プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

注目の新品タイトルTOP10をご紹介『カケレコ、先週コレ売れてます!』(9/20~9/26)

気づけば9月も最終週、夜分はだいぶ冷えるようになってきましたね。

寄居町は山が近いせいか朝晩の冷え込みもかなりありまして、つい先日たまの夜更かしをしたところ、あまりの寒さに炬燵をだそうかしばし悩んだほどです。

そんな9月の後半戦、9月20日~9/26日に注目の集まった作品達をランキング形式でご紹介させていただきます!

 

1位:MINOKE ? / +TA(タスタ)

カンタベリー・ロック彷彿のジャパニーズ・ジャズ・ロック・バンド、21年作4th、HF&NやHENRY COW、エストニアのPHLOXがお好きなら必聴です!カンタベリー・ロックへの憧憬が滲む淡い叙情性と強靭なテクニックが同居するサウンドは、HATFIELD & THE NORTHやHENRY COW、そしてエストニアのPHLOXがお好きな方なら「おおっ!」と唸っちゃうはず。

 

試聴 Click!

 
 

2位:KRZYSZTOF LEPIARCZYK / 40

ポーランド・シンフォ・シーンの人気バンド、LOONYPARKでリーダーを務めるキーボーディスト/コンポーザーによる21年4thソロ。PINK FLOYD系統のメランコリックでしっとりしたシンフォ・スタイルに、キャッチーなメロディをリズミカルに聴かせる躍動感あるサウンドを導入しています。Rick Wright彷彿の粛々とした内省感をもって広がるシンセと、Dave Gilmour+Steve Rothelyと言える美旋律をエモーションいっぱいに紡ぐギター、そこに英詞女性ヴォーカルの慈愛を帯びた柔和な美声が響くサウンドはこれぞポーランドと言える美麗さに満ちています。

 

試聴 Click!

 
 

3位:SOLARIS / NOSTRADAMUS 2.0 – RETURNITY

名実ともにハンガリー・プログレを代表するバンドと言える彼らの2019年作。99年にリリースされた『NOSTRADAMUS』の続編となっています。持ち味である哀愁たっぷりのフルートやシンセを伴った、この終始力みっぱなしの生真面目なまでに厳粛なサウンド、唯一無二のSOLARISワールドを堪能できるシンフォニック・ロック傑作です。

 

試聴 Click!

 
 

4位:DRY RIVER / EL CIRCO DE LA TIERRA

DRY RIVER、2012年のデビュー作です。クイーンもびっくりなオペラティックな多声コーラスで幕を開けると、ギターとムーグがユニゾンで切れ込んで、突き抜けるようなメロディアスなフレーズを高速で奏でる!エモーショナルで力強い歌唱を聴かせるヴォーカルも良いし、その後ろではメロトロン風のヴィンテージな音色のキーボードが鳴り響いているし、リズム隊は超重量級でメタリックにぶっ放してるし、すごいぞDRY RIVER!

 

試聴 Click!

 
 

5位:ALESSANDRO CORVAGLIA / OUT OF THE GATE

哀愁のしゃがれ声ヴォーカルでお馴染み、LA MASCHERA DI CERAのフロントマンによる待望ソロ。VDGGのデヴィッド・ジャクソンによる渋いサックスも彼のヴォーカルと相性抜群です。全編スケール大きなシンフォニック・ロックですが、それに負けない存在感を誇るヴォーカルに圧倒される快作に仕上がっています。

 

 
 

6位:PETER ROAR, LUCKY GURI, CHARLES BENAVENT, and more! / WE ARE DIGGING THE BEATLES

BARCELONA TRACTION~MUSICA URBANAとスパニッシュ・ジャズ・ロックを代表するグループで活躍する名Key奏者Lucky Guriと、MAQUINA!のサックス奏者Peter Roarを中心に、言わずとしれたICEBERGの名ギタリストMax Sunyerや、MAQUINA!のリズム隊が参加したスーパー・グループ。イージーリスニングな感じは微塵もなく、サイケ・ポップのカラフル感を残しつつ、ロック的シャープさとオシャレな洗練とが同居した最高にカッコ良くワクワク感溢れるサウンドを聴かせています。シャープでタイトな音色と手数多いフレージングがカッコ良すぎるドラムを中心に、ピアノとサックスが時にどっしりと時に軽やかに躍動し、NUCLEUS時代のChris Speddingを彷彿とさせるセンス溢れるMax Sunyerが脇を固めます。

 

試聴 Click!

