プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「魚ジャケ」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

こんにちは。秋ですね!

秋といえば、サンマですね。皆様、今年は召し上がりましたか?

脂ののったサンマをじゅうじゅう焼いて、大根おろしと醬油をかけていただく・・・たまりませんね。

さて今週10月10日は、「とと(10 10)」で「魚の日」でした。

カケレコも「魚の日」にあやかって、今週は、「魚ジャケ」というテーマで、facebookに投稿してまいりました。

どうぞご覧ください。

Facebook

10月9日(火):STEVE HILLAGE / FISH RISING

トップバッターは、スティーヴ・ヒレッジによる75年作『Fish Rising』です!

当時GONGのメンバーであった彼が、バンド仲間であるディディエ・マレルブ(sax)、ティム・ブレイク(syn)、ピエール・ムーラン(dr)、マイク・ハウレット(b)、そしてURIEL時代からの盟友デイヴ・スチュアート(key)らを迎えて制作した1stソロが本作。

一曲目冒頭から、ゆったりとたおやかに紡がれる心地よすぎるサウンドは、まるで温かい海の中に漂っているような気分にさせてくれます。

ヒレッジのギターとスチュアートのオルガンを軸に時に目がさめるようなテクニックで畳み掛ける展開もさすがにカッコいいのですが、全体的にはポワポワとした優しげな雰囲気を持っていて、同時期に当たるGONG『YOU』での緊張感とはある意味対照的と言える作品です。

ちなみにジャケットに描かれているのは鮭で、ずばり「ザ・サーモン・ソング」という組曲が収録されています。その各パート名は、「サーモン・プール」「ソロモンズ・アトランティス・サーモン」「スイミング・ウィズ・ザ・サーモン」「キング・オブ・ザ・フィッシィズ」。

これでもかとサーモンへの愛と敬意に溢れたナンバーとなっています!

試聴 Click!

CD詳細ページへ

10月10日(水):GEOFF MULDAUR & AMOS GARRETT / GEOFF MULDAUR & AMOS GARRETT

本日はジェフ・マルダー&エイモス・ギャレットの78年作です。

胸まで湖に浸かって楽しそうに魚釣りをする2人のジャケット。
「おい、なかなか釣れるなあ。」「んだなあ。」なんて聞こえてきそうです。
細野晴臣『トロピカル・ダンディー』のジャケット等を手掛けた、八木康夫が描いています。

テレキャスターの名手として知られるギタリスト、エイモス・ギャレットと、60年代フォークリバイバル時から活躍するジェフ・マルダーの2人。
ルーツ・ミュージックを知り尽くした深みあるジェフのボーカル、エイモスの滑らかな美しいギターなど、聴きどころ沢山。

それでは「River’s Invitation」を聴いてまいりましょう。
ゆったりとしたリズムで奏でられるギターの滑らかな音色が本当に素晴らしい!
軽やかなパーカッション、サックスの上質な響き、リラックスしたボーカルと相まって、とろ~んと夢心地にさせてくれます。(みなと)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

10月11日(木):GENTLE GIANT / OCTOPUS

今日はちょうど本日豊洲市場もオープンしたということで、食欲そそる(?)お魚ジャケットをご紹介してまいりますよ。

魚介類だったらタコもあり!?ということで、本日の作品はGENTLE GIANT『OCTOPUS』。
オリジナル盤はロジャー・ディーン、アメリカ盤はチャールズ・E・ホワイトが手掛けた2種類の「タコジャケ」でおなじみこの72年作4th。

タコの足にちなんで8つの楽曲で構成されており、ほとんどの曲が5分以内と短いものの、複雑でバラエティに富んだ曲展開をこれでもかと盛り込んで、たいへん耳愉しく聴かせてくれます。
加えて従来よりも親しみやすいポップなメロディを押し出しているのも特徴。この「Think Of Me With Kindness」なんて、「本当にジェントル・ジャイアント?」と思ってしまうほど穏やかでリリカルでメロディアス!

