プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

スタッフ増田の「このリフを聴け!」第二回:THREE MAN ARMY「Butter Queen」

ギター・リフがとにかく好きなスタッフ増田が、皆様に是非聴いていただきたいリフをご紹介していく「このリフを聴け!」。拙いコラムではありますが、どうぞお付き合いいただければ幸いです!



ロックを愛する皆様であれば、必ず一人は敬愛するギタリストがいるはず。

「世界三大ギタリスト」と言われるジミー・ペイジ、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック。「ギターの神様」ジミ・ヘンドリックス。ハード・ロック・ファンならリッチー・ブラックモアやゲイリー・ムーアがギター・ヒーローだという方も多いでしょう。
(ちなみに存じ上げなかったのですが、「現代の世界三大ギタリスト」はジョン・メイヤー、デレク・トラックス、ジョン・フルシアンテの三人だとか)

人の心を掴むエモーショナルなプレイや、類稀なる速弾きテクニック。様々な名ギタリストがロック界に君臨するように、「ギタリストのどこに魅力を感じるか」も人それぞれ。

私はもちろん「格好良いリフを弾くギタリスト」が何より大好物。本日紹介するTHREE MAN ARMYのエイドリアン・ガーヴィッツもそんな大好きなギタリストの一人です。

エイドリアン・ガーヴィッツは1949年、ロンドン北東部のストーク・ニューイントン生まれ。父がクリフ・リチャードやシャドウズ、キンクスのツアー・マネージャーを務めるロック畑の人間だったことから、2歳上の兄ポールと共に幼い時からロックに親しみ育ちます。

8歳でギターを始めたエイドリアンは、15歳の時にはすでにプロとしての活動を開始。そんな彼が最初にその名を轟かせたのが、18歳の時に彼の兄と結成したトリオ・バンド、GUNでした。

彼のハード・ロック・ミュージシャンとしての類稀なる才覚は、このGUNの68年デビュー作『GUN(悪魔天国)』にして既に明確に表れています。

シングル・カットされ英国チャートTOP10にも入った彼のナンバー「Race With The Devil」は、LED ZEPPELINデビュー前夜にしてブリティッシュ・ハード・ロックの誕生を高らかに宣言した歴史に残る名曲。

ヘヴィで荘厳なサウンド・メイクもさることながら、パワフルかつスピード感たっぷりに切り込むギター・リフの存在感と言ったら…。もし『1968年のギター・リフTOP3』を決めるとするなら、CREAMの「Sunshine Of Your Love」やSTEPPENWOLFの「Born To Be Wild」と並べてこの曲を挙げたいくらいの完成度です(ジミヘンの「Voodoo Child」も捨てがたいですが…)。ちなみに本作はかのロジャー・ディーンが最初にジャケットを手がけた作品としても有名ですね。

GUNは翌年に2nd『GUNSIGHT』を発表。こちらも「元祖NWOBHM」なヘヴィ・チューン「Dreams And Screams」など名曲多数のハード・ロック・ファン必聴作ですが、1stほどのヒットは飛ばせず。メンバーの脱退もあり、本作の翌年にGUNは解散してしまいます。(ちなみに2ndはヒプノシスがジャケットを担当!)

GUNの後もエイドリアン(Gt/Vo)&ポール(Ba/Vo)のガーヴィッツ兄弟はタッグを組み、元SPOOKY TOOTHのマイク・ケリーやMAY BLITZのトニー・ニューマンをドラムに迎えたTHREE MAN ARMY、そしてかのジンジャー・ベイカー擁するBAKER GURVITZ ARMYなどのハード・ロック・トリオで活動。英ロック界に数々の名作を残したガーヴィッツ兄弟ですが、今回はTHREE MAN ARMYの71年作1st『A THIRD OF A LIFETIME』からのナンバーをピックアップいたしましょう。

THREE MAN ARMY「Butter Queen」

試聴 Click!

