プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ファンキーでグルーヴィーなブリティッシュ・ロック?『カケレコ、先週コレ売れてます!』(11/8~11/14)

前週に注目度の高かった新品タイトルをランキング形式でご紹介させていただいている、『カケレコ、先週コレ売れてます』のお時間です。

11月8日から11月14日の一週間に耳の肥えたカケレコリスナーから熱い視線を受けた作品達、どうぞご視聴ください!

 

1位:HEADSTONE / HEADSTONE

元RARE BIRDのMark Ashton(vo/g)を中心に、元ATOMIC ROOSTERのSteve Bolton(g)や後にRIFF RAFFやEAST OF EDENで活動するメンバー達によって結成されたブリティッシュ・ロック・バンドによる75年2nd。前作でも米ロック的なアーシーさが印象的でしたが、今作では陰影あるブリティッシュ・ロックを基調に、ファンキーなグルーヴ感覚を取り入れたサウンドを繰り広げます。グルーヴィに躍動するドラム&ベースが生むファンキーなリズムに乗って、ギターとヴァイオリンがシャープなトーンで哀愁フレーズを応酬させるアンサンブルがとにかくカッコいい!特にこの後Automatic Manで活躍する黒人ベーシストJerome Rimsonによる音数多くもゴキゲンな技ありベースプレイの気持ちよさと言ったらありません。そんな演奏に合わせスタイリッシュに歌うMark Ashtonのヴォーカルも特筆。ファンキーではありながら熱量や粘りはさほどではなく、あくまでブリティッシュ・ロックとしてのシャープでクールな魅力に落とし込まれているのが、本作ならではの味わいと言えるでしょう。

 

試聴 Click!

 


【タイトル追加】これがマイナー作品?メジャー級のクオリティを誇る幻のブリティッシュ・ロック作品特集

【関連記事】

【タイトル追加】これがマイナー作品?メジャー級のクオリティを誇る幻のブリティッシュ・ロック作品特集

自主制作された作品やマイナーなレーベルからひっそりとリリースされた作品。そんな作品たちの中にもメジャー・クオリティな作品がゴロゴロ眠っているのが我らが英国ロックの深い森。VertigoやHarvestの人気作を聴き終えた後には、ドワーフでも出てきそうな森の奥の奥の方へと進んでみてはいかが?

 

2位:HEADSTONES / BAD HABITS

74年デビュー作。このサウンド、例えるならSAD CAFEやO BANDにサザン・ロック的アーシーさを加えた感じ。カッチリとタイトに刻む緻密にして疾走感たっぷりのリズム隊、線の太いブルージーなプレイに痺れるギター、そしてコーラスを纏って哀愁いっぱいに歌い上げるヴォーカル。英バンドらしいタイトな職人肌のアンサンブルと、南部ルーツ音楽的なアーシーさと骨太さを持つ音楽性が絶妙に組み合わさっていてこれは見事です。ヴァイオリンの存在も印象的で、2曲目など泣きのギターと絡みながら物悲しい旋律を奏でるG&Vlnのツイン・リード・ソロには目頭が熱くなります。上記したSAD CAFEやO BAND、またALAN ROSS関連の作品に惹かれた方なら、この作品も是非!

 

試聴 Click!

 

 

3位:FLEESH / HERE IT COMES AGAIN (A TRIBUTE TO GENESIS)

2014年に始動した男性ギタリスト/マルチ奏者Celo Oliveiraと女性ヴォーカリストGabby Vessoniによるブラジル産シンフォ・プロジェクト、20年作。前作ではRENAISSANCEの見事なトリビュートを聴かせてくれた彼らですが、今回はお待ちかねの全編GENESISナンバーによる2枚組全14曲!「Dancing With The Moonlit Knight」に始まり、「Firth Of Fifth」「Looking For Someone」「Ripples」「Entangled」「Carpet Crawlers」「Musical Box」と、70年代の叙情的な名曲をしっかり押さえた選曲で、2人の持ち味が最大に発揮されているところはさすが。前作RENAISSANCEとリビュートを堪能されたなら、ただただ本作も間違いなし!と言っておきます。

 

試聴 Click!

