プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

追悼 ケン・ヘンズレー氏

2020年11月4日、URIAH HEEPのオリジナル・メンバーとして知られるkey奏者、ケン・ヘンズレー氏が75歳でお亡くなりになりました。

試聴 Click!

ギター、ヴォーカルなどマルチな才能の持ち主だった彼ですが、やはりトレードマークと言えるのがヒープのサウンドの要であるハモンド・オルガン。
歪んだギターに押し負けることのない、圧倒的存在感を放つハモンド…。
同じく英国ハードの代表格であるDEEP PURPLEのジョン・ロードと並び、歴史にその名を刻むハモンド・プレイヤーのひとりです。

そんなヘンズレーが参加した様々な作品を振り返ってまいりましょう。

GODS/GENESIS

ヘンズレーのキャリア出発点が65年結成のGODS。彼らは68年にデビュー作『GENESIS』、69年に2nd『TO SAMUEL A SON』を発表し、同69年に解散しました。

当時VANILLA FUDGEの衝撃によりブームが起こり始めていた「アート・ロック」を踏襲したサウンドが特色で、ヘンズレーもハモンドやヴォーカルで大活躍。
特にヘンズレーが手掛けた楽曲では、ヘヴィなハモンド・アクの強いコーラスなど、既にヒープに通ずるハードでダイナミックな要素も。ヘンズレーのファンは一聴の価値ありです。

ちなみにGODSのドラマーを務めたのは、後にヒープに加入するリー・カーズレイク(彼も今年9月にこの世を去ってしまいました…)。
他にもアルバム不参加ながら、同じくヒープを結成するポール・ニュートン(Ba)、ROLING STONESのミック・テイラー、EL&Pのグレッグ・レイクなど多数の重要人物を輩出しました。

試聴 Click!

HEAD MACHINE/ORGASM

GODSと同一メンバーながら、HEAD MACHINEと名義を改めて発表した70年作がこちら。

ヘンズレーがほぼ全ての楽曲を手掛けており、ハモンドよりもギターを主にプレイしています。
彼の鳴らすギャリギャリと歪んだギター・サウンドが気持ち良いハード・ロック作品。

試聴 Click!

URIAH HEEP/LOOK AT YOURSELF

ギタリストのミック・ボックス等によって69年に結成され、今なお活動を続けるブリティッシュ・ハード界のレジェンド。
非常に多くのメンバーが出入りしており、ヘンズレーも80年に脱退していますが、彼らのサウンドの核を作り上げた中心人物と言えば、やはりヘンズレーが筆頭に挙がるでしょう。

そんなヒープの一番の代表作が、71年の3rd『LOOK AT YOURSELF(対自核)』。
轟轟とサウンドを覆い尽くすハモンド&荘厳かつちょっぴり不気味なコーラスを中心に、ヴォーカルや楽器が一体となり突き進んでいく表題曲「Look At Yourself」の完成度と言ったら。
ミック・ボックスの印象的なワウ・ギターも相まって、他のバンドとは一線を画すURIAH HEEPならではのサウンドが見事に打ち立てられています。

試聴 Click!

URIAH HEEP/MAGICIAN’S BIRTHDAY

個人的には1stや2ndも素晴らしい出来だと思いますが、ヒープの中で特に完成度が高いと言われているのが3rd『対自核』、4th『悪魔と魔法使い』、そして本作5th『魔の饗宴』の三部作。

後の作品ほどヘンズレーの趣向を濃く反映した作風となっており、ハードさ・勢いよりも叙情性や幻想性を重視したドラマティックな内容に仕上げています。

試聴 Click!

BLACKFOOT/VERTICAL SMILES

82年、ヒープを脱退したヘンズレーはなんと、元LYNYRD SKYNYRDのRicky Medlocke率いる米国のグループBLACKFOOTに加入。83年作『SIOGO』と84年作『VERTICAL SMILES』の2枚のアルバムに参加しました。

初期から英ハード・ロックの影響が強かったバンドなだけに、哀愁溢れるメロディを活かしたサウンドにヘンズレーの荘厳なキーボードが違和感なく馴染んでいます。

試聴 Click!

