プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ムゼオ・ローゼンバッハから巡る、狂おしきイタリアン・ヘヴィ・シンフォ名作選!

西洋音楽の中心地イタリアらしいクラシック由来の荘厳さと、ハード・ロックにも通ずる荒れ狂うヘヴィネス。

凶暴さと叙情性が渦を巻くイタリアン・ヘヴィ・シンフォの名作をご紹介してまいりましょう。

MUSEO ROSENBACH/ZARATHUSTRA(1973)

たった1枚のアルバムだけを残して解散したにも拘わらず、その1枚がイタリアン・ヘヴィ・シンフォの頂点として語り継がれるMUSEO ROSENBACHの73年作。

洪水」という言葉がぴったりの轟々たるメロトロン、牙をむくように狂暴なアンサンブル、そして強烈なまでの叙情性!何もかもが圧倒的ですね。

試聴 Click!

IL BALLETTO DI BRONZO/YS(1972)

ムゼオと並びイタリアン・ヘヴィ・シンフォを代表する傑作。

ハードロック然とした凶暴なギターや鋭い変拍子リズム・セクション、そして狂気的なまでのテンションで鳴り響くピアノ、チェンバロ、メロトロン。

決してイタリアからしか生まれえない、クラシカルな芸術性とロックのダイナミズムがぶつかり合う圧倒的名盤。

試聴 Click!

OSANNA/PALEPOLI(1973)

彼らもヘヴィ・シンフォの代表的グループと称されますが、この73年作はヘヴィ・シンフォの枠を超えた孤高の怪作。

まるで邪教の儀式を覗き見てしまったかのような戦慄が走る、狂気と暴力性と崇高さが渦巻く音像。それでもまた、夜な夜な聴きたくなるのは何故なのか…。

試聴 Click!

CERVELLO/MELLOS(1973)

OSANNAのDanilo Rusiciの弟Corradoを中心に結成されたグループによる73年唯一作。

メロトロン以外のキーボードは使用されておらず、エレクトリック・サックスを擁したタイトで肉感のある演奏が印象的。退廃美と妖艶さが渦巻く傑作!

試聴 Click!

SEMIRAMIS/DEDICATO A FRAZZ(1973)

若干16歳のMichele Zarrilloが率い、他メンバーも全員10代であったにも拘わらず、イタリアン・ヘヴィ・シンフォの代表的傑作の一つとして名高い73年作。

多少粗削りではあるものの、若々しいエネルギーが暴走するかのようなスリリングな演奏もまた魅力。

試聴 Click!

RACCOMANDATA RICEVUTA RITORNO/PER…UN MONDO DI CRISTALLO(1972)

ムゼオ・ローゼンバッハやオザンナ『パレポリ』にも先んじて高い完成度のヘヴィ・シンフォを聴かせる72年作。

圧倒的にダイナミックなヘヴィー・シンフォ的展開と煌めくようなフォーキーなサウンドとによって描かれる、静と動の激しい振れ幅が印象的です。

試聴 Click!


【ユーロロック周遊日記】イタリアン・ヘヴィ・シンフォの金字塔CERVELLOの73年唯一作『MELOS』

【関連記事】

【ユーロロック周遊日記】イタリアン・ヘヴィ・シンフォの金字塔CERVELLOの73年唯一作『MELOS』

一日一枚ユーロロックの名盤をピックアップしてご紹介する「ユーロロック周遊日記」。本日は、OSANNA『PALEPOLI』やMUSEO ROSENBACH『ZARATUSTRA』などと並び、イタリアン・ヘヴィ・シンフォの金字塔と言える傑作、CERVELLOの73年唯一作『MELOS』をピックアップいたしましょう!

ALPHATAURUS/ALPHATAURUS(1973)

オルガン、ムーグなど多彩なキーボードが変幻自在に躍動するアグレッシヴなアンサンブルが持ち味。

イル・バレやムゼオにも引けを取らない伊ヘヴィ・シンフォ名作!

試聴 Click!


