プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「夏の終わりに聴きたいアルバム」をカケレコ・スタッフがセレクト。

こんにちは。早いもので、もう8月が終わりますね。夏の終わりは何だかセンチメンタルになってしまいます。

と、いうことで今週は、「夏の終わりに聴きたいアルバム」というテーマで哀愁溢れるロック・アルバムをピックアップしてまいりました!夏の締めくくりに、ぜひご覧ください。

Facebook

EAGLES / HOTEL CALIFORNIA

まず最初にご紹介するのは定番中の定番、名作中の名作!EAGLESによる76年作『HOTEL CALIFORNIA』です。

74年のシングル「Best of My Love」、そして75年の4thアルバム『呪われた夜』が立て続けに全米1位のヒットとなり、一気にビッグ・グループへと上り詰めたイーグルス。

そんな期待とプレッシャーに苦しみつつ作られたこのアルバムですが、それがグループどころかロック界を代表する大名盤となってしまったのだから見事ですよね。

しかし内容は表題曲「ホテル・カリフォルニア」をはじめ、商業主義に呑み込まれていったロック界や疲弊した都市社会を批判するようなシニカルで哀愁に満ちたもの。

楽しかった夏、あるいはロックの黄金期…そんな一つの輝かしい時代が終わりゆく寂寥感と切なさに満ち溢れたサウンドは、いつ聴いても魂の奥底を揺さぶられます。いやはや、文句なしの傑作ですね・・・。(増田)

試聴 Click!


EAGLESから巡る爽やか&哀愁のカントリー・ロック選

【関連記事】

EAGLESから巡る爽やか&哀愁のカントリー・ロック選

初期イーグルスとウェストコースト・シーンを中心に、爽やかさと哀愁を兼ね備えた夏にピッタリのカントリー・ロックをご紹介してまいります。

GENESIS / AND THEN THERE WERE THREE

今日の一枚は、ジェネシスの78年作『AND THEN THERE WERE THREE(そして三人が残った)』です!

前作をもってギタリストのスティーヴ・ハケットが脱退、この後ポップ化を図り、英国のトップバンドへと躍り出る3人体制となった最初のアルバムが本作。

通常あまり夏との関連性を感じさせない作品かも知れませんが、ヒットしたラストナンバー「Follw You, Follow Me」は、個人的にどこか夏の終わりのイメージがある一曲です。

曲調は穏やかでとてもポップなのですが、どこか言い知れない切なさが秘められているような気がして、今の時期にこの曲を聴くと過ぎゆく夏を惜しむ気持ちが掻き立てられる思いがします。

プログレ期とポップ期の狭間に位置する作品ということで、さほど目立つ一枚ではないものの、この曲と共に、自分の中では特別な愛着のある作品です。(佐藤)

試聴 Click!


『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~「ジェネシスそっくりバンド大集合!」~

【関連記事】

『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~「ジェネシスそっくりバンド大集合!」~

古今東西、GENESISが好きすぎるあまりそっくりになってしまった(!?)愛すべきGENESISフォロワーたちをご紹介してまいります!

SUI GENERIS / VIDA

今日取り上げるのは、南米アルゼンチンのグループ、スイ・ヘネリスの72年1st。

「アルゼンチンの至宝」ことチャーリー・ガルシア(ジャケットの右、眼鏡の方です)が作った楽曲は、詩情あふれるセンチメンタルなメロディーに満ちていて、夏の終わりの少し寂しい気分にぴったりです。

ピアノ、オルガン、リコーダーによるシンプルながらメロディーの美しさを際立たせる穏やかなアンサンブルを聴いていると、胸がいっぱいになってきます。

夏が、終わりますね~(みなと)

試聴 Click!


SUI GENERIS特集 - アルゼンチンの至宝チャーリー・ガルシアの若き才能溢れる名グループ

【関連記事】

SUI GENERIS特集 – アルゼンチンの至宝チャーリー・ガルシアの若き才能溢れる名グループ

アルゼンチンの至宝と言える名ミュージシャンのチャーリー・ガルシアがシーンにデビューしたデュオであり、軍事独裁政権による弾圧の中、若者の「代弁者」として支持を集め、75年のラスト・ライヴでは数万人の観客を集めてアルゼンチン・ロック・シーンの「伝説」となったグループ、SUI GENERISを特集。