 


往年プログレ・バンドへの愛に満ちたトリビュート・アルバムを探求!

【関連記事】

往年プログレ・バンドへの愛に満ちたトリビュート・アルバムを探求!

ジェネシス・トリビュート作も好評のブラジル新鋭FLEESHを出発点に、往年のプログレ・バンドへの愛に満ちたトリビュート・アルバムを探求!

 

4位:CELESTE / IL PRINCIPE DEL REGNO PERDUTO

メロトロン溢れる76年の名作で知られ、2019年には2ndアルバムを発表したイタリアの名グループがリリースした2021年スタジオ・アルバム。期待に違わず、今作もメロトロン湧き上がる珠玉のシンフォニック・ロックを聴かせてくれます。ゆったり刻まれるリズムに乗ってアコースティック・ギター、フルート、サックス、ヴァイオリンらが優雅に紡ぐアコースティカルなアンサンブル。そこにメロトロン、ソリーナ、ミニムーグ、オルガンなどが丹念に織り重なって、桃源郷にいるような神秘的かつ優しい音世界を作り上げていきます。何と言っても全編で響き渡る、1stアルバムから変わらない独特の儚さを感じさせるメロトロンの調べが格別。オリジナル・キーボーディストCiro Perrinoによる息をのむように繊細で美麗な音作りの健在ぶりに嬉しくなる愛すべき名品です。

 

試聴 Click!

 


CELESTEから出発する、たおやか系イタリアン・ロック探求☆

【関連記事】

CELESTEから出発する、たおやか系イタリアン・ロック探求☆

熱量高く濃密なサウンドのイメージが強いイタリアですが、今回はリリカルでたおやかなサウンドを奏でるグループ達をご紹介します☆

 

5位:IL BUCO DEL BACO / SOTTO IL SEGNO DELLA LAMPREDA

イタリアの新鋭プログレ・バンドによる21年デビュー作。これは数いる現イタリアン・プログレ勢の中でもかなりの個性派!ハモンド・オルガンやピアノ、七色のムーグシンセらが渦を巻くクラシカルで気品たっぷりの演奏に、イタリア語のシアトリカルなヴォーカルが乗る、ジャケットに描かれる怪物との闘いをテーマにしたコンセプト作品となっています。と言ってもヴォーカルは熱く歌い込むような彼の地らしいスタイルとは一味違い、オペラからの影響を感じるファルセットを多用しつつ優雅に歌い上げる唱法が特徴的。個人的にはスパークス『KIMONO MY HOUSE』の1曲目で聴けるRussell Maelのヴォーカルを思い出しました。また各種キーボードがクラシカルかつダークな音色で交差する演奏と、演劇で場面が切り替わるようにクルクルと調子を変える少しアヴァンギャルドな曲構成は、まるで『フィローナ』期のLe Orme+Picchio Dal Pozzoといった風情でこちらも素晴らしい。往年のイタリアン・プログレへのリスペクトを感じさせながらも、オペラチックな独自のセンスが炸裂する力作。次にどんな展開が待ち構えているか、絶えずワクワクさせてくれる一枚です。

 

試聴 Click!

 


イタリアン・プログレの隠れ名盤をピックアップ!

【関連記事】

イタリアン・プログレの隠れ名盤をピックアップ!

スタッフが様々なテーマに沿ってオススメ作品を取り上げ、世界のロックをカケハしていく「日々是ロック」。今回のテーマは「イタリアン・プログレ隠れ名盤」!

 

6位:FLEESH / ECLIPSED

19年『ACROSS THE SEA』以来のオリジナル・アルバムとなる21年作。勿論本作でもヴォーカルをGabby、すべての演奏をCeloが担当。シンセサイザーがしっとり気品高く湧き上がり、その上をA.ラティマーやS.ロザリーを受け継ぐ優美でメロディアスな珠玉のギターが駆ける、幻想度100%の演奏。そこに息をのむように透明な美声で丹念に歌を乗せる女性ヴォーカル。もう完成されきった世界観に最後まで惹き込まれっぱなしです。ハードだったりヘヴィだったりせず、一貫してメロディアスで幻想的な佇まいを崩さない音楽性がとにかく素晴らしい。でもここぞではギターがドラマチックに飛翔し、ヴォーカルも力を込めてエモーショナルに歌い上げ、熱い叙情をほとばしらせます。これは現女性ヴォーカル・シンフォとして英国のMAGENTAにも匹敵する圧倒的な完成度。紛れもなく傑作です。

 

試聴 Click!

