プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「五月病対策アルバム」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

こんにちは。超大型連休も明けてしばらく経ちますね。
今年は例年より長い休みだった為、五月病の症状がいつもより重いという噂…。皆様は大丈夫でしょうか?

そんなやる気が失われがちなこの季節は、シャキッと元気が出るような音楽が聴きたいですよね。

そこで、新元号一発目のfacebook投稿テーマは「五月病対策アルバム」!

憂鬱な気分を跳ね除けてくれそうな作品をピックアップいたしました。

Facebook

5月13日(月):FLASH / FLASH

最初にご紹介するのは元YESのピーター・バンクスが結成したプログレ・ハード・グループ、FLASHの72年作『FLASH』!

同じく元YESのkey奏者トニー・ケイも参加しておりかなりYESを彷彿とさせるサウンドではありますが、よりポップでキャッチーかつアグレッシヴに駆け抜けていく演奏は爽快感バツグン。

切れ味鋭いギターリフに明るいハイトーンのヴォーカル、そしてChris Squireに負けないぐらいゴリゴリと突き進む力強いベース!
ヒプノシスによるセクシー・ジャケも含めて、思わず目を見開いてしまいそうなアルバムですね。(増田)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

5月14日(火):KANSAS / POINT OF KNOW RETURN

聴いていて元気をもらえるようなパワフルなサウンド…と考えて思いついたのが、アメリカン・プログレの雄KANSASの77年作『POINT OF KNOW RETURN(暗黒への曳航)』。

スティーヴ・ウォルシュの声量豊かで抜けの良いヴォーカルも勿論大きなポイントですが、注目したいのはアルバムを通しての曲の流れです。

いつになくキャッチ―な表題曲で気分を高揚させると、ハードかつアグレッシヴに畳みかける「Paradox」~「Lightning’s Hand」の5曲で興奮は最高潮に。そしてリリカルで穏やかな「Dust In The Wind」や「Nobody’s Home」でジーンとして、最後は風格を帯びたドラマチックな大作「Hopelessly Human」のスケールに圧倒されて幕を下ろす。

見事に練り上げられた密度の高いアルバム構成によって、聴く人を確かな充実感で満たしてくれる作品だと思います。元気になりたい時にオススメの一枚です!(佐藤)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

5月15日(水):BOB DYLAN / FREEWHEELIN’

今日ご紹介するのはボブ・ディランの『FREEWHEELIN’』より、「くよくよするなよ」をピックアップいたします。

新緑のまぶしい季節なのに何故だか下を向いてしまう…そんな5月病の方にぴったりなのではないでしょうか。

歌詞には、

「座り込んで考えても仕方ないさ」

「意味なんて無いよ」

「くよくよするなよ、大丈夫だから」

などとあります。

恋人との別れを歌ったもののようですが、くよくよ考え過ぎてしまう時にこの曲を聴くと「大したことないよ」と言われているような気分になり、心が軽くなります。

話しかけるようなディランのボーカルと、流れるようなギターも素晴らしいです。(みなと)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

5月16日(木):BABE RUTH / FIRST BASE

本日はやる気の出ない日にピッタリの肝っ玉系姉御ヴォーカリスト擁するグループ、BABE RUTHの72年作『FIRST BASE』をピックアップ!

ギタリストのアラン・シャックロックとパワフルな歌唱力の持ち主ジェニー・ハーンを中心に英国で結成されたBABE RUTH。

彼らのデビュー作である本作は切れ味鋭いハード・ナンバーで幕を開けつつも、次の楽曲では管弦楽器を取り入れたクラシカルなサウンドを聴かせるなど、多彩でプログレッシヴな音楽性が現れた完成度の高い作品となっています。

しかし、やはり目玉は彼らの代表曲である「The Mexican」!ファンキーなグルーヴに乗せてソウルフルなジェニーのヴォーカルが炸裂し、クライマックスではあの「夕日のガンマン」のテーマが登場。この旋律を聴けば、力がみなぎらざるを得ませんね…。スタジオ盤以上にエネルギッシュなライヴ・バージョンでどうぞ!(増田)

試聴 Click!