テクニックだけでなく、メロディ・センスにおいても五大プログレ・バンドに決して負けていないなあ…と思わせる、美味しさいっぱいの名作ですね!(増田)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

10月12日(金):OLD MAN & THE SEA / OLD MAN & THE SEA

最後にご紹介いたします魚ジャケットは、知る人ぞ知るデンマークのプログレ・ハード・バンド、OLD MAN & THE SEAによる72年唯一作『OLD MAN AND THE SEA』です。

オリジナル盤は500枚しかプレスされなかったとのことでかなり高価な値が付いているこの作品。一度見たら忘れられないサメジャケットのインパクトも凄いですが、内容もかなりグッド!

明るくキャッチーなメロディに疾走感のあるリズム。切れ味鋭いギターにゴリゴリと突き進むベース、そしてこれでもかと溢れ出すオルガン!叙情的なハイトーン・ヴォーカルも交えてハイテンションに突き進むアンサンブルは、まるでYESとURIAH HEEPが出会ったかの如きです。

なおこの作品、調べたところによるとやはりヘミングウェイの小説「老人と海」をモチーフにしたコンセプト・アルバムだそうです。タイトルのみならずバンド名にも付けてしまうあたり、よほど「老人と海」が好きだったのでしょうね…!(増田)

試聴 Click!

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram

STEVE HILLAGEの在庫

  • STEVE HILLAGE / L

    トッド・ラングレンのプロデュースによる76年2nd、本領発揮のコスミック・ロック名盤!ハマりすぎな「Its All Too Much」のカバー収録

    David Allenを中心に結成され、個性的な浮遊感を持ったサイケデリックなスペース・ロックを確立したプログレッシブ・ロックシーンを代表するバンドGONG。その全盛期を支え続けた名ギタリストによる76年2nd。Todd Rundgrenのプロデュースで製作されバックにはDon CherryやUtopiaメンバーが参加した本作は、Donovanの名曲「The Hurdy Gurdy Man」で幕を開けGeorge Harrisonの「It’s All Too Much」で幕を閉じる非常にポップな印象のアルバムとなっています。しかしながら音楽的には独特のサイケデリックな音像を持ちオリエンタル・エスノ・フレーバーも感じさせながら彼らしいサウンドを提示。

  • STEVE HILLAGE / MOTIVATION RADIO

    77年作、3rdアルバム、持ち前のサイケデリック&スペイシーなギターワークが冴える好盤

    77年作3rd。

  • STEVE HILLAGE / LIVE HERALD

    79年のライヴ作

  • STEVE HILLAGE / OPEN – FEATURING STUDIO HERALD

    79年作6th

  • STEVE HILLAGE / RAINBOW DOME MUSICK

    後のSYSTEM 7へと繋がるアンビエント/エレクトロな作風を打ち出した79年作

  • STEVE HILLAGE / DUSSELDORF

    1979年デュッセドルフでのライヴ音源を収録、16曲入り

「STEVE HILLAGEの在庫」をもっと見る

GENTLE GIANTの在庫

  • GENTLE GIANT / ACQUIRING THE TASTE

    実験精神に溢れる趣向を凝らしたアイデアの数々を技巧的なアンサンブルで描き出す、初期GGの持ち味が発揮された71年2nd

    演奏のテクニカルさと前のめりな変拍子、先の読めない複雑な展開、どこまでも偏屈でひねくれたポップセンスなど、聴き手を何度も罠に嵌める仕掛けに溢れた楽曲から、まさにプログレッシブ・ロックと呼ぶにふさわしいイギリスのグループの71年2nd。Tony Viscontiのプロデュースによる本作は、メンバー全員がやりすぎなほどのマルチプレイヤーぶりを発揮し、中世ヨーロッパ的な湿り気と翳りを持ったサウンドを展開。比較的地味な印象を与えがちな作品ではあるものの、その裏に秘めた技巧的なアプローチの数々はやはり彼らにしか成し得ない妙技であり、名盤と呼ぶにふさわしい1枚です。

  • GENTLE GIANT / OCTOPUS

    5大プログレを凌駕する演奏テクニックと多彩なアイディア・作曲能力で人気を得た英プログレ・バンド、初期の代表作と云われる傑作4th!