KEN HENSLEY/BRONZE YEARS 1973-1981

数々のバンドに参加してきただけでなく、ソロ・アルバムも多数発表したヘンズレー。昨年、そんな彼の初期ソロ3作品を収めたボックスセットがリリースされました。

ハード・ロックのイメージが強い彼ですが、ソロでは穏やかで美しいメロディを聴かせる楽曲を多く残しています。味わい深く優しげな歌声も印象的。ヒープとはまた違った彼の魅力をぜひ堪能してみてください。

試聴 Click!

試聴 Click!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • URIAH HEEP / LOOK AT YOURSELF

    71年リリース、URIAH HEEPといえば「対自核」と云われる程の代表作3rd!

    URIAH HEEPといえば、「対自核」(邦題)と云われる程の代表作!サウンド的には前作「Salisbury」と次作の中間といった所なのですが、バンドのサウンドが成長し、完成度の高いアルバムになっています。また、ミック・ボックスのギターが活躍しており、このアルバムがブリティシュ・ハードロックの名盤として語られる事が多いことも頷けるサウンドになっています。まだ、少々荒削りなサウンドですが、勢いのあるサウンドで、バンドとしての勢いも感じられる仕上がり。冒頭に収録されたアルバム・タイトル曲「Look At Yourself(対自核)」は、名実ともにユーライア・ヒープの代表曲であり、70年代ブリティッシュ・ハード・ロックの名曲のひとつ。楽曲の全編を重厚なオルガンが覆っていますが、決してそれだけが浮き上がることなく、全体としてアグレッシヴなロック・ミュージックを構成する様が見事。間奏部のエキゾチックなメロディや要所要所で聴かれる印象的なコーラスも独特の雰囲気を醸しています。終盤ではOsibisaのメンバーによるパーカッションの客演を得て、さらに魅力的な演奏が展開。決して「軽快」とは言い難いが、興奮を誘うような独特の疾走感が痛快!

  • URIAH HEEP / MAGICIAN’S BIRTHDAY

    72年発表、前作同様ヘンズレーの才覚が発揮されたドラマティックなコンセプト作

    DEEP PURPLE、LED ZEPPELIN、BLACK SABBATHに並ぶ、70年代英国HRを代表する名グループ。1972年5THアルバム。結成当初のヘヴィ・ロックから、キャッチーで疾走感溢れる名盤『対自核』を経て、徐々に音楽性を変化。イニシアティブを鍵盤奏者のKen Hensleyが握り始め、アコースティック・ギターやキーボードをフィーチャーした叙情的でドラマティックなサウンドとなりました。本作は、鍵盤重視の音楽性をよりはっきりと示した集大成的な内容。オルガンに加えて、シンセサイザーの音色も印象的です。特にアルバム最後に収められた、10分を越すタイトル曲「MAGICIAN’S BIRTHDAY」は素晴らしい出来栄え。Roger Deanによるアルバム・ジャケットの如き、色彩豊かな幻想世界が繰り広げられます。親しみやすいヴォーカル・メロディに、ムーグ・シンセサイザーを被せて、呪術的な雰囲気を演出し期待感を煽ります。更に中盤に置かれたMick Boxのギター・ソロ・タイムは圧巻。計算尽くされたワウペダルの操り振りには鳥肌です。HR度の高い『対自核』では楽しむことが出来ない、アコースティックで繊細な世界感。本作を聴いて、URIAH HEEPの真の魅力に触れてください。

  • HEAD MACHINE / ORGASM

    Ken Hensleyが、Gods解散後/Uriah Heep結成前に組んだバンド、70年の唯一作

    ユーライア・ヒープの中心メンバーKen Hensleyが、Gods解散後ユーライア・ヒープ結成前に組んだバンドによる唯一のアルバム。69年発表。地味なアートワークが玉に瑕ですが、Hensleyのペンによるドラマティックなメロディーがたいへん美しいブリティッシュ・ハード・ロックの好盤です。

  • GODS / GENESIS

    URIAH HEEP結成前にケン・ヘンズレー(key)とリー・カースレイク(dr)が在籍したグループ、68年作

    後にURIAH HEEPで活躍するKey奏者、Ken Hensleyが在籍していたグループ。68年作の1st。Ken Hensleyによる哀愁漂うオルガンを中心に、重たいギター・リフが絡むサウンドは、いかにもブリティッシュ・ハードな魅力に溢れています。メロディアスなヴォーカル・ラインと分厚いコーラス・ワークもたいへんドラマティック。