格好良いリフを弾く上で重要なのは、『印象に残るフレーズ×それを出力するギター・サウンドの掛け算』である……というのが私の持論なのですが、エイドリアンはその二つのバランスがとても優れたギタリストだと思います。なんというかこう、真っ直ぐにガツンと来るんです。浮ついた音ではなく、エネルギッシュでソリッドで、特に飾り気はないけれど硬派で太くてヘヴィ。ソウルフルなハイ・トーン・ヴォーカルも含めて、「ブリティッシュ・ハード・ロックとはかくあるべき」という見本かつ理想形のようなサウンドを作るミュージシャンだと、少なくとも私はそう考えています。

彼らの存在がハード・ロック・ファン以外にあまり知られていないのは、もしかすると多少「優等生」すぎるのが原因かもしれません。少し斜に構えていたり挑発的なところがないと、曲者揃いのハード・ロック群雄割拠時代では埋もれてしまったのかも…。それでもこの「Butter Queen」のような、合理性を追求したトリオ編成によるリフ1本勝負の直球サウンドには、ハード・ロックの最もシンプルな旨味が凝縮されているようで、私のような者はたまらなく心惹かれてしまいます。

THREE MAN ARMYの作品ではこの後メンバーを入れ替えて発表される74年作3rd『2』(再結成後の2作目であるため)も人気の高い一枚ですが、こちらは時代も進みドラマチックな味付けが濃くなった印象。エイドリアンのギターの魅力を「素材のまま」楽しむならこの1stがオススメです。


後にエイドリアンはまさかのAORに転向し、82年のアルバム『Classic』からの同名シングルなどでヒットを獲得。さらに90年代にはケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストン主演映画『ボディガード』の音楽を手掛け、そのサントラ盤が「世界で最も売れたサウンドトラック」になるなど、目覚ましい成功を収めています。

ハード・ロック・ギタリストではなくなった時代の方が評価を集めてしまったのは少し寂しいところではありますが、特別驚くことではありません。GUN~THREE MAN ARMY~BAKER GURVITZ ARMY時代の美しいストリングスを取り入れたバラードを聴けば、彼が若かりし時から叙情あふれる感動的なメロディを作る才能に長けていたことは明らかだからです。

とはいえハード・ロック・ファンとしては、やはりギタリストとしての彼をしっかりと評価したいところ。飾り気はないけれどとにかく剛速球、「真っ直ぐ」にハード・ロックの美味しさを伝えるエイドリアンのギター・サウンドの素晴らしさをぜひ多くの人に知って頂きたいです。


スタッフ増田の「このリフを聴け!」第一回:ARMAGEDDON「Buzzard」

【関連記事】

スタッフ増田の「このリフを聴け!」第一回:ARMAGEDDON「Buzzard」

スタッフ増田が心動かされたギター・リフをひたすら紹介していくコラム「このリフを聴け!」。第1回は英国のハード・ロック・バンド、ARMAGEDDONの「Buzzard」のリフです。


「そしてロックで泣け!」第二十九回 ベイカー・ガーヴィッツ・アーミーの「アーティスト」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第二十九回 ベイカー・ガーヴィッツ・アーミーの「アーティスト」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。

THREE MAN ARMYの在庫

  • THREE MAN ARMY / A THIRD OF A LIFETIME

    ガーヴィッツ兄弟率いるハード・ロック・トリオ、71年、ヘヴィーなプレイで畳み掛ける最高のデビュー作!

