プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

《サイケ》をキーワードに巡る、女性ヴォーカル周遊記~アメリカ、イギリス、南アフリカ、フランス、オランダ~《後編》

ようこそ、カケレコ・エアラインへ!
英米の名盤・定番を出発点に、ディープな作品へと国内をご案内した後、ユーロ&辺境へと誘うワールド・ロック・ツアー。
申し遅れました、私、本日のツアー・コンダクターを務めます、芹沢聡一郎です。

さて、今回は『《サイケ》をキーワードに巡る、女性ヴォーカル周遊記』の後編。

前編はサイケデリックカルチャーの発火点、アメリカの西海岸を巡りましたね。
後編は、いよいよヨーロッパへ飛びますよ~。まずはイギリスへまいりましょう!

・・・フッフ~ン!フッフ~ン!!フッフ~ン!!!
(こ、この声は・・・)

芹沢「・・・みっ、皆さんのなかにっ、お医者様はいらっしゃいませんかっ!?いっ、今まさにとばかりに、フンフン産気づいてしまったお客様が機内にいらっしゃるようです・・・!」

八重樫「ヒィハァ~フッフ~ンッ!ヒィハァ~フッフフ~ンッ!!いっ、今まさに、あっ、赤ちゃんの頭がっ・・・て、おい!芹沢よ!産気づいてないよぉ!僕ちんだよぉ、八重樫だよぉ?!」
(わかっててやってんだよ・・・)

八重樫「もぉ〜う、ちょっと芹沢は黙っててね。はいはーい、ではでは。イギリスは《紅一点ブリティッシュ・ロック》のソムリエこと、僕ちん、八重樫治が案内させてもらいますよ、フッフ~ンッ!僕がイチオシするブリティッシュ・サイケデリック・可愛コちゃんはねぇ~・・・」
(早いとこやってくれ・・・)

GHOST『WHEN YOU’RE DEAD』

試聴 Click!

ヘヴィなギターと分厚いハモンド・オルガンが荘厳なアンサンブルを聴かせる、英国を代表するヘヴィ・サイケ・グループ。70年作。朗々とした歌い上げからミステリアスな高音コーラスまで、女性ヴォーカルShirley Kentが素晴らしいフン。英国らしい、じめじめした暗さもたまらないフン。
あ、ちなみに当時の貴重なShirleyの写真、みんなに見せてあげる。これとおんなじ写真、僕の首から下げてるロケットにも入れてあるんだけどね、フ~ン!じゃあね、僕はホテルのパソコンでカケレコの中古放出をチェックしなきゃだから、帰るフン♪

・・・コホンッ。嵐のようでしたね。
仕切りなおして、お次はイギリスと繋がり深い南アフリカへ、一挙に飛びましょう!

JOHN & PHILIPA COOPER『COOPERVILLE TIMES』

試聴 Click!

南アフリカはヨハネスブルグ出身、兄妹ヴォーカルのサイケ/フォーク・グループ。68年作。

牧歌的なアコギのバッキングを基本に、くすんだトーンのオルガンやハープシコードやキーボードが英国に通ずる陰影を描き、リード・ギターがブルース・フィーリングを注入し、フィドルやリコーダーがアシッドな雰囲気に染める、というスタイル。

妹のPhilipa Cooperによる、ちょっとミスティックでかわいらしい声のヴォーカルが入ると、一気に「英フォークの深い森」度が増しますね。60年代始めまで英国領だった南アフリカのお国柄を色濃く映した英国印のサウンドです。ITHACAあたりが好きな方は必殺でしょう。

兄に寄り添う妹、なんとも健気で可愛らしいですね。
(ねぇおにいちゃ~ん。なんだいフィリッパ。ね~え、聡一郎おにいちゃ~ん。なんだ~い、マイ・スウィート・フィリップ・・・)

・・・オッホンッ!

さて、お次はフランスへまいりましょう!

EMILY『EMILY』

試聴 Click!

16歳のフランスの少女によるヨーロピアンな雰囲気溢れる、なんとも可愛らしいフレンチ・サイケ・ポップ。72年作。純白のドレスに身を包み、冬の森に佇む姿そのままの、ユーロ・フォークの陰りと、ほんのりと漂うサイケデリックなサウンド処理が、眩惑的なSSW作品に仕立てあげています。ロリータ大国フランスが輩出した、これぞ、ロリータ・アシッド・フォークの金字塔。

・・・エッホンッ!
さて、いよいよ今回のツアー最後の国、オランダへ!

BOJOURA『NIGHT FLIGHT NIGHT SIGHT』

試聴 Click!

オランダ出身の女性サイケ・ポップ・シンガー。68年作。

アンニュイでセクシャルな歌声、その魅力を余すことなく昇華させた多幸感溢れるオーケストラ・アレンジ。マジカルでカラフルなサイケ・ポップ、若干の憂いを帯びたサンシャイン・ポップ、一度聴いたらこの魔法のトリコになること必至ですね。

さて、『《サイケ》をキーワードに巡る、女性ヴォーカル周遊記』、いかがでしたでしょうか?
皆さんのハートを焦がすサイケデリック・レディ、巡り会えましたか?

まだまだ、世界中に眠っているかもしれませんね。
それでは、またいつの日かお会いいたしましょう。
お相手は、芹沢聡一郎でした。


《サイケ》をキーワードに巡る、女性ヴォーカル周遊記~アメリカ、イギリス、南アフリカ、フランス、オランダ~《前編》

【関連記事】

《サイケ》をキーワードに巡る、女性ヴォーカル周遊記~アメリカ、イギリス、南アフリカ、フランス、オランダ~《前編》

皆さんそれぞれ、ご贔屓にされている女性ヴォーカル、いらっしゃいますよね。歌唱的な特徴で云えば、シャウト系、ウィスパー系、ハスキー系、スウィート系・・・。ルックス的な特徴で云えば、清楚系、派手系、お色気系、母系、妹系、義母系・・・。


特集『連れサイケ』  - ロック名盤からサイケ沼へと落ちていく・・・

【関連記事】

特集『連れサイケ』 – ロック名盤からサイケ沼へと落ちていく・・・

ロック名盤からサイケ名盤へとカケハす特集『サイケへ道づれ』

関連カテゴリー

《サイケ》をキーワードに巡る、女性ヴォーカル周遊記

  • BOJOURA / NIGHT FLIGHT NIGHT SIGHT

    オランダ産、女性サイケ・ポップ・シンガーの68年デビュー作、秀逸なアレンジが冴えた溜息の出るような一枚

    オランダ出身の女性サイケ・ポップ・シンガーが68年に発表したデビュー作。アンニュイでセクシャルなBOJOURA嬢の歌唱、その魅力を余すことなく昇華させたのは、同郷ダッチ・ロック・バンドGOLDEN EARRINGSのGeorge Kooymansによる多幸感溢れるオーケストラ・アレンジ。マジカルなサイケ・ポップ、若干の憂いを帯びたサンシャイン・ポップ、一度聴いたらこの魔法のトリコになること必至。素晴らしい作品に出会えたことに感謝です。米ソウル・シンガー、O.V.Wrightの大ヒット曲「That’s How Strong My Love Is」のカヴァー収録。

北米サイケの在庫

英サイケの在庫

ユーロ/辺境サイケの在庫

アシッドフォークの在庫

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。