プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

オーストラリア&ニュージーランドのちょっぴりマイナーなロック&プログレ特集♪

スタッフ佐藤です。

英語圏ということで、英米ロックを中心に聴くリスナーにとっても比較的入りやすい地域と言えるオーストラリア&ニュージーランドのロック。

ですが、AC/DCという突出したスターバンドの存在を除けば、さほど注目を集めるシーンとは言えないのが正直なところです。

しかし、マイナーどころまで分け入っていくと、さすがに次々と素晴らしいバンド達が見つかります。

そんな知られざる愛すべきオージー&ニュージーのロック/プログレの数々を見てまいりましょう♪




オーストラリア編


RAINBOW THEATRE/FANTASY OF HORSES

実力的にはセバスチャン・ハーディーにも匹敵するのが、この総勢14人編成の大所帯プログレ・グループ!ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラ、トロンボーン、オーボエ、トランペット、サックス、フルートなど厚みある管弦と、メロトロン・ストリングスが荘厳でドラマチックなサウンドを演出。15分を超える叙情的な大曲も収録した名盤!

試聴 Click!

ALEPH/SURFACE TENSION

こちらもオージー・プログレではそれなりに知られた存在ですね。こわれものイエスをアメリカン・プログレ・ハード・テイストで料理したようなサウンドで、切々と歌われるヴォーカルとテンションみなぎる重厚なアンサンブルの組み合わせがドラマティック!

試聴 Click!

CHETARCA/CHETARCA

なんとオーストラリアに、オランダのTRACEやチェコのCOLLEGIUM MUSICUMばりのクラシカルなキーボード・プログレ・バンドが居たとはっ!

試聴 Click!

BUFFALO/VOLCANIC ROCK and ONLY WANT YOU FOR YOUR BODY

AC/DCにも負けないエネルギッシュな爆音ハード・ロックを聴かせるオーストラリアの名グループと言えば・・・。

試聴 Click!

KAHVAS JUTE/WIDE OPEN

RAINBOWにも参加する名ベーシストBob Daisleyを中心に結成されたオーストラリアのハード・ロック・バンドと言えば?イギリス的な哀愁とアメリカ的なヌケの良さを絶妙にブレンドした音像は、オーストラリアの風土とぴったりイメージが重なる爽快さがあります。

試聴 Click!

ROB THOMSETT/YARAANDOO AND HARA

オーストラリアのギタリストが75年に残したジャズ・ロック/フリーインプロの逸品なんですが、美しいメロトロンもフィーチャーされていて、幻のメロトロン名盤とても語られてきた作品。よりジャズ・ロック然としたカッコいい76年作との2in1仕様!

試聴 Click!

PANTHA/DOWAY DO DOWAY DO

酷い虎ジャケは、ザッパばりの諧謔精神たっぷりですが、音の方は、ラテン・フレイヴァーに木漏れ日感が加わったグルーヴィー・ジャズ/フュージョン・ロックで、なんと、オーストラリアのグループ!

試聴 Click!

CROSSFIRE/CROSSFIRE

なんとオーストラリアにもマハビシュヌやウェザーリポートばりのフュージョン系ロック・バンドが居たとは・・・。たおやかさもあって、気持ちいい~。

試聴 Click!

MADDEN & HARRIS/FOOL’S PARADISE

流れるようなアコギと、靄のようなメロトロンがたまらない。永遠に浸っていたくなるオーストラリアの幽玄フォーク。

試聴 Click!

SIMON JONES/MELANIE AND ME

終始気だるげなギター、哀愁漂うボーカル、素人っぽいアンサンブルとチープな音質。聴いていると色々どうでも良くなっちゃいます。オーストラリアの自主サイケ・フォーク。

試聴 Click!

JEANNIE LEWIS/FREE FALL THROUGH FEATHERLESS FLIGHT

ケイト・ブッシュやダグマー・クラウゼを彷彿させるハイ・トーンの伸びやかな歌声と演劇的でエモーショナルな歌唱がとにかく絶品。このオーストラリアの歌姫、ずばり孤高と言える素晴らしさです。

試聴 Click!

