プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【KAKERECO DISC GUIDE Vol.35】英国エレクトリック・トラッドの名盤FARAWAY FOLK『SEASONAL MAN』

こんにちは。スタッフみなとです。

今日は、英国フォーク・グループ、ファラウェイ・フォーク75年作『SEASONAL MAN』をピックアップしてまいります。

FARAWAY FOLKとは

英デヴォン州、ブリックハムにて結成された、フォーク・グループ。
70年代に活躍していました。

ターク夫妻を中心にしたメンバーです。

John Turk (lead guitar, mandolin, vocal)
Shirley Turk (vocals, finger cymbals, xylophone, kazoo, recorder, percussion, flute, tambourine)

2人のJOHN時代

50年代からフォーク・ミュージックを演奏していたターク夫妻は62年に結婚し、デヴォン州ブリックハムに引っ越します。

ブリックハムで、John HartshornとJudy Whittingtonに出会いました。

John Hartshorn (vocals, rhythm guitar, kazoo)
Judy Whittington (vocals, tambourine, recorder, washboard)

John Hartshornはギターが上手く、フォーク・ミュージックに強い関心を持っていたため、4人はすっかり意気投合。

2人のジョンのギターに合わせてシャーリーとジュディが楽しく歌っているうちに、やがて人前で演奏したくなり、地元ブリックハムのボルトン・ホテルでライヴを決行。

4人のライヴは非常に好評で、毎週日曜に演奏することになりました。

1970年には4曲入りEP『INTRODUCING』をリリース、ライヴの物販で良く売れたそうです。

ボルトン・ホテルでのライヴを録音し、初のLPとして『LIVE AT THE BOLTON』を出した後、

1972年に2nd『TIME AND TIDE』をリリース。

FARAWAY FOLK/TIME AND TIDE

♪Melanie

試聴 Click!

♪Seasons Of Time

試聴 Click!

アコースティック・ギターと2人の女性ボーカルを軸に、リコーダーやシロフォン、カズーなど様々な楽器を交えた非常に楽し気で、いい意味でアマチュア感あふれるフォーク作品となっています。

12曲中3曲はトラッド、他はほぼ自作曲で構成され、英国的な陰りあるフォークと当時のモダン・フォークがいい塩梅にブレンドされた、非常に優れたメロディの楽曲ばかりです。

ターク夫妻と17歳のブライオニー、元教師のエイドリアン時代

1974年にはJohn HartshornとJudy Whittingtonがバンドを離れます。

新たに加わったのが

Bryony Smith(Bass, Vocals, Banjo)
Adrian Morris(Vocals, Rhythm Guitar, Harmonica)

の2人。

Bryonyはバンドを離れるJohn Hartshornが連れてきた、当時17歳のベーシスト。

Adrianは、カナダで教師をしていましたが、ブリックハムに戻ってきたギタリスト。

新たなメンバーで、74年に『ON THE RADIO』をリリース。

ビートルズやキンクスのカバーもしています。

そして、75年に『SEASONAL MAN』をリリース。

FARAWAY FOLK/SEASONAL MAN

♪Coming Back To Brixham

試聴 Click!

前作から、ベースがしっかりと鳴る独特なフォークを奏でていましたが、今作は更にJohn Turkのエレクトリック・ギターもささやかながら印象的なフレーズを弾いており、トラッドベースの楽曲に華を添えています。

♪Seasonal Man

試聴 Click!

4人それぞれボーカルをとっており、決してうまくはないのですが、気取らない素朴なハーモニーがリラックスしていて非常に良いです。

フェアポート・コンヴェンションなどとはまた違った、洗練されていないローカルなエレクトリック・トラッドです。

ファラウェイ・フォークは1980年に解散、ジョンとシャーリーはその後も活動していたようです。

他の作品にカケハすと・・・「エレクトリック・トラッド」といったら?

まずは、フェアポート・コンヴェンション。

FAIRPORT CONVENTION/LIEGE AND LIEF

トラッド・フォークの最高峰の1つに上げられるイギリスのグループによる69年4th。

試聴 Click!

SPRIGUNS/REVEL WEIRD AND WILD

サンディー・デニーに憧れたマンディー・モートンを中心とするバンド。

試聴 Click!

MR.FOX/JOIN US IN OUR GAME

英国、夫婦を中心とするフォーク・グループ。

フォーキーで、サイケデリックで、プログレッシブで。ストレンジなエレクトリック・フォーク名バンド!

試聴 Click!

