プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「お野菜ジャケ」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

こんにちは。

3月も半ばとなり、日差しもどんどん春らしくなってきましたね。

こちら埼玉北端の寄居町では、梅や木蓮の花が咲いています。

みなさまのお住まいの地域はどんな様子でしょうか。

さて今週は、「お野菜ジャケ」というテーマで、facebookに投稿してまいりました。

野菜をあしらった様々なジャケットをピックアップいたしましたので、どうぞご覧ください。

Facebook

3月11日(月):LITTLE FEAT / WAITING FOR COLUMBUS

第一日目は、リトル・フィートの『WAITING FOR COLUMBUS』です。

ハンモックに座るなまめかしいトマトが、何ともインパクトがあります。
フランク・ザッパの『いたち野郎』でも有名なイラストレーター、ネオン・パークによるものです。

「コロンブスを待っている」というタイトルは、どうやら「バンドが世間に見つけてもらうのを待っている」という意味があるそうです。
このアルバムはバンド史上最大のヒットとなり、まさしくタイトルの通り世間に「発見」されたアルバムになりました。

内容は、77年に行ったライヴを2枚組にまとめたもので、リーダーのローウェル・ジョージの体調が良くなかったそうですが、そんな気配を全く感じさせません。

粘っこくうねるリズム隊の中をスライド・ギターと渋いボーカルがダイナミックに響き、熱いインプロビゼーションを繰り広げます。ついつい体が揺れるグルーヴに満ちています。

ライヴ・バンドとしての実力を見せつけてくれる一枚です。(みなと)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

3月12日(火):BADFINGER / ASS

本日は「BEATLESの弟分」としてデビューした英国のバンド、BADFINGERの74年作『ASS』をご紹介いたしましょう。

70年にアップル・レコードからデビューし、2ndアルバム『NO DICE』、3rd『STRAIGHT UP』と次々にヒット作をリリースしていったBADFINGER。
しかしBEATLES解散後のアップルは年々経営難に陥っており、メンバー達は別レーベルへの移籍を考え始めます。

そうしてアップルからの最後のリリースとなったアルバムがこの4th『ASS』。
レーベルとの関係が悪化していた事により英国でほとんどプロモーションされず、売り上げも芳しくなかったという可哀想な作品ですが、内容は前作や前々作と比べても決して申し分なし。
特にアップルとの別れを綴った、Pete Hamによる哀愁いっぱいのナンバー「Apple of My Eye」はBADFINGER屈指の名曲の一つと言って差し支えないでしょう。

さて、空にでかでかと浮かぶ人参をロバが見つめるこのジャケは、次のレーベル(=米国ワーナー)の契約書にまんまと釣られるバンドの姿を皮肉ったものだとか。
アップルによる当てつけのジャケットという説と、メンバーTom Evansの発案という説があったのですが、流石にジャケまでアップルの嫌がらせとは考えたくないものですね…。(増田)

試聴 Click!

3月13日(水):INCREDIBLE STRING BAND / 5000 SPIRITS OR THE LAYERS OF THE ONION

春の野菜といえばキャベツ、アスパラ、そして新タマネギ…?という訳で本日ご紹介するのは「タマネギ」のジャケット。

スコットランド出身のMike Heron&Robin Williamsonを中心とする英国アシッド・フォーク・バンド、INCREDIBLE STRING BANDの67年作『5000 SPIRITS OR THE LAYERS OF THE ONION』です。

このやたらとカラフルでサイケデリックなジャケットに抽象的な長いタイトル、一見するといかにも当時の『サージェント・ペパーズ』フォロワーといった雰囲気ですが、内容は牧歌的な中にも格調が高さ漂う英国的なフォーク作品。

シタールの音色やアラビア風の旋律など当時のサイケらしいエキゾチックな味付けもされているものの、彼らの場合はメンバーのアフリカや中東旅行の経験を活かしたり、実際のインド人奏者を招いたりと、単なるサイケ・ムーヴメントとはまた違ったフォークと東洋音楽の本格的な融合が試みられている点が魅力です。

多彩なアコースティック楽器が繊細に絡み合う、暖かくも神秘的なアシッド・フォーク・サウンドは春のうららかな日差しにぴったりですね。(増田)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

3月14日(木):PAUL BRETT / INTERLIFE

今日はお馴染みのあの野菜、キャベツです!

