プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

日が伸びたこの時期、平日の帰り道にウキウキしながら聴きたくなるサイケ・ポップがこちら!

  

だんだんと日がのびてきた今日この頃、何の変哲もない帰り道も、ふと気づくとまだまだ明るい景色に不思議と心がウキウキしてくるんです。

温かくなるにつれグングンと彩度を増す景色。

どこからか聞こえるホーホケキョ、テッペンカケタカ。

風にのってふわっと香る沈丁花。

目にも鼻にも耳にもほんのりとサイケ(?)な日常を感じられる心地よい季節ですよね。

本日はそんな季節に酔うような感覚をさらに味わっていただければと、フワフワウキウキしながら聴いていただきたいサイケ・ポップをご紹介させていただきます。

まずはこちらから。

GILES GILES & FRIPP / CHEERFUL INSANITY OF GILES GILES AND FRIPP

ご存じ、ロバート・フリップ率いるトリオによる68年唯一作。皮肉の効いたメロディーや展開が、なんとも心地よい牧歌的な安心感に包まれて、絶妙な夢心地に誘われます。「クリムゾンの面影もない」なんて言われることが多い本作ですが、M10:に「21st Century Schizoid Man」味を感じるのは私だけでしょうか・・・?

試聴 Click!




続いてはこちら。ジャケットからドロドロのサイケを想像してしまいますが、フワフワ明るいこれぞサイケ・ポップな1枚。

JULY / JULY

音に対する偏執狂ぶりが存分に堪能できるアングラ・サイケ・ポップ。タブラ、シタールによるだら~んとした雰囲気と、ハイな演奏の混ざり具合が絶妙。浮足立ったようなヴォーカルだけで気持ちいいんですが、讃美歌チックな高音コーラスに聞き入っているとなぜか急に低音に沈み込んだり、跳ねるようなテンポにウキウキしているとなぜかヴォーカル・エフェクトで急ブレーキがかかったりと、緩急や高低のつけ方もこれまた絶妙。

試聴 Click!




お次はこちらなんていかがでしょう?

BRAVE NEW WORLD / OH ! CALCUTTA !

「英米のサイケ・ポップなんかに負けらんねえぞ」といったようなジャーマン・サイケの印象を覆すとも言える、ハイクオリティなサイケ「ポップ」作。軽快で跳ねるような程よい疾走感と三拍子のテーマパーク感がいききする、まるでディ〇ニーランドに来たかのような非現実感が最高です。おまけにはもったいなすぎるエモーショナルな美メロも登場したりと、この1枚で色んな欲求が満たされる感じは中々出会えません。

試聴 Click!




こちらもおすすめ。

OMEGA / TROMBITAS FREDI ES A RETTENETES EMBEREK

ハンガリー・シーンを代表する OMEGA が OMEGAREDSTAR 名義でリリースした68年のデビュー作。後のプログレッシヴな作風とは異なりますが、力強いビート、ファズの効いたキャッチーなギター、ムーディーなホーン、お遊戯会のような楽しくポップなピアノ、チップ・チューンな小気味いいギミックが、うまいこと絡みあうんです。しっちゃかめっちゃかになりそうなものですがまとまるんです。東欧ならではの美しく哀愁溢れるメロディもご堪能いただけます。

試聴 Click!




最後にご紹介するのはこの作品。

BUCKWHEAT / PURE BUCKWHEAT HONEY

STRAY DOGの2nd『WHILE YOU’RE DOWN THERE』から加入のギタリスト、Timmy Dulaineが率いた米サイケ・ポップ・バンドの69年唯一作。アメリカのバンドですが、ビートルズやキンクスらを彷彿させる、ふわりと気品を醸し出しながらもウィットに捻くれたポップ・サウンドは最高です。気品ある管弦アレンジをバックに、甘いコーラスを伴った伸びやかなヴォーカルが歌う瀟洒にしてメロディアスなナンバーが並びます。が、冒頭曲の『A Hard Day’s Night』期のビートルズさながらの甘酸っぱいメロディに、エネルギッシュな演奏で駆け抜けるキャッチーな疾走感にもびっくりしていただけます。

試聴 Click!




関連記事も合わせてお楽しみください!


【中古棚探検隊】軽い酩酊感を不安定に乗りこなす「ほろ酔いサイケ・ポップ」をピックアップ!

