プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

新鋭プログレの叙情派ギター名演セレクション!

スタッフ佐藤です。

テクニカルに畳みかけるスリリングなプレイもいいけれど、美しいフレーズを巧みに織り込んだメロディアスで叙情的なギタープレイも同じくらい愛されていますよね。

今回はそんな叙情派ギターの名演が楽しめる新鋭プログレ作品を取り上げてみました。

スティーヴ・ハケット、アンディ・ラティマー、デイヴ・ギルモアといった叙情派ギターの先達から影響を受けた新鋭も登場しますのでお楽しみください☆

まずは、近年完成度の高い叙情派シンフォが続々と届いているブラジルから3タイトルをピックアップ!

LUIZ ZAMITH/INTROSPECCAO

まずは最近もっとも感動的だったこの叙情派シンフォの逸品から。

このギター、なんという叙情フレーズの宝庫なんだろう…。

VITRALでも活躍するブラジルのギタリストが放つ、キャメル+南米らしい柔らかなエキゾチズムと言える極上18年作!

試聴 Click!

ULTRANOVA/ORION

このブラジル新鋭、決してテクニックで派手に畳み掛けるタイプではないのですが、起伏ある劇的な曲構成の妙と叙情的な表現力に長けた演奏が大変見事。

フロイドとキャメルの中間を行くようなこのナンバーも良くて、奥ゆかしいタッチで丹念に紡がれるギターに落涙必至。

同郷のTEMPUS FUGITあたりが好きならきっと楽しめる爽やかなインスト・プログレ!

試聴 Click!

FLEESH/WHAT I FOUND

ブラジルその3。2人だけで作っているとは思えないほどの豊かな広がりを持つスケール大きなサウンドが圧巻の男女ユニット。

爽やかな美声Vo、D.ギルモアとA.ラティマーが合体したような渾身のギターなどグッとくるポイントだらけ!

試聴 Click!

英国からはこのギタリスト/マルチプレイヤーをご紹介!

ALI FERGUSON/WINDMILLS AND THE STARS

GENESISの3代目シンガーRay Wilsonの右腕として活躍するギタリストの11年ソロ。これがブルース・フィーリングを和らげスタイリッシュになったギルモアといえそうなギターワークを散りばめた、幻想美たっぷりの名品♪

試聴 Click!

北欧にも哀愁のギターを聴かせるいいバンドがいますよ。

WINDMILL/TRIBUS

ノルウェーのキャメル系筆頭グループによる5年ぶり3rd。

溢れんばかりのファンタジーとドラマチックな陰影を織り込んだ、これぞ叙情派シンフォ!と呼びたくなるサウンドは、キャメルへの憧れを見事に昇華したまさしく正統派。

とめどなく叙情的な旋律を紡ぐギターにも要注目です。

試聴 Click!

BJORN RIIS/FOREVER COMES TO AN END

今ノルウェーで最も勢いのあるプログレ・バンドと言えるAIRBAGのギタリストによる17年ソロ作。

デイヴ・ギルモア影響下の幻想的かつエモーショナルなギタープレイを軸とする、雪深い北欧の自然世界が眼前に映し出されるかのような、映像喚起的な魅力を持つ名品です。

試聴 Click!

叙情派ギターの名産地として現在注目なのがポーランド。ピンク・フロイド影響下のバンドが多く、ギルモア・リスペクトなギタープレイが特徴です!

ムーンライズ/月下の旅人

叙情美にかけては現ポーランド最高峰と言えるプロジェクト、持ち味の幻想美溢れるサウンドメイクはそのままにスタイリッシュなメロディアス・シンフォに進化を遂げた3rdアルバム。

全ての楽器を単独で務めているとは思えないバンド的呼吸を感じるアンサンブルが素晴らしくて、ひたすら泣きの叙情フレーズだけを紡ぐギターも大活躍!

試聴 Click!

ALBION/YOU’LL BE MINE

分裂を経て、ギタリストを中心にメンバーが再編された18年作ですが、それでこの完成度は驚き。ひたすら泣きのフレーズを紡ぎ続けるギター、復帰したオリジナル女性ヴォーカルのエモーション溢れだす歌唱に心奪われます…。

試聴 Click!

WALFAD/MOMENTUM(POLISH VERSION)

ハケット+ギルモアのような太く存在感あるトーンが魅力のギター、いかにもポーランドらしい深い陰影を湛えたクラシカル調のピアノ、力強く溢れ出すような輝かしいシンセらが配された、このスケール大きくメロディアスなサウンド、実に素晴らしいです。

試聴 Click!

WAVE/BETWEEN

この新鋭、フロイド・タイプの多いポーランドにあっても実力は屈指と言えるかな?淡いトーンで交差する2本のギターと陰鬱にたなびくシンセが描き出す、フロイド『ザ・ウォール』への憧憬を感じさせる劇的かつ深遠な音世界にどうぞ酔いしれてください…。

試聴 Click!

