プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

繊細なフォークタッチ中に一筋縄ではいかないプログレ精神が潜む、世界のプログレッシヴ・フォーク特集!

スタッフ佐藤です。

今回は、フォーク由来の繊細さの中に一筋縄ではいかないプログレッシヴ要素が光るプログレッシヴ・フォーク作品を、各国からご紹介してまいります!

まずは、プログレッシヴ・フォークと言えばこの作品!と言える孤高の名作からスタート!

COMUS/FIRST UTTERANCE

70sブリティッシュ・シーンに産み落とされた孤高のプログレッシヴ・フォーク名盤。狂気じみた緊張感と英フォーク本来の瑞々しさが同居するこのサウンド。聴いていて思わず戦慄が走るほどの凄みがあります…。


【KAKERECO DISC GUIDE Vol.44】狂気と格調高さが渦を巻く、戦慄のプログレッシヴ・フォーク怪盤COMUS『FIRST UTTERANCE』

【関連記事】

【KAKERECO DISC GUIDE Vol.44】狂気と格調高さが渦を巻く、戦慄のプログレッシヴ・フォーク怪盤COMUS『FIRST UTTERANCE』

KAKERECO DISC GUIDE、今回取り上げるのは2018年に新規リマスター再発され注目が再び集まる英国プログレッシヴ・フォークの怪盤、COMUSのデビュー作『First Utterance』!

STRAWBS/JUST A COLLECTION OF ANTIQUES AND CURIOS

各種古楽器をふんだんに取り入れた、フォークと言うにはあまりに重厚かつ重層的な奥行あるアンサンブル。愁い溢れるメロディも絶品だし、リック・ウェイクマンが奏でるハープシコードもいい味出してます。

試聴 Click!


「そしてロックで泣け!」第二十回 ストロウブスの「ベネディクトゥス」「ザ・フラワー・アンド・ザ・ヤング・マン」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第二十回 ストロウブスの「ベネディクトゥス」「ザ・フラワー・アンド・ザ・ヤング・マン」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。

GRAPHITE/CHESTNUT LOKE

英国田園プログレ!? バークレイ・ジェームス・ハーヴェストをもっと素朴にした感じで、飾らないスタイルが胸に切々と迫るんですよね。

試聴 Click!

MAGNA CARTA/LORD OF THE AGES

湿り気を帯びた気品あるフォークを軸に、荘厳なクラシカル要素、ハード・ロッキンなギターなども織り交ぜた一筋縄ではいかぬサウンドが特徴。幻想的なロジャー・ディーンジャケも含めて、「英国らしさ」に満ちあふれた作品ですよね。

試聴 Click!

BRAN/AIL DDECHRA

基本的にはメロキャンとチューダーロッジの中間ややチューダー寄りという長閑なフォーク・ロックなんですが、一曲目がメロトロンの洪水が流れ込むキラーチューンで仰天!哀愁滲むウェールズ語ヴォーカルもいいなぁ。

試聴 Click!

CHIMERA/HOLY GRAIL

ニック・メイスンがプロデュースで、リック・ライトがゲスト参加していて、メロウ・キャンドルを彷彿させる女性ヴォーカル英フォークだって!?メンバー的にも内容的にも、これほどの作品がお蔵入りになってしまったなんて…。

試聴 Click!

FOREST/FOREST

トラッドな香りが幻想性たっぷりの英国プログレッシヴ・フォークだけど、なんだか切羽詰まっているような緊張感漂う演奏が独特だなあ。神秘的なコーラスやちょっぴり呪術的な雰囲気はCOMUSっぽいかも…。

試聴 Click!

GORDON GILTRAP/PEACOCK PARTY

プログレとフォークの隙間に挟まってしまったニッチなアーティストですが、これはジェネシスとグリフォンの間に位置づけられるような愛すべきファンタスティック英プログレ逸品ですよ~。

試聴 Click!

ZAKARRIAS/ZAKARRIAS

只者ではなさそうなジャケ写真通り、一筋縄ではいかないプログレッシヴ・フォークを聴かせる唯一作。フォーキーなサウンドを基本としながらも、ベースが唸る強烈なヘヴィ・プログレが炸裂したりと強烈なインパクト!

試聴 Click!

