プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

うららかな休日に聴きたい、民族楽器が彩るフォーク/サイケ・フォーク選。

こんにちは。スタッフ青山です。
もうすぐ11月ですね。ひんやりとした空気に冬を実感するこのごろ。でも良く晴れた日のはお昼近くは、まだ外も気持ち良いです。
今日は民族楽器が彩るフォーク/サイケ・フォークをピックアップしました。うららかな日差しの中で聴いたら至福の時間が過ごせそうです。

DULCIMER / AND I TURNED AS I HAD TURNED AS A BOY

ダルシマーやマンドリン、グロッケンシュピールの響きに乗せて、繊細な男性ヴォーカルのコーラス・ワークが遠くから聴こえる、不思議で夢うつつな音世界・・・。ファンタスティックなジャケも美しいブリティッシュ・フォークの傑作。

試聴 Click!

AKTUALA / AKTUALA

アラビック・オーボエ、竹笛、フルート、ピッコロ、サックス、クラリネット、モロッカン・ボンゴ、アフリカン・ドラム、タブラ。サイケデリック且つオリエンタルなイタリアの名品。

試聴 Click!

MUSICA DISPERSA / MUSICA DISPERSA

虚ろな男女ヴォーカル、調子っぱずれなリコーダー&ハーモニカー、アシッド臭漂うパーカッション。ISBやDR.SSが好きな方にオススメなスペイン産サイケ・フォーク。

試聴 Click!

PAUL ADOLPHUS / PAUL ADOLPHUS

オーストラリア人が73年に京都で録音したフォーク作品。柔らかなアシッド・フォークに「和」の要素がセンス良く織り交ぜられていて堪りません。

試聴 Click!

JAN DUKES DE GREY / SORCERERS

ユニークな響きの民族楽器と朴訥としたボーカルの組み合わせがそれはもう幻想的。まどろみ英国フォークの名品ですなあ。FORESTやDR. STRANGELY STRANGEなどがお好きな方は是非。

試聴 Click!

ORIENTAL SUNSHINE / DEDICATED TO THE BIRD WE LOVE

これってノルウェー産? いやしかし、たしかにシタールやタブラは中近東フレーズを奏でてるけど、女性Voはミスティックで透明感があるし、オルガンには気品があるし、エキゾチックさと格調高さが絶妙な、雰囲気抜群の好作なのです!

試聴 Click!

ROBIN WILLIAMSON / MYRRH

INCREDIBLE STRING BANDを率いた奇才と言えば?ケルト、中東、東洋などのエッセンスがブレンドされた自由過ぎるフォーキー・スタイルが気持ちいい~!

試聴 Click!

最後は民族楽器ではないですが、うららかな午後にピッタリの、米ヴィブラフォン奏者による69年ソロ唯一作をご紹介。

LYNN BLESSING / SUNSET PAINTER

陽だまりのようなカントリー・ロックにジャジーで涼やかなヴィブラフォンの音色が響き渡っていて、非常に独特なんだけど心地いい、そんな感じ・・・。バックのミュージシャンによる確かなアンサンブルも聴きどころです。

試聴 Click!

こちらの記事も合わせてご覧ください!


ブリティッシュ・アシッド・フォーク特集

【関連記事】

ブリティッシュ・アシッド・フォーク特集

英国のアシッド・フォークを取り上げてまいります!


ドイツPilzレーベル特集

【関連記事】

ドイツPilzレーベル特集

ポポル・ヴの『ホシアナ・マントラ』をはじめ、吸い込まれるような幻想美を持った作品を世に送り出したドイツPilzレーベルを特集!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • JAN DUKES DE GREY / SORCERERS