フランスからはこのグループ!

ITZAMNA/CHASCADE

仏ボルドー出身の新鋭バンドなんですが、一音一音の印象はアーティスティックとも言える耽美な音色使いながら、突き放すような孤高さはなく、メロディを大切にした温かみある音像が素晴らしいんです。

リリカルかつメロディアスにたゆたうギターも郷愁を誘います。

理知的にしてどこまでも芳醇なサウンドはセンス抜群!

試聴 Click!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • MOONRISE / TRAVEL WITHIN

    [カケレコ国内盤リリース中] マルチ奏者Kamil Konieczniakによるポーランドのシンフォ・プロジェクト、実に7年ぶりに届けられた19年作4th!

    全ての演奏を務めるマルチ奏者Kamil Konieczniakによるポーランドのシンフォ・プロジェクト、実に7年ぶりに届けられた19年作4th。08年1st、09年2ndでヴォーカルを務めた元MILLENIUMのLukasz Gall、彼の後任として前12年作で歌ったMarcin Jajkiewicz、そして本作では三代目ヴォーカリストとなるMarcin Staszekをフィーチャー。持ち味だったひたすら泣きのフレーズを紡ぐギターと幻想のキーボードが織りなす叙情派シンフォ・スタイルはそのままに、プログラミング音響もセンス良く織り交ぜ格段に洗練されたメロディアス・シンフォへと進歩を遂げていて素晴らしいです。奥行ある深遠なシンセ、霧のように淡く広がる(疑似?)メロトロンらが作り出す幻想美が滲むサウンドメイクに、力強さとナイーヴさを備えたスタイリッシュなハイトーンVoが映えます。相変わらずひたすら美旋律だけを紡ぎ出すギターもさすがです。また6曲目ではMILLENIUMのサックス奏者、7曲目では初代ヴォーカルのGallが参加していてただでさえドラマチックなサウンドを一層盛り上げます。7年ぶりながら現ポーランド随一の幻想的な音作りは健在の一枚です。

  • WALFAD / MOMENTUM(POLISH VERSION)

    12年デビュー、ポーランドの新鋭プログレ・グループによる16年作3rd、往年のプログレ的叙情美を下地に持ちつつモダンなセンスにも恵まれた、スタイリッシュなプログレ快作!

    12年デビュー、ポーランド出身の新鋭プログレ・グループによる16年作3rd。ザクザクとヘヴィかつスピーディに刻むリフワークとハケットとギルモアを合わせたような太く存在感あるトーンで叙情的に紡ぐソロプレイが魅力のギター、いかにもポーランドらしい深い陰影を湛えたクラシカル調のピアノ、力強く溢れ出すような輝かしいシンセらが配された、スケール大きくメロディアスなサウンドがとにかく素晴らしいです。母国語ヴォーカルも絶品で、ややハスキーな声質による微かに哀愁を漂わせた歌唱に心奪われます。往年のプログレ的叙情美を下地に持ちつつモダンなセンスにも恵まれた、現在進行形のプログレとして非常に完成度の高い快作に仕上がっています!

  • ALBION / YOU’LL BE MINE

    ポーランドの新鋭シンフォ・バンド、これでもかと泣きのフレーズを紡ぎ続けるギター、復帰したオリジナル女性ヴォーカルによるエモーション溢れる歌唱が素晴らしい18年作!

    ポーランドの新鋭シンフォ・グループ、18年作。前作までのキーボーディストらが別グループNOIBLAとして独立し、残ったギタリストJerzy Georgius Antczakを中心に前作や過去作にも参加していたベーシストとドラマー、そして復帰した初期の女性ヴォーカリストAnna Batkoという再編された4人編成となっています。以前までの広がりある幻想的でメランコリックな作風は残しつつも、プログラミングも散りばめたモダンでスタイリッシュなサウンドへと変化を遂げているのが特徴。キーボードはギタリストが兼任しているものの、やはりギターの存在感がアップしており、これでもかとドラマチックな泣きのフレーズを延々紡ぎ続けるギターが圧巻です。さらに復帰したオリジナル・ヴォーカリストがまた素晴らしい!前々作まで在籍した女性ヴォーカルのしっとりめの歌唱も良かったですが、時にシアトリカルとも言える表現力でエモーショナルに歌いこむ、コケットな魅力を秘めた歌唱に心奪われます。プログラミングによる装飾音も絡めつつ安定感抜群のプレイで2人を支えるリズム隊の仕事も特筆です。大きな再編を経たとは思えない完成度の高い音世界で聴かせる傑作!

