プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「変拍子プログレ」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

こんにちは。12月に入り、段々と冬らしくなって参りました。皆さま体調等大丈夫でしょうか。

さて今週は、「変拍子プログレ」というテーマで、facebookに投稿してまいりました。

心に染みる叙情もいいけれど、やっぱりプログレと言ったらテクニックでしょ!という貴方に、変態的な変拍子炸裂しまくりの名作達をご紹介いたします!

Facebook

12月3日(月):GENTLE GIANT / OCTOPUS

まず今日取り上げるのはジェントル・ジャイアントの73年作『オクトパス』。

シャルマン3兄弟を中心に結成された英プログレッシヴ・ロック・グループで、中世音楽やクラシック、ジャズの要素を取り入れた、変拍子や転調を繰り返す曲展開が特徴です。

今作からドラマーがジョン・ウェザーズに交代し、よりリズムが強力且つ躍動的になっています。

すべて4~5分前後というコンパクトな楽曲ながら、複雑に絡み合うリズムと完璧なコーラス・ワーク、各メンバーのテクニカルなプレイが万華鏡のようにくるくると変わり、なお且つポップで叙情的な面も持ちあわせているという、驚異的な作品です。(みなと)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

12月4日(火):AREA / ARBEIT MACHT FREI

次にご紹介するのは、イタリアのジャズ・ロック・バンド、AREA。

72年に結成され、前衛性と「地中海ロック」とも呼ぶべきエキゾチズムを結び付けた孤高の音楽性を発揮してきた彼ら。

そのキャリアの記念すべき1発目、1stアルバム『ARBEIT MACHT FREI』からしてもう物凄い。
疾走感たっぷりに繰り広げられる怒涛の変拍子、ウネリのあるバルカン~中近東風のフレーズをスピーディーに紡ぐサックスやムーグ・シンセやベース。
そして何と言ってもプログレ界を代表する名ヴォーカリストの一人、エジプト生まれのギリシャ人デメトリオ・ストラトスの強烈なヴォーカル!

デビュー作とは思えない圧倒的な貫禄と火花散るようなテンションで繰り広げられるアンサンブル。
一曲一曲聴き終えるごとにまるで全力で50mを走ってきたかのようなアドレナリンと爽快感が脳内を駆け巡ります…。

その中でも特に変拍子名曲と言えるのがコチラの3曲目「Consapevolezza」。
イントロから3拍子、3拍子、8分の7拍子…?かどうかよくわからないフレーズが炸裂し、さらにその後も「GENTLE GIANTなんて屁じゃないぜ」とばかりの変拍子の嵐。

でもただ「複雑で難解」なだけではなく、ちゃんとロック的なダイナミズムに富んでいて非常に「カッコイイ」のが彼らの素晴らしい所です。(増田)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

12月5日(水):TRETTIOARIGA KRIGET / TRETTIOARIGA KRIGET (THIRTY YEARS WAR)

今日取り上げたいのは、スウェーデンのプログレ・グループTRETTIOARIGA KRIGETの74年デビュー作です。

ギターをメインに据え、凶暴性をむき出しに展開していく硬質かつ緊張感みなぎるサウンドに圧倒される本作ですが、特筆すべきは息つく暇もなく変拍子によって畳みかけていく怒涛の展開。

奇数拍子特有のいい意味で安定感のないリズムが、切れ味鋭いスリリングなアンサンブルを生み出しています。

ただ、それだけなら先の2枚を筆頭に多くのプログレ作品が共有するものかもしれませんが、このバンドのもう一つの魅力が、74年にしてヘヴィ・メタルすら彷彿させる程の強烈なヘヴィネスにあります。

弦も切れんばかりにゴリゴリ弾きまくるギターと存在感あるリッケンバッカーベースが絡み合いながら疾走する、重厚にしてハイテンションな演奏がただただカッコいいの一言。

変拍子を自在にコントロールする「精緻さ」と実際のプレイにおける「荒々しさ」との両立にこそ、彼らならではの個性が発揮されているように感じます。

ANGLAGARDやANEKDOTENなど後進が揃って影響を公言する、北欧ヘヴィ・プログレの源流とも言える傑作です。(佐藤)

試聴 Click!