【ユーロロック周遊日記】70'sイタリアン・ヘヴィ・シンフォ屈指の逸品ALPHATAURUSの73年作『ALPHATAURUS』

【関連記事】

【ユーロロック周遊日記】70’sイタリアン・ヘヴィ・シンフォ屈指の逸品ALPHATAURUSの73年作『ALPHATAURUS』

毎回ユーロロックの名盤を一枚ピックアップしてご紹介する「ユーロロック周遊日記」。本日は、70’sイタリアン・ヘヴィ・シンフォの実力派バンドとして知られるAPLPHATAURUSの73年唯一作『APLPHATAURUS』をピックアップいたしましょう。

さて、ここまでは70年代の代表的な伊ヘヴィ・シンフォ作品をご紹介してまいりました。

ここからは、自国の70年代ヘヴィ・シンフォを現代に堂々と受け継ぐ新鋭グループ達をピックアップ。まずはこの作品をご一聴あれ…!

LA MASCHERA DI CERA/S.E.I. (FROM SEPTEMBER 18TH / DAL 18 SETTEMBRE)(2020)

鬼才Fabio Zuffanti率いる現伊プログレの雄、7年の沈黙を破りリリースされた20年作6th!

冒頭3分間でMUSEOやBANCOなど往年の伊プログレ・ファンなら歓喜に震えること必至ですよ~!

試聴 Click!

QUEL CHE DISSE IL TUONO/IL VELO DEI RIFLESSI(2020)

UNREAL CITY、CELLAR NOISEという現イタリア屈指の有力バンドのメンバーらが結成した期待の新鋭バンド!

バンコやムゼオら70s伊プログレを受け継ぐ、オルガンとメロトロンを軸にした哀愁のクラシカル・プログレは洗練されつつも風格に満ちていて圧巻。

試聴 Click!

PROMETHEO/D’UN FUOCO RAPITO D’UN GIOVANE UOMO D’UN AMORE INSENSATO(2019)

70年代イタリアン・ヘヴィ・シンフォの空気をそのまま詰め込んだようなヴィンテージ感!

ゲスト女性ヴォーカリストの力強い歌声も良いなあ。注目の19年デビュー作!

試聴 Click!

IL FAUNO DI MARMO/THE REBUS YEARS 2001-2012

70年代のヘヴィ・シンフォ・サウンドを鮮やかに蘇らせた13年デビュー作で高い評価を得たIL FAUNO DI MARMO。こちらは彼らの前身バンドREBUSのアルバム2作品を収録したリイシュー盤。

たった400枚が自主制作されただけの無名だったようですが、

試聴 Click!

TAPROBAN/STRIGMA(2013)

狂おしく鳴り響くメロトロンやムーグ!それにしても凄まじい音圧・・・。EL&P、バンコ、イル・バレット・ディ・ブロンゾに影響を受けた伊キーボード・トリオ2013年作!

試聴 Click!

いかがでしたか?こちらの記事もどうぞ!


イタリアン・ロック特集

【関連記事】

イタリアン・ロック特集

イタリアン・ロックを「プログレ」という視点ではなく、西洋文化の中心地イタリアで育まれたロック・ミュージックとしてとらえなおすと?

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • OSANNA / PALEPOLI

    伊ヘヴィ・シンフォニック・ロックを代表する傑作、73年リリース

    CITTA FRONTALEを母体に、Danilo RusiciとElio D’annaを中心に結成され、呪術的なサウンドとほの暗い叙情でトップバンドへと登りつめたイタリアのへヴィー・プログレッシブ・ロックグループの73年3rd。彼らの最高傑作として名高い本作は、彼らの個性である呪術的な暗鬱とした音楽性、圧倒的なサイケデリアを描く音像、そして過剰なへヴィネスを内包したギター、サックスが先導するフリー・ジャズ路線のアプローチが高次元で融合したイタリアン・プログレッシブ・ロックを代表する名作であり、おどろおどろしいながらも神秘を感じさせる傑作です。