    シャルマン3兄弟を中心に結成された英プログレッシヴ・ロック・グループ、73年4th。クラシックやジャズの要素を取り入れ、変拍子や転調を繰り返す複雑な曲展開が特徴です。本作は従来通りの変化に富んだ楽曲展開に加えて、牧歌的なメロディを前面に押し出し、よりPOPになったアルバム。端正なコーラス・パートから一転、切迫感をあおるキーボードがフェード・インし、力強いドラムとギターがスリリングに展開。メンバーそれぞれが楽器を持ち替える曲芸的演奏によって生み出されるダイナミックなアンサンブルが最大の持ち味で、長くても5分程の中につまった山あり谷ありの展開はこのグループならではの魅力でしょう。知名度では劣りますが英プログレの5大バンドに匹敵するオリジナリティを持つグループ。バンドの代表作と評価される名作です。

  • GENTLE GIANT / THREE FRIENDS

    72年作3rd、相変わらずの複雑怪奇で入り組んだ演奏&アレンジが光るコンセプトアルバム秀作

    演奏のテクニカルさと前のめりな変拍子、先の読めない複雑な展開、どこまでも偏屈でひねくれたポップセンスなど、聴き手を何度も罠に嵌める仕掛けに溢れた楽曲から、まさにプログレッシブ・ロックと呼ぶにふさわしいイギリスのグループの72年3rd。タイトルの通り、子供の頃から共に生きてきた3人の少年たちが時を経てやがて資本家、芸術家、労働者になり、それぞれの別々の道を歩いていくことになる、というコンセプトを掲げたアルバムであり、彼らの個性である変拍子と複雑なアレンジが施された楽曲はヴァーティゴらしい英国叙情を放ち、郷愁を誘うアルバム・コンセプトに上手くマッチしています。

  • GENTLE GIANT / IN A GLASS HOUSE

    初期の中世音楽エッセンスと中〜後期の特徴であるリズミカルなロック・サウンドが一体となった、過渡期ならではのサウンドを聴かせる73年5th、名盤!

    いうまでもなく、彼等の代表作の一つとして歴史に残る名作

    • RTE00351DRT

      35TH ANNIVERSARY EDITION、スリップケース付き仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック1曲

      盤質:傷あり

      状態:並

      スリップケースに若干カビあり、一部にケースツメ跡あり

  • GENTLE GIANT / FREE HAND

    クリサリス移籍後の第1弾アルバムで、アメリカでもヒットした75年の代表作7th、複雑怪奇さとキャッチーさを奇跡的バランスで両立させた大名盤!

    演奏のテクニカルさと前のめりな変拍子、先の読めない複雑な展開、どこまでも偏屈でひねくれたポップセンスなど、聴き手を何度も罠に嵌める仕掛けに溢れた楽曲から、まさにプログレッシブ・ロックと呼ぶにふさわしいイギリスのグループの75年7th。彼らのディスコグラフィーの中でも代表作と評されることの多い本作は、そういった彼らの個性が高い次元で消化された大傑作です。特に、複雑に計算され尽くしたコーラスワークが彼ら独特のポップな雰囲気を前作よりも強く押し出しており、ヴァーティゴ時代とは違い良い意味で垢抜けた音世界を持ったアルバムに仕上がっています。

  • GENTLE GIANT / FREE HAND and INTERVIEW

    アイデアが整理され聴きやすさが増した75年作/76年作を収録

    ジェントル・ジャイアントの7thと8thとの2in1CD。

  • GENTLE GIANT / KING BISCUIT FLOWER HOUR PRESENTS

    75年のNY公演を収録!

  • GENTLE GIANT / POWER AND THE GLORY

    次作「FREE HAND」に繋がるリズミカルなプログレ/ハード・ロック路線を提示した75年作6th

  • GENTLE GIANT / IN’TERVIEW

    初期からの複雑怪奇なアプローチと中期以降のリズミカルでキャッチーなサウンドが見事に融合された76年作8th

  • GENTLE GIANT / PLAYING THE FOOL

    76年欧州ツアーを収録、多彩な楽器が乱れ飛ぶ、超絶技巧バンドの面目躍如たる傑作ライヴ盤!

「GENTLE GIANTの在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事