プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カケレコスタッフの日々是ロック2/3:日本の西南西に位置する国のアルバムを探求!

スタッフ佐藤です。

今日2月3日は節分ですね。

今年の恵方は「西南西」。ふと日本の西南西(南西)にはどんな国があるんだろうと思い調べてみたら、中国やインドの他に、マレーシア、インドネシア、南アフリカなどがあるようです。

というわけで(どういうわけで?)、今日はその3か国に関連する作品をご紹介したいと思います!

TRUCK/SURPRISE SURPRISE

マレーシアのビートルズ!ジャケのレスラーのようなメンバー写真からは想像できない美しく繊細なメロディとハーモニーにびっくり!

試聴 Click!

DISCUS/1st

インドネシアと言ったら、この作品を上げずにはいられません。プログレ、ジャズ、フュージョン、メタル、ガムラン・ミュージックなどが混合しているのに、辺境プログレとは思えない洗練のサウンドを紡ぎ出す驚異の99年作!

試聴 Click!

DEWA BUDJANA/MAHANDINI

インドネシアならこちらのギタリストも素晴らしい才能。J.ルーデスやM.ミンネマンといったプログレ人脈をメンバーに迎え、かつてなくプログレ/ロック・テイストあるパンチの効いたサウンドを展開します。世界屈指のモンスターバンドを率いたあの人もゲスト参加した19年作!

試聴 Click!

マコーリー・ワークショップ/昔語り

70s南アフリカを代表するロック・グループ!ブルージー&ジャジーないぶし銀アンサンブルにヴァイオリンやメロトロンが気品高く響く、英ロック名作群に引けを取らない本格感がプンプン漂う逸品です!

試聴 Click!

ASSAGAI/ZIMBABWE

南アフリカ出身のアフロ・ロック・グループですが、タイトルは「ジンバブエ」。エッジィなギターやゴリゴリとしたベース、そしてサックスの図太いブローは英国ジャズ・ロック・ファン必殺。ロジャー・ディーン・ジャケやJADE WARRIORのメンバーが参加しているのにも注目ですね!

試聴 Click!

フリバーティジベット/ホイッスリング・ジグス・トゥ・ザ・ムーン

MELLOW CANDLE解散後、メンバーだったDavid WilliamsとAlison O’Donnellが南アフリカへ移住し結成したフォーク・グループ。と言ってもサウンドは完全に英国トラッド・フォークのそれで、美しくも長閑な演奏が楽しめます。ちなみにジャケットの人は恵方巻を頬張っているのではなく、縦笛を吹いているようです。

試聴 Click!

よろしければこちらの記事もどうぞ!


DISCUSに続け!インドネシア・プログレ特集

【関連記事】

DISCUSに続け!インドネシア・プログレ特集

NHK-FMの『プログレ三昧』でDISCUSが取り上げられ、プログレ・ファンにとって注目すべきエリアとなったインドネシア。DISCUSにも勝るとも劣らない硬派かつイマジネーション溢れるジャズ・ロック/プログレの名作が続々と届いておりますので、ピックアップ!


ビートルズ遺伝子inカケレコ!

【関連記事】

ビートルズ遺伝子inカケレコ!

レココレ1月号特集『ザ・ビートルズの遺伝子』にちなみ、カケレコ棚からもビートルズの遺伝子を受け継ぐ作品を探してみました!




聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • DISCUS / 1st

    インドネシア出身、驚異的なテクニックと見事なアレンジ・センス、辺境シーン屈指の名バンド!

    インドネシア出身のプログレ・グループ。ヴァイオリン奏者、フルート&サックス奏者、透明感ある女性Voを含む8人組。99年作の1st。ロック、ジャズ、クラシック、フォーク、現代音楽、民族音楽、ヘヴィー・メタルなどの多様な音楽を吸収し、見事な構築力でもって、1音1音が瑞々しく躍動する真のプログレッシヴ・ミュージックへと昇華させています。破壊的なパートから静謐なパートまで、そのアレンジ・センスはただものではありません。テクニカルなフレーズを流れるように聴かせるギターを筆頭に、全メンバーとも驚くほどのハイ・テクニックとハイ・センス。恐るべしインドネシア。凄いグループです。

  • TRUCK / SURPRISE SURPRISE

    マレーシアのビートルズ、スウィートなメロディーの洪水!74年作

    マレーシアのグループ、74年リリースの唯一作。ライナーには、ペルーのWe All Togetherに似ていると書いてありますが、確かにその通り。ビートリッシュな美しくリリカルなメロディー、甘美なヴォーカル&ハーモニー、ストリングスが彩るドラマティックなアレンジは、その手のサウンドが好きな方は卒倒ものでしょう。全曲英語。ビートルズの遺伝子を受け継いだ偉大な一枚。

  • FLIBBERTIGIBBET / WHISTLING JIGS TO THE MOON

    メロウ・キャンドルのメンバーが南アフリカで結成した幻のグループ、78年唯一作

    英国トラッド・フォークの名バンドであるMELLOW CANDLEのDavid WilliamsとAlison O’Donnellが南アフリカへ移住し結成したトラッド・フォークグループの78年作。MELLOW CANDLEのような浮遊的なサイケデリアはなく、MELLOW CANDLEよりもフォーク色が強い作風となっており、アコースティック・ギターによる緩やかなサウンドに加えてマンドリンやハープなどを使用したバラエティ豊かな小品が収められています。また、Alison O’Donnell、Dave Williamsの牧歌的なボーカルはMELLOW CANDLEと同じく味わい深い響きを持ち、派手さはないながらも胸に沁みるメロディーを奏でています。

  • DEWA BUDJANA / MAHANDINI

    現インドネシア最高峰ギタリスト、19年作、メンバーにJordan RudesやMarco Minnemannを起用したプログレ/ロック・テイストの強い意欲作!

    90年代以降のインドネシアを代表するロック・バンドGIGIで活躍、00年代以降はソロ・ミュージシャンとして精力的に活動するギタリストの通算12thとなる19年作。主にジャズ・ミュージシャンを起用していた従来から一転プログレ人脈がバンドメンバーに名を連ねており、キーボードにJordan Rudess、ドラムにMarco Minnemann、そして共演したSteve Vaiも天才と絶賛したインド出身女性ベーシストMohini Dey(23歳!)という編成。1曲目のヴォーカル入りのダウナー気味なオルタナティヴ・ロックから異色ですが、聞き覚えのある雄々しい歌声はなんと元レッチリのJohn Frusciante!ギターも弾いていてソロでのDewaとのハモりも美しく決めています。他にも、Rudessのド派手なシンセソロをフィーチャーしたフュージョン+プログレ・メタルと言える2曲目、同郷のギタリストTohpati Bertigaの作風を思わせる妖艶な母国語の女性Voとスリリングなギタープレイが絡むオリエンタル・ジャズ・ロックの3曲目など、冒頭からこれまでになく多彩な音楽性を発揮。ポップ・ロック〜オルタナ〜ジャズ・ロックとジャンルを跨いで25年間活躍を続けてきたDewa Budjanaというミュージシャンの懐の深さが垣間見れます。音数多く攻めるテクニカル・フュージョンの5曲目では、もうひとりのゲストMike Sternが流石のシャープで流麗なソロを聴かせており、それに応じるDewaのプレイも非常にエキサイティング。このゲストとの間に生じる化学反応を目いっぱい楽しむかのような、どこまでも自由で色彩感に満ちたプレイこそ彼の持ち味です。ジャズ/フュージョンに傾倒していた前作までに比べ、よりロック・ファン/プログレ・ファンにアピールする内容となった意欲作!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。