  • CERVELLO / MELOS

    イタリアン・プログレッシヴ・ロックを代表すると言っても過言ではない一枚、妖艶さと退廃感が同居する傑作ヘヴィ・シンフォ

    OSANNAのDanilo Rusiciの弟であり、OSANNA、NOVAにも参加することとなるCorrado Rusticiを中心に結成されたイタリアのプログレッシブ・ロックバンドの73年唯一作。その内容はほの暗い叙情とOSANNAに通じる邪悪な呪術的雰囲気を有したアーティスティックなプログレッシブ・ロックであり、メロトロンやフルートなどが演出する憂いを帯びた神秘的なサウンドと、対照的にラウドなリズム・セクションの上でへヴィーなギターとサックスが盛り上げるへヴィー・プログレッシブなサウンド、そして混声合唱を導入したイタリア然とした荘厳なサウンドまで、触れ幅に恵まれた名盤となっています。

  • IL BALLETTO DI BRONZO / YS

    アーティスティックかつ緊張感みなぎる72年作2nd、伊へヴィ・シンフォ屈指の名盤!

    OSANNAの前身グループであるCITTA FRONTALEに参加していたGianni Leoneが在籍し、イタリアン・プログレッシブ・ロックの傑作を生み出したバンドの72年2nd。その内容はハード・ロック然としたパワフルなギターやテクニカルに畳み掛けるリズム隊による変拍子をボトムに、Gianni Leoneのクラシカルなピアノやバロック風のチェンバロ、そしてメロトロンなどのキーボードが乱れ飛ぶ狂気のへヴィー・シンフォニック・ロックであり、攻撃的でスリリングなインプロヴィゼーションとアヴァンギャルドとすら言えるような前衛的な怪しさを内包させた、シーン屈指の名盤です。

  • MUSEO ROSENBACH / ZARATHUSTRA

    イタリアン・ヘヴィ・シンフォの大傑作、73年作

    イタリアン・シンフォニック・プログレッシブ・ロックの頂点に君臨する名盤であり、イタリア然とした叙情とへヴィネスで迫る傑作73年作。その内容はロマンに溢れるメロディーと、キーボード・サウンドをメインに据えた爆発的な熱気を感じるへヴィー・シンフォニック・ロックであり、ニーチェの「ツァラトゥストラはかく語りき」テーマに掲げた壮大なコンセプト・アルバムです。儚げなフルートや溢れ出る洪水のようなストリングスなど、メロトロンの長所を生かしきった名盤としても別格の出来であり、へヴィーなギターやせわしない手数を誇るドラムが彩るパワフルな音像に、深みのあるシンフォニック性とイタリアン・ロックの風格を加味することに成功しています。入門編にも最適な必聴名盤。

  • SEMIRAMIS / DEDICATO A FRAZZ

    弱冠16歳の天才ミケーレ・ザリッロが率いた伊ヘヴィ・シンフォ・バンド、73年リリースの唯一作にして傑作!

    リリース当時、全曲の作曲を手がけているMichele Zarrilloは若干15歳であり、他メンバーも全員10代であったと言うイタリアのへヴィー・シンフォニック・ロックグループの73年唯一作。変革する社会に対応できなくなったひとりの人間をコンセプトに掲げたトータル・アルバムとなっており、バタバタと暴れるリズム・セクションに荒々しいギター・ワーク、そしてクラシカルなアンサンブルを聴かせるキーボードがイタリアらしい熱気を伝えます。強引に引っ張り変化する展開や多少荒削りで垢抜けない雰囲気は感じるものの、当時の彼らの年齢を考えれば若々しいエネルギーが暴走するサウンドは非常に魅力的なものであり、起伏に富んだスリリングな作品と見ることが出来るでしょう。

  • ALPHATAURUS / ALPHATAURUS

    イタリアン・ヘヴィ・シンフォ、73年発表の唯一作、多彩なキーボードが躍動する変幻自在の曲展開が魅力

    イタリア出身、73年発表の唯一のアルバム。オルガン、ヴィヴラフォン、チェンバロ等多彩なキーボード群をフィーチャーしたアグレッシヴなプログレッシヴ・ロック。各パートがせめぎ合うスリリングなアンサンブルによる変幻自在の曲展開が持ち味。幻想的なチェンバロのリフレインに、神秘的なムーグ・シンセサイザー、歪んだギター、ドタバタと手数が多くパワフルなドラムが加わり、鮮やかさを増していく夜明けのような導入部から、優美な電子ピアノ・ソロを挟んで、男声コーラスに包まれた情熱的なヴォーカルがムーグ・シンセサイザーと共に飛翔するドラマティックなクライマックスへとダイナミックに楽曲が表情を変化。若々しい勢いと迫力が伝わるイタリアらしさ満載の一枚です。