いかがでしたでしょうか。英国の音楽というのは、入っても入っても抜け出せない深みがありますね。


【KAKERECO DISC GUIDE Vol.18】清楚でひたむきな歌唱が胸を打つ英国フィメール・フォーク Janet Jones『Sing To Me Lady』

【関連記事】

【KAKERECO DISC GUIDE Vol.18】清楚でひたむきな歌唱が胸を打つ英国フィメール・フォーク Janet Jones『Sing To Me Lady』

KAKERECO DISC GUIDE、今回はイギリスの女性フォーク・シンガーJanet Jonesが72年に発表した1stアルバム『SING TO ME LADY』を取り上げたいと思います。


ウェールズ産フォーク/SSW特集

【関連記事】

ウェールズ産フォーク/SSW特集

歴史深いウェールズから誕生した、様々な作品を聴いてまいりたいと思います!

FARAWAY FOLKの在庫

  • FARAWAY FOLK / TIME AND TIDE

    男女ヴォーカルの4人組ブリティッシュ・フォーク・バンド、72年の1stスタジオ作

    JohnとShirleyのTurk夫妻を中心とする男2女2の4人組ブリティッシュ・フォーク・バンド。70年のライヴ・アルバムに続き72年にリリースされた1stスタジオ・アルバム。躍動感のあるドラムとよく動くメロディアスなベースによるリズムをバックに、アコギやマンドリンがメロディアスなアルペジオやリードを奏で、グロッケンシュピールやリコーダーが陽光のようなキラメキを添えるアンサンブルが印象的。清楚な女性ヴォーカルと誠実さが伝わるバリトン・ヴォイスの男性ヴォーカルによるハーモーニーもいい感じです。メロウ・キャンドルのフォーク・ロックな曲やトレイダー・ホーンあたりが好きなら気にいるはず。明朗なサウンドが心地いい快作です。

  • FARAWAY FOLK / SEASONAL MAN

    夢見心地の英ストレンジ・フォーク、75年作

    英国の2組の夫婦によるグループ、75年作。控えめにかき鳴らされるアコギにエレキがファジーに絡んだところで、フルートがふわりと加わっていき、素朴な男女ボーカルが宙を漂います。耳に心地よいのですが、ミニマムなギターワークがトラッド調のメロディーに少し尖ったポップさを加えており、独特の味わいと軽やかさがあります。トゥリーズやスティーライ・スパンがインディー・ロックをやっているような、不思議なサウンドです。A面は自作曲、B面はトラッドのカバー。

「FARAWAY FOLKの在庫」をもっと見る

FAIRPORT CONVENTIONの在庫

  • FAIRPORT CONVENTION / BATTLE(FIVE SEASONS and RED AND GOLD)

    英フォーク・ロックの雄、88年作『RED & GOLD』と90年作『FIVE SEASONS』を収録

  • FAIRPORT CONVENTION / XXXV

    英国フォークの重鎮グループ、01年作35th

  • FAIRPORT CONVENTION / AIRING CUPBOARD TAPES

    71年〜74年の音源、全9曲

  • FAIRPORT CONVENTION / FAIRPORT UNCONVENTIONAL

    デモやラジオ&TV音源、ファミリーツリー付き

    • FRQCD35FREE REED

      4枚組ボックス、カラーブックレット、ライヴなどレアトラック72曲を収録したアンソロジー・ボックス、ブックレット/ファミリーツリー付き

      盤質:無傷/小傷

      状態:良好

      若干経年変化があります、ボーナスディスク付、ボーナスディスクに若干盤傷あり

  • FAIRPORT CONVENTION / COME ALL YE – THE FIRST TEN YEARS

    名実ともにブリティッシュ・フォーク・ロックを象徴するグループ、55曲の未発表音源を含む121曲収録7CDボックス!

    名実ともにブリティッシュ・フォーク・ロックを象徴するグループ、121曲収録の17年編集7CDボックスセット。グループの全盛期と言える1968年〜1978年のアルバムからの代表曲の数々に加え、デモ音源、アウトテイク、オルタネイトテイク、BBC音源、その他TV出演時のライヴ音源などを収録。121曲中55曲が未発表音源となっています。

  • FAIRPORT CONVENTION / FAIRPORT CONVENTION

    英国トラッド・フォークの代名詞的グループ、記念すべき68年デビュー作!

