクとジェフリー・ダウンズが、EL&Pとエイジアの両バンドが活動停止中だった80年代末に、新バンド結成を目指して作成するも、公式作品発表には至らなかったプロジェクトの未発表音源集。キャッチーでドラマティックな楽曲指向という共通点がある両者だけに音楽的相性もよく、その後の再結成EL&Pの作品やエイジア作品に収録された楽曲に転用された曲なども含み、両者の90年代の作品を知る上で重要な鍵となるアルバム。(レーベルインフォより)

グリーンスレイド/タイム・アンド・タイド:イクスパンディド・エディション

コロシアム解散後、デイヴ・グリーンスレイドが結成したグリーンスレイドの最終作が、最新リマスターの上、公式では初CD化となる75年のスウェーデン・ラジオでのライヴ音源を高品質にてボーナス・ディスクとして追加した2枚組拡大版での再発。トニー・リーヴスに替りマーティン・ブライリーが加入。前作よりバンドとしてのまとまりのある作風となっており、英国的ジェントルなポップ・センスとツイン・キーボードを生かした華麗でテクニタルなインスト部で組み立てた、久しく廃盤状態だった後期の傑作が待望の再発!(レーベルインフォより)

先月のリリースはこちら!


6月の新リリース!MARQUEE/ベル・アンティーク タイトルのご案内☆

【関連記事】

6月の新リリース!MARQUEE/ベル・アンティーク タイトルのご案内☆

6月の新リリース!MARQUEE/ベル・アンティーク タイトルのご案内☆対象CDを購入するとカケレコオリジナル特典ペーパーがついてきます☆

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • GREENSLADE / TIME AND TIDE

    当時としては最終作となる75年4th、ベースはTony ReevesにかわりMartin Briley

    元COLOSSEUMのDave Greensladeと元SAMURAIのDave Lawsonという2人のキーボーディストが在籍したブリティッシュ・プログレ・グループ、最終作となった75年作4th。オリジナル・ベーシストのTony Reevesが脱退し、Martin Brileyという新たなメンバーに代わっています。過去作に比べてやや軽快なハード・ポップ・テイストが増したサウンドに仕上がってはいますが、オルガンやシンセ、エレピにメロトロンなど多彩なキーボードを駆使した煌びやかでファンタスティックなアンサンブルは相変わらず。作品としてのまとまりは過去作に劣るものの、カラフルなアレンジが光るレベルの高いサウンドで楽しませてくれる好盤です。

  • KULTIVATOR / BARNDOMENS STIGAR

    スウェーデン、知性的かつ凶暴!カンタベリー・フレイヴァーも漂わせる絶品北欧ジャズ・ロック!81年唯一作

    スウェーデンのグループ、81年唯一作。アグレッシヴに突き進む肉感的なドラム、凶暴なオルガンが聴き手をなぎ倒す1曲目から物凄いテンション!暴走気味のまま、柔らかなフルートが入ったり、流麗かつスリリングなギターが炸裂したり、変拍子で襲いかかったり、凄まじく濃密な3分間に腰が抜けます。女性ヴォーカルやエレピが浮遊するカンタベリー・タッチの楽曲も魅力的。HATFIELDやらNATIONAL HELTHやらHENRY COWやらKING CRIMSONやら、その辺のサウンドが好みの方はグッときっぱなしのアンサンブルが詰まっています。クールなリリシズムと肉感的なリズムとの組み合わせは、ANEKDOTENも頭に浮かびます。北欧ジャズ・ロック/アヴァンギャルドの名作

  • JADE WARRIOR / JADE WARRIOR

    VERTIGOレーベル発のエキゾ・サイケ・ロック・バンド、71年デビュー作

    アンダーグラウンド・サイケ・グループJULYを母体に結成されたグループ。Vertigoレーベルよりリリースされた1stアルバム。71年作。轟音ファズ・ギター、エキゾチックなフルート、東洋的なパーカッション、けだるいヴォーカルなどが渾然一体となった英国サイケ・ハード。71年録音ということを考えると、混沌とした中にも神秘性を感じさせるサウンドはかなりの完成度と言えます。

  • JADE WARRIOR / RELEASED

    英国産エキゾ・サイケ・ロック・グループ、最もロック色が強いヴァーティゴ在籍期の72年作2nd

    JULYが発展して誕生した英国出身のロック・グループ、ヴァーティゴからリリースされた72年作2nd。JULYから続くサイケデリック風味、日本をテーマにしたエスニック風味が混ざり合った個性的なサウンドを指向していた彼等ですが、本作ではドラム、ブラスを導入したことでジャズ・ロック、ブルース・ロック色がより強調されています。ハード・エッジなギター、パーカッシヴなコンガ、力強いサックス、幻想的なフルートが織りなすアンサンブルは、ヘヴィで混沌としていながら透明感、浮遊感も感じさせる独特のもの。この時代ならではのチャレンジ精神溢れる英国ロックが楽しめる一枚です。

    • BELLE223684MARQUEE

      紙ジャケット仕様、SHM-CD、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック1曲、定価3143+税

      【購入特典:カケレコオリジナル特典ペーパーをプレゼント!】、紙ジャケットの構造上帯に若干折れがある場合がございます。予めご了承ください。

    • ECLEC2800ESOTERIC

      デジパック仕様、22年デジタル・リマスター、ボーナス・トラック1曲

      レーベル管理上、デジパックに小さい角潰れがある場合がございます。ご了承ください。

  • SAMURAI OF PROG / SPAGHETTI EPIC 4

    人気の多国籍シンフォ・グループによる22年作、西部劇を題材にした『SPAGHETTI EPIC』シリーズの第4弾!