12月6日(木):SAMLA MAMMAS MANNA / KAKA

今日は同じく北欧スウェーデンから、暖かみあふれるキテレツ変拍子プログレ・グループSAMLA MAMMAS MANNAをご紹介!

71年にデビューし、中心人物のkey奏者ラーシュ・ホルメルが逝去する08年まで解散と再結成を繰り返しつつ活動してきたこのグループ。

HENRY COWを中心としたRIOにも参加していたりとアヴァンギャルドで難解なイメージもありますが、実際に聴いてみるとそのサウンドは超絶テクニックを駆使しながらも、始終どこかおどけているような暖かみのあるユーモアでいっぱい。

今日はそんな彼らが99年にオリジナル・メンバーで再結成して発表したアルバム『KAKA』から、「Frentelsens Cafe」をピックアップ!

初っ端から問答無用で変拍子炸裂しておりますが、演奏の感触はフュージョン・タッチで非常に軽やか。

スピーディーな変拍子の中木琴やキーボードやギターがアグレッシヴにソロを炸裂させつつ、どこか郷愁を感じるアコーディオンの音色やユニークな音素材、北欧トラッドの要素を織り交ぜて実に面白おかしく聴かせています。

変拍子バリバリの楽曲って確かに格好いいけど聴いてて疲れるんだよな…。という方にも是非オススメの、スタイリッシュさとユーモラスさを併せ持ったサーカスの如き変拍子ジャズ・ロック作品です。(増田)

試聴 Click!

12月7日(金):POLLEN / POLLEN

ラストを飾るのは、カナダはケベックのグループPOLLENによる76年唯一作『POLLEN』です!

カナダでプログレと言えば、オンタリオ州トロントを拠点としたラッシュが真っ先に思い浮かびますが、オンタリオ州の北部に隣接するケベック州には、英国やユーロ圏にも通じるシンフォニックなサウンドを聴かせるグループが多数存在しました。

そんなケベック・シーンの中でも比較的有名なのがこのPOLLEN。

そのサウンドは、GENTLE GIANTの変拍子を多用した音数多く技巧的な演奏、YESのスケールいっぱいに広がるファンタジー、GENESISの気品ある叙情美をバランスよく取り入れたような驚くべきものです。

ケベックの公用語であるフランス語によるヴォーカルも印象的で、英米にはない異国風のロマンティシズムを添えていますね。

また怪しさ満点のジャケットはずっとサーカスの光景だと思いこんでいたのですが(どうやら関係ないようですが…)、色彩感のあるキーボードを主体にスリリングに駆け抜けていくパートなんかは、さながらサーカスの如き目まぐるしさと言えるかも。(無理やり)

ジャケットもサウンドもインパクト抜群の名盤です!(佐藤)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram

GENTLE GIANTの在庫

  • GENTLE GIANT / LIVE AT THE BICENTENNIAL 1776-1976

    14年リリース、76年NYにおける未発表ライヴ音源を収録!

  • GENTLE GIANT / UNBURIED TREASURE

    全公式スタジオ・ライヴ作、発掘ライヴ音源作収録!

    • SMABX1091MADFISH

      全世界限定2,000セット、29CD+1BDの30枚組、136ページのハードカバーブック・96ページのツアーヒストリーブック・各種ポスターレプリカ、「PLAYING THE FOOL」初回盤ブックレットレプリカ・「GIANT FOR A DAY」原盤に封入の特典マスク(お面)レプリカ・「THE MISSING PIECE」の特典ジグソーパズルレプリカ同梱(パズルのピース不足は仕様です)

