プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カリスマ・レーベルのSSW/フォーク作品をピックアップ。

こんにちは。スタッフみなとです。

今日は、カリスマ・レーベルのSSW/フォーク作品をピックアップいたしました。

カリスマ・レーベルと言えばジェネシスやVDGG、ブランドXなどプログレのイメージが強いですが、英国の良質なフォーク作品も多数リリースしています。

それではまずは、英国的叙情を目一杯たたえた、このお方からどうぞ。

CLIFFORD T. WARD/MANTLE PIECES

霧に包まれた優美なポール・マッカートニー!? 過小評価されている英SSWの一人ですね。

試聴 Click!

リンディスファーン/フォグ・オン・ザ・タイン

1stでのいなたさ全開、英国片田舎な雰囲気はそのままに、楽曲の完成度が数段増した彼らを代表する作品。

試聴 Click!

JACK THE LAD/ROUGH DIAMONDS

LINDISFARNEを脱退したメンバーを中心に結成された英フォーク・ロック・バンド。

トラッドをベースにした一体感あるアンサンブルと哀愁のメロディーというバンドの魅力が最大限に出た名作。

試聴 Click!

UNICORN/BLUE PINE TREES

デヴィット・ギルモアプロデュースでヒプノシスジャケだって?どんなプログレかと思いきや、爽やかな米憧憬フォーク・ロック。

試聴 Click!

STRING DRIVEN THING/STRING DRIVEN THING (2nd)

ジェファーソン・エアプレインの英国版と言える陰影とアクの強さ・・・。

そこに鳴り響く、後にヴァン・ダー・グラーフに加入するグレアム・スミスのテンションいっぱいのヴァイオリン!

試聴 Click!

「CHARISMAレーベル」の在庫はこちらからご覧ください。

【CHARISMAレーベル】在庫一覧



英国のメロトロン・フォーク特集

【関連記事】

英国のメロトロン・フォーク特集

メロトロンが使われている、イギリスのフォーク作品を集めてみました!


紅茶と共に楽しみたい、英国の香り高いSSW特集

【関連記事】

紅茶と共に楽しみたい、英国の香り高いSSW特集

「香り高い」英国のSSWを、カケレコ棚から探してみました。


英国フォーク秘宝盤の宝庫、ヨーク・レコード特集

【関連記事】

英国フォーク秘宝盤の宝庫、ヨーク・レコード特集

英国フォーク秘宝盤の宝庫、ヨーク・レコードの作品をピックアップいたしました。

LINDISFARNEの在庫

  • LINDISFARNE / LIVE

    90年のライヴ音源、全13曲

    73年にカリスマ・レーベルよりリリースされた初ライヴ・アルバム。CD化にあたり、「Lady Eleanor」「Clear White Light」「January Song」など6曲を追加したDefenitive Edition。音源は、名作2ndリリース後の71年12月のライヴ。バンド絶頂期の演奏が楽しめる名ライヴ

  • LINDISFARNE / MAGIC IN THE AIR

    77年に地元ニューキャッスルで行われたオリジナル・メンバーでの復活ライヴ

    77年にオリジナル・メンバーで活動を再開したグループが、77年12月に地元ニューキャッスルで行ったコンサートの模様を収録したライヴ・アルバム。代表曲「Lady Eleanor」でスタートし、中盤の「Meet Me On The Corner」へ向かって哀愁いっぱいのナンバーで次々と聴衆を英国的な哀愁で包み込み、「Fog On The Tyne」「Clear White Light」の大合唱でフィナーレ。いいなぁ、こんなライヴ見たら幸せな気持ちでいっぱいになるだろうなぁ。愛すべき名ライヴ盤です。

