プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カケレコスタッフの「日々是ロック」19/08/23:典雅な古楽器の響きが楽しめる作品をセレクト!

こんにちは。スタッフ佐藤です。

毎日日替わりのテーマでカケレコ・スタッフ一押しの作品をご紹介する『日々是ロック』!

今日は「典雅な古楽器の響きが楽しめるアルバム」というテーマでピックアップしてまいりましょう。

まずは、古楽プログレを世に知らしめたこの名グループの新作からスタートです!

GRYPHON/REINVENTION

古楽プログレを代表するあのグループが、まさかの再結成を果たし41年を経て6thをリリース!最初期の英国トラッド/古楽に根ざした素朴かつ味わい深いアコースティック・アンサンブルが基調になっていて、彼らの1stや2ndを愛する方には最上の一枚と言っていいでしょう。

試聴 Click!

MINIMUM VITAL/PAVANES

古楽とエレクトリックな演奏との融合を追求する、双子のPayssan兄弟を中心とするフランスのグループ。
ベテランとは思えない、微笑ましくも尖ったジャケのイメージ通りの音の切れ味!ドライヴ感たっぷりの古楽諧謔プログレここにあり!

試聴 Click!

ドイツにも古楽アプローチが光るいい作品が多くありますね。中古からはこの2枚をセレクト!

パルツィヴァル/レジェンド

あのブレーメン音楽隊で有名なドイツ・ブレーメンで生まれたグループなのですが、古楽エッセンスを取り入れたヴァイオリンまさにイメージ通りの音でニンマリ。実験的だったりキラキラしたシンフォのイメージが強いドイツだけど、こんな素朴で牧歌的なロックもあったんですね!

試聴 Click!

TANZBAR/TANZBAR

ドイツにこれほどまでに崇高な、メロウ・キャンドルやスパイロジャイラにも比肩しちゃうようなグループが居たとは。しかも古楽器をふんだんに用いた味わい深い演奏も披露してるとあっては堪りません。ジャケも雰囲気抜群だなぁ。

試聴 Click!

涙のセール品にもこんな名グループ達が…!チェック是非!

MALICORNE/LEXTRAORDINAIRE TOUR DE FRANCE

フランスが誇る古楽トラッド・フォークの大家ですね。厳粛な男女二重唱と、ハーディ・ガーディ、クルムホルン、ダルシマーなど古楽器の音色が折り重なって作り上げる、荘厳かつ神秘的な世界観に惹き込まれます…。

試聴 Click!

AMAZING BLONDEL/AMAZING BLONDEL AND A FEW FACES

小川のほとりでのうたた寝のような牧歌性とともに、古楽器をフィーチャーした中世宮廷音楽エッセンスもあって、歌声は英国的でジェントルだし、ブリティッシュ度120%の愛すべきフォーク・ロックですなぁ。

試聴 Click!

関連コンテンツもあわせてお楽しみください♪


繊細なフォークタッチ中に一筋縄ではいかないプログレ精神が潜む、世界のプログレッシヴ・フォーク特集!

【関連記事】

繊細なフォークタッチ中に一筋縄ではいかないプログレ精神が潜む、世界のプログレッシヴ・フォーク特集!

瑞々しいフォーク・タッチの中に一筋縄ではいかないプログレッシヴな要素が潜む、プログレッシヴ・フォーク作品をピックアップ☆

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • TANZBAR / TANZBAR

    女性ヴォーカルと古楽器奏者を含むジャーマン・トラッド/フォーク・グループ、崇高な78年作1st

    女性ヴォーカル3人に古楽器奏者を含むドイツの6人組フォーク/トラッド・グループ、78年の1st。メロウ・キャンドルを彷彿させる気品に満ちたハイ・トーンの歌声やもうちょっと素朴で心に染みる歌声や、とにかく複数の女性ヴォーカルによる歌声が絶品。スパイロジャイラのようなちょっぴりアシッド臭のある男性ヴォーカルも良いアクセントになっていて、男女ヴォーカルのコンビネーションは英フォーク・ファンにはたまらないでしょう。古楽器やリコーダーの調べもただただ崇高。ミスティックさ、素朴さ、無垢さのバランスが絶妙です。フィメール・フォークのファンは必聴!