BEACH BOYS / SURF’S UP

本日ご紹介する作品はなんと1971年の本日8月30日にリリースされた、BEACH BOYSの『SURF’S UP』です。

BEACH BOYSといえばアメリカの夏を代表するグループであり、『ペット・サウンズ』をはじめとする革新的作品でロック界に多大なる影響を及ぼした偉大な存在。

ですがこの『SURF’S UP』がリリースされた71年当時は、意欲作『スマイル』の製作断念、前作『サンフラワー』の商業的失敗、そしてブライアン・ウィルソンの精神状態のさらなる悪化…などなど、まさしく「どん底」の境遇だったようです。

ジャケからもちょっと不安になるくらいの悲壮感が漂っている本作ですが、どうして中身は美しいメロディとポップで気品あるアレンジが光る珠玉の名曲揃い。

多くのアーティストにカヴァーされたブルース・ジョンストン作曲の「Disney Girls (1957) 」、そして映画『あの頃ペニーレインと』のエンドロールに使われた「Feel Flows」など、優しく暖かいのにちょっぴり物悲しさを感じさせるナンバーは、夏が終わりゆくこの季節にぴったりです。

ちなみに前作『サンフラワー』のリリースされた日付は、1970年の明日8月31日。夏を象徴するビーチ・ボーイズの「最も辛い時期」といえる二作がちょうど今のような夏の終わりにリリースされたというのは、なんだか感慨深くなるものがありますね。(増田)

試聴 Click!


ビーチ・ボーイズ『ペット・サウンズ』からめぐる、心弾むソフト・ロック/ポップ作品セレクション!

【関連記事】

ビーチ・ボーイズ『ペット・サウンズ』からめぐる、心弾むソフト・ロック/ポップ作品セレクション!

寒さを忘れる心はずむソフト・ロック/ポップ作品をピックアップ!

IL VOLO / ESSERE O NON ESSERE ?

最後の一枚は、イタリアのバンドIL VOLOによる75年作2nd『ESSERE O NON ESSERE ?』です。

FORMULA 3で活躍したギタリストのアルベルト・ラディウスとキーボーディストのガブリエレ・ロレンツィが、腕利きのセッション・ミュージシャンら5人と結成したのがこのIL VOLO。

イタリアらしく全曲で歌をフィーチャーした1stも素晴らしい出来栄えなのですが、一曲を除きインストとなったこの2ndでは、情景描写的なアンサンブルがより冴え渡っていて、歌がなくてもこれほどまで「歌心」を込めることができるのか、と驚いてしまいます。

テクニカルに躍動しながらもシャープでしなやかな演奏に乗って、青々とした地中海の水面を思わせる美しいメロディが紡がれていくサウンドはとても感動的。

アルバム全体に淡く儚い叙情が感じられる作品で、夏の終わりのこの時期にはいつも聴きたくなる一枚です。(佐藤)

試聴 Click!

試聴 Click!

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram


カケレコスタッフの「日々是ロック」19/08/26:夏の終わりに聴きたい哀愁のブラス・ロックをセレクト。

【関連記事】

カケレコスタッフの「日々是ロック」19/08/26:夏の終わりに聴きたい哀愁のブラス・ロックをセレクト。

スタッフが様々なテーマに沿ってオススメ作品を取り上げ、世界のロックをカケハしていく「日々是ロック」。今回のテーマは『夏の終わりに聴きたい哀愁のブラス・ロック』!


夏の終わりにぴったりな、しみじみとした哀愁漂う英国SSW特集

【関連記事】

夏の終わりにぴったりな、しみじみとした哀愁漂う英国SSW特集

夏の終わりにぴったりな、しみじみとした叙情あふれる英国男性SSWをピックアップいたします。


秋にぴったりの大英帝国フォーキー・ポップ特集

【関連記事】

秋にぴったりの大英帝国フォーキー・ポップ特集

深まる秋の季節を穏やかに彩ってくれる大英帝国ポップをセレクト。


特集『芸術の秋!プログレの秋!英国編』

【関連記事】

特集『芸術の秋!プログレの秋!英国編』

芸術の秋!プログレの秋!!ということでお送りしている秋に聴きたいプログレ特集。今回は英国編、秋にぴったりの情緒あふれる英プログレ作品をピックアップしてまいりますよ!

EAGLESの在庫

「EAGLESの在庫」をもっと見る

GENESISの在庫

  • GENESIS / 1976

    Bill Brufordが参加した76年のライヴ映像を収録!

  • GENESIS / ARCHIVE 1967-75

    結成当初のデモ音源から貴重なライヴ音源まで、52曲すべてが未発表音源!

  • GENESIS / IN WONDERLAND

    「FROM GENESIS TO REVELATION」のジャケ&タイトル違い、内容は同じ

  • GENESIS / INVISIBLE TOUCH

    86年リリース、全世界1500万枚を売り上げた80年代ポップ・ミュージックを代表するアルバム!