CLAUDIO ROCCHI/LA NORMA DEL CIELO VOLO MAGICO N2

アシッド・フォークのファン? でもってオリエンタル・サイケやクラウト・ロックなんかも好き? そんなあなたにオススメなのが、このイタリアのミュージシャン!

試聴 Click!

AVALANCHE/PERSEVERANCE KILLS OUR GAME

フェアポート・コンヴェンションが初期アシュ・ラ・テンペルとセッションした感じ!?

試聴 Click!


ダッチ・プログレ特集 ~ 商業の合理主義とプロテスタンティズムの敬虔主義とが息づく【オランダ】生まれのプログレ名品セレクション

【関連記事】

ダッチ・プログレ特集 ~ 商業の合理主義とプロテスタンティズムの敬虔主義とが息づく【オランダ】生まれのプログレ名品セレクション

オランダならではの端正でいて素朴な人情味にも溢れたメロディアスなプログレッシヴ・ロック名作をセレクトいたしましょう。フォーカスの他にも愛すべきグループがたくさん居ますね。

EMMANUELLE PARRENIN/MAISON ROSE

77年フランスに産み落とされた、あまりにも美しいプログレッシブ・フォーク!古楽器やダルシマーの調べにのせて、夢幻世界が広がります。

試聴 Click!


フレンチ・フォーク特集♪

【関連記事】

フレンチ・フォーク特集♪

フレンチ・フォークをピックアップしてまいります!

HAIZEA/HONTZ GAUA

幽玄なフルートやチェロ、虚ろな女性ヴォーカル、エキゾチックなパーカッション。でも、混沌とすることはなくて、もうそれはそれは美しいんですよね。これぞバスキッシュ・プログレ・フォーク。

試聴 Click!


【動画追加!】アシッド・フォーク・アルバム TOP50-海外サイトFOLK WORLD選

【関連記事】

【動画追加!】アシッド・フォーク・アルバム TOP50-海外サイトFOLK WORLD選

ユーロ・フォークの情報を発信しているサイトが選んだイケ/アシッド・フォーク・アルバム TOP50


【KAKERECO DISC GUIDE Vol.32】スペインはバスクの宵闇プログレ・フォーク、HAIZEAの76年2nd『HONTZ GAUA』

【関連記事】

【KAKERECO DISC GUIDE Vol.32】スペインはバスクの宵闇プログレ・フォーク、HAIZEAの76年2nd『HONTZ GAUA』

バスク語フィメール・ヴォーカルを擁する名グループHAIZEAの76年2nd『HONTZ GAUA』をピックアップいたしました。

BANDA DO CASACO/HOJE HA CONQUILHAS AMANHA NAO SABEMOS

トラッドをベースに、東洋的エキゾチズムや透明感ある神秘性などを加えたプログレッシヴ・フォーク。渋みある男性ヴォーカル、高音が美しい女性ヴォーカルという対照的な2人が楽曲に彩りを与える楽曲の数々は、得も言われぬ美しさを湛えます。

試聴 Click!

EMMA MYLDENBERGER/TOUR DE TRANCE

70年代末期-80年代初期に活躍した、ジャーマン・プログレッシヴ・フォークもアシッド・フォーク好きには聞いて頂きたい!西はスペインやバスク、東はアラビアにまでその音楽の遺伝子を感じさせる、欧州古謡の流れを豊かに汲んだ芳醇な歌。

試聴 Click!

CAROL OF HARVEST/CAROL OF HARVEST

ジャーマン・プログレッシヴ・フォークの名作。Annie Haslamを想起させるソプラノボーカルを擁し、ドイツロマン派を強く意識した深みのある音像と気だるげなデカダンスを感じさせるサウンドは唯一無二。

試聴 Click!


【KAKERECO DISC GUIDE Vol.17】ドイツのダークなルネッサンス!?CAROL OF HARVEST『CAROL OF HARVEST』

【関連記事】

【KAKERECO DISC GUIDE Vol.17】ドイツのダークなルネッサンス!?CAROL OF HARVEST『CAROL OF HARVEST』

本日はドイツのプログレッシブ・フォーク、CAROL OF HARVESTの78年作をピックアップ。

EL CONGRESO(CONGRESO)/CONGRESO

ケーナ、ロンダドール、タルカ…。アンデス地方の笛楽器が彩る、魅惑のフォルクローレ・ロックを聴かせます。と思ったら管弦が優美に交差する格調高いチェンバー・ロック展開も挿入されて、これは一筋縄ではいかない好バンド!