「LINDISFARNEの在庫」をもっと見る

JACK THE LADの在庫

  • JACK THE LAD / IT’S JACK THE LAD

    LINDISFARNEを脱退したメンバーを中心に結成された英フォーク・ロック・バンド、74年作

    3rdアルバムを録音後、LINDISFARNEを脱退したRod Clements、Simon Cowe、Ray Laidlawが中心になって結成したグループ。74年にカリスマ・レーベルよりリリースの1st。SSW然とした叙情的なアンサンブル、フィドル、マンドリン、バンジョーをフィーチャーしたトラッド色溢れるアンサンブルとも、軽快で一体感溢れる演奏が心地よく響きます。持ち味である哀愁溢れるメロディー&ハーモニーも絶品。どの曲も高水準な好盤です。Maddy Prior、Tommy Eyreなどゲスト参加。

  • JACK THE LAD / JACKPOT

    LINDISFARNEから分派したグループ、牧歌的な英国フォーク・ロックの逸品、76年作

    LINDISFARNEを脱退したレイ・レイドロー、ロッド・クレメンツ、サイモン・カウの3人が新たに結成したグループ。76年にリリースした4枚目にしてグループ最後のアルバム。旧友レイ・ジャクソンや元ハードのアンディ・ボウン等をゲストに迎え、牧歌的な魅力溢れる英国フォーク・ロックの好作に仕上げている。

「JACK THE LADの在庫」をもっと見る

UNICORNの在庫

  • UNICORN / UPHILL ALL THE WAY

    CS&Nを彷彿とさせる豊かなハーモニーと英国的なメロディが素晴らしい英フォーク・ロック、71年作

    71年作の1stアルバム。ジャクソン・ブラウンやCSN&Yなどアメリカ西海岸からの影響が感じられる英フォーク・ロック。爽やかなアンサンブルの中にも、憂いを帯びたマイナー調のメロディーがいかにも英国的で素晴らしい。どの曲もシングル・カットできそうな佳曲揃いの名作。

    • WAS1045

      特殊紙ジャケット仕様、05年マスター使用、ボーナス・トラック1曲、定価2940

      盤質:傷あり

      状態:並

      帯有

      盤キズ多めにあり、紙ジャケに黄ばみあり、若干タバコ臭あり

  • UNICORN / BLUE PINE TREES

    デイヴ・ギルモアがプロデュース、CSN&Yなどへの憧憬を滲ませる英フォーク・ロック、74年作

    学友だったPat Martin、Ken Baker、Pete Perryerを中心として1963年に結成されたバンド。当初はビートバンドのカバーなどしていましたが、CS&Nに感化され曲を書き始めました。ヨーロッパ各国をツアーしたのち、とあるライブでニールヤングの「Heart of Gold」を演奏したところデヴィット・ギルモアの目に留まり、デヴィットのプロデュースを受けることに!デヴィット自身はペダル・スティール・ギター等を演奏しています。この作品は1974年の2ndで、ブリティッシュフォークやプログレの重たい雰囲気はほぼ無く、全編を通して清涼なカントリーロックとなっています。軽やかで抜けの良いカッティングギターが非常に心地よく、楽器がバランスよく配置されていて、少し洒落たモダンポップスとしても聴けます。ジャケットはヒプノシス。

「UNICORNの在庫」をもっと見る

STRING DRIVEN THINGの在庫

  • STRING DRIVEN THING / MACHINE THAT CRIED

    ヴァン・ダー・グラーフに加入するヴァイオリニストGraham Smith在籍、英プログレッシヴ・フォーク・ロック、73年の傑作3rd!

    新たにドラマーを加え、フォーク・ロック路線からよりロック色を強めたプログレッシヴな雰囲気を全面に推し出した3rd。73年作。前作に続きシェル・タミーがプロデュースを担当。チェロなどもフィーチャーし、英国的叙情性と心の暗黒が強調されたドラマティックなサウンドを構築。本作を最後に中心人物のアダムス夫妻が脱退。グループはグレアム・スミスが引き継ぐ。ヒプノシスのアートワークでも人気の高い一枚。

「STRING DRIVEN THINGの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事