プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カケレコスタッフの日々是ロック3/24:世界のニッチなブラス・ロックを探求!

こんにちは。スタッフ増田です。

本日の寄居は風がものすごく強いです。風が吹くたびに、古民家を改築した事務所の窓がガタガタ揺れます。吹き飛ばないかちょっと心配です…。

さて、本日のテーマはブラス・ロック。ブラス・ロックといえばCHICAGOやBS&Tを生んだアメリカのイメージですが、本日は世界各国から、彼らの影響を受け継いだ作品をご紹介してまいりましょう~。

DADA/DADA

まずはVINEGAR JOEの前身であるこの英国のグループ、70年唯一作。粘っこいブラスに負けず、エルキー・ブルックスのパワフルな姉御Voが炸裂していて堪りませんね!

試聴 Click!

EMERGENCY/EMERGENCY

次はドイツのグループ。渋く絡み合うオルガンとサックス、哀愁のヴォーカルが良いなあ。COLOSSEUM『ヴァレンタイン組曲』が好きなら気に入ること間違いなしの一枚!

試聴 Click!

ZOO/HARD TIMES GOOD TIMES

こちらもシカゴやBS&T、そして英国コロシアムのファンにはたまらないバンド!BS&Tの1stを彷彿させるジャケもクールなフランス産ブラス・ロック、72年作3rd。

試聴 Click!

MAQUINA!/EN DIRECTO

次はスペイン!70年代半ばに花開くバルセロナのジャズ・ロック・シーンの礎を築いた名グループによる、BS&Tやシカゴに対する回答。さすがのキレ味ですよ~。

試聴 Click!

MIDNIGHT SUN/WALKING CIRCLES

こちらはデンマークのグループ。BS&Tやシカゴに通ずるブラス・ロック・アンサンブルの中に響く、淡く繊細なキーボードが印象的です。幻想的でちょっと不気味なロジャー・ディーン・ジャケも素敵。

試聴 Click!

S.O.S./SONIDO ORIGINAL DEL SUR

なんと76年の南米にも、CHICAGOファンにも響きそうなブラス・ジャズ・ロックが!?名バンドOPAなどで活躍、ウルグアイを代表するミュージシャンRuben Radaが在籍したバンドによる唯一作!

試聴 Click!

いかがでしたか?こちらの記事もどうぞ!

【関連ジュークボックス】

米ブラス・ロック特集


ユーロ・ブラス・ロック特集

【関連記事】

ユーロ・ブラス・ロック特集

60年代後半にBS&T、CHICAGOから火が付き、米国から英国へと伝搬していったブラス・ロック。しかし英米のみならず、ドイツ、フランスといったユーロ各国からも優れたブラス・ロック・バンドが続々と登場していたのです!そんな名作達をご紹介!


60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

買取詳細ページへ"

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • ZOO / HARD TIMES GOOD TIMES

    シカゴやBS&Tに比肩するフランスのブラス・ロック・グループ、洗練とグルーヴを極めた72年作3rd

    シカゴやブラッド・スウェット&ティアーズをはじめとするブラス・ロック・ムーヴメントの中、69年にフランスで結成されたブラス・ロック/ジャズ・ロック・グループ。72年作の3rdアルバム。2人の管楽器奏者はどちらもヴァイオリンを操れるのが特徴で、炸裂するホーン・セクションとともに、マハビシュヌばりにここぞで一閃するヴァイオリンがカッコ良し。手数多くタイト&アグレッシヴで逞しいドラム、ぶっといトーンでうねりを上げるベースによるリズム隊も凄いし、な、なに、この躍動感いっぱいのピアノとオルガンとそれにキレのあるギターは一人のミュージシャンが演奏してるのか!恐るべしなマルチ奏者ぶり。2ndから加入した英国人ヴォーカルIan Bellamyのスモーキー&ソウルフルなヴォーカルも特筆です。歌詞は英語のため、あまりフランスらしさは感じませんが、そうはいっても、ヴァイオリンの優雅で艶やかなトーンにはクラシックの伝統をたしかに感じます。ブラス・ロックのファンは必聴の素晴らしいグループですし、コロシアムや、マハビシュヌで活躍するジェリー・グッドマンが居たアメリカのグループのフロックあたりが好きなら間違いなく気に入るでしょう。このグループはカケレコメンド!

  • DADA / DADA

    エルキー・ブルックス在籍、VINEGAR JOEの前身バンド、粘っこいブルース・ロックがいなたさ抜群の傑作70年作!