【関連記事】

【中古棚探検隊】軽い酩酊感を不安定に乗りこなす「ほろ酔いサイケ・ポップ」をピックアップ!

カケレコ中古棚に眠る「これは!」という作品を発掘してご紹介する「中古棚探検隊」、本日のキーワードは「サイケ・ポップ」でお送りいたします。身体の芯からじわじわと上がってくる程よい酩酊感を不安定に乗りこなす絶妙なポップさが包みこむ、ほろ酔いポップをお届けします。


春うららかに、夢の中・・・?ストレンジ・サイケ・ポップ/フォークをピックアップ。

【関連記事】

春うららかに、夢の中・・・?ストレンジ・サイケ・ポップ/フォークをピックアップ。

春眠暁を覚えず、ついつい昼間でもうとうと微睡んでしまう季節ですね。今回はまるで不思議な夢の中にいるような、心地良くもストレンジなサイケ・ポップ作品を集めました。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • BRAVE NEW WORLD / OH ! CALCUTTA !

    ジャーマン・サイケの印象を覆す、上質なサイケ・ポップ作、70年発表

    72年にドイツVERTIGOからリリースされた傑作2nd『IMPRESSIONS ON READING ALDOUS HUXLEY』で知られるジャーマン・サイケ・グループ。Dicky Tarrach(ex.RATTLES)、Herb Geller(ex.CLIFFORD BROWN GROUP)といった多国籍なメンバー構成。本作は、70年にPOLYDORからリリースされた彼らのデビュー作。実験的でアヴァンギャルドな印象の強い2ndからも随所で垣間見ることのできる、彼らの非凡な「ポップ・センス」が全面に押し出されたサイケ・ポップ作。華やかなホーン・アレンジ、美しいハーモニー、奇跡的なメロディ、そしてジャーマンならではの悪戯っぽい実験/ユーモアと、凝った音響処理。時代的にはちょっと前後しますが、「英米のサイケ・ポップなんかに負けらんねえぞ」といった挑発的な姿勢が、サウンドにもジャケットにも顕れているような気がします。ジャーマン・サイケの印象を覆すとも言える、ハイクオリティなサイケ「ポップ」作。

  • BUCKWHEAT / PURE BUCKWHEAT HONEY

    ELPのレーベルMANTICOREからデビューした米ハード・ロック・バンドSTRAY DOGのメンバーが率いた米サイケ・ポップ・バンド、69年唯一作。

    Greg LakeプロデュースでMANTICOREよりデビューしたハード・ロック・バンドSTRAY DOG。彼らの2nd『WHILE YOU’RE DOWN THERE』より加入したギタリストTimmy Dulaineが、60年代末に率いた米サイケ・ポップ・バンドの69年唯一作。アメリカのバンドですが、ビートルズやキンクスらを彷彿させるほのかな気品を漂わせつつもちょっぴり捻くれたポップ・サウンドを聴かせます。冒頭の「Yes」から『A Hard Day’s Night』期ビートルズ風の甘酸っぱいメロディと溌溂とした演奏で駆け抜けるキャッチー過ぎる名曲でびっくり。全体としてはキンクスの捻くれ感とバッドフィンガーの哀愁を折衷したようなサウンドが中心で、気品ある管弦アレンジをバックに、甘いコーラスを伴った伸びやかなヴォーカルが歌う瀟洒にしてメロディアスなナンバーが並びます。バンジョーが彩るカントリー・タッチのナンバーを除けば、英バンドかと思ってしまうほど英国調の端正な味わいが印象的な作品です。

  • OMEGA / TROMBITAS FREDI ES A RETTENETES EMBEREK

    ハンガリー産、東欧を代表するプログレ・グループ、68年の記念すべきデビュー作

    ハンガリーを代表するグループ。OMEGA REDSTAR名義でリリースされた記念すべきデビュー作。68年作。力強いビート、キャッチーなファズ・ギター、サイケなオルガン、テープ逆回転などカラフルなギミック。英サイケデリック・ムーヴメントの空気を吸い込んだ勢い溢れるサイケ・ポップ!ポップといってもPRETTY THINGSやTRAFFICなどに通ずるロック色の強いサウンドが印象的。後のプログレッシヴな作風とは異なりますが、東欧ならではの哀愁溢れるメロディはやはり素晴らしい。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。