STEVE & STEVIE/STEVE AND STEVIE

ビートリッシュな英ポップが好き?ミレニアムの『ビギン』も好き?なら、このオーストラリアのデュオが英国に渡り録音した68年作は必聴ですよ~。

試聴 Click!

VALENTINES/THE SOUND OF

オーストラリアのビートバンドといえばイージービーツが有名ですが、AC/DCのボン・スコットが在籍したビートバンドといえば?キャッチーなビート・ポップが魅力的!

試聴 Click!




ニュージーランド編



AIRLORD/CLOCKWORK REVENGE

イングランドが『ガーデンシェッド』をリリースしたのと同じ77年に、南半球にて、ジェネシスとイエスのエッセンスを同じく継いだこんな名盤というか迷盤が生まれていたとは・・・。これは名づけて「大道芸プログレ」!痛快!

試聴 Click!

THINK/WE’LL GIVE YOU A BUZZ

イエスのベーシスト、クリス・スクワイアがハード・ロック・バンドを結成してVertigoからリリース!って感じのグループを、な、なんとニュージーランドで発見っ!

試聴 Click!

BUTLER/BUTLER

ジミヘンからの影響を感じさせつつ、サイケとパブ・ロックの中間という感じのなんとも言えない緩さと哀愁、そして辺境的「いなたさ」に満ちたサウンドがたまらなく愛おしい!全員がマオリの血を引くニュージーランドのグループ、73年デビュー作!

試聴 Click!

AVENGERS/EVERYONE’S GONNA WONDER: COMPLETE SINGLES…PLUS

同名の女性ヴォーカル・パンクバンドがいるけど、こっちが先。60年代ニュージーランドを席巻したドリーミーなサイケ・ポップ・バンド。ローカルヒットだけどハッピーでキャッチーなメロディが満載です!

試聴 Click!

TAMBURLAINE/SAY NO MORE

CSN&Yに影響を受けたというフォーク・ロックを基調としながらも、そのコーラスはエコーのかかった夢うつつな響き。ボンゴやマラカス、鈴の音が眩惑的にリズムを刻み、フルートが優しくたなびきます。

試聴 Click!

SERENITY/PIECE OF MIND

フォーキーなCREAM!?くぐもったボーカルとほんのりサイケな楽曲、ブルージーなハーモニカ。ニュージーランドにこんなトリオがいたとは。

試聴 Click!

気になる作品が見つかりましたら幸いです!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • THINK / WE’LL GIVE YOU A BUZZ

    ニュージーランド出身、76年作、Vertigoあたりの英プログレ直系の陰影に富んだハード・ロック

    ニュージーランドのグループ、76年の唯一作。ブルース色の無いメロウかつハード・エッジなギター、くすんだトーンのオルガン、クリス・スクワイアを彷彿とさせるゴリゴリのランニング・ベースを中心とする英プログレ直系のアンサンブルを聴かせています。Vertigoあたりのグループに通ずる陰影に富んだ哀愁溢れるメロディ&ハーモニーも印象的。せわしなくリズム・チェンジしながら畳みかけるドライヴ感溢れる楽曲、オルガンをフィーチャーしたミドル・テンポの荘厳な楽曲、スリリングなリフ主体のストレートなハード・ロックを聴かせる楽曲、ジャジーなタッチの洗練されたアンサンブルを聴かせるメロディアスな楽曲、哀愁のメロディに溢れた黄昏色の楽曲など、どの曲も叙情性溢れるメロディとアンサンブルが堪能できる佳曲揃い。派手さはないものの、じっくりと聴き応えのある味わい深い好盤です。