  • GENESIS / LIVE IN POLAND (CD)

    09年リリース、「CALLING ALL STATION」期メンバーによる98年ポーランド公演、初期の代表曲も多数含む全21曲

  • GENESIS / LIVE IN ROME APRIL 1972

    72年のローマ公演を収録、全9曲

    GENESISが72年4月に行なったイタリアはローマでのライヴを収録。シングルリリースのみのナンバー「Happy The Man」ほか、『TRESPASS』と『NERSERY CRYME』からのナンバーを中心に披露。

  • GENESIS / LOST TAPES

    78年、80年の発掘ライヴ音源集。

  • GENESIS / PLATINUM COLLECTION

    04年編集のオールタイム・コレクション、全40曲

  • GENESIS / THREE SIDES LIVE(CD)

    81年の欧州&米公演を収録した82年ライヴ作

  • GENESIS / TURN IT ON AGAIN THE HITS : TOUR EDITION AND THE VIDEO SHOW

    34曲収録ベスト&ミュージック・クリップ/映像集

  • GENESIS / GENESIS ARCHIVE 2: 1976-1992

    3人ジェネシス期のライヴ音源/12インチミックス音源/シングル曲などを収録したアーカイヴ・ボックス、全34曲

  • GENESIS / FOXTROT

    72年発表4th、「Watchers Of The Skies」「Suppers Ready」などの代表曲を収録

    Peter Gabrielによる味わい豊かなしゃがれ気味のボーカルと、演劇的に彩られたステージ・パフォーマンスが独特の存在感を放ち、数多くのフォロワーに受け継がれ、現在に至るまで脈々とプログレッシブ・ロックシーンに息づいているイギリスのグループの72年4th。プログレッシブ・ロックの代名詞のひとつであるメロトロンのロング・トーンで幕を開ける本作は、定番曲「ウォッチャー・オブ・ザ・スカイズ」、そして20分を超える名曲「サパーズ・レディ」を収録しPeter Gabriel期GENESISのサウンドを確立させた名作であり、「幻惑のブロードウェイ」と並ぶ彼らの代表作の1つ。寓話的幻想性を持ったシアトリカル・ロックの最高峰です。

  • GENESIS / SELLING ENGLAND BY THE POUND

    溢れんばかりの英国叙情に満たされた73年リリースの5th、これぞ初期GENESISの魅力が凝縮された大名作!

    Peter Gabrielによる味わい豊かなしゃがれ気味のボーカルと、演劇的に彩られたステージ・パフォーマンスが独特の存在感を放ち、数多くのフォロワーに受け継がれ、現在に至るまで脈々とプログレッシブ・ロックシーンに息づいているイギリスのグループの73年5th。Peter Gabriel期GENESISの作品の中でも非常に英国然とした湿り気と気品に溢れた作品であり、ジャケットの通り温かみのあるサウンドを構築しています。「ダンシング・ウィズ・ザ・ムーンリット・ナイト」や「ファース・オブ・フィフス」といった代表曲も収録されており、前作「FOXTROT」に負けず劣らずの傑作となっています。

  • GENESIS / LAMB LIES DOWN ON BROADWAY

    ガブリエル在籍期最終作となった74年リリースの6th、コンセプト・アルバムの大名作!

    Peter Gabrielによる味わい豊かなしゃがれ気味のボーカルと、演劇的に彩られたステージ・パフォーマンスが独特の存在感を放ち、数多くのフォロワーに受け継がれ、現在に至るまで脈々とプログレッシブ・ロックシーンに息づいているイギリスのグループの74年6th。Peter Gabriel在籍期最後のアルバムとなる本作はマンハッタンを舞台に繰り広げられる、ラエルという男性を主人公にしたコンセプト・アルバムであり、Peter Gabriel期GENESISの集大成となった問題作。前作までのファンタジックなジャケットから一転、ヒプノシスによるジャケットを採用し、それまでの寓話的な幻想性は後退していますが、Peter Gabrielのシアトリカルなボーカルは健在であり、聴く者を文字通り幻惑の世界に誘います。

  • GENESIS / WIND AND WUTHERING

    ジャケット通りの幻想的なシンフォニック・ロックを聴かせる傑作8th、76年リリース

    前作に続き、フィル・コリンズをフロントに据えた4人体制で制作された、プログレッシヴ・ロック期の最後の作品とも称される通算8作目のオリジナル・アルバム。ピーター・ガブリエル在籍時の神秘性こそ薄れたものの、彼ららしいファンタジックな世界観を美しくも格調高いサウンドで聴かせるクオリティの高い作品。

  • GENESIS / SECONDS OUT

    サポートドラマーとしてChester ThompsonとBill Brufordが参加した77年の傑作ライヴ・アルバム!