  • RACCOMANDATA RICEVUTA RITORNO / PER…UN MONDO DI CRISTALLO

    オザンナ『パレポリ』やムゼオ・ローゼンバッハの唯一作に先んじたイタリアン・ヘヴィ・シンフォの傑作、72年リリース

    後にSAMADHIを結成するボーカリストLuciano RegoliとギタリストNanni Civitenga、そしてPROCESSIONへ加入するドラマーFrancesco Froggio Francicaを擁したイタリアのプログレッシブ・ロックバンドによる72年唯一作。メロディーなどにはイタリアらしいフォーキーなフレーバーが漂うものの、サックスやフルートが登用されテクニカルでへヴィーな変拍子の畳み掛けを見せるなど、その音像はKING CRIMSONを髣髴とさせ、加えて現代音楽などに影響されたアヴァンギャルド性はほの暗さと呪術的な怪しさを放ちます。同郷OSANNAを想起させますが、爆発的な邪悪さを放つOSANNAより整理されたサウンドと言う印象を持ちます。紙ジャケット仕様。

  • QUEL CHE DISSE IL TUONO / IL VELO DEI RIFLESSI

    UNREAL CITYのギタリスト、CELLAR NOISEのキーボーディストらによるイタリアン・プログレ新鋭20年デビュー作、オルガンとメロトロンを軸にした哀愁のクラシカル・プログレを聴かせる傑作!

    現イタリアの有力バンド、UNREAL CITYのギタリスト、CELLAR NOISEのキーボーディストらによって結成されたプログレ・グループによる20年デビュー・アルバム。BANCOやMUSEO ROSENBACHなど70年代イタリアン・プログレの遺伝子を受け継ぐ、オルガンとメロトロンを軸にした哀愁のクラシカル・プログレは、さすが実力派メンバーが集結しているだけあって、洗練されつつも風格に満ちていて圧巻!70年代初頭に聴かれたようなヴィンテージ・トーンで荘厳に鳴るオルガン、ここぞで洪水の如く流れ込むメロトロンらによって構築的に展開していく、重厚ながらもスリルに満ちた音世界を構築しています。一音一音に零れんばかりの哀感を湛えた泣きのギター、神秘的な調べのフルートも絶品です。また熱唱タイプではないながら聴く者を惹きつけるエモーションを湛えたイタリア語ヴォーカルも伊ロック・ファンならグッと来るはず。これは間違いなく往年のイタリアン・ロック好きのツボを心得たサウンドと言えるでしょう。傑作です。

  • TAPROBAN / STRIGMA

    EL&P、バンコ、イル・バレット・ディ・ブロンゾに影響を受けたイタリアのキーボード・トリオ、2013年作4th、メロトロンやムーグが狂おしく鳴り響くヘヴィ・シンフォ快作

    96年にローマで結成、キーボード奏者がフルートも吹き、ベースとギターが兼任する編成のキーボード・トリオ。2013年作4th。EL&P、バンコ、イル・バレット・ディ・ブロンゾなどに影響を受けたようですが、なるほど、キーボードが豪快に鳴らしながら邪悪に畳みかけるヘヴィ・シンフォ・パートと流麗なフルートをフィーチャーした叙情的なパートとがめくるめくダイナミックな展開が圧巻。それにしても、ヘヴィなパートの音圧はすさまじく、前のめりに疾走するドラム、塊となって聴き手に襲いかかるヘヴィなギターとベース、そして、狂おしく鳴り響くメロトロンやムーグによるソリッドなサウンドは圧巻。リズムが躍動しムーグがメロディアスなフレーズを柔らかに奏でるパートはジェネシス直系。往年のイタリア/イギリスのプログレへの憧憬に満ちたヴィンテージな一枚。これは名作です。

  • LA MASCHERA DI CERA / S.E.I. (FROM SEPTEMBER 18TH / DAL 18 SETTEMBRE)

    鬼才Fabio Zuffanti率いるイタリアン・プログレの人気バンド、7年の沈黙をエネルギーみなぎるヘヴィ・シンフォによって破った20年作6th!