    フィンランド/イタリア/アメリカ出身のミュージシャン3人を中心に結成された多国籍シンフォ・グループの2022年作。本作は、リーダーであるMarco Bernardが編集担当を務めていたフィンランドのプログレ・ファンジン「COLOSSUS」と、仏MUSEAレコードの共同企画としてリリースされていた『THE SPAGHETTI EPIC』シリーズの第4弾。前3作は複数アーティストが参加したオムニバス作品でしたが、今回はSOP単独での作品となります。タイトルやジャケットからも分かるようにウェスタン映画を題材にしたコンセプト作で、従来のSOPらしいファンタスティックさと荘厳さが入り混じるスケール大きなシンフォを聴かせつつも、口笛/風/銃声/酒場での様子などを表現するSE、掛け声、荒野を馬で駆けるような勇ましいリズム隊のプレイ等が挿入された演出も楽しい一枚となっています。近作と同じくロシアのLITTLE TRAGEDIESやハンガリーのSOLARISを想起させる、アグレッシヴにうねるシンセを主役にヴァイオリンやフルートも躍動するシンフォ・サウンドをメインに格調高く熱量高く畳みかけていくサウンドはいつもながら圧巻。そんな圧倒的スケールにシンフォと西部劇テイストというミスマッチなはずの要素がちゃんと共存しているのが特筆。普段のSOP通りであるはずの泣きのギターが醸し出す哀愁やピアノの流麗なタッチが、西部劇的世界観にマッチして聴こえてくるのがとても面白いです。異色のテーマを扱った作品ですが、これまでのSOPを気に入っているなら本作も絶対楽しめます!

  • JADE WARRIOR / LAST AUTUMN’S DREAM

    英国産エキゾ・サイケ・ロック、VERTIGO在籍最後となる72年リリース3rdアルバム

    グループ名通り、サムライの姿が描かれた和洋折衷の奇妙なジャケットが印象的な、72年リリースのサードにしてヴァーティゴ・レーベルでの最後の作品。トニーの弟デヴィッド・デューイが新たにギターでゲスト参加し、ファーストの叙情性とセカンドのハードネスを合わせながら更にオリジナリティ漂う作品に昇華。アコースティック・ナンバーでのニューエイジ的なアプローチも特筆に価する。オリジナル内袋封入。

  • GREG LAKE & GEOFF DOWNES / RIDE THE TIGER

    グレッグ・レイクとジェフ・ダウンズのデュオ、80年代に録音されながらも未発表となった音源をまとめた編集盤、15年リリース

    キング・クリムゾン〜EL&Pで活躍したグレッグ・レイクとバグルス〜エイジア〜イエスで活躍したジェフ・ダウンズが80年代にデュオとして録音しながら正式にリリースされたずにお蔵入りとなった音源をまとめた編集盤。レイクのレア音源集『From The Underground Volume II』に収録されていた3曲に加え、EL&Pの楽曲としてリリースされる「Affairs Of The Heart」、エイジアの楽曲としてリリースされる「Love Under Fire」の他、全7曲を収録。きらびやかなトーンで高らかに鳴り響くキーボード、伸びやかなレイクのヴォーカル、80年代らしいデジタリーさの中にも重厚さのつまったリズム。EL&Pやエイジアのファン歓喜のプログレッシヴな楽曲の他、アコースティックな歌ものもまた魅力的です。

  • ARISTOCRATS / ARISTOCRATS WITH PRIMUZ CHAMBER ORCHESTRA

    元エイジアのガスリー・ゴーヴァン(g)、UKZのマルコ・ミンネマン(dr)らによる超絶技巧プログレ/ジャズ・ロック・トリオ、22年作

    超絶ギタリスト、ガスリー・ゴーヴァンを中心とした不動の編成で、現在最高のテクニカル・トリオとしての名声を確固たるものとしたジ・アリストクラッツの最新作は、過去の楽曲を生の室内管弦楽団と共演した作品!過去作9曲を選び、元音源のインプロヴィゼイションを多用したテクニカルな演奏パートに緻密なアレンジにてオーケストラ・パートを挿入し、見事に一体化!彼等の作品歴の中でも、最もプログレッシヴ・ロック的な完成度を高めた驚異的作品!(レーベルインフォより)

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。