  • FLEESH / WHAT I FOUND

    ギタリスト/マルチ奏者と女性ヴォーカリストによるブラジル産シンフォ・プロジェクト17年作、美声ヴォーカルをフィーチャーした神秘的かつドリーミーなシンフォニック・ロックの逸品

    2014年に始動したギタリスト/マルチ奏者と女性ヴォーカリストによるブラジル産シンフォ・プロジェクト、17年作。神秘的な響きを持つギターやオルガンが彩るドリーミーなシンフォニック・サウンドに、クセのない爽やかな美声ヴォーカルが歌声を添える、幻想感いっぱいのサウンドが素晴らしい。ギターソロも聴きどころで、まさにD.ギルモアとA.ラティマーを混ぜ合わせたような感情をたっぷりと込めた渾身のプレイに心奪われます。一部ゲスト参加を除き2人だけで作っているとは思えないほどの豊かな広がりを持つスケール大きな音世界も魅力です。フロイド・ファン、キャメル・ファンそして女性ヴォーカル好きの方は是非。歌詞は英語。

  • ULTRANOVA / ORION

    ブラジル出身の4人組新鋭プログレ・バンド、17年作、同郷のTEMPUS FUGITが好きなら間違いない爽やかなインスト・プログレの快作!

    ブラジル出身の4人組新鋭プログレ・バンド、17年作。フュージョン・タッチで滑らかに音を紡ぐピアノ&キーボードと、ザクッとヘヴィなプレイ&繊細な泣きのプレイを使い分けアンサンブルに表情を生み出すギターを軸に展開する流麗なインスト・プログレ。曲によってはキャメル憧憬も滲ませた泣きの叙情派サウンドで迫ってきて、そこではギターがラティマーばりにエモーショナルで雄弁に美旋律を奏でます。熱っぽくうねるシンセもいい仕事です。疾走するパートもあるものの決してテクニックで派手に畳み掛けるタイプではないのですが、起伏ある劇的な曲構成の妙と叙情的な表現力に長けた演奏がそれを少しも不足に感じさせません。同郷ブラジルのTEMPUS FUGITあたりが好きならきっと楽しめる爽やかなインスト・プログレの快作です!

  • LUIZ ZAMITH / INTROSPECCAO

    ブラジル、VITRALで活躍するギタリストによる18年作1st、キャメルに南米らしい柔らかなエキゾチズムを纏わせたような極上シンフォニック・ロック!

    ブラジル出身で、名シンフォ・バンドBACAMARTEのフルート奏者が在籍するバンドVITRALでも活躍するギタリストが放った18年ソロデビュー作。ズバリVITRALの17年作が気に入った方には是非おすすめ!S.ハケットやS.ロザリーに通じるデリケートで気品あるトーンで極上のメロディを次々と紡ぎ出すギター、どこかアンデスっぽい要素も漂う涼やかな風を運ぶフルート、温かくも太く存在感ある音色で70年代テイストをもたらすオルガンやシンセ。手本とする70-80sキャメルに、南米らしい柔らかなエキゾチズムを纏わせたようなシンフォニック・ロックが個性的です。エレピやオルガンが洒脱に舞うジャズ・ロック・テイストのナンバーも出色で、ギターとフルートがソロを取り合いながらスリリングに疾走するアンサンブルはかなりのカッコよさ。それにしてもこのギター、なんという叙情フレーズの宝庫なのでしょう。これまでにVITRALの17年作以外で目立った活動がないのが信じられないほどの実力派です。キャメル・ファン、初期ハケット・ファン必聴作。

  • BJORN RIIS / FOREVER COMES TO AN END

    ノルウェー、AIRBAGのギタリストによる17年ソロ作、北欧の雪深い自然風景がありありと広がるかのような、息を飲むほどの繊細な音世界が繰り広げられる傑作

    ノルウェーの新鋭プログレ・グループAIRBAGのギタリストによる17年ソロ作。自身による幻想的に織り重なるギタープレイと切なく鳴らされるピアノ、淡く静謐に広がるシンセサイザーを軸に描き出されるこのあまりに繊細な音世界。これぞ北欧シンフォニック・ロックと言える透明感と哀感に溢れる音像はただただ溜息が出る美しさに満ちています。粛々と胸を打つ、フロイド憧憬の仄暗くメランコリックなメロディラインがこれ以上無いというほどサウンドにマッチ。そして持ち味と言っていいギルモア譲りのブルージーなタッチを交えエモーショナルに高まっていくギターソロも、寂寥感溢れるサウンドにドラマチックさを加えていて素晴らしい。一語一語を大切に情感を込めて歌うヴォーカルも実に感動的。雪深い北欧の自然世界が眼前に映し出されるかのような、映像喚起的な魅力を持つ作品です。これは傑作。