試聴 Click!


フルートもいいけれど...素朴で味わい深いリコーダー・プログレを探求しよう。

【関連記事】

フルートもいいけれど…素朴で味わい深いリコーダー・プログレを探求しよう。

表情豊かなフルートもいいけれど、素朴な音色が帰って奥深さを感じさせる、そんなリコーダーならではの味わいを堪能できるプログレ作品をご紹介!

いかがでしたか?
気になる作品を見つけていただければ幸いです!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • HAIZEA / HONTZ GAUA

    スペイン、バスク産プログレッシヴ・フォーク76年作2nd、幽玄の美しさを湛えた名作

    スペインはバスク地方出身のプログレッシヴ・フォーク・グループ、76年作の2ndアルバム。前作と比較すると、エレクトリック・ギターの使用度が増した上、フルート、チェロ、パーカッションもより一層の幽玄美を奏でており、サイケデリックな要素が前面に出た作風を聴かせます。しかしサイケ特有のドロドロとした混沌は感じさせず、ある種の崇高さすら湛えた神秘的なサウンドが鮮烈な印象として残るのが特徴。14分を超えるタイトルトラックを筆頭に、ユーロ・フォークの枠には納まらないプログレッシヴな感性が光る傑作。

  • COMUS / FIRST UTTERANCE

    英国的な気品と狂気じみた緊張感が混在する、英プログレッシヴ・フォーク孤高の名作、71年1st

    71年発表の1stアルバム。フォーク、クラシック、現代音楽がごちゃ混ぜになったサウンドは唯一無比。フィーメール・ヴォーカルによる格調高く美しい曲に酔いしれていると、突然穏やかな空気を切り裂くヴァイオリンの狂気のフレーズにただただ驚き。これはかなり一筋縄ではいかないアルバムです。ヴァイオリン、フルート、オーボエなどのクラシカルな楽器も、このバンドにかかれば全く別次元の発音器。伝統や時代を超越したサウンドは驚異的です。これぞ孤高の名作。

  • FOREST / FOREST

    緊張感と幻想性が同居する英プログレッシヴ・フォーク、69年作

    ウェールズ出身のフォーク・グループ。69年にHARVESTよりリリースされた1st。アコースティック・ギターのバッキングとルーズなヴォーカルというスタイルに、管楽器やハーモニカ、ハープシコードが幻想的な彩りを添えるサウンド。一般的な英国フォークものとは異なり、あまり穏やかな雰囲気はなく、どこか緊張感を感じさせるところが特徴的。ちょっと呪術的な雰囲気もあり、そのあたりはCOMUSにも近い印象です。

  • CLAUDIO ROCCHI / LA NORMA DEL CIELO VOLO MAGICO N2

    72年作、3rd、アコースティック・ギターによる弾き語りをベースに、ストリングス・シンセ、ピアノ、フルート、ヴァイオリンなどが繊細優美なフレーズを奏でる幻想的なプログレッシヴ・フォーク作品

    72年作、3rd。アコースティック・ギターによる弾き語りをベースに、ストリングス・シンセ、ピアノ、フルート、ヴァイオリンなどが繊細優美なフレーズを奏でる幻想的なプログレッシヴ・フォーク作品。静謐な雰囲気が全体を支配し、クラシック音楽のように格調高いサウンドは唯一無比。孤高の傑作。

  • BRAN / AIL DDECHRA

    ウェールズ出身のフォーク・ロック・バンド、原盤は激レアとして知られる75年作1st、メロトロンを豪快に鳴らす1曲目が必殺!