  • ROB THOMSETT / YARAANDOO AND HARA

    メロトロンをフィーチャーした幻の激レア作品として知られた、オーストラリア出身ギタリストによる75年作と76年作を収録

    メロトロンをフィーチャーした幻の激レア作品として知られた、オーストラリア出身ギタリストによる75年作と76年作を収録。75年作は、自身のギタープレイに、テナーサックス、フルート、ムーグシンセ、リズム・セクション、コンガなどのパーカッション類らを交えたフリージャズ風の掛け合いが中心ですが、メロディアスなテーマを持つしなやかなジャズ・ロック・ナンバーも合間に登場したりと練られた構成でしっかりと聴かせます。そして最大の特徴が随所で鳴り響くメロトロン。洪水という表現よりは滾々と湧き出る源泉というイメージを持つ美しいプレイが大変魅力的です。フリージャズというと抽象的で掴みどころのない印象を持つかもしれませんが、一音一音に有機的な息吹を感じさせるようなサウンドが静かに胸を打ちます。76年作は、よりジャズ・ロック・テイストを強く感じさせるかっちりしたアンサンブルがカッコいい作品。前作と比べるとジャズ・ロックとフリージャズの比率が逆転した印象ですが、独特の美しさが滲む音像は健在。両作ともに屈指のレアグルーヴ盤として語られてきたのも頷ける名品です。

  • CHETARCA / CHETARCA

    ツイン・キーボード編成のオーストラリア産キーボード・プログレ・グループ、75年の唯一作、TRACEやCOLLEGIUM MUSICUMのファン必聴

    ツイン・キーボード編成のオーストラリア産プログレ・グループ、75年の唯一作。手数多く切れ味の鋭いドラム、ゴリゴリのトーンで疾走するリッケンバッカー(←おそらく)ベースによるスピード感あるリズム隊、そして、クラシカルかつR&B〜ジャズ的なグルーヴ感もあるピアノと透明感あるトーンの幻想的なキーボード・ワークが印象的で、端正かつジェントルなキーボード・プログレ・サウンドは、EL&PというよりオランダのトレースやチェコのCOLLEGIUM MUSICUMあたりを彷彿させます。気品のある伸びやかな男性ヴォーカル、フックに富んだ流麗なメロディもまた魅力的。マイナーながら、クラシカルなキーボード・プログレとしてこれはかなり完成度高いです。これはオススメ!

  • RAINBOW THEATRE / FANTASY OF HORSES

    セバスチャン・ハーディにも匹敵するオーストラリア・プログレの最高峰、76年作

    オーストラリアはメルボルンで結成されたシンフォニック・ロックグループの76年2nd。ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラ、トロンボーン、オーボエ、トランペット、サックス、フルートなど管弦楽器を大掛かりに使用した、なんと14人編成のシンフォニック・ロックバンドであり、SEBASTIAN HARDIEと並んでオーストラリアを代表する存在です。また、バンドセクションはダイナミズムを持ったプログレッシブ・ロック然としたアンサンブルを放ち、メロトロン・ストリングスが大仰な彩りを加えています。15分を超える叙情的な大曲も収録した名盤です。

  • MADDEN & HARRIS / FOOL’S PARADISE

    メロトロンを多用したオーストラリアのフォーク・デュオ、75年唯一作

    DAVID MADDENとPETER HARRISによるオーストラリアのフォーク・デュオ。75年作。アコースティック・ギターによる弾き語りと2人のハーモニーが基本ですが、全編で流れるアナログ・シンセの物悲しく幽玄な響きが特徴。内省的なメロディーとメロトロン的に使われる深く沈みこむようなシンセが涙を誘います。メロディー・センスも抜群で叙情性溢れるメロディーの連続は日本人の琴線に触れること間違いなし。名作。LP。

  • ALEPH / SURFACE TENSION

    YES系統のオーストラリア産シンフォ傑作、77年作

    オーストラリア出身のバンドによる77年発表の本作は、セバスチャン・ハーディーの一連の名作群と比べても勝るとも劣らない、美しいメロディーとメロトロンをフューチャーした重厚なアレンジが素晴らしいシンフォニック・ロックの傑作。YESからの影響も感じられる曲構成の素晴らしさは必聴です。

  • AIRLORD / CLOCKWORK REVENGE

    まさかニュージーランドにこれほどまでのプログレ・ハードが生まれていたとは!ジェネシスを受け継ぎつつも何とも奇天烈な迷盤!