      盤質:傷あり

      状態:良好

      ツアーヒストリーブックに目立つ圧痕・スレあり、外箱の段ボールにはテープ剥がし跡などございます

  • GENTLE GIANT / GENTLE GIANT

    5大プログレをも凌駕する超高度な音楽性と演奏力を有するプログレ・グループ、70年デビュー作

    演奏のテクニカルさと前のめりな変拍子、先の読めない複雑な展開、どこまでも偏屈でひねくれたポップセンスなど、聴き手を何度も罠に嵌める仕掛けに溢れた楽曲から、まさにプログレッシブ・ロックと呼ぶにふさわしいイギリスのグループの70年デビューアルバム。デビュー作にしてすでにその独自性の片鱗が見え隠れしており、変拍子の自然な挿入や練り上げられたコーラスアレンジ、そしてクラシックへのアプローチなども見受けられており、その一筋縄ではいかないサウンドの原型を伺わせるも、比較的オーソドックスなプログレッシブ・ロックサウンドを構築しています。

  • GENTLE GIANT / ACQUIRING THE TASTE

    実験精神に溢れる趣向を凝らしたアイデアの数々を技巧的なアンサンブルで描き出す、初期GGの持ち味が発揮された71年2nd

    演奏のテクニカルさと前のめりな変拍子、先の読めない複雑な展開、どこまでも偏屈でひねくれたポップセンスなど、聴き手を何度も罠に嵌める仕掛けに溢れた楽曲から、まさにプログレッシブ・ロックと呼ぶにふさわしいイギリスのグループの71年2nd。Tony Viscontiのプロデュースによる本作は、メンバー全員がやりすぎなほどのマルチプレイヤーぶりを発揮し、中世ヨーロッパ的な湿り気と翳りを持ったサウンドを展開。比較的地味な印象を与えがちな作品ではあるものの、その裏に秘めた技巧的なアプローチの数々はやはり彼らにしか成し得ない妙技であり、名盤と呼ぶにふさわしい1枚です。

  • GENTLE GIANT / OCTOPUS

    5大プログレを凌駕する演奏テクニックと多彩なアイディア・作曲能力で人気を得た英プログレ・バンド、初期の代表作と云われる傑作4th!

    シャルマン3兄弟を中心に結成された英プログレッシヴ・ロック・グループ、73年4th。クラシックやジャズの要素を取り入れ、変拍子や転調を繰り返す複雑な曲展開が特徴です。本作は従来通りの変化に富んだ楽曲展開に加えて、牧歌的なメロディを前面に押し出し、よりPOPになったアルバム。端正なコーラス・パートから一転、切迫感をあおるキーボードがフェード・インし、力強いドラムとギターがスリリングに展開。メンバーそれぞれが楽器を持ち替える曲芸的演奏によって生み出されるダイナミックなアンサンブルが最大の持ち味で、長くても5分程の中につまった山あり谷ありの展開はこのグループならではの魅力でしょう。知名度では劣りますが英プログレの5大バンドに匹敵するオリジナリティを持つグループ。バンドの代表作と評価される名作です。

  • GENTLE GIANT / THREE FRIENDS

    72年作3rd、相変わらずの複雑怪奇で入り組んだ演奏&アレンジが光るコンセプトアルバム秀作

    演奏のテクニカルさと前のめりな変拍子、先の読めない複雑な展開、どこまでも偏屈でひねくれたポップセンスなど、聴き手を何度も罠に嵌める仕掛けに溢れた楽曲から、まさにプログレッシブ・ロックと呼ぶにふさわしいイギリスのグループの72年3rd。タイトルの通り、子供の頃から共に生きてきた3人の少年たちが時を経てやがて資本家、芸術家、労働者になり、それぞれの別々の道を歩いていくことになる、というコンセプトを掲げたアルバムであり、彼らの個性である変拍子と複雑なアレンジが施された楽曲はヴァーティゴらしい英国叙情を放ち、郷愁を誘うアルバム・コンセプトに上手くマッチしています。

  • GENTLE GIANT / FREE HAND

    クリサリス移籍後の第1弾アルバムで、アメリカでもヒットした75年の代表作7th、複雑怪奇さとキャッチーさを奇跡的バランスで両立させた大名盤!