 
 

7位:FLEESH / NEXT HEMISPHERE – A RUSH TRIBUTE

敬愛するバンドRUSHに捧げたトリビュート作品となっています。アレンジ自体は原曲に忠実と言えますが、ギターの響きに顕著な持ち前のドリーミーな感覚、そして艷やかな女声ヴォーカルによって丹念に紡がれるRUSHナンバーの数々が新鮮です。「Limelight」に始まり「Closer To The Heart」「Nobody’s Hero」「Tears」「Here Again」など14曲を披露。RUSHに対する素直なリスペクトが感じられる好カバー作!

 

試聴 Click!

 
 

8位:PTF / GENESIS OF THE STARS

ハードSFの金字塔『星を継ぐもの』をコンセプトにした21年作4thアルバム。凛とした気品溢れる表情の中にパッションを秘めた圧倒的技巧のヴァイオリンを軸に駆け抜ける、美しく壮大なインスト・プログレを紡ぎます。緩急自在なパフォーマンスはEddie Jobsonやロシア新鋭LOST WORLD BANDのAndrii Didorenkoにも比肩します。U.K.ファンやLOST WORLD BANDのファンに一押ししたいヴァイオリン・プログレ傑作!

 

試聴 Click!

 
 

9位:PEP LAGUARDA & TAPINERIA / BROSSA D’AHIR

スペイン出身のサイケ・フォーク・グループ。78年作の唯一作。デヴィッド・アレンによるプロデュースで、ドリーミーなメロディー、美しいコーラス・ワーク、リコーダーやハーモニカによる黄昏のアンサンブルが印象的な名作。どの曲もメロディーが素晴らしく、佳曲揃いです。

 

試聴 Click!

 
 

10位:ABRAXIS / ABRAXIS

ベルギーのジャズ・ロック・バンドCOSのメンバーだったKey奏者とベーシストを中心に、WATERLOOやPAZOPやPLACEBOで活動していたフルート奏者、ギタリスト、ドラムにより結成されたジャズ・ロック・バンド。柔らかくたゆたうフルートを中心に、優美なエレピ、フィル・ミラー彷彿の繊細なギターが織りなすサウンドは、ナショナル・ヘルスやギルガメッシュに通じている印象。シャープでいてファンキーなグルーヴ感もあるリズム隊も特筆ものです。

 

試聴 Click!

 
 
 
 
 
▼関連記事


8月のカケレコ・ベストセラーを発表いたします!

【関連記事】

8月のカケレコ・ベストセラーを発表いたします!

8月のカケレコ・ベストセラー、TOP10を大発表いたします!


注目の新品タイトルTOP10をご紹介『カケレコ、先週コレ売れてます!』(9/13~9/20)

【関連記事】

注目の新品タイトルTOP10をご紹介『カケレコ、先週コレ売れてます!』(9/13~9/20)

9月の末と言えば、年によっては祝日がかたまって大型連休になったりしますね。2026年には土日と祝日だけで5連休が出来上がるそうです。大型連休に思いをはせながら、9月13日(月)~9月20日(日)に注目の集まった作品をご紹介させていただきます。


注目の新品タイトルTOP10をご紹介『カケレコ、先週コレ売れてます!』(9/6~9/12)

【関連記事】

注目の新品タイトルTOP10をご紹介『カケレコ、先週コレ売れてます!』(9/6~9/12)

気が付けば9月ももう半ば、ふとした瞬間に金木犀のいい香りに鼻をくすぐられる季節となりました。そんな9月の中盤戦に注目の集まった作品達がこちらです!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。