プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

韓国BIG PINKレーベルより、英国ファンク・ロック74年作、シスコ・サイケ69年作などリイシュー!

こんにちは。韓国BIG PINKレーベルより、新譜が届きましたのでご紹介いたします!

HANSON/MAGIC DRAGON

BOB MARLEYの『EXODUS』にも参加したギタリストHanson率いる英国ファンク・ロック・グループ!

名ベーシストNeil Murrayの地を這うグルーヴと、Hansonのキレのあるワウ・ギターがスピーディーに絡み合うサウンドにシビれまくりの名作2ndです!

試聴 Click!

POET AND THE ONE MAN BAND/POET AND THE ONE MAN BAND

英国6人組ロック・バンド、69年唯一作。

哀愁あるギター、叙情溢れるオルガンと細やかなピアノ、男臭いボーカル、荘厳な響きのコーラス・・・陰影たっぷりの旋律をじっくりと聴かせてくれます。

試聴 Click!

AESOP’S FABLES/IN DUE TIME

8人組のNY出身サイケデリック・ソウル・バンドによる69年作1st。

高らかに響くトロンボーン&サックス、グルーヴィーなオルガン、そしてサイケな手触りをもたらす心地よく歪んだギターが絡み合う、旨みが滴るようなサイケ・ソウル、たまらんなぁ…。

試聴 Click!

CHARLATANS/CHARLATANS

64年に結成され、グレイトフル・デッドやジェファーソン・エアプレインに先駆けた「シスコ・サイケ」の草分け的存在として名高いグループ、69年唯一作。

ヴォーカル&コーラスはどこか心ここにあらずだし、演奏もなんだかフワフワしているし、突如フリーキーなサックスが入ってきたりするし…。

軽快な中にも散りばめられたサイケな実験性、流石はシスコ・サイケのレジェンド…と唸らされる、サイケ・ファンには堪らない名盤です。

試聴 Click!

TAOS/TAOS

アメリカ南西部、ニューメキシコ州のタオスのヒッピー・コミューンに集まっていた5人の若者によるグループ、70年唯一作。

豊かなコーラス・ワーク、メロディアスなベースライン。米南西部のヒッピー・コミューンで誕生した、ビートリッシュなニッチ・ポップ。

試聴 Click!

関連カテゴリー

韓国BIG PINKレーベルより、英国ファンク・ロック74年作、シスコ・サイケ69年作などリイシュー!

  • HANSON / MAGIC DRAGON

    KEEF HARTLEY BANDやBOB MARLEYのWAILERSで知られるギタリストHanson率いる英国ファンク・ロック・グループ、名ベーシストNeil Murrayも参加の74年2nd!

    KEEF HARTLEY BANDに在籍し、後にBOB MARLEYの名作「EXODUS」などにも貢献するギタリストJunior Marvin(Hanson)率いる英国のグループ、Manticoreレーベルよりリリースされた74年作2nd。ファンキーでグルーヴィーなサウンドは前作の延長ながら、メロウなトーンのギターやエレピをフィーチャーした1stに比べて歪みの効いたギターの主張が強まり、ハード・ロック的スピード感と切れ味がアップ。さらに本作からNATIONAL HEALTHやWHITESNAKEなどで知られる名ベーシストNeil Murrayが参加。地を這うようなベースの力強いグルーヴと軽快なパーカッションのリズムに、Hansonのキレのあるワウ・ギターとソウルフルな歌声が合わさり駆け抜けるアンサンブルは痺れる格好良さ!英国ラテン/ファンク・ロックの名盤です。

  • TAOS / TAOS

    米南西部ニューメキシコ出身、ビートリッシュなカントリー・ロック・グループ、70年作

    アメリカ南西部、ニューメキシコ州のタオスのヒッピー・コミューンに集まっていた5人の若者によるグループ、70年唯一作。バンジョーやスティール・ギターが気持ち良いカントリー・ロックかと思っていると、豊かなコーラス・ワーク、メロディアスなベースが鳴り響き、ビートリッシュなニッチ・ポップの様相を帯びてきます。ボーカルはややソフトで、オルガンやピアノが柔らかく響いており、BREADやHARPERS BIZARREなどのソフト・ロックが好きな方にもおすすめです。

