プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

GREENSLADEファミリー~バンド関連ミュージシャンの参加作をピックアップ!

スタッフ佐藤です。

メロトロンも駆使したダブル・キーボード編成による叙情溢れるサウンドで、英国プログレでも屈指の人気を誇るのがGREENSLADE。

今回は、バンドをサポートしたミュージシャンも含めた「GREENSLADEファミリー」に注目して、関連作品をたっぷりとご紹介してまいります☆




DAVE GREENSLADE

COLOSSEUMにおけるジャズの素養みなぎる卓越したオルガンワークから、GREENSLADEでのメロトロンも用いた幻想サウンドまでを自在に弾きこなす名キーボーディストですよね。

COLOSSEUM/VALENTYNE SUITE

R&Bを出発点に、ブルース・ブームを通過し、ジャズもクラシックも飲み込んだ高度なハイブリッド=プログレッシヴ・ロックへと行き着いた、クリムゾン1stと並んで60年代英ロックの最終到達点と言える傑作。表題曲におけるGREENSLADEのオルガンワーク、神懸かってます…!

試聴 Click!

COLOSSEUM/LIVE

彼らが解散直前の71年3月に残した英ロック史に輝く傑作ライヴ盤!

ハイズマンによるド迫力のドラミングに乗って、グリーンスレイドのブリティッシュな渋みたっぷりのハモンドとブルージーなデイヴ・クレムソンのギターワーク、クリス・ファーロウのソウルフルな歌声がダイナミックに躍動するアンサンブルが凄まじい…。

試聴 Click!

デイヴ・グリーンスレイド / ゴーイング・サウス

中古棚からこんな一枚を発掘!80~90年代の映画/TV用音楽から選曲された音源集。いかにもブリティッシュな気品もたっぷりの心地よいインストが並ぶ好作品です。

試聴 Click!


DAVE LAWSON

バンド名こそGREENSLADEですが、そのDave Greensladeとほぼ同等の活躍を見せていたのが、もう一人のキーボーディストDave Lawsonです。60年代より磨いてきたオルガンの腕前と、独特の絞り出すような粘り気あるヴォーカルを特徴とします。

ウェブ/アイ・スパイダー

英国叙情あふれるジャズ・ロック・バンドWEBのこの最終作に参加しています。ジャケットはやや不気味ながら、クリムゾン「リザード」も彷彿とさせる静謐でしっとりとしたパートがなんとも美しい名品です。

試聴 Click!

サムライ/サムライ

デイヴ・ローソンを中心に管楽奏者を含む7人が集結したWEBの後身グループ。淡いトーンのオルガン、マイルドなファズギター、叙情的にむせぶサックスやビブラフォンが織りなすサイケデリック&ジャジーなサウンドがグッド!

試聴 Click!


TONY REEVES

DAVE GREENSLADEとはCOLOSSEUM時代からのバンドメイトだったベーシストTONY REEVES。キャリア豊富で、60年代半ばよりJOHN HISEMANらと共にジャズ/R&Bシーンで腕を磨き、ブルースブレイカーズでも活躍したベテランでした。

PAUL KENT/PAUL KENT

ジャケットからして、アル・スチュワート、イアン・マシューズ、ピート・デロあたりのファンはたまらないっすよね。音も憂いと翳りと叙情たっぷり。トニーをはじめとするバックメンバーの芳醇な演奏も聴きものです♪

試聴 Click!

SANDY DENNY/NORTH STAR GRASSMAN AND THE RAVENS

キーフによるジャケからして最高ですね。深みあるボーカル、どっしりとした渋いバンド・サウンド。隅から隅まで英国の香りが充満しています。

トニーは2曲でベースを弾いていますが、この曲でのグルーヴィーでご機嫌なプレイ、大好きです。

試聴 Click!


Andy McCulloch

あのキング・クリムゾンのドラマーに抜擢された技巧派ドラマー。主張はさほどしないものの、ジャズ・ドラムを基礎に持つタイトかつ手数多く畳みかけるプレイがカッコいいですよね。

KING CRIMSON/LIZARD

地味…と言われがちな70年3rdですが、アヴァンギャルドさと優麗なファンタジックさのバランスはクリムゾンの中でも随一ですよね。アンディの高い技量に裏打たれた堅実なドラミングもさすが。

試聴 Click!