 


麗しの美声女性ヴォーカルが堪能できるプログレ21年作を厳選ピックアップ!

【関連記事】

麗しの美声女性ヴォーカルが堪能できるプログレ21年作を厳選ピックアップ!

女性ヴォーカル・プログレ21年作から、特に美声ヴォーカルの魅力が堪能できる7作品を各国からチョイスしました。どうぞお楽しみください♪

 

7位:PASAJERO LUMINOSO / PUJOL

02014年デビュー、アルゼンチンはブエノスアイレス出身の4人組ジャズ・ロック/フュージョン・グループによる21年作4thアルバム。カンタベリー・ロック彷彿の緻密かつ流麗な音使いと南米らしい芳醇なメロウネスが溶けあったジャズ・ロックは、今作でも絶品の一言。ジャジーなタッチにタンゴのリズミカルさを合わせたようなドラムと歌心を感じる豊かな鳴りのベースによるしなやかなリズムに乗って、リリカルで柔らかなタッチのピアノ、フィル・ミラー彷彿のシャープなトーンのギターが美しい音運びで躍動する、端正かつほのかにファンタジックなアンサンブルに終始耳を奪われます。南米らしいフレイヴァーもたっぷりで、バンドネオンを伴った哀愁のタンゴ・ジャズや、ピアノがリードするボサノヴァ調の軽やかでお洒落なナンバーなど、バンド本来のクールな佇まいはそのままにクルクルと豊かに表情を変化させていく演奏が見事です。一瞬も淀みなく紡がれていく美しく情感あふれるアンサンブルに心が躍る南米ジャズ・ロックの名品。カンタベリー・ロック・ファンには是非お勧めです。

 

試聴 Click!

 


アルゼンチンやブラジルだけじゃない!南米のロック・マイナー国から生まれ出たロック/プログレ名盤を探求☆

【関連記事】

アルゼンチンやブラジルだけじゃない!南米のロック・マイナー国から生まれ出たロック/プログレ名盤を探求☆

アルゼンチン、ブラジルなどの大国以外にも南米には愛すべきロック/プログレ作品が存在します。その中から注目すべきアルバムをピックアップ!

 

8位:IN SPE / IN SPE

RUJAと並んでエストニア・プログレの代表格と言えるバンド、83年の1stアルバム。息をのむほどにデリケートで透明感に満たされたサウンドによって紡がれる、民族色も織り込んだシンフォニック・ロックはもう絶品の一言。独特の間を感じさせる不思議な聴き心地のリズムに、淡い色彩を広げるシンセやハモンド、神秘的に囁き合うフルート&リコーダー、そしてシャープなトーンでメロディアスに旋律を描くギター。異世界の情景を描写するかのような静謐で美しく仄かにスペイシーな音像は、北欧プログレと東欧プログレ両方の味わいを備えていると言えます。そんなうっとりするようなパートから一転、フュージョン・タッチのシャープで音数の多い技巧派アンサンブルになだれ込む展開も見事すぎます。東欧シーンに留まらず、ユーロ・プログレという枠の中でも上位に位置するであろう大傑作です。

 

試聴 Click!

 


【新作追加】エストニア・プログレ特集!

【関連記事】

【新作追加】エストニア・プログレ特集!

今回ご紹介するのはバルト三国に属するエストニア。70~80年代に残された名盤から注目の新鋭までエストニア・プログレの魅力に迫ってまいります!

