プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

COMUS『FIRST UTTERANCE』から出発、英国アシッド・フォークの深い森を探求!

スタッフ佐藤です。

数あるカケレコ記事でも注目度が高い記事の一つが、海外サイトの記事を紹介した「アシッド・フォーク・アルバム TOP50」。


アシッド・フォーク・アルバム TOP50-海外サイトFOLK WORLD選

【関連記事】

アシッド・フォーク・アルバム TOP50-海外サイトFOLK WORLD選

ユーロ・フォークの情報を発信しているサイトが選んだサイケ/アシッド・フォーク・アルバム TOP50

※以下、上記記事のネタバレになるため、先に読まれたい方はどうぞ!^^;











その第1位に選出されているのがCOMUS『FIRST UTTERANCE』です。アートワークともリンクする呪術性を滲ませた異形のフォーク・ミュージックは、インパクトもさることながら音楽としての素晴らしさにおいても納得の首位と言えるでしょう。

今回はそのCOMUSから出発して、英国アシッド・フォークをディープに探求したいと思います。

サイケデリック・ロックに触発され生まれたと云われる、感性的かつ夢想的なサウンドの数々をお楽しみください☆

COMUS/FIRST UTTERANCE

70sブリティッシュ・シーンに産み落とされた孤高のプログレッシヴ・フォーク名盤。

狂気じみた緊張感と英フォーク本来の瑞々しさが同居するこのサウンド。

聴いていて思わず戦慄が走るほどの凄みがあります…。

試聴 Click!

COMUS好きに一押ししたいエレクトリック・フォーク・グループがこちら☆

HEDGEHOG PIE/HEDGEHOG PIE

元JACK THE LAD、DANDO SHAFTのメンバーらによるバンドってどんだけ激渋メンツ!?

アコギの強いストロークとややヒステリックに歌う女性Voが緊張を煽るナンバーではCOMUSもチラつく狂気が垣間見れます。

かと思うと次の曲では賑々しいフィドルが駆ける軽快なトラッドが鳴らされ、緩急自在なスタイルが魅力的です。

COMUSファンからTREESファンまでにおすすめの英国エレクトリック・トラッド逸品!

試聴 Click!

英アシッド・フォーク界隈では比較的知られたこの作品、めでたく21年紙ジャケ化したのでご紹介!

ブレッド・ラブ・アンド・ドリームス/アマリリス

英国叙情たっぷりの穏やかなメロディを持つフォーキーなサウンドが基調ですが、気だるげな男女ヴォーカル・ハーモニーとジャケットの印象通りのミスティックさが立ち込めてきて、うむん、これぞアシッド・フォーク。

これはいつ聴いてもトロトロと良い気分になります。

試聴 Click!

こちらも21年にリイシューされましたね。「ただならぬ」アシッド・フォーク逸品!

OBERON/A MIDSUMMER’S NIGHT DREAM

ジャケからして秘宝感たっぷりの英アシッド・フォークのニッチな一枚。

そんなジャケのイメージに違わず、音の方も透明感あるリリシズムとともにジャズやサイケ、呪術的なエッセンスも漂ってくる、ただならぬ英フォーク秘宝盤。

試聴 Click!

そのOBERONに近いサウンドとしてたびたび紹介される、よりレア度高めの作品もご紹介いたしましょう♪

FERRIS WHEEL/SUPERNATURAL GIRL

74年にプライヴェート・プレスでリリースされた激レア盤。

アシッド臭いっぱいなヘロヘロのエレキ・ギター、「心ここに在らず」な男性ヴォーカル、ゆらゆらと不安定なコーラス!

ITHACAを彷彿させる幻惑のアシッド・フォーク作です。

試聴 Click!

ラストは英国アシッド・フォークの最奥に鎮座するこの名作!!

GASLIGHT/GASLIGHT

わずか99枚しかプレスされなかった幻の英フォーク盤で、ジャケも地味なんですが、この儚く美しい調べはただごとではありません!

いかにもプライヴェート・レコーディングの簡素な録音の手触りがまたノスタルジックで胸を打ちます。

ヘロン~イサカ~ゴーキーズのファンなら是非。

試聴 Click!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • GASLIGHT / GASLIGHT

    この儚い美しさはただごとではありません!70年のプライヴェート・フォークの秘宝的逸品!ヘロン〜イサカのファンは是非!