  • KEN HENSLEY / BRONZE YEARS 1973-1981

    URIAH HEEPで活躍した名Key奏者、BRONZEレーベルよりリリースした73/75/80年ソロ+ヘンズレーによる19年の各タイトル解説DVDを収めたボックス

    URIAH HEEPの中心人物として活躍したKey奏者、19年リリースのボックス・セット。内容はBRONZEレーベルよりリリースした73年作『PROUD WORDS ON A DUSTY SHELF』、75年作『EAGER TO PLEASE』、81年作『FREE SPIRIT』のソロ3作品に、ヘンズレー自身が各作品を解説した19年のDVDを収録。英国のSSW作品にも通ずるような、気品と叙情に富んだメロディを推し出した作風はブリティッシュ・ロック・ファンなら堪らないはず。ギターやヴォーカルまでマルチに手掛けるヘンズレーの才覚を堪能できる豪華盤です。

URIAH HEEPの在庫

  • URIAH HEEP / FUTURE ECHOES OF THE PAST

    01年リリース

  • URIAH HEEP / OFFICIAL BOOTLEG: 19.12.2009 GUSSWERK SALZBURG

    09年、ライヴ盤

  • URIAH HEEP / LIVE ON AIR

    03年のライヴ収録。

  • URIAH HEEP / OFFICIAL BOOTLEG: LIVE AT SWEDEN ROCK FESTIVAL 2009

    往年の名曲を中心とする、09年スウェーデンでのライヴ音源を収録、全9曲56分

  • URIAH HEEP / URIAH HEEP

    オリジナル1stアルバム「…Very ‘Eavy Very ‘Umble…」とは一部楽曲とジャケットの異なるアメリカ版1st

    70年作、記念すべきファースト・アルバムレコーディング中にドラムスが交代するなど、最初からメンバーの波乱を含んでいた。サウンドといい、ジャケットといい、おどろおどろしいこのバンドの特徴をアピールしている。ブリティッシュ・ロック全盛の中に独特の個性で一石を投じたアルバム。へヴィかつ実験的な楽曲やアレンジが多い。「ジプシー」は収録曲中最も評価が高い楽曲。

  • URIAH HEEP / VERY ‘EAVY…VERY ‘UMBLE

    英国ハード・ロック・シーンを代表する名グループ、記念すべき70年作1st

    ケン・ヘンズレー、デヴィッド・バイロン率いる初期英国ハード・ロック・シーンを牽引した名グループ。Vertigoレーベルよりリリースされた70年1st。手数が多くヘヴィなドラムを土台に、ギターとオルガンが引きずるように荘厳なリフを放ち、エモーショナルなハイトーン・ヴォーカルが炸裂する!メロトロンを使った楽曲など、後のドラマチックな音楽性も覗かせますが、冒頭に配された代表曲「GYPSY」のように重さと疾走感が共存した荘厳なハード・ロックこそ本作の肝。オルガンとギターが一体となって生み出すダークなグルーヴ、そこを切り裂くハイトーン・シャウトはこれぞ英国ハードの王道と言えるでしょう。聴き逃し厳禁な英ハード屈指の名作!

  • URIAH HEEP / LOOK AT YOURSELF

    71年リリース、URIAH HEEPといえば「対自核」と云われる程の代表作3rd!

    URIAH HEEPといえば、「対自核」(邦題)と云われる程の代表作!サウンド的には前作「Salisbury」と次作の中間といった所なのですが、バンドのサウンドが成長し、完成度の高いアルバムになっています。また、ミック・ボックスのギターが活躍しており、このアルバムがブリティシュ・ハードロックの名盤として語られる事が多いことも頷けるサウンドになっています。まだ、少々荒削りなサウンドですが、勢いのあるサウンドで、バンドとしての勢いも感じられる仕上がり。冒頭に収録されたアルバム・タイトル曲「Look At Yourself(対自核)」は、名実ともにユーライア・ヒープの代表曲であり、70年代ブリティッシュ・ハード・ロックの名曲のひとつ。楽曲の全編を重厚なオルガンが覆っていますが、決してそれだけが浮き上がることなく、全体としてアグレッシヴなロック・ミュージックを構成する様が見事。間奏部のエキゾチックなメロディや要所要所で聴かれる印象的なコーラスも独特の雰囲気を醸しています。終盤ではOsibisaのメンバーによるパーカッションの客演を得て、さらに魅力的な演奏が展開。決して「軽快」とは言い難いが、興奮を誘うような独特の疾走感が痛快!