  • MINIMUM VITAL / PAVANES

    古楽器の格調高さとともにイエスやジェントル・ジャイアント直系のダイナミズムもあるフランスの中世的プログレ・バンド、2015年作

    中世/古楽的ロックを追求するデュオ「VITAL DUO」でも活躍する双子のPayssan兄弟Thierry Payssan(Key)とJean-Luc Payssan(ギター)を中心に80年代から活躍するフランスのプログレ・バンド。09年作から6年ぶりの2015年作で2枚組の大作。中世トラッドや古楽、地中海音楽や南欧トラッドミュージックを織り交ぜながら、イエスやグリフォンやマイク・オールドフィールドからの影響を感じさせるサウンドは80年代のデビュー時から変わらず魅力的。オープニング・ナンバーからエネルギッシュで、性急に畳み掛けるリズム隊や前につんのめるようなシャープなエレキ・ギターによるドライヴ感とともに、古楽器が圧倒的なテクニックで格調高くも軽やかに鳴らされます。全体をシンフォニックにまとめあげるヴィンテージなキーボードもいい感じ。ベテランとは思えない、微笑ましくも尖った諧謔センスたっぷりのジャケのイメージ通りに切れ味バツグンな音楽センスがみなぎるさすがの快作。これは名作です!

  • AMAZING BLONDEL / AMAZING BLONDEL AND A FEW FACES

    リュートなど古楽器による中世テイストと英国的な牧歌性や叙情性があわさった愛すべき英フォーク・ロック、70年デビュー作

    リコーダーやリュートなど古楽器を使った中世風/宮廷音楽風ロックが人気のグループ、70年のデビュー作。2nd以降はバンド編成となりますが、本作では、テリー・ウィンコットとジョン・グラッドウィンによるデュオに、ビッグ・ジム・サリヴァンなどゲストが加わり録音されています。古楽器による中世テイストとともに、牧歌的で叙情的な英国らしいフォーク・ロック・テイストも印象的で、オープニング・ナンバーでは、小川のほとりに流れる風のようなリコーダーとともに、宮廷から聞こえてくるような気品あるリュートやストリングスの響き、そして、ヘロンやアラン・テイラーなどを彷彿させるジェントルな歌声が心にソッと寄り添ってきます。曲によっては、サイケ・ポップの残り香やスワンピーなエッセンスもあり、スタックリッジやリンディスファーンにも通じるブリティッシュ度120%のサウンドを聴かせます。愛すべき名作です。

  • GRYPHON / REINVENTION

    古楽器が織りなす中世音楽の要素を取り入れた英国の名プログレ・グループ、まさかの再結成を果たしリリースした18年作!

    ご存知イギリスの古楽プログレ・グループが、再結成を果たしまさかの18年作をリリース!結成時メンバーである管楽器奏者Brian Gulland、ギタリストGraeme Taylor、ドラマーDave Oberleに、管楽奏者/管弦奏者/ベーシストの新メンバーを加えた6人編成となっています。77年のアルバム「TREASON」から実に41年ぶりとなる本作、3rd『Red Queen To Gryphon Three』以降のエレクトリック楽器を大きく導入したシンフォニックなサウンドよりは、1stや2ndの頃の英国トラッドに根ざした素朴かつ味わい深いアコースティック・アンサンブルを基調としており、まさに原点回帰と言えるサウンドを楽しませてくれます。典雅で気品あるチェンバロやマンドリン、涼やかに鳴らされるリコーダーやフルート、緻密なプレイが光るアコースティック・ギター、そしてどこかとぼけた味わいのある愛すべきバスーンなどが折り重なり、長閑な中にも緊張感を孕んだ職人的アンサンブルが紡がれていきます。デビュー当時の純古楽プログレ・バンドとしてのGRYPHONがたまらない、という方には是非お聴きいただきたい一枚!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。