春キャベツはそろそろでしょうか。炒めてもよし、煮てもよし、そのまま味噌を付けて食べてもよし、おいしく胃にも優しいパーフェクトな野菜ですよね。

おっと、アルバムのご紹介をしなければ…

VELVET OPERAやSTRAWBSで活動したギタリスト、ポール・ブレットの78年ソロ作『INTERLIFE』です。

トラッド調のアコースティックギターのプレイを中心に展開される異色のプログレ作となっています。

哀愁のフレーズを紡ぐエレキギター、ジャジーなブラス・セクション、シンセサイザーなどがスリリングにフレーズを応酬させ、ハード・ロック、ジャズ、シンフォなどが断片的に現れる凝った音作り。

その先の読めないサウンドを聴いていると、キャベツどころではなくなってしまいます。(みなと)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

3月15日(金):BABY GRAND / ANCIENT MEDICINE

昨日のPaul Blettも中々のマイナー盤でしたが、ラストはもっとマイナーかもしれない米AORバンドBABY GRANDの78年2ndアルバム「Ancient Medicine」をチョイス☆

いろんな野菜を使っておじいさんの顔を作ったユニークなジャケットがインパクト抜群ですね。じっと見ていると全てを見通す仙人のような顔つきにも見えてきます。

こちら、80年代に一世を風靡するHOOTERSのギタリストとキーボーディストが在籍しているグループなのですが、HOOTERSのようなレゲエ/ケイジャン要素はなく、変拍子や凝った曲構成にプログレ要素も感じられる技ありなAORを聴かせています。

めくるめく展開するテクニカルで緻密な演奏と、AOR然とした爽やかな聴き心地の良さが素晴らしいバランスで共存した、マイナーながら実に愛すべき一枚です☆(佐藤)

試聴 Click!

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram

LITTLE FEATの在庫

  • LITTLE FEAT / SAILIN’ SHOES

    初期マザーズのメンバーを中心に結成された米ルーツ・ロック・バンド、72年作

  • LITTLE FEAT / DIXIE CHICKEN

    バンドの評価を不動のものとした73年リリース3rd、これぞ名盤!

    70年代のアメリカ西海岸を代表するロック・バンド、LITTLE FEATが73年に発表した3rd。前作『SAILIN’ SHOES』発表後に訪れた解散の危機を乗り越え、新メンバーを加え6人組となって制作された作品。Lowell Georgeはかねてよりニューオリンズ・サウンドへと傾倒していただけに、ニューオリンズ出身の新メンバーを迎えて制作した本作は彼の制作意欲が一気に開花した作品ともいえる。初期の一連の作品がそうであるように、本作もまた、Lowell Georgeの綴るリリックの、渋く味わい深い世界感を堪能できる。

  • LITTLE FEAT / FEATS DON’T FAIL ME NOW

    74年作4th

  • LITTLE FEAT / LAST RECORD ALBUM

    75年作5th

  • LITTLE FEAT / WAITING FOR COLUMBUS

    78年発表、米ロック史に残る傑作ライヴ・アルバム!

  • LITTLE FEAT / AS TIME GOES BY: BEST OF

    86年編集ベスト、全20曲

  • LITTLE FEAT / AMERICAN CUTIE

    73年のライヴ音源、全14曲

「LITTLE FEATの在庫」をもっと見る

BADFINGERの在庫

  • BADFINGER / BADFINGER

    74年作

  • BADFINGER / DAY AFTER DAY

    バッドフィンガー唯一の公式ライヴ・アルバム、74年オハイオ州クリーヴランド公演を収録、全10曲

    グループの人気が頂点にあった74年3月4日にオハイオ州はクリーブランドで録音されたライヴ。90年にリリースされた重要作。

    1. Sometimes
    2. I Don’t Mind
    3. Blind Owl
    4. Give It Up
    5. Constitution
    6. Baby Blue
    7. Name of the Game
    8. Day After Day
    9. Timeless
    10. I Can’t Take It