5月17日(金):P.F.M / COOK

五月の憂鬱を吹き飛ばしてくれる音というなら、臨場感たっぷりのライヴ盤は上げておきたいところですね。

というわけで、最後はイタリアのP.F.Mによる75年ライヴ作『COOK』をピックアップ。

73年にELP主宰のマンティコア・レーベルより『幻の映像』で世界デビューを果たした彼らが、世界進出第2弾『甦る世界』リリース後に敢行したアメリカ・ツアーを収めたのが本作です。

全6曲のうち、『甦る世界』から3曲、『幻の映像』から1曲、デビュー作『幻想物語』から1曲が演奏されていますが、注目は最後に入っている「Alta Loma Nine Till Five」というナンバー。

スタジオ・アルバム未収録の曲で、これがP.F.Mというバンドの恐るべき演奏テクニックを凝縮した凄まじい一曲なんです。

メンバー全員が超絶的な演奏を披露していますが、特筆はマウロ・パガーニによる圧倒的にスリリングでいてヨーロピアンな気品も湛えたヴァイオリン。こりゃジャン・リュック・ポンティやエディ・ジョブソンすら超えてるかも…。

この地中海の青空へと突き抜けるように爽快で躍動感いっぱいのパフォーマンスを聴けば、五月病なんてどこへやら、なはず!(佐藤)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram

FLASHの在庫

  • FLASH / FLASH

    元YESのギタリストPeter Banks率いるグループ、72年作、爽快な英プログレ・ハードの名作

    元YESのギタリストPeter Banksが、同じく元YESのTony Kayeなどと組んだグループ。とにかく疾走感いっぱいのリズムが気持ちよく、その上をPeter Banksのスリリングかつキャッチーなギターが勢いよく駆け抜けていきます。Ray Bennettのベースも聴き所で、ゴリゴリとドライヴ感いっぱいのベースはChris Squireに負けないぐらい魅力的。ヌケの良いハイ・トーンのヴォーカルとPILOTなど英ポップ勢にも通ずるメロディも最高!シングルにもなった1曲目「Small Beginnings」は、突き抜けたドライヴ感、キャッチーなメロディ、強引なほどアグレッシヴな展開など、彼らの魅力がすべて詰まった代表曲で、インパクトあるジャケットに負けない爽快な名曲!

  • FLASH / PSYCHOSYNC

    YESの初代ギタリスト、ピーター・バンクス率いるグループ、72年7月のライヴ4曲+73年「MIDNIGHT SPECIAL」のTV放送音源2曲

「FLASHの在庫」をもっと見る

KANSASの在庫

  • KANSAS / VERY BEST OF

    08年編集ベスト、全12曲

  • KANSAS / ORIGINAL ALBUM CLASSICS

    アメリカン・プログレの雄、全盛期1st〜5thを収録

  • KANSAS / SONG FOR AMERICA

    アメリカン・プログレの雄、シンフォニックな厚みを増した75年作2nd

    抜けの良いアメリカン・ロックのバンド・アンサンブルとクラシカルなヴァイオリンによるシンフォニックなアプローチでアメリカを代表するプログレッシヴ・ロック・グループとなり、後のアメリカン・プログレハードの基礎を築いたグループの75年2nd。その内容はアメリカン・ロックの明快さを崩さずにプログレ然としたアンサンブルを取り込むことに成功した傑作であり、ストレートなロックやブルース調に落ち着いた部分はまだ残しているものの、キャッチー且つポップなメロディーとシンフォニック・ロックの旨みを融合させた表題曲をはじめ、目の覚めるようなアメリカン・シンフォニック・サウンドが提示された記念碑的な作品と言えるでしょう。

  • KANSAS / POINT OF KNOW RETURN

    77年5th、前作とともにバンドの黄金期を象徴する傑作!人気曲「Dust In The Wind」収録

    抜けの良いアメリカン・ロックのバンド・アンサンブルとクラシカルなヴァイオリンによるシンフォニックなアプローチでアメリカを代表するプログレッシヴ・ロック・グループとなり、後のアメリカン・プログレハードの基礎を築いたグループの77年5th。「Point Of No Return」や「Dust In The Wind」といった彼らの代表曲を収録した本作は、彼らの持ち味であるアメリカン・ロックの明快さと、複雑に構築されたプログレッシブ・ロック然としたバンド・アンサンブルが最も良いバランスで同居した傑作となっており、キャッチーな覚えやすいメロディーとテクニカルなプレイとの対比が素晴らしい、彼らの代表作です。

  • KANSAS / TWO FOR THE SHOW

    78年リリース、カンサスの絶頂期を捉えた傑作ライヴアルバム!