    76年〜78年に活動したニュージーランド出身のプログレ・ハード・バンド、77年の唯一作。ピーター・ガブリエルにちんどん屋&サーカス風味を加えたような演劇的かつ素っ頓狂なヴォーカルがいきなり強烈。演奏もテープを早回ししてるようにえらく焦燥感たっぷりで、切れこむ変拍子のキメはジェントル・ジャイアントばりだし、エッジの立ったトーンで忙しなく動きまわるベースはイエスを土台にしつつも何だか違う方向に突き抜けちゃってるし、子供の声みたいなコーラスも奇天烈感たっぷりだし、イングランドが『ガーデンシェッド』をリリースしたのと同じ77年に、南半球にて、ジェネシスとイエスのエッセンスを同じく継いだこんな名盤というか迷盤が生まれていたとは・・・。これは名づけて「大道芸プログレ」!痛快なるプログレ・ファン必聴の一枚です。

  • KAHVAS JUTE / WIDE OPEN

    メロディアスでヌケの良い、70sオージー産絶品ハード・ロック、71年

    後にRAINBOWにも参加する名ベーシストBob Daisleyを中心に結成されたオーストラリアのグループ。手数多くドライヴ感いっぱいのベースとドラムを軸に、左右チャンネルに振られたツイン・ギターが、ヌケの良いリズム・ギターとメロディアスなリードで絡む、というスタイル。イギリス的な哀愁とアメリカ的なヌケの良さが絶妙にブレンドしたサウンドは、オーストラリア産ならではでしょうか。演奏、楽曲ともにかなりハイレベルな名作。

  • PANTHA / DOWAY DO DOWAY DO

    ラテン・フレイヴァーと木漏れ日感があわさったオーストラリア産ジャズ/フュージョン・ロック・グループ、75年唯一作

    サンタナに影響を受けたオーストラリアのジャズ/フュージョン・ロック・グループ。75年唯一作。元ヘロンのG.T.ムーアによるレゲエ・バンドのような木漏れ日感あるゆる〜いグルーヴのヴォーカルがはじまり、フュージョンタッチの流麗なエレピが入り、ベースが疾走しだすと、バンドがスピーディーに走り出します。高速で乱れ打たれるパーカッション、軽快なカッティング・ギターもクール!パブ・ロック感のある親しみやすいヴォーカルも良いし、ハードかつ滑らかなトーンで早弾きを繰り出すギターもカッコよし。オシビサなどアフロ・ロックとともに、英ココモのようなご機嫌なフレイヴァーもあって、カンタベリーに通じるようなジャズ・ロッキンなキメも挿入するし、さらに素っ頓狂なジャケの通りにザッパに通じるようなセンスもあって、これは良いバンド!

  • CROSSFIRE / CROSSFIRE

    オーストラリアのジャズ〜フュージョン・ロック・バンド、75年デビュー作

    74年から83年の活動期間中に5枚のスタジオ作を残したオーストラリアの名ジャズ/フュージョン・ロック・バンド、75年デビュー作。軽快かつ流麗なギターのカッティング、緩急自在のリズム・セクション、そして、その上をたおやかに舞う管楽器のリード。清涼感たっぷりのフュージョン・ロックが魅力です。エレピとギターとベースによる高速ユニゾンなど、マハビシュヌやウェザー・リポートばりのテクニカルなパートでの切れ味も特筆。フュージョン系ロックのファンにオススメの快作です。