  • GENESIS / AND THEN THERE WERE THREE

    80年代へと繋がるポップ・センスが発揮され始めた78年作、ヒットチューン「Follow You Follow Me」収録

「GENESISの在庫」をもっと見る

SUI GENERISの在庫

  • SUI GENERIS / VIDA

    アルゼンチン、天才チャーリー・ガルシア在籍のグループ、72年デビュー作、HERONファンにもオススメできるリリカルなフォーク・ロック名作

    72年作の1st、アルゼンチン。チャーリー・ガルシアが参加していたことで知られるグループ。チャーリー・ガルシアによる陽の光を吸い込んだいかにもアルゼンチン的なメロディー。ピアノ、オルガン、リコーダーによるシンプルながらメロディーの美しさを際立たせる穏やかなアンサンブル。プログレッシヴな要素はありませんが、南米の「歌」の部分が好みの方は、胸いっぱいになること間違い無しな名作。

  • SUI GENERIS / PEQUENAS ANECDOTAS SOBRE LAS INSTITUCIONES

    アルゼンチン、天才チャーリー・ガルシア在籍のグループ、センチメンタルな歌の魅力とシンセやムーグをフィーチャーしたプログレッシヴな演奏が一体となった最高傑作、74年発表

    74年作の3rd、アルゼンチン。チャーリー・ガルシアが参加していたことで知られるグループ。キーボードの大胆な導入、ジャジーなセンスなど、1st&2ndで聴けた穏やかな印象は無くなり、かなりシンフォニック/プログレッシヴなサウンドに変貌しています。SUI GENERISの3rdというより、LA MAQUINA DE HACER PAJAROS〜SERU GIRANと続く、チャーリー・ガルシアの華々しいキャリアへの第一歩として捉えたほうがしっくりくるサウンド。メロディー・メイカーとしての才、キーボーディストとしての才、アレンジャーとしての才など、チャーリー・ガルシアの才能が一気に花開いた記念すべき名作。

  • SUI GENERIS / CONFESIONES DE INVIERNO

    アルゼンチン、天才チャーリー・ガルシア在籍のデュオ・グループ、管弦楽器をフィーチャーした多彩なアレンジが珠玉のメロディを彩る名作2nd

    73年作の2nd、アルゼンチン。チャーリー・ガルシアが参加していたことで知られるグループ。繊細なフォーク・サウンドの1stに比べ、これぞ南米と言える「詩情」はそのままに、アレンジが豊かになり、完成度がグッと高まりました。チャーリー・ガルシアによる繊細なタッチのピアノをフィーチャーしたリリカルな曲、管弦楽器がサウンドを広げるポップな曲、McGuiness Flintあたりに通じるパブ・ロック・フレイヴァー溢れる温かい楽曲など、とにかく美しいメロディと叙情豊かなメロディに彩られた佳曲揃い。シンプルなサウンドでメロディが際立つ1st、多彩なアレンジでメロディが華々し響く2nd。どちらもリリカルなメロディーを聴かせるという点では変わりなく、甲乙つけがたい名作。

「SUI GENERISの在庫」をもっと見る

BEACH BOYSの在庫

  • BEACH BOYS / SURFIN’ SAFARI

    伝説の始まり、62年デビュー作!

  • BEACH BOYS / TODAY !

    65年発表、次作「ペットサウンズ」の布石とも云われる隠れた名盤

    65年リリース。スタジオ・ワークに専念したブライアン・ウィルソンの才能が一気に花開いた超名作。「Do You Wanna Dance ?」「Good To My Baby」「When I Grow Up」「Help Me Ronda」「Please Let Me wonder」「She Knows Me Too Well」など、美しいメロディの宝箱。

  • BEACH BOYS / PET SOUNDS

    66年発表、ポップ・ミュージック史上に輝く不朽の名作!

    Brian Wilsonがスタジオにこもり作り上げたアメリカン・ポップス永遠の傑作。66年作。複雑なコード進行、音楽理論に乗っ取らない楽器のフレーズ、にもかかわらず、難解さのかけらもなく、子供の鼻歌のような無垢さに溢れたエバーグリーンなサウンド。まさに奇跡の一枚。

  • BEACH BOYS / SMILE SESSIONS

    ロック史に燦然と輝く、未発表アルバムの全貌が遂に明らかに!66年夏から67年初頭にかけての彼らの幻のセッション集!