  • POET AND THE ONE MAN BAND / POET AND THE ONE MAN BAND

    名ギタリストALBERT LEE在籍、後のHEADS HANDS & FEETとFOTHERINGAYの母体となった英国ごった煮フォーク・ロック・バンド、69年作。

    英国6人組ロック・バンド、69年唯一作。後のHEADS HANDS & FEETとなるアルバート・リー、トニー・コルトン、レイ・スミス、ピート・ゲヴィン、FOTHERINGAYとなるジェリー・ドナヒュー、パット・ドナルドソンが在籍、ニッキー・ホプキンスも参加の、いわばスーパー・バンドです。実に様々な要素がある作品ですが、おすすめは2曲目、長尺の「The Days I Most Remember」です。この曲が、プロコル・ハルムばりの濃厚なブリティッシュ・ロックなのです!哀愁あるギター、叙情溢れるオルガンと細やかなピアノ、男臭いボーカル、荘厳な響きのコーラス・・・これらが合わさって、陰影たっぷりの旋律をじっくりと聴かせてくれます。他にもドノヴァン風フォークや、米憧憬カントリー・ロックなど、69年英国ロックのサウンドをギュッと凝縮したようなアルバムです。ちなみにバンド名はサイモン&ガーファンクルの「Homeward Bound」から取ったそうです。

  • CHARLATANS / CHARLATANS

    JEFFERSON AIRPLANEやGRATEFUL DEADに先駆けたシスコ・サイケの草分け的グループ、69年唯一作

    64年に結成され、グレイトフル・デッドやジェファーソン・エアプレインに先駆けた「シスコ・サイケ」の草分け的存在として名高いグループ、69年唯一作。西部劇風の衣装を身に纏い、いち早くステージにLSDやライト・ショウを持ち込んだグループとのことで、一体どんな奇抜なサウンドが飛び出すのかと思いきや、曲調は意外にもカントリーやブルーグラス・テイストを取り入れた爽やかなフォーキー・ロック。しかしながらよくよく聴いていくと、ヴォーカル&コーラスはどこか心ここにあらずだし、演奏もなんだかフワフワしているし、突如フリーキーなサックスが入ってきたりするし…。後半からはリズムが不安定に変化する実験的な楽曲「Doubtful Walz」や7分に及ぶダウナーなジャム「Alabama Bound」など、アシッド臭漂う楽曲が増加。軽快な中にも散りばめられたサイケな実験性、流石はシスコ・サイケのレジェンド…と唸らされる、サイケ・ファンには堪らない名盤です。

  • AESOP’S FABLES / IN DUE TIME

    白人8人組のNY出身サイケデリック・ソウル・バンド、濃厚なソウル/R&Bテイストとサイケなギターが絡む69年作1st!

    66年結成、ギター、キーボード、ベース、管楽器奏者3人、そしてドラマーとパーカッショニストが2人でヴォーカルを取る、8人組のNY出身サイケデリック・ソウル・バンドによる69年作1st。サックスやトロンボーンが高らかにブロウし、オルガンがグルーヴィーに鳴る、濃厚なソウル/R&Bサウンドを土台に、心地よく歪んだギターが切り込んできてサイケ・エッセンスを振りまく、旨みが滴るようなサイケ・ソウルを展開。ソウル・ヴォーカル特有の粘り気と爽やかな抜けの良さを合わせ持った2人のヴォーカルも伸びやかに歌い上げています。モータウンの定番「I’m Gonna Make You Love Me」やBert Sommer「And When It’s Over」などカバーのセンスもお見事。白人メンバーによるバンドとは思えない本格派ソウル/R&Bサウンドに痺れる一枚!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。