  • URIAH HEEP / SALISBURY

    71年作2nd

    元GodsのKen Hensleyを中心に結成されたグループが71年にヴァーティゴよりリリースした2nd。ヘヴィなギター・リフとケンのオルガンによる重厚感溢れるサウンドと、後のヘヴィ・メタルへと受け継がれる様式美的な曲展開がすでに完成の域に達した名盤。デヴィッド・バイロンの力強いハイ・トーン・ヴォーカルも圧巻。対照的にアコースティカルな楽曲の素晴らしさもさすが。

  • URIAH HEEP / DEMONS AND WIZARDS

    英国オルガン・ハード・ロックの神髄、ドラマティックな構築美が光る72年作

    英ハードの代表格、72年作4th。前作で完成させたドラマティックなオルガン・ハード・ロックのスタイルにアコースティック要素を注入、Roger Deanによるアルバム・ジャケットの如く、幻想的な世界観を作り出しています。ヘヴィ且つメロディアスなワウ・ギター、凶暴に歪んだハモンド・オルガンが生み出すグルーヴ感に、パワフルなハイトーン・ヴォーカルが乗るハード・ロック・パートから、泣きのスライド・ギターとシリアスなコーラス、センチメンタルなピアノが絡み合うシリアスな叙情的なパートへ、緩急を付けた曲展開にグイグイと引き込まれます。繊細なアコギ、力強くタメの効いたドラム、メロディアスなベースも素晴らしい。ハード・ロックの疾走感こそ前作『LOOK AT YOURSELF』に譲るものの、英オルガン・ロックらしいドラマティックな構成美が楽しめる本作もURIAH HEEPの代表作の一つです。

  • URIAH HEEP / MAGICIAN’S BIRTHDAY

    72年発表、前作同様ヘンズレーの才覚が発揮されたドラマティックなコンセプト作

    DEEP PURPLE、LED ZEPPELIN、BLACK SABBATHに並ぶ、70年代英国HRを代表する名グループ。1972年5THアルバム。結成当初のヘヴィ・ロックから、キャッチーで疾走感溢れる名盤『対自核』を経て、徐々に音楽性を変化。イニシアティブを鍵盤奏者のKen Hensleyが握り始め、アコースティック・ギターやキーボードをフィーチャーした叙情的でドラマティックなサウンドとなりました。本作は、鍵盤重視の音楽性をよりはっきりと示した集大成的な内容。オルガンに加えて、シンセサイザーの音色も印象的です。特にアルバム最後に収められた、10分を越すタイトル曲「MAGICIAN’S BIRTHDAY」は素晴らしい出来栄え。Roger Deanによるアルバム・ジャケットの如き、色彩豊かな幻想世界が繰り広げられます。親しみやすいヴォーカル・メロディに、ムーグ・シンセサイザーを被せて、呪術的な雰囲気を演出し期待感を煽ります。更に中盤に置かれたMick Boxのギター・ソロ・タイムは圧巻。計算尽くされたワウペダルの操り振りには鳥肌です。HR度の高い『対自核』では楽しむことが出来ない、アコースティックで繊細な世界感。本作を聴いて、URIAH HEEPの真の魅力に触れてください。

  • URIAH HEEP / SWEET FREEDOM

    73年発表、通算6枚目

  • URIAH HEEP / WONDERWORLD

    74年発表、通作7作目

  • URIAH HEEP / RETURN TO FANTASY

    75年発表、ジョン・ウェットン加入第一弾となる通算9作目

    • SMRCD100SANCTUARY

      スリップケース付き仕様(画像はスリップケースです)、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック5曲

      盤質:傷あり

      状態:良好

      スリップケース無し、若干圧痕あり、背ジャケ側面部に小さい破れあり

      890円

      712円
      (税込783円)

      196円お得!


