プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カケレコ・チョイスのマイナーなクリスマス・ソング特集!

スタッフ佐藤です。

いよいよ年の瀬が迫ってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて12月のイベントと言えばなんと言ってもクリスマス。

テレビや街角で流れてくるクリスマス・ソングと言うと、マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス(All I Want For Christmas Is You)」やワム!の「Last Christmas」、ジョン・レノン「HAPPY CHRISTMAS」、ポール・マッカートニー「WONDERFUL CHRISTMAS TIME」なんかがお馴染みですが、定番ソングを紹介するだけじゃあカケレコの名が廃ります。

そこで今回は、街中じゃまず流れていることはないであろう、カケレコ・チョイスのマイナーなクリスマス・ソングをいくつかご紹介したいと思います。

今年のクリスマスは、少し捻ったクリスマス・ソングを聴きながら過ごしてみるのはいかがでしょうか?

George Harrison / Ding Dong, Ding Dong

ジョージの曲をマイナーと言うのもどうかと思いますが、ニュー・イヤー・ソングとクリスマス・ソングを兼ねた愛すべきナンバーであるものの、悲しいかなあまり浸透はしていない気がします。

「古きを送り出し、新しきを迎え入れよう」という年末年始の決まり文句と、サビの「ディン・ドン・ディン・ドン」というクリスマスの鐘が鳴る様子をくっつけただけのいたってシンプルな構成で、思わず口ずさみたくなる屈託のないポップ・ソングに仕上げているところは流石です。

親しみやすさは冒頭で挙げたジョンとポールのクリスマス・ソングにも引けを取っていないと思うのですがどうでしょう。

当時喉を傷めていたジョージの渋いハスキーボイスもかえっていい味わいになっていますよね。

試聴 Click!

May Blitz / The 25th Of December 1969

ジェフ・ベック・グループの初代ドラマーTony Newmanが結成したグループで1st同様ヴァーティゴよりリリースされた71年2ndより。重くけだるげなアンサンブルがカッコいい、ブルージーなクリスマス・ソングの佳曲です。

試聴 Click!

Argent / Christmas For The Free

ロッド・アージェントとラス・バラードという2人の天才が率いるグループの73年作にも、素敵なクリスマス・ソングが入ってますね。しっとりハートフルな曲調が胸に沁みます。

試聴 Click!

この曲、ZOMBIESの11年作『Breathe Out, Breathe In』でもセルフカバーされており、こっちもいいんですよね~!
コリン・ブランストーンの甘いハスキーヴォイスはやっぱりこういう曲調によく合いますわ…。

試聴 Click!

Chris de Burgh / A Spaceman Came Travelling

日本での知名度は高くありませんが、アイルランドでは国民的とも言える人気を誇るAOR系シンガーが彼。76年の2ndアルバム収録のこのナンバー、リリシズムいっぱいの切ない曲調とコーラスを伴って盛り上がるサビのドラマチックさが素晴らしいのです。クリスマスに関する直接的な描写はないものの、同国やイギリスではクリスマスの定番ソングとなっているようですね。

試聴 Click!

実はこの曲、ユーロ・ロック・ファンにはおなじみのオーストリアのシンフォ・グループEELA CLAIGが3rdアルバムにてカバーしています。
なんか聴いたことある曲だな、と思った方は多分こちらのバージョンではないでしょうか。

試聴 Click!

Bonnie Koloc / 25th Of December

アメリカの美声フィメール・フォークSSWによる74年作にも、素朴で心洗われるようなクリスマス・ソングがありました。
奇をてらわない自然体な歌いぶりがいいなぁ。

試聴 Click!

Alan Hull / Cardboard Christmas Boxes

英フォーク・ロックの名バンドLINDISFARNEを率いた愛すべきメロディメイカーですね。彼の死後にリリースされた最終作『STATUES AND LIBERTIES』に、極上のクリスマス・ソングが収録されています。デビュー以来、ついに尽きることのなかったメロディメイカーとしての才を実感させてくれる名曲です。

試聴 Click!


英ニューキャッスルが誇る名SSWアラン・ハル特集

【関連記事】

英ニューキャッスルが誇る名SSWアラン・ハル特集

11月17日に命日を迎えた英国のSSWアラン・ハルの足跡を辿ります。

Echolyn / Winterthru

最後の一曲は、アメリカのプログレ・バンドECHOLYNによるクリスマス・ソング。初期の傑作と言える92年作『Suffocating The Bloom』に収録されたナンバーで、持ち前のパワフル&テクニカルな演奏とクリスマスらしいファンタジックな雰囲気が見事に同居する彼ららしいサウンドで駆け抜けます。動画は日本のファンが制作したものだそうです。

試聴 Click!

お楽しみいただければ幸いです!

関連カテゴリー

関連CD在庫

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。