    70年に自主制作され、わずか99枚しかプレスされなかった幻の英フォーク作品。男性6人の編成で、メンバーの楽器クレジットにはチェロやリコーダーやピアノの表記があるとおり、メランコリックなギターのバッキングを基本に、ストリングスがもの悲しくも叙情的な旋律を奏で、ピアノもそっとリリカルなメロディを奏でます。ヴォーカルも魅力的で、ヘロンのメンバーの一人として居ても違和感がないような、素朴でいて切ない歌声が印象的。流麗なメロディも特筆。この儚い美しさはただごとではありません。英国の深い森の空気感いっぱいで、ヘロンなどメロディが美しいフォークのファンから、イサカなどドリーミーなサイケ・フォークのファン、90年代以降で言えばゴーキーズあたりのファンまで、これは掘り出し物の一枚。オススメです!

  • BREAD LOVE & DREAMS / AMARYLLIS

    英アシッド・フォークの名作、71年3rd

    71年発表の3rdアルバム。全体的に英国叙情な穏やかなメロディーを基調としたフォーク・サウンドながら、メール&フィーメール・ヴォーカルによる気だるいハーモニーと、ジャケットから受ける印象通りのミスティックな雰囲気がなんともたまらない作品。いつ聴いてもトロトロと良い気分になります。

  • COMUS / FIRST UTTERANCE

    英国的な気品と狂気じみた緊張感が混在する、英プログレッシヴ・フォーク孤高の名作、71年1st

    71年発表の1stアルバム。フォーク、クラシック、現代音楽がごちゃ混ぜになったサウンドは唯一無比。フィーメール・ヴォーカルによる格調高く美しい曲に酔いしれていると、突然穏やかな空気を切り裂くヴァイオリンの狂気のフレーズにただただ驚き。これはかなり一筋縄ではいかないアルバムです。ヴァイオリン、フルート、オーボエなどのクラシカルな楽器も、このバンドにかかれば全く別次元の発音器。伝統や時代を超越したサウンドは驚異的です。これぞ孤高の名作。

  • OBERON / A MIDSUMMER’S NIGHT DREAM

    ただならぬ雰囲気を持ったブリティッシュ・フォークの逸品、71年作

    オックスフォード出身、女性ヴォーカルやらフィドル奏者やらフルート奏者やらを擁する7人組フォーク・バンド。わずか150枚のみ自主制作された71年唯一作で、オリジナルは最も高価なフォーク作品とも言われる激レア盤。メンバー写真を見ると、大学のサークルみたいな爽やかさで、フェアポート・コンヴェンションを初々しくしたようなルックスですが、音の方は秘宝臭がぷんぷん。音数の少なさの中にトラッドの重みのあるアコギの爪弾き、神秘的すぎるフルートやフィドル、そして、透明感あるハイ・トーンが美しすぎる女性ヴォーカル。それにしても、爽やかなルックスとギャップがありすぎ!アシッド臭ぷんぷんのフォークから、突如、ドラムが走りだして、ギターはジャジーなインプロを垂れ流しては、フィドルが伸びやかなリードを奏でたり、一筋縄ではいかない展開も聴きどころ。ただならぬ雰囲気はプライヴェート・プレスとは到底思えません。これはまさしく秘宝!

  • FERRIS WHEEL / SUPERNATURAL GIRL

    74年にプライヴェート・プレスでリリースされた英アシッド・フォークの激レア盤

    74年にプライヴェート・プレスでリリースされた激レア盤。アシッド臭いっぱいなヘロヘロのエレキ・ギター、「心ここに在らず」な男性ヴォーカル、ゆらゆらと不安定なコーラス!レーベル紹介文には、ITHACA、RED TELEVISION、OBERONに近いサウンドと書いてありますが、その通り。英国フォークの深い森の更に向こう側に佇む幻の作品。

  • HEDGEHOG PIE / HEDGEHOG PIE

    元JACK THE LAD、DANDO SHAFTのメンバーらによる英トラッド・フォーク・バンド、74年作

    LINDISFARNEのメンバーらと結成したバンドJACK THE LADのベース/ヴォーカルPhil Murrayや、DANDO SHAFTで活動した古楽器/弦楽器奏者Martin Jenkinsらが参加する英エレクトリック・トラッド・グループ、74年作。アタック感のあるアコギ、テクニカルな音運びのベースやスリリングに吹き鳴らすフルートらが織りなす、疾走感あるアグレッシヴなトラッド・フォークを持ち味とします。そこに乗る、豊かな低音で歌う男性ヴォーカルとかなりハイトーンの女性ヴォーカルによるコンビネーションも絶品。特に女性ヴォーカルは微かにハスキーな声質が神秘性を高めていて素晴らしいです。アコギの強いストロークとややヒステリックに歌う女性Voが緊張を煽るナンバーではCOMUSもチラつく狂気が見え隠れしますが、かと思うと次の曲では賑々しいフィドルが駆ける軽快なトラッドが鳴らされ、緩急自在なスタイルが魅力的です。TREESファンからCOMUSファンまでおすすめのトラッド・フォーク逸品!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。