FIELDS/FIELDS

元レア・バードのキーボーディストが、アンディらと結成したオルガン・ロック・グループですね。憂い溢れるクラシカルなオルガンと手数多いシャープなドラムとの対比が鮮やか!

試聴 Click!


Martin Briley

脱退したトニーに代わって加入したベーシストがこのMartin Briley。ベーシストとしての技量もさることながら、実はポップSSWとしても優れた才人なんです。

MANDRAKE PADDLE STEAMER/PANDEMONIUM SHADOW SHOW

オルガンやファズ・ギターが荒々しく主張し合う、怪しく混沌としたサウンド・・・これぞ70年代前夜英国アート・ロック!この英サイケ・バンド、ヴァニラ・ファッジやアート期パープル、あるいは初期フロイドが好きなら超オススメ!

試聴 Click!

MARTIN BRILEY/FEAR OF THE UNKNOWN

グリーンスレイドのほか、イアン・ハンターのバンドでも活動した人物なのですが、この81年ソロ、クリス・レインボウやロイ・ウッドなど米憧憬の英ポップSSW好きならきっと気に入るはずのキャッチーかつ気品あるモダン・ポップ/パワー・ポップ好盤!

試聴 Click!



GREENSLADE作品にゲストとして参加したギタリストたちにもフォーカス!

Clem Clempson

おそらくはデイヴやトニーと共にCOLOSSEUMで活動していた縁で、GREENSLADE『SPYGLASS GUEST』に客演しています。

ベイカールー/ベイカールー

コロシアム~ハンブル・パイで活躍したギタリストによるブルース・ロック・トリオ。クリーム「クロスロード」ばりにブルージーにジャジーに引きまくる鋭角フレーズてんこ盛り!

試聴 Click!

ハンブル・パイ/スモーキン

ピーター・フランプトンに代わるギタリストとして、名手クレム・クレムソンが加入した名盤6th!かつて以上にソウルフルなマリオットのヴォーカルと、歯切れよくブルージーなギターのアンサンブルが最高ですね!

試聴 Click!


英国が誇る「いぶし銀」ギタリスト、クレム・クレムソンのお仕事特集!

【関連記事】

英国が誇る「いぶし銀」ギタリスト、クレム・クレムソンのお仕事特集!

COLOSSEUMやHUMBLE PIEなど数々のバンド&作品に貢献した英国の名ギタリスト、クレム・クレムソンのお仕事にフォーカス!


Andy Roberts

主にフォーク・ロック・シーンを支えた名セッション・ギタリストですね。彼も『SPYGLASS GUEST』で味のあるギターを披露しています。

EVERYONE/EVERYONE

アンディ・ロバーツ率いる英ロック・グループ。米国憧憬の中にもフィドルが英国的な陰影を描くフォーク・ロック、ルーラルなコーラスが染みるスワンピーな曲、ペダル・スティールが美しいハートウォームな曲など、英国的メロディが堪能できます。

試聴 Click!

ANDY ROBERTS & THE GREAT STAMPEDE/ANDY ROBERTS AND THE GREAT STAMPEDE

アンディの書く美しく芳醇なメロディとウエストコースト・フレイヴァーたっぷりのご機嫌かつ繊細さもにじむギターワーク。マイナーだけど「アメリカなイギリス」として最高峰の逸品でしょうね。一曲目ではオリー・ハルソールが太くヌケの良いギターを弾いていて、こちらも最高!

試聴 Click!


英国が誇るいぶし銀ギタリスト/SSWアンディ・ロバーツ特集【セッション・ワークス編】

【関連記事】

英国が誇るいぶし銀ギタリスト/SSWアンディ・ロバーツ特集【セッション・ワークス編】

フォーク・ロックからプログレまでジャンルを超えて活躍するいぶし銀英ギタリストAndy Robertsをピックアップ!