    68年作の記念すべき1stアルバム。サンディ・デニーはまだ参加しておらず、ヴォーカルは、後にトレイダー・ホーンを結成するジュディ・ダイブルと英国SSWとして長く活躍するイアン・マシューズ。一曲の中で、時に交互に歌い、時に美しいハーモニーを奏でる二人の掛け合いは、本作の一番の聴き所と言えるでしょう。サウンドは後の作品とは異なるアメリカ西海岸からの影響強いフォークロックながら、2人の翳りのあるヴォーカルが英国ならではの陰影を映し出しています。

  • FAIRPORT CONVENTION / LIEGE AND LIEF

    69年発表の4th、英国トラッド・フォークの象徴する一枚

    女性ボーカリストSandy DennyとギタリストRichard Thompsonを擁し、トラッド・フォークの最高峰の1つに上げられるイギリスのグループによる69年4th。69年に彼らは3枚ものアルバムをリリースしており、本作は連続リリースの3作目となります。事故によりドラマーのMARTIN LAMBLEが急逝、DAVE MATTACKSを新ドラマーに迎え、フィドル奏者DEVE SWARBRICKも正式に加入。彼ら代表作の1つであるその内容は、前作では1曲のみだったトラッド曲をアルバム8曲中5曲まで増やし、飛躍的な発展を遂げたエレクトリック・トラッド・フォークの路線にさらに磨きをかけた記念碑的名盤となっています。英国叙情が際立ったトラッド・フォークの代表作と言えるでしょう。

  • FAIRPORT CONVENTION / WHAT WE DID ON OUR HOLIDAYS

    サンディ・デニーを迎えた69年2nd

    サンディー・デニーを迎え制作された2ndアルバム。68年作。彼女の儚くも凛としたヴォーカルは別格の美しさで、「FOTHERINGAY」などコンポーザーとしても一流。そんな彼女の加入が化学反応を引き起こしたのか、リチャード・トンプソンもギタリスト/コンポーザーとして見事にその才能を開花させています。楽曲、演奏とも新人離れした風格すら感じさせる出来栄えで、英国フォークロックを代表するグループとしての地位を早くも確立した名作。

  • FAIRPORT CONVENTION / FULL HOUSE

    彼らの作品中でも屈指の人気と完成度を誇る英エレクトリック・トラッドの傑作、70年作

    女性ボーカリストSandy DennyとギタリストRichard Thompsonを擁し、トラッド・フォークの最高峰の1つに上げられるイギリスのグループによる70年5th。名盤となった前作「Liege & Lief」をリリースした後、Sandy DennyとAshley Hutchingsが脱退、Dave Peggが加入して男性グループへとシフトした作品ですが、その内容はグループのフロントであったSandy Dennyの脱退を全く感じさせないブリティッシュ・トラッド・フォークの名盤となっており、特にRichard Thompsonのギターをはじめとしたバンドの緊張感溢れるパフォーマンスは、さすが全盛期の彼らならではのものです。

  • FAIRPORT CONVENTION / HEYDAY BBC SESSIONS 1968-69

    イアン・マシューズとサンディ・デニーのツイン・ヴォーカル体制だった68年から69年にかけてのBBC音源。全12曲

    イアン・マシューズとサンディ・デニーのツイン・ヴォーカル体制だった68年から69年にかけてのBBC音源。カヴァー曲中心ながら、その演奏はフェアポートそのままで、リチャード・トンプソン、サイモン・ニコル、アシュリー・ハッチングスが極めつけの名演を繰り広げています。イアンとサンディによるヴォーカルもたいへん素晴らしく、特に2人が掛け合う曲ではあまりの存在感に鳥肌が立ちます。トラッドがあまり肌にあわない方でも本作はおすすめできます。

  • FAIRPORT CONVENTION / ANGEL DELIGHT

    71年作6th

  • FAIRPORT CONVENTION / BABBACOMBE LEE

    英フォーク・ロックの代表格、71年7th、19世紀に起きた殺人事件の犯人の半生をモチーフにしたコンセプト作

    英フォーク・ロックの代表格、71年7th。Sandy Denny、Richard Thompsonが抜け、4人編成となった時期の作品。殺人事件の犯人の半生をモチーフにしたコンセプト作。重い題材を扱っていながら、カントリー・ロックの影響も感じさせる親しみやすい楽曲群で構成。フィドル奏者Dave Mattacksが主導権を握り、男所帯ならではの温もりを感じさせるフォーク・ロックに仕上がっています。伸びやかなヴォーカル、表情豊かにスイングするフィドルを中心として、哀感を漂わせるアコーステイッック・ギター、幽玄なダルシマー、整然としたリズム隊などが一丸となり締まった演奏を展開。心浮き立つような軽快なアンサンブルを奏でており、素朴な男声コーラスと溶け合う様は心地よくリラックスさせてくれます。ピリピリした緊張感を持っていた「LIEGE & LIEF」「FULL HOUSE」の時期とは異なる、朗らかな魅力に溢れるこの時期のフェアポートも良いです。