  • BADFINGER / WISH YOU WERE HERE

    敏腕クリス・トーマスがプロデュースを手掛けた74年作

  • BADFINGER / VERY BEST OF BADFINGER

    全19曲

    ビートルズの弟分としてAPPLEよりデビューした4人組。ピート・ハム、トム・エヴァンズという偉大な作曲家2人から編み出されるキャッチーなメロディ、物悲しく胸を打つハーモニー、元祖パワー・ポップと言えるドライヴ感いっぱいのアンサンブル。ビートルズには無い数々の魅力に溢れた名グループ。彼らの名曲をレーベルを越えて選曲した決定版ベスト。元祖パワー・ポップな「NO MATTER WHAT」、メロディアスなリード・ギターとキャッチー過ぎるメロディに痺れる「BABY BLUE」、代表曲「WITHOUT YOU」、ポール作曲のキャッチーな「COME AND GET IT」など、これでもかとマジカルなメロディが続きます。ブリティッシュ・ポップの決定盤

  • BADFINGER / BEST OF

    21曲入りベスト

  • BADFINGER / BEST OF BADFINGER VOL2

    90年編集ベスト第2弾、全17曲

  • BADFINGER / SHINE ON

    12曲収録コンピ

「BADFINGERの在庫」をもっと見る

INCREDIBLE STRING BANDの在庫

  • INCREDIBLE STRING BAND / WEE TAM

    68年作4th

    ウィリアムソン、ヘロンに加えて、ローズ・シンプソンを迎え発表された4作目。68年作。「キリストの受難は[死]と[再生]という永久に循環するドラマの一部である」という哲学的なテーマに基づいたコンセプト作!

  • INCREDIBLE STRING BAND / CHANGING HORSES

    69年6th

    ロビン・ウィリアムスンとマイク・へロンを中心とするISBの6枚目。2曲目「WHITE BIRD」で顕著なように、オルガン、フルートによる荘厳なアレンジ、重厚なハーモニーなどより洗練された格調高いサウンドが素晴らし。

  • INCREDIBLE STRING BAND / I LOOKED UP

    英アシッド・フォークの雄、70年作、7th

    フェアポート・コンヴェンションのデイヴ・マタックスを迎え、よりロック色を強めた70年の7作目。歌詞・対訳付。

「INCREDIBLE STRING BANDの在庫」をもっと見る

PAUL BRETTの在庫

  • PAUL BRETT / CLOCKS

    73年作2nd、VELVET OPERAやFIREで活躍したミュージシャン、英SSW作

  • PAUL BRETT / INTERLIFE

    VELVET OPERAやSTRAWBSで活動したギタリストによる78年ソロ作、トラッド調のアコースティックギターのプレイを中心に展開される異色のプログレ作

    60年代末にVELVET OPERAのメンバーとしてシーンに登場、STRAWBSへの参加や自身のバンドPAUL BRETT’S SAGEを率いて活動したギタリストによる、78年のソロアルバム。プロデュースは『TUBULAR BELLS』を手掛けたトム・ニューマンが担当。冒頭16分の大作から素晴らしく、トラッド色のある躍動感溢れる自身のアコースティックギターのプレイを中心にして、次々と哀愁のフレーズを紡ぐエレキギター、Mel CollinsとSteve Gregoryが務めるジャジーなブラス・セクション、多彩なトーンのシンセサイザーなどが渦を巻くようにスリリングにフレーズを応酬するプログレッシヴなナンバー。他の曲はよりトラッド風のアコースティックギターをフィーチャーしたナンバーが中心となりますが、決して牧歌的にはならず、ハード・ロック、ジャズ、シンフォなどが断片的に現れる凝った音作りによって、先の読めないサウンドを繰り広げています。シンフォ色は強くありませんが、Gordon Giltrapに近い作風に感じられます。プレイヤーとしての力量は勿論、コンポーザーとしての才能も見事に発揮されたブリティッシュ・ロック/プログレの秀作です。

「PAUL BRETTの在庫」をもっと見る

BABY GRANDの在庫

  • BABY GRAND / BABY GRAND

    アメリカの産業ロック/パワー・ポップ・バンド、77年のデビュー作、とにかくキャッチーな快作

    アメリカの産業ロック/パワー・ポップ・バンド、77年のデビュー作。ハイ・トーンの胸キュンヴォーカルとハーモニー、10ccやパイロットあたりと比べても負けないキャッチーなメロディにウキウキ!青空へと突き抜けるようにシャープなエレキ・ギター、明るいトーンで躍動するメロディアスなキーボードによるアンサンブルも良いし、要所では確かなテクニックも感じさせます。しっかし、なぜこんな暗い感じのジャケにしてしまったのでしょうか。フックに富んだ佳曲ぞろいの米ハード・ポップの快作です。

「BABY GRANDの在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。