英国が誇るいぶし銀ギタリスト/SSWアンディ・ロバーツ特集【バンド&ソロワーク編】

【関連記事】

英国が誇るいぶし銀ギタリスト/SSWアンディ・ロバーツ特集【バンド&ソロワーク編】

英国ロック界が誇るいぶし銀ギタリストAndy Robertsのバンドワーク&ソロワークをピックアップ!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • KING CRIMSON / LIZARD

    70年3rd、表題曲にはYESのジョン・アンダーソンが参加

    奇才Robert Frippを中心に結成され常に先鋭的なサウンドを作り出し、デビュー以来プログレッシブ・ロックの頂点に君臨し続けるイギリスのグループの70年3rd。前作「ポセイドンの目覚め」をリリース後、Robert Fripp、Peter Sinfield以外のメンバーは脱退してしまいますが、Keith Tippett人脈やジャズ畑の技巧派ミュージシャンを新たに揃え、インプロヴィゼーション・フリージャズ色を押し出した作風へ。中でもYESのJon Andersonがゲスト参加した20分に及ぶ表題曲は圧巻の出来であり、常に先鋭的であろうとするRobert Frippの意思を反映した素晴らしい作品となっています。

  • COLOSSEUM / VALENTYNE SUITE

    69年発表、英ジャズ・ロックのみならず、60年代英国ロックとしても屈指の傑作!

    Jon Hisemanを中心に結成されDave Greensladeらを擁したイギリスのジャズ・ロックグループの69年2nd。VERTIGOレーベルの第1作という位置付けの本作は、ブルース・ロックへの傾倒が顕著であったデビュー作から音楽的な引き出しが格段に増した名盤であり、ブリティッシュ・ロック然としたハードなロック・アンサンブルからジャジーな表情、クラシカル・ロック的なアプローチまで、テクニカルなインタープレイを交えながら拡散しつつ融合する素晴らしいものです。中でも彼らを代表する名曲となった表題曲「ヴァレンタイン組曲」は圧巻の出来であり、ブリティッシュ・ジャズ・ロック最高峰の1枚と言えるでしょう。

  • BAKERLOO / BAKERLOO

    後にコロシアム〜ハンブル・パイで活躍する名ギタリスト、デイヴ・クレム・クレムソンが在籍したバンド、69年作。

    後にコロシアム〜ハンブル・パイで活躍する名ギタリスト、クレム・クレムソンがキャリアをスタートさせたブルース・ロック・トリオで、他の2人は、後にヴィネガー・ジョーやグレアム・ボンドのバンドで活躍するベーシスト、テリー・プールと、後にユーライア・ヒープに加入するドラマーのキース・ベイカー。英ハーヴェストから69年にリリースされた唯一作。オープニングから若きクレムのエネルギッシュなギターが炸裂!クリーム「クロスロード」やジョン・メイオールのブルースブレイカーズでのエリック・クラプトンのギターを彷彿させる鋭角なフレージングが光りまくっています。ジャジーな要素もある手数多くスリリングなリズム隊も特筆。バッハの曲をギターとハープシコードを中心にクラシックとジャズとブルースのフュージョンに仕立てたナンバーなど、プログレッシヴな感性もまた聴き所です。英ブルース・ロックの名作!

  • FIELDS / FIELDS

    71年デビュー作、英国らしい叙情性とジャジー&プログレッシヴなアンサンブルが素晴らしいキーボード・ロックの名作

    元RARE BIRDのGraham Fieldが、元KING CRIMSONのAndy McCulloch、そしてKING CRIMSONのメンバーPeter Giles、Michael Giles、Boz Burrellとも交流の深かったAlan Barryと結成したイギリスのプログレッシブ・ロックグループによる71年デビュー作。その内容はRARE BIRD時代の名残を感じさせ、Emerson Lake & PalmerともつながるようなGraham Fieldのハモンド・オルガンを中心にしたキーボード・ロックであり、Andy McCullochのジャジーでテクニカルなドラムをはじめとしたバンド・アンサンブルが英国らしい叙情と味を持ちつつ、とてもキャッチーな音楽性を放つ良作となっています。

  • COLOSSEUM / LIVE

    解散直前の71年3月に録音された英ロック史に輝く傑作ライヴ盤!