  • FAIRPORT CONVENTION / HISTORY OF FAIRPORT CONVENTION

    72年リリースのベスト・アルバム、全18曲

  • FAIRPORT CONVENTION / NINE

    ブリティッシュ・フォークの重要グループ、73年9th

    73年作の9thアルバム。本作でのメンバーは、前作「Rosie」と同じく、トレヴァー・ルーカス(Ag、Vo)、ジェリー・ドナヒュー(Eg、Ag)、デイヴ・スウォーブリック(Vln、Mdln、Vo)、デイヴ・マタックス(Dr)、デイヴ・ペッグ(B、Vo)。肩の力の取れた、穏やかで軽快なトラッド/フォーク・ロックが心地よい好盤。

  • FAIRPORT CONVENTION / BEFORE THE MOON

    SANDY DENNY在籍時74年のライヴ、全20曲

  • FAIRPORT CONVENTION / LIVE

    74年作

    サンディ・デニー復帰後の74年のライヴ盤。「Matty Groves」「Sloth」など代表曲はもちろん、サンディーのソロ「North Star〜」収録の楽曲も演奏しています。

  • FAIRPORT CONVENTION / FAREWELL FAREWELL

    79年のライヴ

  • FAIRPORT CONVENTION / HOUSE FULL

    LAで行われた70年9月4日〜6日にかけてのライヴ音源、86年発表

  • FAIRPORT CONVENTION / HEYDAY

    68年から69年にかけてのBBC音源集、全12曲

  • FAIRPORT CONVENTION / 25TH ANNIVERSARY CONCERT

    92年のライヴ音源、ROBERT PLANT、RICHARD THOMPSONなど参加

  • FAIRPORT CONVENTION / WOODWORM YEARS

    83年〜91年までから選曲された14曲収録ベスト

  • FAIRPORT CONVENTION / CROPREDY BOX

    英国フォーク・ロックの大御所、97年の30周年コンサートを収録、全34曲

  • FAIRPORT CONVENTION / ARCHIVE SERIES

    97年のライヴ収録。

  • FAIRPORT CONVENTION / CROPREDY FESTIVAL 2001

  • FAIRPORT CONVENTION / MEET ON THE LEDGE

    全32曲ベスト

「FAIRPORT CONVENTIONの在庫」をもっと見る

SPRIGUNSの在庫

  • SPRIGUNS / REVEL WEIRD AND WILD

    英エレクトリック・トラッド、76年作、スティーライ・スパンのティム・ハートによるプロデュース

    76年作1st。ピアノやストリングスの荘厳な雰囲気、室内楽的な格調高さ、流れるようなメロディー、Mandy Mortonのミスティックなヴォーカルなど、メロウ・キャンドルを彷彿とさせる英国フォークを基調に、エレクトリック・トラッドなヴァイオリンをフィーチャーしたサウンドが印象的。名作です。

  • SPRIGUNS / TIME WILL PASS

    名フィメール・シンガーMandy Mortonを擁する英国エレクトリック・トラッドの名グループ、77年作

    英国フォークを代表するフィーメール・ヴォーカリストの一人、マンディー・モートンを中心としたバンドで、本作は、77年発表の2ndアルバム。トラッドを下地にしたブリティッシュ・フォーク・ロックを基調としながらも、エレクトリックな楽器をふんだんに用いたアレンジが、新たな地平を切り開いた名盤です。ブリティッシュ・フォーク3美神が提示した”気品”に、70年代ブリティッシュ・ロックの持つ”けだるさ”が加わったような内容は、60年代末から脈々と流れる英国サウンドを総括したと言っても過言では無いほどの素晴らしさ。気品溢れる管弦楽の調べ、ニック・ドレイクの1stにて素晴らしいオーケストラを吹き込んだロバート・ギルビーによる重厚かつ荘厳なストリング・アレンジ、表情豊かなエレクトリック・ギター、ミスティックなマンディーのヴォーカルと、すべてが有機的にからみあったサウンドは、もう究極の一言。

「SPRIGUNSの在庫」をもっと見る

MANDY MORTON & SPRIGUNSの在庫

  • MANDY MORTON & SPRIGUNS / MAGIC LADY

    英トラッド・フォーク、78年最終作

    「Time Will Pass」に続き、78年にリリースされた3rdアルバム。1st、2ndに比べると知名度は低いですが、情感溢れるマンディの歌唱や、演奏のダイナミズムと格調高さなど、完成度は勝るとも劣らない名作。

「MANDY MORTON & SPRIGUNSの在庫」をもっと見る

MR.FOXの在庫

「MR.FOXの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。