  • SERENITY / PIECE OF MIND

    ニュージーランド出身サイケ・フォーク・ロック・トリオ、72年作

    ニュージランド出身のフォーク・ロック・グループ。本作は、70年から71年にかけて録音されながら陽の目を見ずに終わった幻の作品。サウンドを天気で表せば「曇り時々雨」。何日も雨がシトシトと降り止まないような物憂い雰囲気に包まれたサウンドで、ちょっとブルージーなハーモニカが印象的です。しっとりと歌い上げるヴォーカルも決してうまくは無いですがたいへん魅力的。好盤。

  • TAMBURLAINE / SAY NO MORE

    ニュージーランドのフォーク・グループ、72年作。

    ニュージーランドのフォーク・トリオ、72年作。CSN&Yに影響を受けたというフォーク・ロックを基調としながらも、そのコーラスはエコーのかかった夢うつつな響き。ボンゴやマラカス、鈴の音が眩惑的にリズムを刻み、フルートが優しくたなびくサイケデリックな楽曲も多く収録されており、オセアニアの自然豊かな土地ならではのおおらかなサイケ・フォークを聴かせてくれます。

  • JEANNIE LEWIS / FREE FALL THROUGH FEATHERLESS FLIGHT

    オーストラリア出身、ケイト・ブッシュを彷彿とさせる女性ヴォーカリスト、73年作

    オーストラリアの女性ヴォーカリスト、73年のデビュー・アルバム。ケイト・ブッシュやダグマー・クラウゼを彷彿させるハイ・トーンの伸びやかな歌声と演劇的でエモーショナルな歌唱がとにかく絶品。バックには、オージー産プログレの名バンドTULLYのメンバーが参加していて、プロコル・ハルムや英フォーク・ロックSSW的な豊潤なアンサンブルも特筆です。孤高の女性Voプログレ&フォーク・ロックの逸品。

  • AVENGERS / EVERYONE’S GONNA WONDER: COMPLETE SINGLES…PLUS

    60年代ニュージーランドを席巻したドリーミーなサイケ・ポップ・バンド、怒涛の27曲入りシングル・コンピレーション

    アヴェンジャーズと言えば、女性ヴォーカルの70年代アメリカン・パンク・バンドが有名ですが、こちらのアヴェンジャーズは、それ以前の60年代ニュージーランドでローカル・ヒットを量産していたポップ・サイケ・バンド。当時のニュージーランドで最も成功していたバンドであった彼らの8枚のシングルのA/B面と、3枚のアルバムからピックアップした曲、さらにラジオCMを3曲収録したのが本作『EVERYONE’S GONNA WONDER』です。どの曲もとにかくポップ。ほぼ必ずコーラスが入る曲展開は、ポップ・サイケというよりサイケなポップスといったところ。サイケ・バンドらしく歪んだオルガンやファズ・ギターがうなる曲もありますが、その余韻も束の間、エコーたっぷりなヴォーカル・ハーモニーやストリングス、ホーンなどに上塗りされて、いつの間にかポップスにサイケ・フレイバーを加えたようなおいしいヒット・チューンに早変わり。6曲目に、北アイルランドのシンガーDavid McWilliamsのローカル・ヒット曲であり、その後数多くのアーチストによって再録されることになる名曲『Days of Pearly Spencer』のカバーを収録。いい塩梅にサイケ風味の味付けをして、シリアスでハードな本家の曲の持ち味を殺さない程度なポップさに仕上げています。サイケ・ファンだけでなくポップス・ファンにもおススメです。

  • VALENTINES / THE SOUND OF

    AC/DCのリード・ヴォーカルBon Scottが在籍しているオーストラリアのビート・バンド、全シングル曲収録のアンソロジー

    後にAC/DCのリード・ヴォーカルとして成功するBon Scottが在籍していることで知られるオーストラリアのビート・バンド。彼らが活動した66年から70年の間にリリースされたシングルA/B面の全曲の他、未発表曲とラジオ放送音源を加えたアンソロジー。ザ・ムーヴやホリーズを彷彿させるキャッチーなビート・ポップが魅力的。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。