    演奏のテクニカルさと前のめりな変拍子、先の読めない複雑な展開、どこまでも偏屈でひねくれたポップセンスなど、聴き手を何度も罠に嵌める仕掛けに溢れた楽曲から、まさにプログレッシブ・ロックと呼ぶにふさわしいイギリスのグループの75年7th。彼らのディスコグラフィーの中でも代表作と評されることの多い本作は、そういった彼らの個性が高い次元で消化された大傑作です。特に、複雑に計算され尽くしたコーラスワークが彼ら独特のポップな雰囲気を前作よりも強く押し出しており、ヴァーティゴ時代とは違い良い意味で垢抜けた音世界を持ったアルバムに仕上がっています。

  • GENTLE GIANT / LIVE IN NEW YORK 1975

    75年NYでのライヴ

    「Free Hand」リリース後のツアーから、75年10月ニューヨークでのライヴを収録。収録曲は、「Cogs In Cogs」「Funny Ways」「Runaway/Experience」「So Sincere」「Free Hand」「Just The Same」

  • GENTLE GIANT / POWER AND THE GLORY

    次作「FREE HAND」に繋がるリズミカルなプログレ/ハード・ロック路線を提示した75年作6th

  • GENTLE GIANT / IN’TERVIEW

    初期からの複雑怪奇なアプローチと中期以降のリズミカルでキャッチーなサウンドが見事に融合された76年作8th

  • GENTLE GIANT / LIVE IN STOCKHOLM ’75

    75年ストックホルム、名作「FREE HAND」発表直後、最も脂の乗った時期のライヴを収録

「GENTLE GIANTの在庫」をもっと見る

AREAの在庫

  • AREA / REVOLUTION

    最初期4作品を収録

    イタリアン・ジャズ・ロックを代表するグループ、AREAがリリースした初期4作、「ARBEIT MACHT FREI」「CAUTION RADIATION AREA」「CRAC !」「ARE(A)ZIONE」を収録したボックスセット。どの作品も、ディメトリオ・ストラトスの超絶ヴォーカリゼーションと緊張感みなぎるインプロヴィゼーションが冴え渡る名作。(CD4枚を収納する紙製ボックスは品質があまり良くなく、角に2cm程度の破れがある場合がございます。ご了承ください。)

  • AREA / ARBEIT MACHT FREI

    イタリア、地中海/中近東的エキゾチズムと超絶ヴォーカルを擁する熱量ほとばしる演奏が融合した、まさしく唯一無二のジャズ・ロック、衝撃の73年作1st!

    強靭な声帯の持ち主であるDemetrio Stratosを中心に結成され、超絶的なテクニカルさとバルカン独特の叙情香る、イタリアのプログレッシブ・ロックシーンを代表するジャズ・ロックグループの73年デビューアルバム。その内容は地中海ロックとでも言うようなエキゾチックさを全面に押し出したテンションの高いジャズ・ロックであり、複雑なユニゾンと奔放なインタープレイが交錯するテクニカルなものです。特にバタバタと力強く躍動するドラムとKING CRIMSONのMel Collinsを髣髴とさせるテクニカルなサックス、そしてDemetrio Stratosの図太いボーカルが抜きん出て目立つパワフルな名盤となっています。

  • AREA / ARE(A)ZIONE

    イタリアン・ジャズ・ロックの代表的グループ、75年4th

    強靭な声帯の持ち主であるDemetrio Stratosを中心に結成され、超絶的なテクニカルさとバルカン独特の叙情香る、イタリアのプログレッシブ・ロックシーンを代表するジャズ・ロックグループの75年4th。彼らの技巧的な演奏の熱気を収めた素晴らしいライブ作品となっており、デビュー作から3rdまでから選ばれた楽曲はスタジオ作以上のダイナミズムで聴かせ、表題曲は15分から成る壮絶なインプロヴィゼーションの応酬。ピアノ中心のテクニカルなジャズ・ロックからドラムソロ、そしてDemetrio Stratosのスキャットが襲う壮絶なエンディングへと雪崩れ込みます。