    英木漏れ日アシッド・フォーク、69年作

    英国北部のウェスト・ヨークシャー州リーズ出身、男性デュオを中心としたグループ。今作の特徴は、様々な民族楽器を駆使した風変わりで幻想的なアンサンブルです。12弦ギターがかき鳴らされ、コンガやボンゴのポコポコとしたリズムにのって朴訥としたボーカルが響き、その上をフルートやリコーダー、テナーサックス、チャンターなど多様な管楽器が浮遊感ある音色で縦横無尽に行き来します。聴いていると頭のネジが緩んでしまうような、不思議な音楽体験が得られます。トラッド色はあまりなく、少し陰りのあるストレンジなメロディーが次から次へと押し寄せて来る様子は、FORESTやDR. STRANGELY STRANGEにも近い、まどろみヒッピー・フォークと言える作品です。

  • DULCIMER / AND I TURNED AS I HAD TURNED AS A BOY

    71年作、ファンタスティックなジャケも魅力のブリティッシュ・フォーク傑作

    ファンタスティックなジャケットで人気の高い、71年発表の1stアルバム。優しく紡がれるアコースティック・ギター、マンドリン、ダルシマーによる繊細な響きと叙情性溢れるメロディーがこの上なく美しいブリティッシュ・フォークの名作。男性ヴォーカル2人によるコーラス・ワークもまた絶品で心洗われます。

  • AKTUALA / AKTUALA

    イタリア出身、エンブリヨやポポル・ヴーに通じるサイケデリック且つオリエンタルなサウンド、73年作1st

    イタリアはローマで結成。中近東や北アフリカやアジアの民族音楽にフリージャズやサイケのエッセンスも加えたオリエンタルなプログレ・グループで、フランコ・バッティアートに見いだされて、BLA BLAレコードと契約、73年にリリースされたデビュー作。楽器クレジットにはアラビック・オーボエ、竹笛、フルート、ピッコロ、サックス、クラリネット、モロッカン・ボンゴ、アフリカン・ドラム、タブラなどが書かれています。 悠久の大地を感じさせるゆったりとたおやかで映像喚起的なアンサンブルを軸に、時にフリー・ジャズのテンションあるアンサンブルをはさむサウンドは難しさはまったくなく、たいへん聴きやすく心地よく、マウロ・パガーニあたりのファンは楽しめるでしょう。これは好作品です。

  • PAUL ADOLPHUS / PAUL ADOLPHUS

    オーストラリア人が京都で録音したアシッド・フォーク76年作、名作です

    京都在住のオーストラリア人が、京都の卑弥呼レコードに残した作品。73年録音。原盤は超激レア。憂いのある柔らかい声で歌われるアシッド/サイケ・フォークを基本に、尺八、琴、フルートなどによる「和」のテイストをセンス良く織り交ぜています。古木の風合いの落ち着いた和室、そこに差し込む柔らかい陽光。そんなひっそりとした景色が目に浮かびます。今までほとんど知られていなかったのが不思議なくらい、えもいわれぬ空気感に包まれた幻の逸品。

  • MUSICA DISPERSA / MUSICA DISPERSA

    スペイン産サイケ・フォーク、70年作

    70年作、スペイン。虚ろな男女ヴォーカル、調子っぱずれなリコーダー&ハーモニカー、アシッド臭漂うパーカッション。ISBやDR.SSが好きな方にオススメです。

  • LYNN BLESSING / SUNSET PAINTER

    米ヴィブラフォン奏者による69年ソロ唯一作、陽だまりのようなカントリー・ロックとジャズが融合したニッチな良作

    アメリカのヴィヴラフォン奏者、69年のソロ唯一作。バックにFLYING BURRITO BROTHERSのギタリストSneaky Pete Kleinow、名盤MARK-ALMOND『TO THE HEART』に参加するベーシストのWolfgang Melzなどが参加。カントリー、フォーク・ロック、サイケなどの要素が混ざり合ったアーシーで柔らかなアンサンブルを土台に、ジャジーで涼やかなヴィヴラフォンがの音色が響き渡る、「インストゥルメンタル・カントリー・ジャズ・ロック」と言うべきサウンドが独特ながらも非常に心地よい一枚。ソフト・ロック好きにもオススメです。

アシッドフォークの在庫

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。