      CD詳細ページへ

  • URIAH HEEP / ABOMINOG

    元トラピーズのPeter Goalby、元ヘヴィ・メタル・キッズのJohn Sinclair、元ブリザーズ・オブ・オズのBob Daisleyらが新加入した82年作

  • URIAH HEEP / LIVE IN MOSCOW

    88年の復活第1弾となったモスクワ公演ライヴ作、全10曲、ベースはトレヴァー・ボルダー/ヴォーカルはバーニー・ショウ!

  • URIAH HEEP / DIFFERENT WORLD

    91年作

  • URIAH HEEP / SEA OF LIGHT

    95年作

  • URIAH HEEP / SPELLBINDER

    94年6月23日、ドイツはケルンでのライヴを収録、全11曲

  • URIAH HEEP / SONIC ORIGAMI

    98年作

  • URIAH HEEP / LIVE IN BOSTON 1976

    76年5月6日、ボストンはオルフェウム劇場でのライヴ音源全14曲、デヴィッド・バイロン、ジョン・ウェットン在籍

    76年5月6日、ボストンはオルフェウム劇場でのライヴ音源。デヴィッド・バイロン、ジョン・ウェットン在籍期の貴重な音源です。オーディエンス録音ですが、分離良く、音質も十分で高音質。

  • URIAH HEEP / OFFICIAL BOOTLEG

    11年ライヴ盤

  • URIAH HEEP / OFFICIAL BOOTLEG VOL.2: LIVE IN BUDAPEST HUNGARY 2010

    2010年のハンガリー・ブダペストでの公演を収録したライヴ盤、全17曲

「URIAH HEEPの在庫」をもっと見る

KEN HENSLEYの在庫

  • KEN HENSLEY / MY BOOK OF ANSWERS

    ユーライア・ヒープで著名な名キーボーディスト、生前に完成させていた21年ラスト・アルバム

    ユーライア・ヒープの名曲の数々を手掛け、ヘヴィかつ哀愁とドライヴ感に満ちたそのオルガン・プレイでバンドの看板奏者であり続けた偉大なハード・ロック・キーボード奏者ケン・ヘンズレー。2020年に亡くなった彼が生前に完成させていた最後のソロ・アルバムは、偶然出会ったロシアの詩人ウラジミール・エメリンの詩を英訳し、曲を付けたもの。ヘンズレーはスライド・ギターやリード・ギターも自身で手掛け、存分にクリエイティヴィティを発揮した珠玉の楽曲集。ハード・ロックの英雄よ、永遠なれ!(レーベル紹介文より)

  • KEN HENSLEY / PROUD WORDS ON A DUSTY SHELF

    URIAH HEEPの中心人物であるKey奏者、73年リリースのソロ、これでもかと英国臭漂う名作

    URIAH HEEPの中心人物であるKey奏者、73年リリースのソロ。ドラムとベース以外は、すべてKen Hensley自身が担当。キーボードはもちろん、ギターの素晴らしさにびっくり。1曲目『When Evening Comes』のタメの効いたブルージーかつメロウなギターなんて、もうブリティッシュ・ファンは悶絶ものでしょう。憂いのあるヴォーカル、気品のある英国的叙情に溢れたメロディも絶品。英国の香りに包まれたハード&メロウなSSW作として圧巻の完成度を誇る名作。ブリティッシュ・テイストが好きな方は必携素晴らしいです

  • KEN HENSLEY / FREE SPIRIT

    全盛期ユーライア・ヒープを率いた才人key奏者/マルチ・ミュージシャン、80年作

  • KEN HENSLEY / BRONZE YEARS 1973-1981

    URIAH HEEPで活躍した名Key奏者、BRONZEレーベルよりリリースした73/75/80年ソロ+ヘンズレーによる19年の各タイトル解説DVDを収めたボックス

    URIAH HEEPの中心人物として活躍したKey奏者、19年リリースのボックス・セット。内容はBRONZEレーベルよりリリースした73年作『PROUD WORDS ON A DUSTY SHELF』、75年作『EAGER TO PLEASE』、81年作『FREE SPIRIT』のソロ3作品に、ヘンズレー自身が各作品を解説した19年のDVDを収録。英国のSSW作品にも通ずるような、気品と叙情に富んだメロディを推し出した作風はブリティッシュ・ロック・ファンなら堪らないはず。ギターやヴォーカルまでマルチに手掛けるヘンズレーの才覚を堪能できる豪華盤です。

「KEN HENSLEYの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。