    ウェールズ出身のフォーク・ロック・バンド、原盤は激レアとして知られる75年の1st。何と言っても1曲目が必殺。軽快に刻むリズムとキンキンと響くサイケギター、そして分厚いメロトロンが洪水のごとく流れ込む大変素晴らしい一曲。かすかな哀愁を含んだウェールズ語のヴォーカルがまた堪りません。2曲目以降は女性キーボーディストによる清楚なフィメール・ヴォーカルをフィーチャーした、英国の片田舎をイメージさせる長閑なフォーク・ロック・ナンバーが中心で、メロウ・キャンドルとチューダー・ロッジの中間(ややチューダー寄り)といった印象で実に良い味わいです。綺羅びやかなアコースティックギター、哀愁たっぷりのサイケがかったエレキギターが楽曲を彩っていて、彼らならではの味を出しています。英フォーク本来の格調高さと、どこか感じられる「いなたさ」がいい塩梅で共存する好盤です。

  • ZAKARRIAS / ZAKARRIAS

    ジャケのイメージ通り一筋縄ではいかないプログレッシヴ・フォーク、71年唯一作

    71年にDERAMから発表された、謎のシンガー/マルチ・ミュージシャン唯一のアルバム。その正体はオーストリア出身のSSW、Robert Haumerで、QUATERMASSのkey奏者Peter RobinsonやHENRY COWなどで知られる管楽奏者Geoff Leighらが参加して制作されています。ヘヴィに唸りをあげるベースが印象的なハード・ロック調の楽曲で始まったかと思えば、繊細なアコースティック・ギターとフルートが美しい内省的な楽曲もあるなど、なかなか一筋縄ではいかないアルバムです。ベースにあるのはアコースティックを基調とするフォーキーなサウンドながら、緊張感漂う空気はプログレッシヴ・ロック・ファンを唸らせるものでしょう。

  • MAGNA CARTA / LORD OF THE AGES

    Chris Simpson率いる英国フォーク・ロック・バンド、73年にUKヴァーティゴからリリースされた4th、アートワークはロジャー・ディーン

    73年にUKヴァーティゴからリリースされたChris Simpson率いる英国フォーク・ロック・バンド4thアルバム。主要メンバーは、ヴォーカル・ギターのChris Simpson、スポークン・ワードにGlen Stuart、同じくヴォーカル・ギターのStan Gordonのトリオ編成。そしてスリーヴ・デザインは、ロジャー・ディーン。楽曲のプログレッシヴなアプローチも相まって、作品の雰囲気を良く捉えています。湿り気のある英国のフォーク・サウンドが粒ぞろいの楽曲に乗って心地よく風に吹かれるかのような作品。

  • GORDON GILTRAP / PEACOCK PARTY

    ジェネシスとグリフォンの間に位置づけられるような愛すべきファンタスティックな逸品、79年リリース

    60年代にはマイク・オールドフィールドやバート・ヤンシュらとともにフォーク・シーンで活躍し、70年代半ばにプログレッシヴ・シーンでソロ・デビューしたギタリスト&コンポーザー。最高傑作とも評される79年作。バックが特筆で、ベースのジョン・G・ペリー、ヴァイオリンのRic Sanders、ダリル・ウィエズ・ウルフやトレースやマリリオンでお馴染みのドラマーIan Mosely、クォーターマスのベースJohn Gustafsonほか、錚々たるメンバーが参加しています。サウンドの方は、ジェネシスとグリフォンの間に位置づけられるような、古楽器やクラシック・ギターやリコーダーにより繊細に紡がれる格調高くもファンタスティックな英国シンフォニック・ロックが印象的。次々と溢れ出る明朗なメロディに心豊かになるインストゥルメンタル・ロックの愛すべき逸品です。

  • CAROL OF HARVEST / CAROL OF HARVEST

    78年作、女性ヴォーカルを擁するジャーマン・プログレッシヴ・フォーク

    Annie Haslamを想起させるソプラノボーカルBeate Krauseを擁し、ドイツロマン派を強く意識した深みのある音像と気だるげなデカダンスを感じさせるフォーク・ロックグループの78年作。バンド名が表すとおり、牧歌的で飾り気のないフォーク・ロックサウンドが根底にはあるものの、そこにジャーマン・ロックならではの奥深さと内省的な表情、そして適度なサイケデリアが絶妙に内包されており、隠し味で使われているシンセサイザーもジャーマン・エレクトロ的なメディテーショナルなサウンド。同郷EMTIDIにも通じる、牧歌的でありながらも決して生命的にならない、どこか浮世離れした味のあるサウンドを作り上げています。