    71年リリースのライヴ盤で、通算で4枚目となるラスト・アルバム。スタジオ盤でのダイナミズムがさらに増幅された演奏はただただ圧巻。ジョン・ハイズマンの超重量級でいてシャープな怒涛のドラム、ディック・ヘクストール=スミスの熱すぎるサックス、デイヴ・クレムソンの渾身のブルース・ギター、デイヴ・グリーンスレイドの淡くむせぶハモンド・オルガン、そして、クリス・ファーロウのソウルフルなヴォーカル。すさまじい一体感とダイナミズム。間違いなく当時の英国で屈指と言える実力派だったことでしょう。傑作です。

  • SAMURAI / SAMURAI

    グリーンスレイドでお馴染みのデイヴ・ローソン率いるグループ、幻想的なジャズ・ロックを聴かせる71年の唯一作

    グリーンスレイドでお馴染みのKey/Voのデイヴ・ローソンが加入して70年に3rd『I SPIDER』を発表したバンドWEBがそのまま発展したバンドがSAMURAI。彼らの71年唯一作が本作です。管楽器奏者を含む7人編成で、淡いトーンのオルガン、角の取れたマイルドなファズギター、叙情的にむせぶサックスやたゆたうビブラフォンが織りなす幻想美溢れるサイケデリック&ジャジーなブリティッシュ・ロックが印象的です。引き締まったドラムやゴリゴリとアグレッシヴなベースなどタイトなリズム、そしてデイヴ・ローソンによる英国的な優美な歌声も特筆。KHANあたりと並ぶR&Bからサイケを通過したジャズ・ロックへとたどり着いた英国ロックの逸品です。

  • SANDY DENNY / NORTH STAR GRASSMAN AND THE RAVENS

    ex.FAIRPORT CONVENTION、ツェッペリン4th収録「限りなき戦い」への参加でも知られる女性シンガー、71年ソロ1st

    フェアポートを抜けたサンディー・デニーが71年に発表したファースト・ソロ。フェアポートと比べてトラッド色が薄まった分くっきりと浮かび上がる彼女の繊細な歌声が絶品。いかにも英国フォーク的な荘厳なメロディーがまた素晴らしく、盟友リチャード・トンプソンのつぼを押さえたギターも曲を一層引き立てています。

    • UICY9567

      紙ジャケット仕様、05年リマスター、ボーナス・トラック4曲、英国新編集12Pブックレット付き仕様、定価2141

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

  • EVERYONE / EVERYONE

    アンディ・ロバーツ率いる英ロック/フォーク・ロック・グループ、B&Cからの71年作

    リヴァプール・シーンやグリムズやプレインソングでの活動でもソロでも英ロックのファンにはお馴染みのアンディ・ロバーツが、元ヤンコ・パートナーズやミック・エイブラハムズ・バンドのKey奏者ボブ・サージェントらと結成したグループ。サンディ・ロバートソンのプロデュースで録音され、アトミック・ルースターやジンハウスやハンニバルなども所属するB&Cレーベルより71年にリリースされた唯一作。2曲目「Sad」の名曲ぶりが凄い!抑制されたリズム隊とピアノが「くるぞくるぞ」と聴き手の期待を煽るタメの効いたイントロから雰囲気たっぷり。バックにはメロトロンも鳴らされ、ハイ・トーンのスモーキーなヴォーカルがエモーショナルに憂いのあるメロディを歌い上げる。リズムが走り、オルガンが鳴らされ、ピアノがジャジーなフレーズを彩ると、そこは英国ならではの翳りある世界。そこに追い打ちをかけるように鳴らさせるメロトロン!ブリティッシュ・ロック一級の名曲ですね。その他の曲も粒ぞろいで、米国憧憬の中にもフィドルが英国的な陰影を描くフォーク・ロック、ルーラルなコーラスが染みるスワンピーな曲、ペダル・スティールが美しすぎるハートウォームな曲など、英国的なメロディが堪能できます。英フォーク・ロック/SSWのファンはもちろん、ネオン・レーベルあたりのジャジーで叙情的な英ロックのファンにもたまらない名作!