    抜けの良いアメリカン・ロックのバンド・アンサンブルとクラシカルなヴァイオリンによるシンフォニックなアプローチでアメリカを代表するプログレッシヴ・ロック・グループとなり、後のアメリカン・プログレハードの基礎を築いたグループの78年ライブアルバム。77年から78年に行われた3つのツアーからの抜粋で収録された音源であり、この時点での彼らのベスト・ヒット的な選曲がなされたライブ作となっています。スタジオ作以上にアメリカン・ロックのダイナミズムとテクニカルなプログレッシブ・ロック・アンサンブルを感じられる、名作と言えるでしょう。

  • KANSAS / MONOLITH

    アメリカン・プログレ・ハードの雄、79年作

  • KANSAS / DRASTIC MEASURES

    83年9th

  • KANSAS / FREAKS OF NATURE

    アメリカン・プログレの雄、95年作

「KANSASの在庫」をもっと見る

BOB DYLANの在庫

「BOB DYLANの在庫」をもっと見る

BABE RUTHの在庫

  • BABE RUTH / DARKER THAN BLUE – THE HARVEST YEARS 1972-1975 – 3CD CLAMSHELL BOX

    紅一点ヴォーカルを擁する英ハードの名グループ、初期3作を収録したボックス・セット!

    70年代英国ロック・シーンにあってハードなシャウトを聴かせる女性シンガー、ジェニー・ハーンの熱唱を前に出した豪快なハード・ロックと、英国らしい陰影や技巧を凝らした知的なアンサンブルが生むプログレッシヴ性が合体した個性的名バンド、ベーブ・ルースの初期3作を収録したボックス。モリコーネやザッパの曲も個性的にカヴァーして多彩な音楽性を見せつけたデビュー作、最もプログレッシヴなセカンド、豪快でストレートなハード・ロック寄りのサードまで、いずれも劣らぬ個性的名盤ぞろい!(レーベル・インフォより)

「BABE RUTHの在庫」をもっと見る

P.F.Mの在庫

  • P.F.M / LIVE IN JAPAN 2002(CD)

    02年来日公演の音源を収録、全27曲

  • P.F.M / PIAZZA DEL CAMPO: LIVE IN SIENA

    03年、かつてのメンバーだったマウロ・パガーニとの奇跡の共演ライヴ!全12曲

    マウロ・パガーニをゲストに迎えた03年シエナでのライヴを収録したライヴ盤。

  • P.F.M / DRACULA: OPERA ROCK

    舞台劇「DRACULA」のサウンド・トラック作、P.F.M本来のプログレッシヴなサウンドを聴かせる05年作

  • P.F.M / EMOTIONAL TATTOOS

    70年の結成以来、名実ともにイタリアン・ロックの代表格として活動してきた名バンドによる17年作!

    70年の結成以来、名実ともにイタリアン・ロックを代表するグループとして君臨してきた名バンドによる17年作。オリジナル・アルバムとしては06年作『Stati di immaginazione』以来、実に11年ぶり!オリジナル・ギタリストのFranco Mussidaが2015年に脱退、Franz Di Cioccio(ドラム/ヴォーカル)、Patrick Djivas(ベース)、Lucio Fabbri(ヴァイオリン)の3人に、新ギタリスト、キーボーディスト2人、セカンドドラム/パーカッションの若手メンバー4人という7人編成となっています。97年の復活作『Ulisse』以降の、骨太でダイナミックな現代ロックの逞しさとイタリアン・ロック然とした伸びやかな叙情性が一体となったメロディアス・ロック路線を踏襲するサウンド。年齢を感じさせないパワフルでモダンなドラミングに、さすがのユニークなフレーズセンスが耳を引くベース、ここぞの場面で気品高く飛翔するヴァイオリン。そこにP.F.Mらしい色彩感溢れる艶やかなシンセとオルガンによる存在感あるダブル・キーボードやオーケストラが加わって、結成47年のバンドとは思えない力強いアンサンブルが紡がれます。そんな中でもやはりP.F.Mというバンドを最も強く印象づけるのが、チョッチョの情感をたっぷり込めたエモーショナルな歌声。時代が変わりサウンドの質感が変遷を重ねても、P.F.M以外でしかありえないと感じさせるサウンドを作り上げています。ムッシーダに替わる新加入のギタリストは、近年のテクニカル・ギタリストらしいヘヴィなタッチを織り交ぜたプレイを軸としますが、今作の張りのあるパワフルな作風にはかなりハマっている印象。地中海エッセンスをたっぷり含んだ叙情ナンバーでの爽やかなアコギ、バラードでのスケール大きく優美なソロプレイも見事に聴かせます。復活後のP.F.Mを変わらず愛する方ならきっとグッと来る、聴き応えたっぷりの力作に仕上げています!