  • GRAPHITE / CHESTNUT LOKE

    70年代初期に活躍したプログレッシヴかつルーラルな英フォーク・ロック、発掘音源集

    70年代初期に活躍した英フォーク・ロック・グループ。70年から74年に録音されながら未発表となった音源の発掘盤。牧歌的で憂いに富んだフォーク・ロックを軸に、リリカルなピアノと幻想的なメロトロンが彩る、というスタイル。素朴な歌声のハートウォーミングなヴォーカル、英国的な叙情性たっぷりのメロディ、陽光にように柔らかでキラキラとしたギター・アルペジオは特筆もの。プログレッシヴかつルーラルな英フォーク・ロックの好グループ。美しいメロディを持った佳曲揃い。ジャケットの雰囲気が気になったなら聴いて損はないでしょう。

  • AVALANCHE / PERSEVERANCE KILLS OUR GAME

    トラッドにファズ・ギターが加わった、オリジナリティいっぱいのオランダ産プログレッシヴ・フォーク名品、79年唯一作

    70年代初期から活動するオランダのプログレッシヴ・フォーク・ロック・バンドが79年にリリースした唯一作。レーベルからのインフォに「フェアポート・コンヴェンションが初期アシュ・ラ・テンペルとセッションした感じ!?」とありますが、な、なるほど、その通りでびっくり。気品あるアコギ爪弾きを軸に、フルートやリコーダーやマンドリンが幽玄に鳴り響くサウンドはブリティッシュ・トラッド・フォーク直系ですが、そこに突然、マニュエル・ゲッチングが乱入したようにファズ・ギターが飛び出してきて、ドラムがボコスカと疾走しだして、いったいどうしてこんなことになってしまうのでしょう。プロテスタント的な生真面目な崇高さが匂い立つとマイク・オールドフィールドも浮かぶし、英詩のヴォーカルが入るとジェスロ・タルも彷彿。これはただならぬ名作でしょう。

  • EL CONGRESO(CONGRESO) / CONGRESO

    チリ出身プログレ/フォーク・ロック・グループの76年リリース3rd、アンデス調フォーク・ミュージックにチェンバー色を配した独自のアプローチが完成形に至った名作

    南米チリ出身プログレ/フォーク・ロック・グループの76年リリース3rd。ケーナ、ロンダドール、タルカといったアンデス地域の笛楽器が活躍する豊かなフォルクローレ色が特徴の民族フォーク・ロック。フルートやリコーダーの軽やかで流麗な音色と尺八に近い味わいがあるアンデス笛楽器の音色が美しく絡み合い、弦楽器チャランゴが賑々しくかき鳴らされる、祝祭感いっぱいの演奏は、民族音楽×ロックの醍醐味を存分に味わわせてくれる極上のサウンドです。そんな演奏にこれ以上ないほどにマッチする、いかにも南米のバンドらしい繊細な叙情が滲む歌声とコーラスも堪りません。一方で10分超の最終曲は、フルート/オーボエなどの管楽器、チェロ/ヴァイオリン/ヴィオラなどの弦楽器が陰影豊かに交差する格調高いチェンバー・ロック調のサウンドを聴かせる孤高の一曲。途中どこか緊張感を持ったフォルクローレ・タッチも挿入されて、かなりプログレッシヴなサウンドを展開しています。デビュー時からの哀愁溢れるアンデス調フォーク・ミュージックにチェンバー色を配した独自のアプローチが完成形に至った名作です。

  • CHIMERA / HOLY GRAIL

    女性Vo2人を擁するメロウ・キャンドルを想わせる英フォーク・グループ、未発表に終わった69年録音作に、ボーナス・トラック11曲を追加した17年リリース盤!

    女性Vo2人を擁する編成、弦楽器が絡みクラシカルな雰囲気も感じさせる幻想的な楽曲など、メロウ・キャンドルを想起する英国プログレッシヴ・フォーク・グループ。69年に録音されながらリリースされずにお蔵入りになった幻のアルバムで、プロデュースはニック・メイスン、リック・ライトもゲスト参加というフロイド・ファンにとってもマストアイテムと言える一枚。幻想的なフォークだけでなく、エレクトリック・ギターをフューチャーしたロック色の強い楽曲も聴かせます。17年リマスター&ボーナス・トラック11曲の全21曲を収録し、ジャケット&タイトルを改めた2017年リリース盤!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。