  • HUMBLE PIE / SMOKIN’

    ピーター・フランプトンに替わり名手クレム・クレムソンが加入し制作された72年作6th

    ピーター・フランプトンに代わるギタリストとして、名手デイヴ”クレム”クレムスンが加入、米アルバム・チャート6位をマークした6thアルバム。スティーヴ・マリオットの、かつて以上にブルージーでソウルフルなリード・ヴォーカルを主軸に、勢いと安定感を兼ね備えた圧倒的なパフォーマンスを披露した傑作。72年作。

  • ANDY ROBERTS & THE GREAT STAMPEDE / ANDY ROBERTS AND THE GREAT STAMPEDE

    73年の幻の名作、英フォークと米ルーツ・ロックとの完璧な出会い!

    英フォークSSW。セプテンバー・プロダクションのサンディ・ロバートンによるプロデュースで73年に録音されながら、1500枚しか流通しなかった幻のアルバム。1曲目からかなり鷲づかみ!Ollie Halsallによる太くヌケの良いリズム・ギターが突き抜け、美しく芳醇なメロディとウエストコースト・フレイヴァーいっぱいのコーラスが空高く舞い上がる。英フォークと米ルーツ・ロックとの完璧な出会い。Zoot Money、名ペダル・スティール奏者B.J.Coleなどバック陣も豪華で、旨みいっぱいのアンサンブルがこれでもかと堪能できます。「アメリカなイギリス」として最高峰の逸品。これは良いです

  • PAUL KENT / PAUL KENT

    憂いと翳りに満ちた英SSW、71年作2nd、セプテンバー・プロダクション制作

    英国のSSW。P.C.KENT名義での69年デビュー作『UPSTAIRS COMING DOWN』に続く71年作2ndで、サンディ・ロバートソン率いるセプテンバー・プロダクションにより制作され、B&Cレーベルからリリースされた作品。憂いと翳りにつつまれた美しい歌声、ザ・バンドなど米ルーツへの憧憬を英国らしい艶やかな叙情性で包み込んだ芳醇なメロディ、淡い色合いの湿り気を含んだフォーキー・ロックなアンサンブル。オープニングから英国臭プンプンのスワンピー&叙情性たっぷりのナンバーが感動的。牧歌的でポップなフォーキー・ポップな2作目は和みの佳曲だし、幻想的なアコギ爪弾きで幕を開けるアシッド臭あるフォークの3曲目も雰囲気たっぷりだし、これはジャケットから感じる期待通りのサウンドです。アル・スチュワート、キース・クリスマス、アンディ・ロバーツ&イアン・マシューズあたりのファンは必聴の名作。

  • MARTIN BRILEY / FEAR OF THE UNKNOWN

    GREENSLADEやIAN HUNTER BANDで活躍した英ベーシスト/ギタリスト/SSW、高品質なモダン・ポップ/パワー・ポップを聴かせる81年1stソロ

    トニー・リーヴスの後任ベーシストとしてGREENSLADEに参加し4th『TIME & TIDE』を残した他、イアン・ハンターのバンドでも活動した英国のベーシスト/ギタリスト/SSW、81年発表の1stソロ作。ELOあたりに通じる英国的な気品あるポップセンスと、QUEEN的な綺羅びやかさ、そしてアメリカ録音を反映したような爽やかで抜けのよいAORタッチのサウンドが複合された、モダン・ポップ/パワー・ポップの好ナンバーが並びます。自身による鼻にかかった少し粘りあるヴォーカルもポップなサウンドに抜群にマッチしているし、数曲で聴けるブライアン・メイばりのギターオーケストレーションもサウンドを華やかに彩っていて、コンポーザー/プレイヤーとしてその才能は間違いなく一級品。時代が時代なので曲によってシンセポップ色があったり、疾走感ある曲ではメロディアス・ハード色があったりと80年代らしい音が散りばめられていますが、一本筋の通ったポップでキャッチーなメロディメイクが散漫な印象を与えません。クリス・レインボウやロイ・ウッドなど米憧憬の英ポップSSW好きならきっと気に入るはずの愛すべき逸品!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。