  • P.F.M / I DREAMED OF ELECTRIC SHEEP – HO SOGNATO PECORE ELETTRICHE

    イタリアン・ロックを象徴するグループ、「ブレードランナー」の原作『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』に着想を得た21年コンセプト作!

  • P.F.M / STORIA DI UN MINUTO

    71年リリース、イタリア本国でのデビュー作、イタリアらしい芸術的な感性が発揮された傑作!

    QUELLIを母体に結成され、後にバンドの顔となるMauro Paganiを迎えて改名。英国とはまた違ったイタリアの素晴らしい叙情性を放ち、EL&PのMANTICOREからPete Sinfieldの戦略で世界デビューまで果たしたイタリアン・シンフォニック・ロック代表グループの71年デビュー作。イタリア盤としてリリースとなった本作はイタリアン・シンフォニック・ロックの職人気質の極地といった趣の傑作。当時のブリティッシュ・ロックフィールドのアーティストたちと比べてもその技巧は抜きん出ており、クラシカルに、丹念に編みこまれたアンサンブルの妙技に酔いしれるばかりの名盤です。

  • P.F.M / PHOTOS OF GHOSTS

    「イタリアン・ロック」の存在を全世界に知らしめた衝撃の73年ワールドデビュー作!

    QUELLIを母体に結成され、後にバンドの顔となるMauro Paganiを迎えて改名。英国とはまた違ったイタリアの素晴らしい叙情性を放ち、EL&PのMANTICOREからPete Sinfieldの戦略で世界デビューまで果たしたイタリアン・シンフォニック・ロック代表グループの73年3rd。本作はまさにそのMANTICOREからの世界リリース作となった、ヨーロピアン・ロック屈指の1枚であり、Pete Sinfieldが英語詞を担当した傑作です。先にイタリアでリリースされていた2nd「Per Un Amico」の再録音と、デビュー作「Storia Di Un Minuto」より1曲、そして前2作には未収録の新曲1曲で構成されており、イタリアらしいバロック色とダイナミックなロックを融合した奇跡的なサウンドを提示。テクニカルな変拍子と呼応する凄まじい叙情の嵐は唯一無二のものです。

  • P.F.M / WORLD BECAME THE WORLD

    『幻の映像』に続く世界進出第2弾、74年作

    QUELLIを母体に結成され、後にバンドの顔となるMauro Paganiを迎えて改名。英国とはまた違ったイタリアの素晴らしい叙情性を放ち、EL&PのMANTICOREからPete Sinfieldの戦略で世界デビューまで果たしたイタリアン・シンフォニック・ロック代表グループの74年4th。AREAのPatrick Djivasを新ベーシストとして迎えた世界リリース2作目であり、イタリア盤も製作された名盤。前作が旧作からの再録音を中心にしていただけに、PFMの真価が問われることになった本作は、バロックを強く意識したクラシカルな前作から、プログレッシブな魅力はそのままに、よりポピュラリティーを持ったサウンドを提示した傑作であり、前作同様、イタリアのシンフォニック・ロックを代表する1枚となっています。

  • P.F.M / JET LAG

    名実共にイタリアを代表するグループ、フュージョンに接近した77年作

    QUELLIを母体に結成され、後にバンドの顔となるMauro Paganiを迎えて改名。英国とはまた違ったイタリアの素晴らしい叙情性を放ち、EL&PのMANTICOREからPete Sinfieldの戦略で世界デビューまで果たしたイタリアン・シンフォニック・ロック代表グループの77年作。Mauro Paganiが脱退したあとの本作は、ヴァイオリニストにGregory Blochを迎えてラテン・フレーバーを散りばめたジャズ・フュージョン色濃いサウンドを提示。前作からの流れでシンフォニックな音像は姿を消していますが、軽快でテクニカルなジャズ・フュージョンサウンドの中にもイタリアの叙情をほのかに感じられるなど、過渡期とは思えない個性はやはり彼ららしい佳作と言えるでしょう。

  • P.F.M / 35…E UN MINUTO

    CD1&2はベスト、CD3はライブベスト

  • P.F.M / GOLDEN COLLECTION

    『STORIA DI UN MINUTO』『PER UN AMICO』『PHOTOS OF GHOSTS』収録

「P.F.Mの在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。