    ロック史に燦然と輝く、未発表アルバムの全貌が遂に明らかに!66年夏から67年初頭にかけての彼らの幻のセッション集!66年のアルバム『ペット・サウンズ』に続く作品となるはずが、最終的にマスター・テープがお蔵入りとなってしまった幻の作品です。AL JARDINE、MIKE LOVE、BRIAN WILSONの参加を得たマスターピースの復元が行われた、伝説のレコーディング記録の全容です。

    • TOCP71185~89

      5CD+2LP+2シングルLPボックス仕様、ハードカヴァーブックレット・ポスター付き仕様、解説・情報記載シール付き仕様、定価20000

      盤質:傷あり

      状態:並

      帯-

      情報記載シールあり、カビあり、(ボックス付属品ではない)「ブライアン・ウィルソン・プレゼンツ・ツアー」のパンフレット付き(若干汚れあり)

      12490円

      9992円
      (税込10991円)

      2748円お得!


      CD詳細ページへ

  • BEACH BOYS / FRIENDS

    68年発表、ピースフルな空気と柔らかく美しいメロディ、当時の逆境を感じさせない名作

    ブライアン・ウィルソンが全精力をつぎ込んだ「スマイル」の制作中止、そして、60年代末の激しい音楽シーンの変化とその中で存在感を失いつつある状況。そんな逆境の中での制作とは思えない、ジャケットのイメージ通りの、ピースフルな空気と柔らかく美しいメロディに溢れた名作。68年作。天才的なひらめきと「Busy Doin’ Nothin’」な牧歌的テイストとが絶妙にブレンドしたふくよかなアンサンブルも絶品。ブライアン・ウィルソンによる楽曲の美しさはもちろん、デニス・ウィルソン屈指の名曲「Little Bird」も特筆もの。ファンから長く愛されるビーチ・ボーイズ不朽の名作。

    • UICY25598

      SHM-CD、ボーナス・トラック3曲、マスター2001年、背ジャケ・解説と帯・CDの規格番号が異なりますが仕様です、定価1,714+税

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      帯に圧痕あり

  • BEACH BOYS / SUNFLOWER

    各メンバーが充実の佳曲を提供した70年リリースの大傑作!

    初期のサーフィン・サウンドももちろん良いし、ブライアン・ウィルソンの才気爆発の「ペット・サウンズ」は大傑作だけど、僕は、メンバーが一丸となった70年代のビーチ・ボーイズが一番好きです。デニス・ウィルソンらしい格調高くも土臭い「Slip On Through」で幕を明け、ブライアン・ウィルソンの奇跡のメロディとカール・ウィルソン一世一代の名唱が光る名曲「This Whole World」、涙なしには聴けないブルース・ジョンストンによる優美な名曲「Deirdre」「Tears In The Morning」、デニス・ウィルソン屈指の名曲「Forever」、ペット・サウンズを彷彿とさせるドリーミーかつ荘厳な「Our Sweet Love」、そして最後を飾るのは、幻の「スマイル」用に作られたパーツをつなぎ合わせて出来た才気溢れる「Cool Cool Water」。もうこれでもかと名曲が続きます。アル・ジャーディン、マイク・ラヴのほのぼのテイストもバンドに無くてはならない重要なピース。メンバー全員の才能が結実したアメリカン・ミュージック史上に残る大傑作。

  • BEACH BOYS / STUDIO SESSIONS ’61-’62

    キャリア最初期のセッション音源を収録

  • BEACH BOYS / SURFIN’

    全15曲

「BEACH BOYSの在庫」をもっと見る

IL VOLOの在庫

  • IL VOLO / IL VOLO

    イタリアン・ロック界きってのスーパーグループ、74年1st、歌心溢れるジャズ・ロックの傑作!

    イタリアを代表するプログレッシブ・ロックバンドFORMULA TREのAlberto RadiusとGabriele Lorenziを中心に、現在もシーンで活躍するスタジオ・ミュージシャンを加え結成されたグループの74年デビュー作。その内容は、イタリア叙情を感じさせる絶品なメロディーを持ちながらもツイン・ギター、ツイン・キーボード編成で迫るテクニカルなプログレッシブ・ロックであり、荒々しいヘヴィー・プログレッシブな音像と、ジャズ・フュージョンの滑らかなサウンド、そしてイタリア然としたフォークタッチを絶妙なバランスでブレンドした名盤です。イタリアン・ロックのボーカル曲としても、プログレッシブ・ロックとしても一級品の傑作。

  • IL VOLO / IL VOLO AND ESSERE O NON ESSERE ?

    イタリアン・ロックが誇るスーパーグループ、甲乙つけがたい両名作1st/2ndをカップリング

「IL VOLOの在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。