    VINEGAR JOEの前身バンド、粘っこいブルース・ロックがいなたさ抜群の傑作70年作!ファンキーなウネリのあるバンド・サウンドに、クールなフィメール・ソウル・ヴォーカルを披露するのは、バンドのギタリストPETE GAGEの奥さんであるELKIE BROOKS!そして躍動感溢れる、ブラス・セクションと、畳み掛けるよなキーボード・オルガンにブリブリのベース・ラインと、楽曲のどこをどのように切っても最高のファンキー・ブルース・ブラス・ロックを大展開!このバンド、後にROBERT PALMERが加わり、あのVINEGAR JOEが誕生するわけですが、既にこの時点で、他の追随を許さない独自の力強いサウンドを構築していることは、特筆すべきことでしょう!STONESのカヴァー、「THE LAST TIME」もかなーりカッコイイですよ!

  • MIDNIGHT SUN / WALKING CIRCLES

    デンマークのジャズ・ロック/ブラス・ロックの名グループ、BS&Tにも比肩する72年の2nd、ジャケットはロジャー・ディーン

    RAINBOW BANDを前身に結成されたデンマークのグループ、72年作2nd。サックス/フルート奏者とキーボード奏者在籍で、ブラッド・スウェット&ティアーズやシカゴを意識したブラス・ロックを土台に、英国プログレのグリーンスレイド的な淡いキーボードを加えたサウンドが魅力的。タイトで抜群にグルーヴィーなリズム隊、リズム/ソロともにキレ味鋭いギターによるアンサンブルはソリッドでかなりカッコ良いです。歌詞も英語で、ブラス・ロックやR&Bフレイヴァーあるジャズ・ロック(コロシアムなど)が好きな英米ロックのファンは間違いなく気に入るでしょう。好バンドです。

  • MAQUINA! / EN DIRECTO

    スペインはバルセロナ出身、72年作2nd、米ブラス・ロック・ムーヴメントに呼応した名作

    68年にバルセロナで結成された、スパニッシュ・プログレ黎明期を代表するグループ。70年に1stリリース後、メンバーが徴兵制度で次々に脱退、代わりのメンバーを加えたりやりくりしていたもののついにオリジナル・メンバーが居ないこととなり活動停止に。71年に徴兵から戻ってきたオリジナル・メンバーのKey奏者、Enric Herrera中心にメンバーが一新され、BS&Tやシカゴなどブラス・ロック・ムーヴメントに呼応し、ブラス・セクションを加えて再始動しました。オリジナル・メンバーのJordi Batisteは正式復帰はしなかったものの、全面的にヴォーカルとしてゲスト参加し、72年にライヴ録音されたのが本作2nd。シャープかつふくよかなリズム隊、キレのあるカッティングからジャジーで流麗なソロまできらめくギター、そしてグルーヴィーかつ陰影に富んだオルガン&ブラス!後にスペイン・ジャズ・ロック・シーンで活躍する名手がずらり揃っていて、さすがと言える素晴らしいブラス・ロックを聴かせています。ちなみに他の主要メンバーは、バルセロナ出身ミュージシャンによるビートルズ・カヴァー作(名盤!)をリードしたSAX奏者のPeter Roar、MUSICA URBANAで活躍しマイルス・デイヴィスやチック・コリアとも活動するベースのCarles Benavent、同じくMUSICA URBANAに参加するドラマーのSalvador Fontなど。歌詞は英語です。

  • EMERGENCY / EMERGENCY

    ドイツ産ブラス・ジャズ・ロック、71年作

    70年代前半に活動し、4作品を残したドイツ出身のジャズ・ロック・バンドによる71年デビュー作。安定感ある職人的なリズム・セクションに乗って、熱気ある派手なプレイスタイルのオルガンと、重層的な響きを持つブラスが交錯する、グルーヴィーかつ重厚感溢れるブラス・ジャズ・ロック。これは猛烈にかっこいいです…!ヴォーカルは英語。

  • S.O.S. / SONIDO ORIGINAL DEL SUR

    ウルグアイの大御所ミュージシャンRuben Rada在籍のウルグアイ/アルゼンチン混成ブラス・ジャズ・ロック・グループ、76年唯一作

    後にジャズ・ロック/フュージョンの名バンドOPAで活躍、ウルグアイ音楽界を代表するミュージシャンと言えるシンガー/パーカッショニスト/コンポーザーRuben Radaと、ベーシストBo Gathuを筆頭とするアルゼンチン出身メンバーからなるブラス・ジャズ・ロック・グループの76年唯一作。芳醇に響くブラス・セクションと涼しげに舞うフルートをフィーチャーした、熱気と流麗さを兼ね備えたラテン・ジャズ・ロックを聴かせます。ソウルフルなスペイン語ヴォーカルも勢いがあって◎。AOR風に洗練されたナンバーも良く、CHICAGOファンにも響きそう。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。