    現イタリアン・プログレ・シーンきっての鬼才Fabio Zuffantiが率いる人気グループ、スタジオ作としては7年ぶりとなった2020年作6th。20分超の大作+10分前後の2曲を配した重厚な構成となっています。ヘヴィに唸るベースと硬質なドラムがゴリゴリと突き進み、邪悪さが滲むオルガンがスリリングに疾走する嵐のようなヘヴィ・シンフォにオープニングからいきなり圧倒されます。嵐が過ぎ去ると、雄大に沸き上がるシンセとメロトロンをバックにフルートが切なく美旋律を紡ぐ堂々たる王道イタリアン・ロックへと着地。この冒頭3分間でMUSEOやBANCOなど往年の伊プログレ・ファンなら歓喜に震えること必至!そこから歌い出す雄々しさの中に枯れた味わいを秘めた哀愁のヴォーカルも変わらずの素晴らしさで胸を熱くさせてくれます。シンセ、メロトロン、オルガンが渾然一体となり荘厳に鳴り響く中を、DERILIUMのMartin Griceによるサックスが舞い上がるパートも感動的だなぁ。これはきっと7年間募らせた期待を大きく上回る完成度ですよ。傑作!

  • IL FAUNO DI MARMO / THE REBUS YEARS 2001-2012

    往年のヘヴィ・シンフォが蘇った13年作が高い評価を得たIL FAUNO DI MARMOの前身バンドREBUSの音源がリイシュー、これも強烈なヴィンテージ臭を放つ傑作!

    70年代のヘヴィ・シンフォ・サウンドが鮮やかに蘇った2013年のデビュー作が高く評価されたバンドIL FAUNO DI MARMOの前身バンドREBUSの2作品が2枚組でリイシュー。02年作『REBUS』と05年作『ACROTERIUS』で、どちらも自主制作で400枚ほどが制作されてソールド・アウトとなったレア盤。それにしても、本当に00年代の作品なの!?と思ってしまう、強烈なヴィンテージ感。荒々しく吹き鳴らされる唾飛ばしフルート、ウネリを上げるハモンド・オルガン、熱くかきむしるエレキ・ギター、バタバタとした性急なリズム隊、そして、突き放すようなエネルギッシュなヴォーカル。狂おしい「動」のパートと対照的に、フルートが夢想的に響く「静」のパートもグレイトだし、マウロ・パガーニばりの地中海フレイヴァーも飛び出したり、往年のイタリアン・ロックのファンは歓喜すること間違いなし。これだけのサウンドを鳴らしながら、IL FAUNO DI MARMOと改名してデビューするまでほぼ無名だったとは・・・。強烈すぎる傑作!

  • PROMETHEO / D’UN FUOCO RAPITO D’UN GIOVANE UOMO D’UN AMORE INSENSATO

    イタリア新鋭、イルバレ、ムゼオといった伊ヘヴィ・シンフォの空気そのままのヴィンテージなサウンドを聴かせる19年デビュー作

    08年結成のイタリアン・プログレ新鋭、19年デビュー作。ささくれ立ったようなディストーション・ギターと重厚なオルガンが熱くせめぎ合い、スリリングなリズム隊と共にゴリゴリと畳み掛ける。IL BALLETTO DI BRONZOやMUSEO ROSENBACHといった往年の伊ヘヴィ・シンフォの空気をそのまま詰め込んだかのような、ヴィンテージ感たっぷりのアンサンブルを全編に渡り展開していて感動!ダークで緊張感みなぎる楽曲はもちろん、エモーショナルなヴォーカルが瑞々しいメロディを歌い上げる叙情的な楽曲も絶品。70年代イタリアン・ヘヴィ・シンフォのファンは要チェックの好盤です!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。