  • AREA / MALEDETTI

    伊ジャズ・ロックを代表するグループ、77年5th

    強靭な声帯の持ち主であるDemetrio Stratosを中心に結成され、超絶的なテクニカルさとバルカン独特の叙情香る、イタリアのプログレッシブ・ロックシーンを代表するジャズ・ロックグループの77年5th。超絶技巧によるバルカン・ジャズ・ロックと非常にアヴァンギャルドな作風を行き来しては進化を遂げてきた彼らですが、本作は後者であり、Demetrio Stratosの図太いボイスやスキャットの前衛パフォーマンスや技巧的なフリー・インプロヴィゼーションを軸として、テープのコラージュ、エフェクトの使用や電子機器によるアプローチでカオティックな世界を作り上げています。

  • AREA / 1978

    伊ジャズ・ロックを代表するグループ、従来のバルカン・テイストのハイテンションなサウンドを保持しつつも、より聴きやすい作風に仕上げた78年作

    強靭な声帯の持ち主であるDemetrio Stratosを中心に結成され、超絶的なテクニカルさとバルカン独特の叙情香る、イタリアのプログレッシブ・ロックシーンを代表するジャズ・ロックグループの78年6th。前作からギタリストPaolo Tofaniが脱退して製作された本作は、変拍子を巧みに取り入れたバルカン・ジャズロックから、今までよりも聴きやすくなったテクニカルで前衛的なインプロヴィゼーション、そして非常にキャッチーな側面すら感じさせるDemetrio Stratosのボーカルまで聴き所に恵まれた作品であり、Paolo Tofani脱退により、前作よりもキーボードのPatrizio Fariselliの手腕が発揮された名盤です。

  • AREA / GIOIA E RIVOLUZIONE

    73-76年期ベスト、代表曲を網羅した全12曲、93年編集

「AREAの在庫」をもっと見る

TRETTIOARIGA KRIGETの在庫

  • TRETTIOARIGA KRIGET / EFTER EFTER

    スウェディッシュ・プログレ黎明期を担った名グループ、往年と変わらぬエネルギーに充ち満ちた2011年の快作!

    70年代に活躍したスウェーデンの名プログレ・グループ。2011年の復活作。クリムゾン的構築美とメロトロンを基本に、北欧らしいメランコリックな叙情性を加える、という持ち味は、30年以上経っても健在。とにかく全編に渡ってフィーチャーされたメロトロンの洪水がたまりません。当時の幻の作品、と言われても疑わないヴィンテージな音の質感ですが、アネクドテンにも通ずる肉感的でヘヴィなギターなど、モダンなタッチもさりげなく散りばめられています。往年のエネルギーに充ち満ちた、良い意味でベテランっぽさのない快作!素晴らしい!

  • TRETTIOARIGA KRIGET / WAR YEARS

    70年代を含む未発表ライヴ音源

「TRETTIOARIGA KRIGETの在庫」をもっと見る

SAMLA MAMMAS MANNAの在庫

  • SAMLA MAMMAS MANNA / SAMLA MAMMAS MANNA

    ユーモアと実験精神溢れる愛すべき北欧の名グループ、記念すべき70年デビュー作!

    70年作の記念すべき1stアルバム。初期ソフト・マシーンに通ずる、実験精神旺盛でユーモラスな変態ポップ/ロック。シリアスさはあまりなく、全体的に肩の力の抜けたアットホームな雰囲気が愛すべき作品。

「SAMLA MAMMAS MANNAの在庫」をもっと見る

POLLENの在庫

  • POLLEN / POLLEN

    76年リリース、カナダ・ケベックを代表するシンフォニック・ロックの傑作、ジェネシス、イエス、GGを融合させたような作風、とにかく圧倒的な存在感!

    同郷HARMONIUMとも関連のあるカナダのシンフォニック・ロックグループの76年作。非常にテクニカルなプレイの応酬で迫るその内容は、YESの構築的なアンサンブルを基本に、変拍子を多用し、ピアノ、オルガン、アナログ・シンセサイザーが盛り上げていく技巧派シンフォニック・ロックであり、加えてGENTLE GIANTのような音数の多さとフックに富んだ曲調、アコースティック・ギターの鮮やかな響きにはGENESISのファンタジアを内包させています。ドライ且つクールな響きを発するカナダのグループの中にあって、英国然としたサウンドが強調された名盤と言えるでしょう。

「POLLENの在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。