  • WINDMILL / TRIBUS

    ノルウェーの新鋭シンフォ・グループ、相変わらずのこれでもかとファンタスティックなサウンドに胸打たれる18年作

    ノルウェー出身、キャメル系のシンフォニック・ロックを聴かせる新鋭グループによる5年ぶりとなる18年作3rd。民族楽器のように哀愁に満ちたエモーショナルな響きのフルートや、スケール大きく格調高いキーボードワーク、ハケット系のデリケートなタッチのギター、鼻にかかった優しげな男性ヴォーカル等によって作り出される、溢れんばかりのファンタジーとドラマチックな陰影を織り込んだ、これぞ叙情派シンフォ!と呼びたくなるサウンドは、キャメルへの憧れを見事に昇華したまさに正統派。冒頭24分に及ぶ大作は圧巻です。一方でアルバム後半ではエッジの立ったギターが存在感を増し、重量感あるアンサンブルでソリッドに聴かせていて、彼らならではの個性も発揮。北欧らしい幻想性も素晴らしい、ファンタスティックかつ叙情美に満ちた音世界に胸打たれる力作です。

  • ITZAMNA / CHASCADE

    フランスはボルドー出身の新鋭グループ16年作、ポスト・ロック/マス・ロック的なサウンドをベースにフランスらしい陰影ある幻想性を加えた個性派メロディアス・ロック、センス抜群の傑作!

    フランスはボルドー出身の新鋭メロディアス・ロック・グループ、16年リリースの2nd。クラシックの下地を感じる繊細なタッチのピアノとメロディアスにたゆたうギターによるポスト・ロック/マス・ロック的なモダンに洗練されたアンサンブルをベースに、フランスらしい陰影ある幻想性を加えたメロディアス・ロックを聴かせます。一音一音の印象はアーティスティックとも言える耽美な音色使いながら、突き放すような孤高さはなく、メロディを大切にした温かみ溢れる音像が素晴らしいです。クラリネットやサックスが叙情的に鳴らされるジャズ・ロック・テイストのパートは、カンタベリー系にも通じる芳醇なサウンドが飛び出してきて驚きます。アコースティックギターとピアノが瑞々しく紡ぐアコースティックなアンサンブルもグッと来ますし、この理知的にしてどこまでも芳醇なサウンド、ただただセンス抜群です。これは凄い新鋭!(終盤に一曲、ゲストVoによるデスヴォイスをフィーチャーした曲あり)

  • WAVE / BETWEEN

    2人のギタリストを擁するフロイド憧憬のポーランド新鋭、前作を気に入ったなら間違いない深遠かつドラマチックな世界観が素晴らしい力作

    ポーランドの新鋭プログレ・グループ、17年にリリースしたデビュー作に続く18年の2nd。基本的には前作の延長線上にある、ピンク・フロイドへのリスペクトに溢れるメランコリックかつ静謐な世界観が美しいメロディアス・プログレ。エコーがかった淡いトーンで交差する2本のギターと陰鬱にたなびくシンセ、清らかなピアノらが描き出す深遠かつドラマチックなサウンドは、相変わらず息を飲むような美しさです。前作で聴かれた浮遊感に満ちた幻想的な世界観はやや後退したように感じられ、都会的な洗練性が強まった印象があり、「狂気」と「ウォール」を想起させた前作からすると、「ウォール」色がより前面に出ていると言えるでしょう。メランコリックなパートをより物悲しく彩るゲストのヴァイオリンも効いています。まだ2作品のみながら、フロイド憧憬の新鋭としての実力はトップクラスに位置するもの。前作を気に入ったなら、今回もまず間違いない力作!

  • ALI FERGUSON / WINDMILLS AND THE STARS

    GENESISの3代目シンガーRay Wilsonのバンドメンバーとして知られるスコットランド出身ギタリスト、11年ソロ作

    スコットランド出身のギタリストで、GENESISの3代目ヴォーカリストRay Wilsonのバンドメンバーとして、またスコティッシュ・フォーク・シーンの重鎮Dougie Macleanのツアーメンバーとして知られるミュージシャン。11年ソロ作。ブルース・フィーリングを和らげスタイリッシュになったギルモアと言えそうなエモーショナルで色彩あるギターサウンドを軸に、プログラミングも織り交ぜながら幻想的に紡がれていくメロディック・ロック。実験的でミステリアスなパートもあるのですが、それらも含め楽曲を構成する「音」すべてが美しく、難解さを微塵も感じさせずナチュラルに耳を通り抜けていくとても心地よい音楽体験を味わわせてくれます。一方ソロでは叙情派ギタリストとしての実力を発揮しており、温かみあるトーンで泣きのフレーズを畳み掛けるプレイはグッと来てしまう素晴らしさ。本人によるナイーヴなヴォーカルも、幻想的な世界観に儚げに揺らめくようでいい感じです。ギター/ヴォーカル以外にキーボード/ベース/プログラミングも自身が担当、マルチプレイヤーとしてサウンドクリエイターとしての類まれなる才覚を感じさせる好作品です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。