 

9位:LITTLE TRAGEDIES(MT) / ZAPECHNYJ RAJ(PARADISE BEHIND THE STOVE)

名実共に00s以降のロシアを代表するシンフォニック・ロック・バンド、19年にデジタル版のみ発表された作品の20年CDリリース版。20世紀初頭に活動した自国の詩人、Nikolai Alekseevich KlyuevやSergei Alexandrovichの作品を題材にしたコンセプト・アルバムとなっています。キーボーディストGENNADY ILYINによるダイナミックなうねりを伴って押し寄せる怒涛のシンセサイザーと輝かしい管楽器隊がスリリングに絡み合いながら突き進むアンサンブルは、ずばりハンガリーのSOLARISにも比肩するエネルギーと迫力がみなぎっています。終始クラシカルで物悲しい旋律を紡ぎ続けるギターにも注目です。一点して女性のソプラノ・ヴォーカルが入る静謐なパートでのオペラ作品のように荘厳で張り詰めた空気感はいかにもロシアのバンドという感じ。従来作と比して本作で特徴的なのが随所で民族舞曲に由来するようなトライバルな疾走感が感じられる点で、クラシカルではありつつも、スラブの血を実感させる民族的な哀感が漂っていてグッとくるんですよね。いやはや今回も期待を裏切らない貫禄の13枚目!

 

 


ロシア・プログレ新鋭特集!

【関連記事】

ロシア・プログレ新鋭特集!

LITTLE TRAGEDIESとLOST WORLDを双頭に、豊かなクラシック音楽の土壌に根ざしたダイナミックかつ格調高いプログレ・グループが続々と登場しているロシアのプログレ新鋭シーンを特集!

 

10位:ISILDURS BANE / SAGAN OM RINGEN

ジェネシスやイエスやジェントル・ジャイアントなど英国プログレのファンだったメンバーにより76年に結成されたスウェーデンのグループ、デビュー前に制作してカセット販売し完売していた初期音源を元にリメイクした88年リリース作。幻想的に広がるキーボード、流麗なタッチのメロディアスなギター、優しい音色のリリカルなフルート。どちらの作品もジェネシスやキャメルなど英プログレのエッセンスとJ・R・R・トールキンの『指輪物語』などから影響を受けたコンセプトとがブレンドしたファンタスティックなサウンドが印象的です。北欧らしい透明感いっぱいのリリシズムが溢れるサウンドは、まるでキャメルやジェネシスのファンタスティックな要素のみを抽出したようです。アルバムのどこを切り取っても零れ落ちる美しいメロディ。本当に素晴らしい出来映え。傑作です。

 

試聴 Click!

 


世界のCAMELフォロワー!

【関連記事】

世界のCAMELフォロワー!

リリカルなフルート、泣きのギター…。CAMELの遺伝子を強く受け継いだグループを世界各国からピックアップいたしました。

 
 
 
 

関連記事

全世界の誰も追従出来ないマニアックなファンジンに大注目!?『カケレコ、先週コレ売れてます!』(11/1~11/7)

【関連記事】

全世界の誰も追従出来ないマニアックなファンジンに大注目!?『カケレコ、先週コレ売れてます!』(11/1~11/7)

11月5日は、皆さんお待ちかねのあのファンジンの発売日でした!世界の誰にも追従出来ないマニアックな情報、抱腹絶倒の記事に大きな注目が集まったことは言うまでもありません!


今度はGENESISトリビュート!?FLEESH熱が再燃中!?『カケレコ、先週コレ売れてます!』(10/25~10/31)

【関連記事】

今度はGENESISトリビュート!?FLEESH熱が再燃中!?『カケレコ、先週コレ売れてます!』(10/25~10/31)

朝晩、吐く息の白さも珍しくなくなった10月最終週、10月25日~10月31日に注目の集まった作品達をランキング形式でご紹介させていただきます!


寒い時期こそ南米が熱い!?PASAJERO LUMINOSOやCYANに大注目!『カケレコ、先週コレ売れてます!』(10/18~10/24)

【関連記事】

寒い時期こそ南米が熱い!?PASAJERO LUMINOSOやCYANに大注目!『カケレコ、先週コレ売れてます!』(10/18~10/24)

10月18日~10月24日に注目の集まった作品達をランキング形式でご紹介させていただきます!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。