    ガーヴィッツ兄弟がGUNの後に元スプーキー・トゥースのドラマーと結成したグループ。71年作の1st。スピーディーなギター・リフとスリリングなギター・ソロで仁王立ちするギターと疾走するリズム隊によるハード&アグレッシヴなアンサンブルが圧巻。トリオ編成による隙間のあるサウンドが、逆にバンドのスピード感を際立たせていてグッド!名作。

「THREE MAN ARMYの在庫」をもっと見る

GUNの在庫

  • GUN / RELOADED

    英ハードを代表するグループ、BBCやJohn Peel Showなどラジオ音源、デモ音源、80年代に3人が集まって録音した未発表曲など、全14曲を収録した未発表音源集。ボーナスDVDには68年BEAT CLUBの映像収録。

    エイドリアン・ガーヴィッツ率いる英ハード・ロック・グループ。DVDとの2枚組で、DVDには、German Beat Club出演時の映像「Race With The Devil」1曲を収録。

「GUNの在庫」をもっと見る

BAKER GURVITZ ARMYの在庫

  • BAKER GURVITZ ARMY / FLYING IN AND OUT OF STARDOM

    ガーヴィッツ兄弟とジンジャー・メイカーが組んだブリティッシュ・ハード・ロック・バンド、03年編纂のアンソロジー、全30曲

    GUN、THREE MAN ARMYで活躍したエイドリアン&ポール・ガーヴィッツ兄弟にジンジャー・ベイカーが加わり結成されたグループ。74年から76年にかけてリリースされた3作品から選曲された30曲入り2枚組ベスト。

  • BAKER GURVITZ ARMY / SINCE BEGINNING: THE ALBUMS 1974-1976

    ガーヴィッツ兄弟とジンジャー・ベイカーが組んだ英ハード・ロック・バンド、74年1stから76年3rdまでの全3作を収録したボックス!

    GUNやTHREE MAN ARMYで活躍したエイドリアン&ポール・ガーヴィッツ兄弟に元CREAMのドラマー、ジンジャー・ベイカーが加わり結成されたブリティッシュ・ハード・バンド。74年デビュー作『BAKER GURVITZ ARMY』、SHARKSのSnipをヴォーカルに迎えた75年作2nd『ELYSIAN ENCOUNTER』、76年の最終作『HEARTS ON FIRE』の全3作を収めたボックス。キレのあるギター・リフを活かしたハード・ロックからメロディアスでファンキーなナンバーまで、ヴァラエティーに富みつつも一貫してソリッド&ハードな演奏が非常に格好いい名バンドです。

  • BAKER GURVITZ ARMY / BAKER GURVITZ ARMY

    ガーヴィッツ兄弟とジンジャー・ベイカーの強力タッグ!74年作

    GUN、THREE MAN ARMYで活躍したエイドリアン&ポール・ガーヴィッツ兄弟にジンジャー・ベイカーが加わり結成されたグループ。74年作の1stアルバム。スピーディーなギター・リフとジンジャー・ベイカーの雄弁なドラムとの絶妙のアンサンブルが聴き所。

  • BAKER GURVITZ ARMY / ELYSIAN ENCOUNTER

    Adrin & PaulのGurvitz兄弟とGinger Bakerが組んだグループ、75年2nd、冒頭の「People」は必聴!

    GUN、THREE MAN ARMYで活躍したAdrin & Paul Gurvitz兄弟にGinger Bakerが加わり結成されたグループ。ヴォーカルにSHARKSのSnipsを迎えて制作された2nd。75年作。スピード感いっぱいのキレのあるギター・リフを中心としたスリリングなハード・ロックだけでなく、叙情的なキーボードと哀愁のメロディーによる英国臭溢れるバラードやファンキーな楽曲など、バラエティーに富んだ好盤。

  • BAKER GURVITZ ARMY / LIVE

    75年のライヴ音源を収録!

    75年のライヴ。先にリリースされていた「LIVE IN DERBY 75」とは曲目が被らない未発表音源。57分収録。発掘音源ですが、音質はクリアです。

  • BAKER GURVITZ ARMY / LIVE IN DERBY ’75

    75年、イギリスはダービーでの白熱ライヴを収録!全12曲

    75年のライヴ。音質はクリアです。

「BAKER GURVITZ ARMYの在庫」をもっと見る

関連CD在庫

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。